甲冑(鎧兜)を知る

甲冑師の流派と記録

文字サイズ

「甲冑」(鎧兜)は、「日本刀」と並び称される日本の代表的な美術品です。もっとも、その鑑賞方法は対照的。日本刀鑑賞では、作られた場所や時代、作者の作風(特徴)を勉強し、目の前の作品でそれが実現していることを確かめるという楽しみ方があるのに対し、甲冑(鎧兜)では形式の違いや、用いられている素材、縅の方法などから、作られた時代に着目して楽しむことが一般的。甲冑については、銘がないことが多く、作者が明らかな作品が多くないためです。こうした経緯もあり、「甲冑師」は、「刀匠」と比べて一般的に知られている存在であるとは言えません。そんな甲冑師(流派)をご説明したあと、江戸時代に発刊された甲冑(鎧兜)などの古美術品の図録集「集古十種」についてご紹介します。

甲冑師とは

甲冑師の仕事は、その名の通り、甲冑(鎧兜)を作ること。刀を鍛えて作る刀工と同じだと思われるかもしれませんが、そんなに単純ではありません。

甲冑(鎧兜)は、膨大な数の部品を組み紐などでつなぎ合わせて、体を覆うようにして1領ずつ作っていくもの。その制作過程は、「仕立仕事(=デザイン)」をメインにして、各パーツを組み上げていく、チームによる作業が行なわれていたと言われています。そのため、「甲冑師」と呼ばれる人は、制作チームの 「指揮監督」をする人を指すと考えられるのです。

甲冑師は、あくまで「指揮監督者」であり、制作に当たるチームが別にありました。それゆえ、細かい部品(材料)をすべて自前で作っていたわけではなく、外部から仕入れていた物も相当数ありました。

特に個性が重視された「当世具足」(とうせいぐそく)以前の作品において、同じ時代に作られた甲冑(鎧兜)が類似した作風となっているのを、よく見かけるのもそのためです。ここが刀工や作刀地によって個性が現れる日本刀との相違点だと言えます。

このように、チーム作業であることから、甲冑師が甲冑に銘を切って、「自分の作品だ!」と言うことがはばかられた結果、多くの甲冑(鎧兜)が作者不明となってしまったというように理解することも可能でしょう。

中世においては、甲冑(鎧兜)の構成を行なう人が甲冑師と定義されていましたが、近世に入ると、その適用範囲が拡大。甲冑の材料制作を行なう職人も、甲冑師と呼ばれるようになりました。その中には、鉄を鍛えることを生業としていた職人も。後述する「明珍派」(みょうちんは)や「春田派」などについて、甲冑師と称されるようになったのも、近世に入ってからだと言われています。

最古の甲冑師

挂甲

挂甲

甲冑師が出現したのは、古墳時代だと言われています。当時の国家体制である原始小国家(部落国家)に従属し、「部の民」(べのたみ)として一定数の職人が従事していましたが、甲冑師もヤマト王権の時代には、王権に従属。これに奉仕する体制のひとつである「○○部」の構成員として存在していたのです。すなわち、この時代の甲冑師は、個人ではなく、あくまでも部の民のひとりとして認識されているに過ぎませんでした。

甲冑師のルーツが「部の民」にあること、彼らが従属していた王権が畿内(京都に近い国々)にあったことから、主な甲冑師は関西に分布していました。

奈良時代後期に入ると、「挂甲」(けいこう)が大量生産されるように。「小札」(こざね:鉄や革の細長い板)をつなぎ合わせて作る「挂甲」制作には、技術的に高度なものが要求され、これにより、甲冑師間の腕の良し悪しも鮮明になったのでした。

こうした経緯によって、甲冑師は部の民ではなく、個人として認識されていったのです。記録上最古の甲冑師は「金武史山守」(かなきのふひとやまもり)と言われています。

最も著名な甲冑師・明珍派

映画「七人の侍」

映画「七人の侍」

日本で最も有名な甲冑師のひとつである、明珍派。元々は、京都を拠点として馬の「轡」(くつわ)を作っていた轡師でした。

明珍派の由来は、初代「増田宗介紀ノ太郎」が、「近衛天皇」に鎧と轡を献上したところ、これらの触れあう音が「音響朗々、光明白にして玉の如く、類い稀なる珍器」として、天皇から「明珍」の2文字を賜与されたことにあると伝えられています。

明珍派の甲冑(鎧兜)が世の中で認知されたのは、室町時代末期で、江戸時代になると、江戸に拠点を移す者が出現。元禄・宝永年間頃には「中興の祖」と言われている「明珍宗介」(みょうちんむねすけ)が系図・家伝書などを整備して家元制度を整えると共に、弟子育成にも尽力しました。

具体的には、独り立ちした弟子に「明珍」を名乗ること、及び名に「宗」の文字を使用することを許可。これにより、その弟子が明珍派の流れを汲む者であることを証明すると共に、「明珍ブランド」の権威付けを行なって勢力を拡大。こうした積み重ねによって「甲冑(鎧兜)と言えば明珍」との評価を得るに至ったのです。

現代においても明珍派は存続しており、黒澤明監督の映画「七人の侍」などにおいて、明珍宗家第25代当主の「明珍宗恭」(みょうちんむねゆき)が甲冑(鎧兜)制作を指導。現代を代表する甲冑師として存在感を発揮しました。

銘を切り始めた春田派

大聖勝軍寺

大聖勝軍寺

大阪府八尾市にある「大聖勝軍寺」(だいせいしょうぐんじ)には、兜に甲冑師の銘が刻まれた甲冑(鎧兜)が収蔵されています。それが「色々威胴丸」(いろいろおどしどうまる)。室町時代末期に作られた、この胴丸に付属する兜には「春田宗定作」の銘が切られているのです。

春田宗定は、室町時代末期の甲冑師。同名ですが、異なる字体の銘が切られている物が現存することから、複数名が「春田宗定」を名乗っていたと言う説もあります。

春田派は奈良を拠点とし、兜鉢の材料となる鉄の鍛造技術に優れていたと言われ、後述する岩井派が制作する甲冑(鎧兜)に部品を提供していました。その後、鉄材の供給から転じて、兜鉢の制作を主に行なうようになったのです。これによって、兜の鉢裏に銘を切るようになったと言われています。

室町時代末期に、春田派が兜鉢に銘を切るようになったことをきっかけに、前述した明珍派や、その分派と自称していた「早乙女派」なども追随。鉄地に甲冑師の銘を切るようになっていったのです。

歴史と伝統を誇る岩井派

「岩井派」は、春田派などと並んで長い歴史と伝統を有する甲冑師集団だと伝えられています。前述のように、近現代以前の甲冑師は、共同作業によって甲冑(鎧兜)を制作していました。そのため、甲冑師は甲冑(鎧兜)の構成を取り仕切る総監督的な立ち位置。すなわち、複数の職人をひとつにまとめる役割を担っていたのが甲冑師なのです。岩井派も、その例にもれず甲冑の構成を生業としていました。

伊予札黒糸威胴丸具足

伊予札黒糸威胴丸具足

岩井派の甲冑師は、奈良を拠点として活動していたと言われています。「岩井与左衛門」(いわいよざえもん)は、「関ヶ原の戦い」を前にした「徳川家康」が夢で見た「大黒天」をモチーフとした当世具足「伊予札黒糸縅胴丸具足」(いよざねくろいとおどしどうまるぐそく)を制作した甲冑師として有名です。

こうした経緯もあり、岩井派の甲冑師は、江戸時代に入ると諸藩のお抱え甲冑師として召し抱えられたと言われています。

鉄錆地四枚張兜

鉄錆地四枚張兜

「刀剣ワールド財団」が所蔵する「鉄錆地四枚張兜」は、「岩井安董」(いわいやすしげ)によって制作された作品。美濃(現在の岐阜県)や武蔵(現在の東京都)で活動していたと伝えられている岩井安董は、「」(つば)や兜鉢の名作を数多く輩出したことで名を馳せました。

合戦の街 関ヶ原
「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。

明珍派と並ぶ著名な甲冑師・早乙女派

江戸時代、明珍派と双璧をなした甲冑師が早乙女派です。早乙女派の甲冑師は、主に兜鉢を制作していたと言われています。その特徴は精緻なつくりであること。活動の拠点は常陸(現在の茨城県)だと言われています。早乙女派の甲冑師は名前に「家」を冠していることが多いとされ、江戸時代に入ると鍔の制作にも着手しました。

兜鉢で名作を輩出した根尾派

鉄錆地六十二間筋兜

鉄錆地六十二間筋兜

「根尾派」は、江戸時代に登場した甲冑師。その作品はほとんどが兜だと言われています。江戸時代に著された「名甲図鑑」には「根尾正信」作の兜鉢が掲載されているほど、精緻なつくりの兜鉢は有名でした。

根尾派という名前は、美濃(現在の岐阜県)の「根尾川」流域で鉄を鍛えていたことに由来していると言われています。こうした「根尾鍛冶」のなかから兜鉢を制作する甲冑師が登場し、薄い鉄板を数多く鋲止めして兜鉢を成形していく精緻な作品が好まれたことで、根尾派の甲冑師は活動の場を広げていったのです。

刀剣ワールド財団が所蔵する「鉄錆地六十二間筋兜」の兜鉢の後正中(うしろしょうちゅう)には、裏側に「根尾正信」の銘が切られています。

虎徹を輩出した流派・長曽祢派

徳川綱吉

徳川綱吉

甲冑師として活動したのち、刀工として名を上げた人物もいました。それが「長曽祢興里」(ながそねおきざと)です。日本刀ファンには「虎徹」(こてつ)の名前の方がなじみ深いかもしれません。

長曽祢興里は安土・桃山時代末期から江戸時代初期にかけて、金沢で甲冑師として活動。こちらでも名工として名を馳せましたが、50歳を超えたのちに刀工に転身し、15年ほどの間に200振以上のハイペースで作刀を行ないました。

年齢を重ねるほどに輝きを増した、異色の刀工。彼の刀工としての技術の基礎には、甲冑師として活動していたときに身に付けた鍛冶技術があったのです。そんな虎徹を輩出した「長曽祢派」は、江戸時代には幕府の御用鍛冶を務めていましたが、5代将軍「徳川綱吉」の時代には断絶したとも言われています。

甲冑を知るためのバイブル「集古十種」

集古十種」(しゅうこじゅっしゅ)は、江戸時代に「松平定信」らが編纂して刊行された木版の図録集。松平定信が老中を失脚したのちの、1800年(寛政12年)頃に完成しました。集古十種では、1,859点の古美術品等を10の部門に分類して、寸法、所在地、特徴に加えて模写図を添付した、言わば江戸時代版の古美術品カタログ。甲冑(鎧兜)は兵器部の中で、12冊に亘って紹介されています。

集古十種ができた背景

徳川吉宗

徳川吉宗

徳川家による幕藩体制が確立された江戸時代においては、泰平の世が続きました。「関ヶ原の戦い」から約100年が経った江戸時代中期頃には、武士達の間で、昔の武家の儀式や慣わしなどを学ぶ「武家故実」(ぶけこじつ)などの学問が流行。これにより、かつて制作され、使用されていた武器や武具の調査・研究が盛んに。また、学者達も、全国各地の寺社などに収蔵されている武器・武具などを競って調査したのです。その際、学者らは絵師を同行させ、武器・武具などを精密に模写させていました。

武家故実などの学問が流行したきっかけのひとつとされているのが、8代将軍「徳川吉宗」による武芸の奨励。徳川吉宗は、5代将軍・徳川綱吉が廃止した鷹狩りを復活させるなど、復古的な武芸政策を実施しました。

徳川吉宗の孫に当たるのが、集古十種編纂の中心となった松平定信。両者に直接的な接点はなかったと言われていますが、松平定信も「起倒流柔術」(きとうりゅうじゅうじゅつ)の使い手という武芸者。また、松平定信が行なった「寛政の改革」も、徳川吉宗の「享保の改革」を手本として行なったとも言われており、集古十種の編纂においても、祖父・徳川吉宗に倣った復古主義的な思想が背景にあったと考えられるのです。

松平定信らによる編纂

徳川家斉

徳川家斉

集古十種編纂の中心となったのは、松平定信。松平定信は、11代将軍「徳川家斉」(とくがわいえなり)の老中首座として質素倹約を説き、「貸本」(かしほん:当時高価だった洒落本などを庶民に貸し出す生業)など庶民の娯楽を積極的に取り締まるなどの「寛政の改革」を行なった人物です。そんな「堅物」イメージの松平定信と、手間隙に加えて、お金もかかる図録の編纂を行なうという文化的な側面を結び付けるのは難しいかもしれません。

しかし、松平定信は、老中在職中から、全国各地の武器・武具類をはじめとした古器類の模本・拓本を作成する文化人としての側面を有していたのも事実。これらの活動が、松平定信の老中失脚後に完成することとなる「集古十種」の礎になったのでした。

「谷文晁」らによる模写

谷文晁

谷文晁

集古十種の価値を高めている要因のひとつが、収録されている模写の正確さ。それを担った1人が谷文晁(たにぶんちょう)です。

江戸時代中・後期を代表する絵師の1人だった谷文晁は、松平定信の御用絵師を務め、松平定信の命により、古書画や宝物などの写生を行ないました。

谷文晁ら当時の代表的な絵師達は、北は東北から南は九州までの広範囲に亘って寺社に収蔵されている古書画・宝物などを写し取るなどの現地調査を行ないましたが、ときには松平定信も同行したと言われています。

谷文晁らは、全国を精力的に回っていましたが、それでも全国すべての古美術品をカバーするのは不可能。そのため、現地調査と並行して、模写対象物を取り寄せたり、模本や写本を利用したりするなど、様々な手法を用いて古美術品調査が行なわれていました。

甲冑(鎧兜)を模写して調査する手法は、現代においても承継されています。すなわち、甲冑師が甲冑(鎧兜)を復元・修復するにあたって、実際に手に取ったり、写真撮影を行なったりすることが困難な際には甲冑師が自ら観察し、詳細に描き取ることで参考資料としているのです。

こうした活動結果を記録に残すことは、修理時の手本となるだけでなく、在りし日の姿を後世に残す一助にもなります。この点において、集古十種の歴史資料としての価値をも見出すことが可能であると言えるのです。

甲冑師の流派と記録

甲冑師の流派と記録をSNSでシェアする

「甲冑(鎧兜)を知る」の記事を読む


甲冑を作る・保存する

甲冑を作る・保存する
平安時代に制作が始まった「日本式甲冑」は、膨大な数の部品によって構成されており、日本固有の工芸品として、世界的な知名度・人気を誇っています。現代においては、武具(防具)としての存在意義は失っていますが、美術品としてだけではなく、歴史的な遺品としての価値をも有する物。そのため、歴史の継承という要請から、保存においても細心の注意を払わなければなりません。ここでは、甲冑(鎧兜)制作の過程と共に、その保存についてご紹介します。

甲冑を作る・保存する

女性と甲冑

女性と甲冑
「刀剣」を愛する女性を表す「刀剣女子」という言葉はすっかり定着し、現在では、その甲冑版とも言うべき「甲冑女子」という言葉も生まれているほど、甲冑も身近になりました。甲冑の一般的なイメージは、屈強な武将が戦場で身にまとっている戦闘服といったところでしょうか。つまり男性の物というイメージ。 しかし、愛媛県にある「大山祇神社」(おおやまづみじんじゃ)の宝物殿には、女性用の甲冑だと伝えられている1領が収蔵・展示されています。それが、国指定重要文化財の「紺糸裾素懸威胴丸」(こんいとすそすがけおどしどうまる)。 ここでは、甲冑と女性にまつわる話をご紹介します。

女性と甲冑

文献に見る甲冑

文献に見る甲冑
甲冑(鎧兜)は刀剣と同じように、制作された時代や戦闘様式の移り変わりによって、その形式が変化を遂げた武具のひとつ。その変遷は、時代ごとに著された歴史書や絵巻物、屏風図など、様々な資料から窺うことが可能です。そのような文献をいくつかご紹介すると共に、時代を経るごとに異なる甲冑(鎧兜)の特徴などについても解説します。

文献に見る甲冑

甲冑を比較する

甲冑を比較する
「甲冑(鎧兜)」(かっちゅう)とは、武士の命を守る戦闘用具。平安時代中期から江戸時代末期まで、身分や戦闘方法の変化に応じて著しい進化を遂げてきました。防御としての実用面はもちろん、見目麗しい美術面においても。ここでは、「大鎧」、「胴丸」、「腹巻」、「当背具足」の種類や変遷、その違いや見分け方について、詳しくご説明します。

甲冑を比較する

甲冑の装備

甲冑の装備
「甲冑」と言えば、「甲」(よろい)と「冑」(かぶと)を合わせた名称。そのため、どうしても鎧(甲)と兜(冑)の2つに注目が集まりがちです。もっとも、甲冑の魅力はそれだけではありません。甲冑の模型(型紙)であり、設計図の役割も果たしている「鎧雛形」(よろいひながた)や、胴以外の腕や足を防御する「籠手」(こて)、「佩楯」(はいだて)、「臑当」(すねあて)の「小具足」(こぐそく)。これらの様々な関連品も甲冑の魅力を構成する一部。今回は、そんな甲冑の周辺にある物についてご紹介します。

甲冑の装備

甲冑着用時の所作

甲冑着用時の所作
戦場における甲冑(鎧兜)は、敵の攻撃から生命・身体を守るという防具としての役割はもちろん、着用している武将の権威誇示という役割も担っていました。もっとも、戦(いくさ)においては、守っているだけでは勝つことはできません。攻撃するためには甲冑(鎧兜)を着用していても、体が滑らかに動くことができる必要がありましたが、甲冑(鎧兜)の各部分をつなぎ合わせる技術と工夫がそれを可能にしました。甲冑(鎧兜)は、日本刀と共に武士が武士たることを示す物で、そこには様々な作法が存在します。ここでは、甲冑(鎧兜)着用時における所作について考察します。

甲冑着用時の所作

甲冑師と集古十種

甲冑師と集古十種
「甲冑」は、「日本刀」と並び称される日本の代表的な美術品です。もっとも、その鑑賞方法は対照的。日本刀鑑賞では作られた場所や時代、作者の作風(特徴)を勉強し、目の前の作品でそれが実現していることを確かめる楽しみ方があるのに対し、甲冑では、形式の違いによって、作られた時代に着目することを除き、ほとんどそれがありません。その理由として甲冑は、日本刀とは異なり銘がないことが多く、作者が明らかな作品がほとんどないからです。ここでは、「甲冑師」(流派)と甲冑等の古美術品を収録した江戸時代の図録集、「集古十種」についてご紹介します。

甲冑師と集古十種

身分による甲冑(鎧兜)の違い

身分による甲冑(鎧兜)の違い
甲冑(鎧兜)とは、弓や刀槍、銃などの武器による攻撃に対して、防御のために身に着ける武具で、胴体に着ける物を鎧(甲)、頭を守る物を兜(冑)と言います。平安時代中期には、日本独自の甲冑(鎧兜)が生まれ、時代が下るにつれ、戦法の変化に伴い甲冑(鎧兜)も進化、身分による違いも顕著になっていきます。そんな武士が誕生した平安時代から江戸時代にかけての、身分による甲冑(鎧兜)の違いをご紹介します。

身分による甲冑(鎧兜)の違い

日本甲冑武具研究保存会とは

日本甲冑武具研究保存会とは
甲冑(鎧兜)に興味がある人に、ぜひ知って頂きたいのが、「一般社団法人日本甲冑武具研究保存会」です。甲冑(鎧兜)や武具を研究する団体として日本だけでなく海外でも有名で、入会しなくても受けられるサービスはもちろん、入会すると受けられる素晴らしい特典が多々あります。一般社団法人日本甲冑武具研究保存会の歴史や活動について、詳しくご紹介します。

日本甲冑武具研究保存会とは

注目ワード
注目ワード