甲冑の部位

喉輪・脇当・満智羅

文字サイズ

平安時代に誕生したと言われている日本式甲冑は、時代を経るにしたがって防御の範囲が広がっていきました。頭部を守る「兜」、肩を守る「袖」、胴部分を守る「鎧」や「草摺」(くさずり)を装備していたものの、隙間が多かった「大鎧」は進化。「当世具足」が登場する時代になると、防御力は格段に向上します。もっとも当世具足も完全無欠ではなく、防御しきれない箇所もありました。
それを補っていたのが「喉輪」(のどわ)、「脇当」(わきあて)、「満智羅」(まんちら)などの小具足です。目立たないながらも人体の急所を覆い、命を守るために欠かせない存在だった喉輪・脇当・満智羅についてご紹介します。

喉輪とは

喉輪」(のどわ)は、首に提げて、喉元からの上部の範囲を保護するための小具足です。月形の鉄に2段に縅した「小札板」(こざねいた)が取り付けられています。

喉輪の変遷

練革黒漆塗本小札喉輪(喉輪単独)
練革黒漆塗本小札喉輪(喉輪単独)
喉輪が誕生したのは鎌倉時代後期であると言われています。もっとも、南北朝時代から室町時代中期頃の時代においては、喉輪が表舞台に登場する機会は多くはありませんでした。

そんな喉輪が多用されるようになったのは、室町時代後期だったと言われています。

その背景には、歩兵による戦いが主流となっていったことがありました。近接しての激しい戦闘で重要になるのは機動性。そのため、大掛かりな「大鎧」は存在意義が薄れていきます。

代わって台頭したのが「胴丸」や「腹巻」などの簡易的な甲冑。これらの大きく開いた首回りを防御する武具として喉輪が注目されたのです。

こうした流れは、「当世具足」が登場し始めた時代においても続いていきます。防御力向上のための様々な工夫が施された当世具足ですが、カバーできる範囲は限定されていました。

すなわち、鎖骨から首にかけての部分には隙ができていたのです。そのため、喉元については依然として喉輪でカバーすることが必要でした。

天下泰平の江戸時代を迎えると、武具としての甲冑の需要が低下したため、喉輪への注目度は低下します。もっとも、復古調の甲冑が流行りだすと、再びその小具足として見出されることに。南北朝時代と室町時代の喉輪は、甲冑全体のバランスと類似するような色合いで構成されることが一般的でした。「面頬(面具)」だけではなく、より華美な喉輪が好まれたのです。

その結果、戦国時代以前に見られた物よりも非常に派手な喉輪が制作されるようになっていきました。

喉輪の種類

喉輪は、首元への固定の仕方で2つの種類に分けられます。

ひとつは、南北朝時代頃に成立した「月輪型」の喉輪で、喉輪に取り付けられた弧の部分を装備者の首周りに置き、懸緒(かけお)と呼ばれる紐で結ぶことで装備する形態。

もうひとつは、室町時代後期に成立した「曲輪」(ぐるわ)と呼ばれる形態です。こちらは、首周りに接触する月形の鉄板が三分割されており、より首に密着するような工夫が施されていました。

脇当とは

「脇当」(わきあて)は脇部分を守る防具。別名「脇引」(わきびき)とも呼ばれるこの小具足は、胴丸、腹巻と一緒に使われました。革や鉄など、通常の甲冑と同じ物で作られていました。右肩に下げた脇当は斜めに掛けて左脇を、左肩に下げた脇当は反対に右脇を防護するように作られています。

脇当の成り立ち

脇当の成立は室町時代以降。当初はライフジャケット型が主流だったのですが、そのうちに籠手などと一体化して、脇を防御するようになりました。また、直接的に目立つ防具でもなく、あまり史料も残されていないのが現状です。

脇当の現存史料は少ない

脇当に関する史料はかなり少なく、その理由として考えられるのは、室町時代以降の甲冑の進化は目覚ましく、特に胴や「」などの変化を中心に記録されていることが挙げられます。また、江戸時代の復古調の流行に際しても、脇当は目立たない存在でもあったことから、特段取り上げられている様子も見受けられません。

現存する脇当の史料として、「祇園守蒔絵脇当」(ぎおんまもりまきえわきあて)があります。これは、戦国時代の武将「立花宗茂」が所用したと伝わる脇当。脇当に「八坂神社」(祇園社:現在の京都市東山区)の守り札を蒔絵で描き、それを身に着けることで、神仏に祈りを捧げていたと考えられています。

満智羅とは

「満智羅」(まんちら)は、肩の周辺をガードする目的で作られた小具足です。鉄や布帛(ふはく:布)、鎖で制作されており、鉄製の満智羅は肩掛け、布帛や鎖製の満智羅は小さなベストや革ジャケットのような見た目をしています。満智羅の語源はオランダ語の「マンテル」。オランダ語のマンテルは、現代では「マント」と翻訳されます。

満智羅と鎖帷子の違い

鎖帷子

鎖帷子

満智羅と似た武具に、「鎖帷子」(くさりかたびら)があります。

忍者忍装束(しのびしょうぞく)の下に着込んでいたイメージの強い鎖帷子は、文字通り鎖で構成されていました。

鎖を編み込んで作られたジャケット状の物を布などで包んで着やすくした防具で、特に刀剣による攻撃に対する防御力が高いと言われています。

簡易的な防具ではありますが、甲冑のなかに着ても外側に羽織っても、高い防御性能を示したため重用されました。

一方で、満智羅は西洋甲冑(プレートアーマー)の「肩甲」(かたよろい)を取り入れたのが始まりとされています。その素材としては鉄、布帛に加えて鎖が用いられました。鉄製の満智羅は、具足の上から着用されたことから「上満智羅」(うわまんちら)、布帛や鎖で制作された満智羅は、具足の下に着込んでいたことから「下満智羅」(したまんちら)と呼ばれています。

世界の剣・刀剣・甲冑(鎧兜)
日本刀とは一味違う、世界の剣や刀剣、甲冑をご紹介します。

満智羅の現存史料

南蛮胴具足

南蛮胴具足

脇当と同様に、満智羅の現存史料も多くはありません。

例として有名なのが「日光東照宮」(栃木県日光市)に収蔵されている「南蛮胴具足」(なんばんどうぐそく)に付属している鉄製の満智羅です。

この南蛮胴具足は、「徳川家康」所用と伝えられる1領。南蛮胴具足は当初、西洋甲冑を流用して制作されていたと言われており、その肩甲をそのまま付属させているのです。

その他の現存史料についても、ほとんどが前述した上満智羅。その理由としては、布帛や家地(いえじ:鎖を綴じ付けるための下地)は腐食しやすく、年月が経過するにつれて消失してしまうリスクが高いことが考えられます。

織田信長とマント

マントを纏った織田信長像

マントを纏った織田信長像

「満智羅とはマントのこと」と聞いて、甲冑の外にマントを羽織った武将を想像した方もいるのではないでしょうか。

その代表的な存在が、南蛮胴を身に着け、マントを纏った「織田信長」です。もっとも、織田信長が実際にマントを纏っていたという確かな史料は残されていません。

また現時点において、南蛮胴が伝来した時期については、織田信長の死後というのが史料に基づく通説です。

すなわち、南蛮胴とマントを身に着けている織田信長の姿については、後世の人達が、その先進的な人物像から想像して導き出した結果。あくまでも「織田信長であれば、このような格好をしていたのではないか」とイメージを膨らませた「織田信長像」であるにすぎません。

もっとも、織田信長が生きていた時代においても、すでに西洋で紡績技術が開発され、工業製品化されたマントが誕生していたという事実があります。また、日本式甲冑の小具足として満智羅が誕生していることから、マントという言葉自体は日本に入ってきていたことでしょう。

そう考えると、後世の人々が想像したような織田信長の姿が実在していた可能性は、全くゼロであると言い切ることはできないのです。

喉輪・脇当・満智羅

喉輪・脇当・満智羅をSNSでシェアする

「甲冑の部位」の記事を読む


甲冑の胴

甲冑の胴
甲冑(鎧兜)における胴は、胸から腹の下までの前面と側面、背中をカバーする防具です。その中でも、特に人の胴体を保護するのが、甲冑(鎧兜)の胴。人の胴体には多くの内臓があり、頭や首と同様、優先的に守る必要のある部位です。胴もそれに合わせて、大きく丈夫に作られています。甲冑(鎧兜)の胴の種類や、その姿が時代と共に、どのように変化していったのかをご説明します。

甲冑の胴

甲冑の袖

甲冑の袖
古墳時代に出現した甲冑(鎧兜)は、時代を追うごとに進化し、平安時代から用いられた「大鎧」(おおよろい)でほぼ基本的な部分の完成が見られます。主な部位としては、頭を守る「兜」(かぶと)、身体の中心を守る「胴」、足回りを守る「草摺」(くさずり)、そして戦闘力の要として、腕部分を守る「袖」(そで)です。大鎧には、「小札」(こざね)で作られた「大袖」(おおそで)があり、敵の矢や刃による攻撃に対し、肩から上腕部を保護しました。このように、甲冑(鎧兜)の部位のひとつひとつには、古人の工夫が込められているのです。甲冑(鎧兜)の袖について、その役割や種類、進化の過程を追っていきます。

甲冑の袖

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能
「兜」(かぶと)とは、頭部を守る防具です。「兜」という漢字は人が兜を被っている様子からできています。日本において、兜が出現したのは古墳時代。当初は防具としての役割を担っていましたが、時代の変化と共に武将達の威厳や個性を表現する役割も担うようになりました。現代では、端午(たんご)の節句に兜を飾ります。兜を飾る意味は、男の子が病気や事故などにならずに成長してくれることへの願いです。地域によっては誰が買うかも決まりがあります。兜は伝統的な兜飾りから、現代風のおしゃれな兜飾りまで様々です。兜の種類や兜飾りについて、また兜の付属品(立物、面具)及びその機能を通して、兜の役割についてご紹介しましょう。

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能

兜鉢(かぶとのはち)とは

兜鉢(かぶとのはち)とは
甲冑において、頭部を守るための防具が「兜」です。頭部は言わずと知れた人体の最重要部。そのため、兜は鉄板などの素材を用いて頑強に作られていました。その歴史は古く、日本式甲冑が登場する前からすでに存在。そののち、日本式甲冑と共に独自の進化を遂げていきました。頭部を守る兜の本体である「兜鉢」(かぶとのはち)についてご説明します。

兜鉢(かぶとのはち)とは

陣笠・とんきょ帽

陣笠・とんきょ帽
室町時代末期になると、戦での戦い方が大きく変化しました。騎馬武者同士による一騎打ちが影を潜め、集団での白兵戦(はくへいせん:近接した距離で行なわれる戦闘)に移行。各武将は農民などを最前線で戦う兵士として招集するようになったのです。「足軽」(あしがる)と呼ばれた彼らの頭部を守っていたのは、兜よりも安価で大量生産が可能な「陣笠」(じんがさ)でした。今回は、足軽の象徴である陣笠についてご紹介します。

陣笠・とんきょ帽

変わり兜

変わり兜
中世においては、初期の兜である「星兜」(ほしかぶと)に改良を加えた「小星兜」(こぼしかぶと)や「筋兜」(すじかぶと)、「頭形兜」(ずなりかぶと)が出現しました。そして、室町時代末期から江戸時代にかけては、鉄板を打ち出したり、紙や革で様々な物を形作ったりした「形兜」(なりかぶと)や、「張懸兜」(はりかけかぶと)など、従来の兜の概念に収まりきらない兜も登場。武将達は、自らの思想・信条を兜に込めた「変わり兜」を身にまとって戦場に立ったのです。ここでは、数多くの個性豊かな作品が作られた当世具足に付属していた、変わり兜について考察します。

変わり兜

面頬(面具)とは

面頬(面具)とは
面頬(めんぽお/めんぼお)は、甲冑(鎧兜)に付属した顔面を守るための防具で、最初に登場したのは平安時代後期。そののち、室町時代末期から安土・桃山時代にかけて広く普及したと言われています。 この時代には、機動性と堅固さをかね備えた「当世具足」(とうせいぐそく)が登場。各戦国武将が趣向を凝らし、百花繚乱の様相を呈した当世具足と同様、面頬(面具)も様々な作品が登場しました。 ここでは、面頬(面具)の基本的な事項についてご説明します。

面頬(面具)とは

面頬(面具)の歴史

面頬(面具)の歴史
面頬(めんぽお/めんぼお)は、日本式甲冑とともに進化・発展を遂げてきました。平安時代になると、それまで用いられていた「短甲」(たんこう)や「挂甲」(けいこう)から「大鎧」(おおよろい)へと進化。これに伴い、小具足のひとつとして、面頬(面具)が誕生したのです。西洋においても顔面を防御する、いわゆる「兜面」(かぶとめん)がありますが、これとは一線を画する日本独自の発展を遂げた防具。ここでは、日本における面頬(面具)の歴史についてご紹介します。

面頬(面具)の歴史

面頬(面具)の種類

面頬(面具)の種類
面頬(めんぽお/めんぼお)に取り外し可能な鼻が付属するようになると、様々な表情が作出されるようになりました。表情のある面頬(面具)は、着用した武者達にとって、仮面の役割も果たし、ときに怒り、ときには笑みを浮かべます。美女や老婆、翁さらには動物、鬼霊、神仏まで。様々な表情の面頬(面具)が制作されるようになりました。こうした表情は、敵を当惑させ、不気味さを感じさせるなど、精神的な揺さぶりをかける役割も果たしていたのです。面頬(面具)に表現された表情についてご説明します。

面頬(面具)の種類

注目ワード
注目ワード