甲冑(鎧兜)の歴史

甲冑の歴史(安土桃山時代~江戸時代)

文字サイズ

室町時代後期から安土桃山時代を経て江戸時代初期まで、戦が繰り返される戦国の世が続きました。戦国時代と呼ばれるこの時代の中心は、天下人となった「織田信長」、「豊臣秀吉」、「徳川家康」の「三英傑」と呼ばれる3人。また、この三英傑を支えた多くの名武将がいたことが伝わっています。戦国時代は、西洋から鉄砲や甲冑、顔料が伝来し、日本の甲冑は大きく変化しました。世に名を馳せた有名武将達の甲冑は、それぞれに意匠が凝らされ、兜の前立などに特徴を持つようになります。

戦国三英傑戦国三英傑
戦国時代の三英傑、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康についてご紹介します。

安土桃山時代の概要

戦国の世とも言われている安土桃山時代は、11年に及ぶ「応仁の乱」以降、室町幕府の支配力が低下。その機を捉えて多くの武将が頭角を現すようになり、下剋上の世が訪れます。

筆頭に挙げられるのが、「織田信長」と「豊臣秀吉」です。天下統一を目指し、いく度となく戦に身を投じました。

この時代は、戦い方にも変化が見られました。武将のもとには家臣団が形成され、大勢の兵による組織的な集団戦法が展開されるようになります。

加えて、1543年(天文12年)にはポルトガル人が種子島(鹿児島県)へ漂着し、鉄砲が伝来。戦には、槍や弓に加え鉄砲が用いられるようになり、従来の戦いの様相が大きく変わりました。そういった背景もあり、槍武者の集団戦や鉄砲隊に対応するため、安土桃山時代の甲冑は変化を遂げたのです。

安土桃山時代の歴史的背景

織田信長

織田信長

織田信長がその名を轟かせたのは、駿河(現在の静岡県中部)の「今川義元」(いまがわ よしもと)を破った1560年(永禄3年)の「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)でした。

また、1570年(元亀元年)6月の「姉川の戦い」(あねがわのたたかい)でも浅井・朝倉連合軍を破り、足利家を追放して天下統一の間近まで迫ります。その後も戦が続き、1575年(天正3年)の「長篠の戦い」(ながしののたたかい)では、鉄砲隊が登場。「鉄炮(鉄砲)三段撃ち」という新しい戦術で戦ったとされています。

織田信長は、1576年(天正4年)に天下人となりましたが、1582年(天正10年)に「本能寺の変」で自害するまでに多くの戦が繰り返されました。

1582年(天正10年)に「山崎の戦い」で「明智光秀」を倒し、1583年(天正11年)、「賤ヶ岳の戦い」(しずがたけのたたかい)で「柴田勝家」を破り、織田信長の継承者となったのは豊臣秀吉です。豊臣秀吉は、国内では島津軍や「北条氏政」(ほうじょううじまさ)・「北条氏直」(ほうじょううじなお)父子を降伏させる戦をします。

さらに、豊臣秀吉の戦として特記しなければならないのが、1592年(文禄元年)の「文禄の役」(ぶんろくのえき)と1597年(慶長2年)の「慶長の役」です。豊臣秀吉の構想は、国内にとどまらず中国・明をも征服しようとしていたことが伝わっています。

安土桃山時代に使用された甲冑

安土桃山時代後期の戦いは、槍と弓だけでなく、鉄砲が活用されるようになりました。これらの武器に対応できる甲冑が必要とされ、この時代には大きな転換期を迎えます。

新しい形式当世具足の誕生

当世具足

当世具足

安土桃山時代に、槍武者の集団戦や鉄砲戦に対応するため、頑丈で軽快に動ける工夫が凝らされた新しい形式の甲冑、「当世具足」(とうせいぐそく)が誕生しました。

「当世」とは現代風、「具足」とはすべて整っているという意味。文字通り当世具足は、防御機能が完備した現代風の甲冑だったのです。

当世具足には、従来の小札(こざね)を綴り合わせる物もありましたが、主に「煉革」(ねりがわ)や鉄の一枚板を使った「板札」(いたざね)が用いられるようになります。板札の利点は、小札を綴り合わせるよりも制作が簡単なことです。槍や鉄砲に対して防御力が高く、この時代の戦に適していました。

甲冑は鉄を多用するようになり、着脱がしやすいように胴全体を縦方向に2~6枚の部分に分けて、蝶番(ちょうつがい)を付け開閉できるように作られています。また、板札は伸縮しないため、腰骨に当たらないように左右の脇が切り上げられているのが特徴です。

武将の世界観が加わった甲冑

当世具足は、新たな技法や素材が取り入れられ、多彩な種類が作られました。

上級武者は、当世具足に戦場での防御力、機動力を高めた工夫の他に、好みや信仰、世界観を反映するなどデザインにも凝るようになります。奇抜な形状の「変わり兜」や、戦場で自らの存在を誇示することを狙った甲冑が作られるようになったのです。

西欧の影響を受けた南蛮胴具足

鉄錆地縦矧五枚胴胸取具足
鉄錆地縦矧五枚胴胸取具足
室町時代末期に鉄砲と共に西洋の甲冑も伝来。

西洋から輸入された甲冑を模した他、「草摺」(くさずり)や袖を付けるなどの改造をして作られたのが「南蛮胴具足」(なんばんどうぐそく)です。

南蛮胴具足は、鉄砲の攻撃に対して有効という利点を持ち、安土桃山時代にかけて流行しますが、金属で作られているため重いという難点を持っていました。

次第に南蛮胴具足は、胴の下端を西洋流のV字から日本の甲冑と同じ平らに変えるなど、日本人の体型に合うように改良されました。

安土桃山時代に活躍した名武将

名武将と呼ばれる人物が多い安土桃山時代。名武将の甲冑は実用性の高さだけでなく、強さをアピールするなど、凝った甲冑が作られるようになります。

中国から大量の辰砂(しんしゃ:赤色顔料に利用される鉱石)が輸入されるようになり、名武将が朱漆塗(しゅうるしぬり)を使った甲冑を作り普及させたのもこの時代からです。

織田信長

紺糸縅胴丸具足

紺糸縅胴丸具足

織田信長が祀られている「建勲神社」(たけいさおじんじゃ:京都府京都市北区)には、織田信長が着用していたと言われる「紺糸縅胴丸具足」(こんいとおどしどうまるぐそく)が奉納されています。

南蛮胴」の甲冑を着けた織田信長がイメージされることもありますが、この紺糸縅胴丸具足は正統派の甲冑で、南蛮胴は使われていません。

実際、最初に南蛮胴が日本に伝来したのは1588年(天正16年)とされ、織田信長が亡くなったあとのこと。南蛮胴の甲冑を着けるのは不可能だったため、良く目にする織田信長の南蛮胴姿は誤っているという説が有力です。

豊臣秀吉

色々縅二枚胴具足

色々縅二枚胴具足

豊臣秀吉が着用していたとされる「色々縅二枚胴具足」(いろいろおどしにまいどうぐそく)が「名古屋市秀吉清正記念館」(愛知県名古屋市中村区)にあります。

色々縅二枚胴具足は、「鎖佩楯」(くさりはいだて)や「鎖籠手」(くさりこて)、「銀箔押金具」でかたどった桐紋付の袖などが付属する絢爛豪華な具足です。派手なデザインと色は、豊臣秀吉らしい具足と言われています。

武田信玄

武田信玄」の重臣「飯富虎昌」(おぶとらまさ)が、具足や旗差物などを朱塗りにしたことが「赤備え」(あかぞなえ)のはじまりです。「武田の赤備え」と呼ばれ、甲斐武田軍団の代名詞となっています。

赤色は、戦場で目立ち敵に見付かりやすく、甲冑には避けたい色。にもかかわらず、赤色の甲冑を身に着けるということは、勇気があり武術に秀でているという武勇の証でした。武田信玄は、強さを誇示するために赤色の甲冑をあえて取り入れたと伝わっています。

真田幸村

真田の赤備え

真田の赤備え

安土桃山時代から江戸時代初期に活躍した「真田幸村」(真田信繁[さなだのぶしげ]のこと)も、具足を赤色で統一。「真田の赤備え」と呼ばれ有名です。

特徴的なのが真田幸村の兜で、兜の脇には鹿角が一対備えられ、強さを感じさせる作りとなっています。

赤色の具足と鹿角兜をかぶった真田幸村の勇姿が、「大阪城」(大阪府大阪市)天守に所蔵されている「大坂夏の陣図屏風」に描かれました。

上杉謙信

織田信長にも勝ち、戦では負けたことがないと伝わる「上杉謙信」。上杉謙信の甲冑が新潟県上越市にある「上杉神社」に残されています。

「色々縅腹巻」(いろいろおどしはらまき)は、「黒韋」(くろかわ)が主体で、縅毛(おどしげ)の色には紫色と紅色の糸が使われていて、高貴な印象です。兜は、前立(兜飾り)に「飯綱大明神」(いずなだいみょうじん)像が飾られ威厳を感じさせます。

伊達政宗

伊達政宗

伊達政宗

国宝重要文化財「黒漆塗五枚胴具足」(くろうるしぬりごまいどうぐそく)は、「伊達政宗」所用と伝えられており、「仙台市博物館」(宮城県仙台市)に所蔵。全体を黒でまとめシンプルな分、金色に輝く三日月の前立がより引き立つデザインとなっています。

胴は鉄板に黒漆塗で5枚に分割され、草摺は九間六段下がりになっており、重厚で実践向きに作られているところが特色です。

この五枚胴の形式は「仙台胴」とも呼ばれ、のちの歴代藩主や家臣達に受け継がれています。

江戸時代の概要

関ヶ原の戦い」で勝利した「徳川家康」は征夷大将軍となり、時代は江戸時代へと移行しました。戦が減り、甲冑は実用されることなく、「具足櫃」(ぐそくびつ)に保管されたままという時代となったのです。

江戸時代の歴史的背景

江戸時代では権力が徳川家に集中し、支配者が代わることはありませんでした。幕藩体制(ばくはんたいせい)が整い、「島原の乱」以降、幕末に薩長の討幕運動が起こるまでの200年以上の間、太平の世だったのです。

江戸時代に使われた甲冑の特徴

江戸時代初期、「源右衛門瑠璃斎」(げんえもんるりさい)という軍学者が「瑠璃斎胴」を発案します。甲冑を着用したまま、着物の懐(ふところ)に入れた物を出し入れできるように工夫された胴が登場し、甲冑が改良されました。

江戸時代中期以降になると戦が減り、甲冑が使われる機会はなくなり、具足櫃に納められたままとなります。甲冑は、実用から鍛鉄技術や工芸的技術の向上に重きを置いた装飾的な作品へと変化。平安時代から室町時代にかけての古式甲冑が模範とされた「復古調」の甲冑が流行したとのことです。

藩や各家を象徴する御家流

雪の下胴

雪の下胴

泰平の世になると、甲冑は武士の精神を表すようになり、各藩では有名な「甲冑師」(かっちゅうし)を抱え、それぞれ特徴のある作品が作られるようになります。

代々先例にならい、特色ある技巧を凝らした同じ形の甲冑を制作し継承する「御家流」(おいえりゅう)が存在するようになったのです。作られた甲冑は、各藩や各家に伝わる武家の表道具として大切にされました。

有名な作品としては、仙台藩伊達家に伝わる重厚な作りの「雪の下胴」、細川家の動きやすい簡素な「越中具足」、前田家の高度な工芸技術を施した「加賀具足」などがあります。

美術工芸品的価値の高い名品の誕生

江戸時代中期頃からは、藩お抱えの甲冑師による美術工芸品的価値の高い甲冑作りが主流となりました。

大名家は費用を惜しまず、甲冑を作らせ、鍛鉄技術や工芸的技術を競い合ったのです。

細部まで入念に制作された甲冑は、武具と言うよりも、華やかで質の高い美術品でした。飾ったときに立派に見えるように、実用品にはない装備の付いた甲冑も作られたとされています。

甲冑師の5派

戦国時代の頃から甲冑師の流派が興り、兜に作者銘と紀年銘が彫られるようになりました。甲冑師の流派で代表的なのが奈良の「岩井派」と「春日派」、京都の「明珍派」、紀州(現在の和歌山県)の「雑賀派」(さいがは)、常州(現在の茨城県)の「早乙女派」です。

明珍派は、鉄の鍛えと加工技術の良さが有名で、岩井派の「岩井与左衛門」(いわいよざえもん)は徳川将軍家のお抱えの甲冑師として知られ、「久能山東照宮」(静岡県静岡市)や「水戸東照宮」(茨城県水戸市)、「奈良国立博物館」(奈良県奈良市)に岩井与左衛門作の甲冑が収蔵されています。

江戸時代に活躍した名武将

江戸時代の武将としては、徳川家康を支えた武将達が名を馳せました。「徳川四天王」は有名で、「酒井忠次」(さかいただつぐ)、「本多忠勝」(ほんだただかつ)、「榊原康政」(さかきばらやすまさ)、「井伊直政」(いいなおまさ)の4人を指します。

江戸時代に活躍した名武将達は、自身の思いや自身を誇示する個性的な甲冑を甲冑師に作らせ身に着けたのです。

徳川家康

歯朶具足

歯朶具足

関ヶ原の戦いに勝利し、征夷大将軍になった徳川家康は、「三方ヶ原の戦い」で上杉謙信に負けましたが、その他の戦いでは負けなかった武将。

兜の特徴は「大黒頭巾形」(だいこくずきんなり)。夢に七福神の大黒様が出てきたことにあやかったとされています。歯朶(しだ)の葉をモチーフとした前立を添えてあるため、徳川家康の具足は「歯朶具足」と呼ばれているのです。

井伊直政

徳川四天王の井伊直政。関ヶ原の戦いでは先陣を切って戦い、その後は江戸幕府成立のために尽力しました。

井伊直政率いる部隊は、具足すべてが赤色の赤備え。兜にはの角のような立物をあしらい、精鋭部隊でもあったことから「井伊の赤鬼」と恐れられたと伝えられています。

本多忠勝

本多忠勝の甲冑

本多忠勝の甲冑

本多忠勝も徳川四天王のひとりで、「一言坂の戦い」や長篠の戦い、関ヶ原の戦いなど多くの戦で活躍しながら一度もケガをしなかったという逸話を残す人物です。

本多忠勝は黒い「鹿角脇立兜」(しかつのわきだてかぶと)をかぶり、金箔押の大数珠(おおじゅず)を肩から提げていたと言います。

千葉県立中央博物館大多喜城分館」(千葉県夷隅郡)に保管されている「紙本著色本多忠勝像」にその様が描かれました。また、愛知県岡崎市の「三河武士のやかた家康館」には「本多忠勝所用の甲冑」が所蔵されています。

黒田官兵衛

合子形兜

合子形兜

黒田官兵衛」(くろだかんべえ)は、戦国時代から江戸時代初期まで活躍した武将です。戦は負け知らずで、天才軍師とも呼ばれています。

黒田官兵衛の兜は、お椀を逆さにしたような特徴ある形の「合子形兜」(ごうすなりかぶと)。

赤色の兜を戦場でかぶっていた黒田官兵衛は「赤合子」と呼ばれ恐れられたと伝わっています。

まとめ

甲冑は時代と共に進化を遂げた、日本の歴史的な遺産です。江戸時代中期以降に作られた甲冑には美術的価値があり、見ごたえのある作品も多くあります。

武将の性格や歴史的背景を知って甲冑を見ると、なぜ特徴的な作りになっているのかが分かり、より興味深く鑑賞できるでしょう。

甲冑の歴史(安土桃山時代~江戸時代)

甲冑の歴史(安土桃山時代~江戸時代)をSNSでシェアする

「甲冑(鎧兜)の歴史」の記事を読む


古代の甲冑(短甲・挂甲)

古代の甲冑(短甲・挂甲)
日本における甲冑の歴史は、弥生時代から始まりました。当初は「短甲」(たんこう)や「挂甲」(けいこう)が制作されていましたが、時代を経るにつれて、日本独自の進化が見て取れるように。平安時代になると「大鎧」(おおよろい)が登場し、ここから「日本式甲冑」が発展していったのです。今回は、日本における甲冑制作の黎明期において制作されていた古代の甲冑(短甲・挂甲)についてご紹介します。

古代の甲冑(短甲・挂甲)

甲冑の歴史(古墳時代~平安時代初期)

甲冑の歴史(古墳時代~平安時代初期)
日本式の「甲冑」と言えば戦国時代が有名ですが、その起源は古く、一般的に良く知られている形となるまでには長い歳月を経ています。時代ごとに意匠を変えながら、その機能を向上させてきた甲冑。甲冑の歴史は実に興味深く、様々な遺跡の中からも、のちに素晴らしい美術品へと昇華する甲冑の原型が見付かっているのです。日本式甲冑のルーツをたどり、古墳時代から平安時代の初期についてご紹介します。

甲冑の歴史(古墳時代~平安時代初期)

甲冑の歴史(平安時代中期~鎌倉時代)

甲冑の歴史(平安時代中期~鎌倉時代)
平安時代から鎌倉時代にかけては、貴族から武士へと支配力が移行していった時期です。武家の権力が増すにつれて、戦闘力の証である甲冑には改良が重ねられ、より進化を遂げていきました。日本における甲冑の歴史の中で、大きな転換期となった「大鎧」(おおよろい)や「胴丸」(どうまる)が成立。やがて、さらなる動きやすさを追求した甲冑が普及します。 騎馬戦が主流であった平安時代から、戦略規模が拡大する鎌倉時代へと、戦法に合わせて変化していった甲冑の様式についてご紹介しましょう。

甲冑の歴史(平安時代中期~鎌倉時代)

甲冑の歴史(南北朝時代~室町時代)

甲冑の歴史(南北朝時代~室町時代)
鎌倉幕府が滅亡したあとに訪れた南北朝時代は、その名の通り、朝廷が北朝・南朝に分かれた状態で、絶えず戦争が続く時代。そんな中、鎌倉時代後期に完成した「腹巻」(はらまき)などは、南北朝時代を超え、室町時代まで甲冑の主流として活躍し続けました。南北朝時代から室町時代にかけて、どのような甲冑が使われていたのか、また、甲冑の様式に影響を与えた時代背景などを説明していきます。

甲冑の歴史(南北朝時代~室町時代)

現代の甲冑

現代の甲冑
乱世であった戦国時代のあと、太平の世が長く続いた江戸時代が終焉を迎えると、日本は一気に近代化へと進んでいきます。西欧から次々と文明の賜物が押し寄せる中、甲冑にはどのような変化が起きていくのでしょうか。「武士」と言う身分が失われると、甲冑のあり方もそれまでとは変わらざるを得なくなっていきました。 ここでは、江戸時代末期から明治時代、そして現代へと繋がる甲冑の歴史についてご紹介します。

現代の甲冑