甲冑(鎧兜)の種類

復古調の甲冑(鎧兜)

文字サイズ

戦国時代に戦いの装備品として必須であった甲冑は、戦いのない平和な時代には不要です。しかし、戦乱が少なくなった江戸時代にも、甲冑は作られ続けていました。それは、「復古調」(ふっこちょう)と呼ばれる、戦国時代に最も好まれた「当世具足」(とうせいぐそく)から変化した様式です。復古調の甲冑が発生した背景や、江戸時代に大流行した理由などについてご紹介します。

甲冑(鎧兜)写真/画像
甲冑(鎧兜)の名前や種類など、歴史的に価値の高い甲冑(鎧兜)を検索することができます。
甲冑(鎧兜)写真集
古美術品などの価値を持つ甲冑(鎧兜)の造形美を、様々な角度からご覧頂けます。

江戸時代以降に流行した「復古調」

「復古調」(ふっこちょう)の文字通りの意味は、「思想や体制、流行などが、過去に返る傾向にあること」です。甲冑における復古調とは、戦国時代までに確立された様式を、江戸時代以降に再現したことを指します。

戦国時代において甲冑は、合戦での需要が高かったこともあって、「小札」(こざね)や「立物」(たてもの)など、細部に至るまで発展。この流れを汲めば、過去の様式に戻るのではなく、新しい甲冑の形へと変化していくように思われるかもしれません。しかし江戸時代以降は、復古調の甲冑が多く登場するようになったのです。

復古調の甲冑(鎧兜)が流行した理由

江戸時代以降に復古調の甲冑が見られるようになったのには、戦国時代以前と江戸時代以降で、甲冑の持つ役割に大きな変化が見られたことが背景にあります。

戦国時代以前、甲冑は武将の戦闘服でした。平安時代の「大鎧」(おおよろい)は、騎射戦を特に意識した作りになっていましたが、時代が進んで戦闘様式が歩兵戦に変化していくにつれて、それに適した仕様にするために軽装化されていきます。また、戦が盛んに繰り返されていた戦国時代には、武功を周囲に知らしめるために、「変わり兜」と呼ばれる、より派手で個性的なが好んで作られるようにもなりました。

このように、戦国時代までの甲冑は、実用性や機能性を中心に考えられており、必要に応じて、独自性を持ちながら進化していたのです。

ところが、江戸時代になると甲冑は、武将の戦闘服としての役割が縮小されます。これは、江戸幕府が創建され、強力な幕藩体制が敷かれたことにより、武士同士の戦いがほとんど発生しなくなったことが理由です。その結果、甲冑には「戦闘に使えて見栄えが良い」から、「戦闘に使えるかどうかは関係なく、飾っておいて見栄えが良い」という特色が求められるようになりました。

戦国時代に最も流行していた「当世具足」(とうせいぐそく)は、機能性を重視しながらも、大量生産に対応できる技術で作られています。しかし、これらの甲冑は、江戸時代の人々にとっては「見慣れた甲冑」となってしまっていたのです。

そこで登場したのが復古調の甲冑。これは、当世具足以前に流行していた、大鎧や「胴丸」、「腹巻」などの様式が用いられた甲冑でした。

少し奇妙な復古調の甲冑(鎧兜)

しかし、この復古調の甲冑にはいくつか問題があり、そのうちのひとつが、「過去に流行した甲冑を正しく再現できていない」ということ。パソコンもインターネットもない時代に、100年前に流行していた甲冑を正しく再現することは、やはり難しかったのです。

例えば、「大鎧を模しているのに、腰の部分がくびれている」というような、復古調の甲冑があります。大鎧は、札を縅して(おどして)作った3枚の平板を、腹面、左側面、背面の三方に配置するという形状のになっている甲冑です。

しかし、腰の部分のくびれは、もともとの大鎧には見られない特徴であり、胴丸の要素が取り入れられたと考えられているのです。これは、デザイン性と着やすさを意識した結果、本来の形が損なわれてしまった復古調の甲冑における一例だと言えます。

獅子形香炉

獅子形香炉

もうひとつは、デザイン性を重視していたために、実戦には明らかに使えないような形状の甲冑が多く見られたこと。

その一例である「卯の花縅大鎧十六間星兜付」の兜には、八幡座(はちまんざ)に大きな獅子形香炉が飾られています。

これはやはり、甲冑が実際の戦いで用いられるための装備品ではなく、室内に飾ったり鑑賞したりするための美術品として認識されていたことを表しているのです。

武具・書画・美術品の基礎知識武具・書画・美術品の基礎知識
武具・書画・美術品に関する基礎知識を、様々なカテゴリ(テーマ)に分けて詳しくご紹介します。

復古調で作られた甲冑(鎧兜)の種類

復古調のなかでは、主に大鎧や胴丸、腹巻の形状を基調とした甲冑が作られました。戦国時代、大鎧は上級武士、胴丸は中級、または下級武士、腹巻は下級武士がよく装備していた甲冑です。なかでも大鎧は、意匠を凝らした縅が美しく映えるため、復古調のなかでも特に多く作られています。

大鎧

練革空小札白糸威大鎧
練革空小札白糸威大鎧

前述したように復古調の大鎧には、腰の部分がくびれているような形状の変化が見られました。

また、実戦では明らかに不便な防具が足されていたり、不要な部品が追加されていたりしています。

そんな数ある復古調の大鎧のなかでも、本来の様式がよく再現されている代表的な例のひとつが、「練革空小札白糸威大鎧」。

江戸時代に入るまでの大鎧と意匠が混同しがちな復古調ですが、正しい大鎧の様式を忠実に再現しているこの甲冑は、相良藩(さがらはん:現在の静岡県牧之原市)の歴代藩主であった「田沼家」に伝来しました。

胴丸

紺裾濃縅本小札胴丸二十二間星兜付

紺裾濃縅本小札胴丸二十二間星兜付

胴丸は、右脇で開閉するタイプの甲冑です。

大鎧は、開いている右側の部分を「脇楯」(わいだて)で防御する構造になっていますが、胴丸は、完全に胴体を1周し、「草摺」(くさずり)も8間(けん)に分かれています。

これは、胴丸の基本的な特徴であり、江戸時代後期に制作された「紺裾濃縅本小札胴丸二十二間星兜付」は、復古調でありながら、このような胴丸の正式な特徴を踏襲している作風が特筆すべき点です。

しかし、「杏葉」(ぎょうよう)と呼ばれる部品が、かなり大きく作られていたり、「面頬」(めんぽう)や「佩楯」(はいだて)が、江戸時代の特徴を示す形状となっていたりするなど、完全に過去の甲冑を再現した物とは言えません。

腹巻

黒糸縅腹巻

黒糸縅腹巻

腹巻は、背中で開閉するタイプの甲冑です。

腹巻の草摺は、5~7間であることが一般的であり、胴丸同様、腰のあたりがくびれているところが特徴。

幕末の長州藩(現在の山口県萩市)13代藩主「毛利敬親」(もうりたかちか/もうりよしちか)が所有していた「黒糸縅腹巻」は、形式については、本来の腹巻を踏襲しています。

しかし、その材質は戦国時代までの腹巻に用いられてきた、実戦に耐え得る防御力を発揮する鉄製の小札でなく、すべて革になっているのです。太平の世となった江戸時代において、丈夫さではなく、外観の美しさを重視した復古調の腹巻であったと言えます。

江戸時代中期以降には当世具足が作られなかった?

江戸時代前期までは、戦国時代に隆盛を極めた当世具足が作られていたのにもかかわらず、江戸時代中期以降には、大鎧や胴丸、腹巻を意識した復古調の甲冑が人気を博しました。この時代には、当世具足その物ではなく、その要素が加えられた様式の甲冑が主流となったのです。

近世における封建社会であった江戸時代は、「徳川将軍家」に歯向かうような行為はもちろん、藩主に逆らうような行動も、厳罰に処される時代でした。そんななかで戦闘に特化した甲冑を用意していれば、謀反の嫌疑をかけられてしまうかもしれません。無用な処罰を受けないためにも、武具としてではなく、美術品や装飾具としても美しい大鎧を中心に、復古主義が盛り上がっていたと考えられているのです。

朱漆塗紺糸縅縫延腰取二枚胴具足

朱漆塗紺糸縅縫延腰取二枚胴具足

しかし、江戸時代中期以降に、当世具足の様式を継承した甲冑が、まったく作られなかったわけでもありません。

彦根藩(現在の滋賀県彦根市)の藩主「井伊直定」(いいなおさだ)が所有していた「朱漆塗紺糸縅縫延腰取二枚胴具足」は、兜の付物(つきもの/つけもの:立物以外に兜に取り付ける装飾)も含めて、当世具足と呼ぶのにふさわしい甲冑です。

この甲冑の「天衝脇立」(てんつきわきだて)は、甲冑の座高ほどの高さがある双角になっており、さらには、菖蒲をモチーフとした「前立」(まえだて)も付いています。

これほど大きい付物があれば、実戦には向かないため復古調であると捉えることもできますが、これは本来の当世具足の様式を、過不足なく踏襲していることが窺える甲冑です。

こういったことから、江戸時代に作られた甲冑を復古調も含めて、すべて当世具足とまとめる傾向もあります。

徳川十五代将軍一覧徳川十五代将軍一覧
徳川家康を含む、江戸幕府を治めた徳川家15人の将軍についてご紹介します。

復古調の甲冑(鎧兜)

復古調の甲冑(鎧兜)をSNSでシェアする

「甲冑(鎧兜)の種類」の記事を読む


大鎧

大鎧
平安時代に入ると「短甲」(たんこう)、「挂甲」(けいこう)に代わって「大鎧」(おおよろい)が登場します。その理由は、戦い方の変化。騎馬武者が戦いやすいよう改良が加えられた結果、鎧は日本独自の進化を遂げていきました。平安時代前期から江戸時代までの大鎧についてご紹介します。

大鎧

大鎧の機能

大鎧の機能
「大鎧」は、平安時代に登場した「日本式甲冑」。その最大の特徴は、「騎射戦」(きしゃせん)での防御力に優れていることです。大鎧の造りは頑丈で、大きめの箱の中に身体を入れる感じで着用されていました。もっとも、どれだけ頑丈な造りであっても、完全無欠という訳ではなく、隙ができてしまっていたのも、また事実。ここでは、いかにして大鎧の防御力を確保したのかについて、その付属品の機能を通して考察します。

大鎧の機能

胴丸鎧

胴丸鎧
愛媛県にある「大山祇神社」(おおやまづみじんじゃ)には、「大鎧」(おおよろい)と「胴丸」(どうまる)の折衷型のような鎧が所蔵されています。それが国宝「赤糸威胴丸鎧」(あかいとおどしどうまるよろい)。「胴丸鎧」(どうまるよろい)の存在については、「平治物語絵巻」などの合戦絵巻のなかで描かれていることで知られていますが、現存しているのは大山祇神社所蔵の赤糸威胴丸鎧1領のみ。ここでは、幻の鎧とでも言うべき胴丸鎧についてご紹介します。

胴丸鎧

胴丸・腹当・腹巻

胴丸・腹当・腹巻
平安時代初期まで、武装して甲冑を着る人は「高級武官」が中心でした。ところが、平安時代中期に「武士」が誕生すると、社会体制が変化。武士は武士団を結成し、互いに闘争をはじめます。朝廷は、武士団の実力を認め反乱を抑えようと、宮中や地方などの警護・警備を任せ、治安維持に当たらせるようになるのです。さらに武士は「上級武士」、「一般武士」、「下級武士」へと細分化。ここでは、上級武士が着用した「大鎧」に代替する甲冑として注目された「胴丸」、「腹当」、「腹巻」について詳しくご紹介します。

胴丸・腹当・腹巻

当世具足①

当世具足①
平安時代に登場した「大鎧」(おおよろい)から始まった「日本式甲冑」の系譜は、室町時代末期に大きな転換期を迎えました。それが「当世具足」(とうせいぐそく)の登場です。今の世の中を意味する「当世」と、十分備わっていることを意味する「具足」を呼称としているこの甲冑は、構造、意匠、素材などにおいて多種多様であり、定まった物がないという風変わりな物。日本式甲冑とは一線を画した新様式の甲冑である当世具足について紹介します。

当世具足①

当世具足②

当世具足②
「当世具足」(とうせいぐそく)は、室町時代末期に戦の変化に合わせて生まれた甲冑です。「当世具足」と一口に言っても、種類は様々。鉄板などの堅固な板を素材にした「板物胴」や、鉄や革などで作られた「伊予札製の胴」、この他「本小札製の胴」「段替胴」「畳具足」など、素材や作り方によって呼び方が異なります。こちらでは当世具足について種類別に解説しましょう。

当世具足②