甲冑の部位

面頬(面具)の種類

文字サイズ

面頬(めんぽお/めんぼお)に取り外し可能な鼻が付属するようになると、様々な表情が作出されるようになりました。表情のある面頬(面具)は、着用した武者達にとって、仮面の役割も果たし、ときに怒り、ときには笑みを浮かべます。美女や老婆、翁さらには動物、鬼霊、神仏まで。様々な表情の面頬(面具)が制作されるようになりました。こうした表情は、敵を当惑させ、不気味さを感じさせるなど、精神的な揺さぶりをかける役割も果たしていたのです。面頬(面具)に表現された表情についてご説明します。

人間

鉄黒漆塗隆武面(岩井派)
鉄黒漆塗隆武面(岩井派)

面頬(めんぽお/めんぼお)の中で、最も多いのは人間の表情をモチーフとした作品です。面頬(面具)は戦場で用いられる武具(防具)であるため、敵を威圧するような怒りの表情をした「烈勢面」(れっせいめん)と威厳のある武士の表情をした「隆武面」(りゅうぶめん)の2つに大別することができます。

数ある面頬(面具)のなかで、最も多く制作されたと言われている烈勢面は、頬に膨らみがなく、皺(しわ)が入った細面(ほそおもて)であることが勢いを生み出しているのです。これに対し、隆武面は頬に膨らみがある肉付きのいい面。烈勢面のような激しさはありません。

烈勢面や隆武面がスタンダードな面相であるのに対し、不気味に笑う「笑面」(えみめん)や全体に深い皺が刻まれたている「翁面」(おきなめん)も存在しています。

この2つの面頬(面具)は、皺が入っていることから、烈勢面に分類されていますが、こと笑面については、その表情の穏やかさから隆武面に分類する見解も。命のやり取りをする戦場において、笑みをたたえているこうした面頬(面具)は場違いであるとも思われます。

しかし、対峙する敵にとってはそれが不気味に映るのもまた事実。敵の勢いを削いだり、はぐらかしたりするなどして、当惑させる効果があるとも言われているのです。

その他、若い女性をモチーフにした「美女面」(びじょめん)や、老婆を模した「姥面」(うばめん)なども、人間の表情を象った面頬(面具)です。

美女面は肉付きのいい頬に皺がなく、口と鼻が小さい穏やかな表情をしているのが特徴。女性であるため、当然、ひげもありません。美女面は、頬に皺がないことから、分類上は隆武面に属していると言われています。

他方、姥面は細い顎が前に突き出し、皺が多く、歯がない老婆のような表情が特徴。翁面と同様に敵に不気味さを感じさせる面頬(面具)です。

動物

鳶面

鳶面

面頬(面具)のモチーフとなったのは人間にとどまりません。動物を象った物も存在しています。飛行機などがない時代、武士達が自由に空を飛び回ることができていた鳶に憧れを抱いたとしても不思議ではありません。

加えて、武士達がそのくちばしの鋭さに攻撃性を感じ取ったことで、面頬(面具)の意匠として取り入れたとも言われています。

鳶面はくちばしを鼻に見立てて面形としていることから、鼻が長い「天狗面」と類似していますが、口ひげの有無によって区別可能。口ひげがないのが鳶面です。

また、顎から頬の真ん中あたりまでを覆う「燕頬」(つばくろぼお)でも、動物を象ったと考えられる面頬(面具)が存在しています。それが「狐頬」(きつねぼお)や「狸頬」(たぬきぼお)です。

両者の違いは鼻先の太さと顎のシルエット。狐頬は細い顎が長く突き出ている造形ですが、狸頬は鼻先がやや太くなっています。その他に、猿をモチーフとした「猿頬」などの動物を象った面頬(面具)も制作されていたという記録もありますが、数自体はそれほど多くはなく、希少な存在です。

鬼霊

前述したように、面頬(面具)は、戦場の武士にとって仮面としての役割もあったと言われています。そのため、人知を超えた能力を持つと信じられていた鬼霊をモチーフとした面頬(面具)を制作させ、それを着用して戦場に立ったのです。面頬(面具)を通して、自分もこうした力を持った鬼霊のような存在になりたいという武士達の切実な願いを感じ取ることができます。

鳥天狗の兜

鳥天狗の兜

鬼霊をモチーフとした面頬(面具)のなかで、代表物だと言えるのが「天狗面」です。神通力を持った超人的な能力を有するとされる天狗は、変幻自在に動くことができ、空を飛ぶことも可能。

さらには、京・鞍馬山中で「源義経」に剣術を教えたという伝説が残っているほどの剣術の達人でもあります。すなわち、戦いにおいて必要とされる能力をすべて備えている存在。天狗面には鼻先が鋭く尖った鳥天狗と、鼻が長く突き出した形態の物の2種類があり、鳥天狗をモチーフとした面頬(面具)が一般的です。

また面頬(面具)ではありませんが、当世具足のなかには、兜鉢を言い伝えられてきた鳥天狗の形状にした作品も。武士にとって、天狗の超人的能力は羨望の的だったと言えます。

その他、上下に鋭い牙を2本ずつ配した獅子をモチーフとした「獅子口面」(ししぐちめん)や、天狗などと共に行列などの先導役を務める治道を象った「治道面」(ちどうめん)、や般若を題材とした面頬(面具)が制作されていたのです。

神仏

三宝荒神形兜

三宝荒神形兜

常に死と隣り合わせであることを余儀なくされていた戦国時代の武士達にとって、信仰は自らの心を落ち着かせるための大きなよりどころでもありました。

彼らは戦場に赴くにあたって、仏名などを記したお守りや本尊を持参したと言われています。目的は神仏の加護を受けるためですが、万一、戦場で命を落とすようなことになった場合には、成仏することができるようにという思いもありました。

例えば、「武田信玄」は、合戦のたびに「諏訪神社」で必勝祈願を行なったと言われ、また自らを「毘沙門天」(びしゃもんてん)の生まれ変わりと称していた「上杉謙信」は、出陣前には必ず毘沙門堂に籠っていたと伝えられています。

武士達のこうした志向は、面頬(面具)制作にも反映されていました。密教の本尊として尊ばれた「愛染明王」(あいぜんみょうおう)をモチーフとした「愛染明王面」や、前述した上杉謙信が傾倒した毘沙門天を象った「毘沙門面」、さらには「関ヶ原の戦い」を前にした「徳川家康」の夢のなかに出てきたと伝えられる「大黒天」を表現した「大黒面」、五穀豊穣の象徴である「力士」の「力士面」など、幅広い種類の面頬(面具)が制作されたのです。

合戦の街 関ヶ原(関ヶ原の戦い)
「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。
甲冑(鎧兜)写真
歴史的に価値の高い甲冑(鎧兜)や面頬などを名前や種類から検索することができます。
甲冑写真集
古美術品などの価値を持つ甲冑の造形美を、様々な角度からご覧頂けます。

面頬(面具)の種類

面頬(面具)の種類をSNSでシェアする

「甲冑の部位」の記事を読む


甲冑の胴

甲冑の胴
甲冑(鎧兜)における胴は、胸から腹の下までの前面と側面、背中をカバーする防具です。その中でも、特に人の胴体を保護するのが、甲冑(鎧兜)の胴。人の胴体には多くの内臓があり、頭や首と同様、優先的に守る必要のある部位です。胴もそれに合わせて、大きく丈夫に作られています。甲冑(鎧兜)の胴の種類や、その姿が時代と共に、どのように変化していったのかをご説明します。

甲冑の胴

甲冑の袖

甲冑の袖
古墳時代に出現した甲冑(鎧兜)は、時代を追うごとに進化し、平安時代から用いられた「大鎧」(おおよろい)でほぼ基本的な部分の完成が見られます。主な部位としては、頭を守る「兜」(かぶと)、身体の中心を守る「胴」、足回りを守る「草摺」(くさずり)、そして戦闘力の要として、腕部分を守る「袖」(そで)です。大鎧には、「小札」(こざね)で作られた「大袖」(おおそで)があり、敵の矢や刃による攻撃に対し、肩から上腕部を保護しました。このように、甲冑(鎧兜)の部位のひとつひとつには、古人の工夫が込められているのです。甲冑(鎧兜)の袖について、その役割や種類、進化の過程を追っていきます。

甲冑の袖

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能
「兜」(かぶと)とは、頭部を守る防具です。「兜」という漢字は人が兜を被っている様子からできています。日本において、兜が出現したのは古墳時代。当初は防具としての役割を担っていましたが、時代の変化と共に武将達の威厳や個性を表現する役割も担うようになりました。現代では、端午(たんご)の節句に兜を飾ります。兜を飾る意味は、男の子が病気や事故などにならずに成長してくれることへの願いです。地域によっては誰が買うかも決まりがあります。兜は伝統的な兜飾りから、現代風のおしゃれな兜飾りまで様々です。兜の種類や兜飾りについて、また兜の付属品(立物、面具)及びその機能を通して、兜の役割についてご紹介しましょう。

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能

兜鉢(かぶとのはち)とは

兜鉢(かぶとのはち)とは
甲冑において、頭部を守るための防具が「兜」です。頭部は言わずと知れた人体の最重要部。そのため、兜は鉄板などの素材を用いて頑強に作られていました。その歴史は古く、日本式甲冑が登場する前からすでに存在。そののち、日本式甲冑と共に独自の進化を遂げていきました。頭部を守る兜の本体である「兜鉢」(かぶとのはち)についてご説明します。

兜鉢(かぶとのはち)とは

陣笠・とんきょ帽

陣笠・とんきょ帽
室町時代末期になると、戦での戦い方が大きく変化しました。騎馬武者同士による一騎打ちが影を潜め、集団での白兵戦(はくへいせん:近接した距離で行なわれる戦闘)に移行。各武将は農民などを最前線で戦う兵士として招集するようになったのです。「足軽」(あしがる)と呼ばれた彼らの頭部を守っていたのは、兜よりも安価で大量生産が可能な「陣笠」(じんがさ)でした。今回は、足軽の象徴である陣笠についてご紹介します。

陣笠・とんきょ帽

変わり兜

変わり兜
中世においては、初期の兜である「星兜」(ほしかぶと)に改良を加えた「小星兜」(こぼしかぶと)や「筋兜」(すじかぶと)、「頭形兜」(ずなりかぶと)が出現しました。そして、室町時代末期から江戸時代にかけては、鉄板を打ち出したり、紙や革で様々な物を形作ったりした「形兜」(なりかぶと)や、「張懸兜」(はりかけかぶと)など、従来の兜の概念に収まりきらない兜も登場。武将達は、自らの思想・信条を兜に込めた「変わり兜」を身にまとって戦場に立ったのです。ここでは、数多くの個性豊かな作品が作られた当世具足に付属していた、変わり兜について考察します。

変わり兜

面頬(面具)とは

面頬(面具)とは
面頬(めんぽお/めんぼお)は、甲冑(鎧兜)に付属した顔面を守るための防具で、最初に登場したのは平安時代後期。そののち、室町時代末期から安土・桃山時代にかけて広く普及したと言われています。 この時代には、機動性と堅固さをかね備えた「当世具足」(とうせいぐそく)が登場。各戦国武将が趣向を凝らし、百花繚乱の様相を呈した当世具足と同様、面頬(面具)も様々な作品が登場しました。 ここでは、面頬(面具)の基本的な事項についてご説明します。

面頬(面具)とは

面頬(面具)の歴史

面頬(面具)の歴史
面頬(めんぽお/めんぼお)は、日本式甲冑とともに進化・発展を遂げてきました。平安時代になると、それまで用いられていた「短甲」(たんこう)や「挂甲」(けいこう)から「大鎧」(おおよろい)へと進化。これに伴い、小具足のひとつとして、面頬(面具)が誕生したのです。西洋においても顔面を防御する、いわゆる「兜面」(かぶとめん)がありますが、これとは一線を画する日本独自の発展を遂げた防具。ここでは、日本における面頬(面具)の歴史についてご紹介します。

面頬(面具)の歴史

喉輪・脇当・満智羅

喉輪・脇当・満智羅
平安時代に誕生したと言われている日本式甲冑は、時代を経るにしたがって防御の範囲が広がっていきました。頭部を守る「兜」、肩を守る「袖」、胴部分を守る「鎧」や「草摺」(くさずり)を装備していたものの、隙間が多かった「大鎧」は進化。「当世具足」が登場する時代になると、防御力は格段に向上します。もっとも当世具足も完全無欠ではなく、防御しきれない箇所もありました。 それを補っていたのが「喉輪」(のどわ)、「脇当」(わきあて)、「満智羅」(まんちら)などの小具足です。目立たないながらも人体の急所を覆い、命を守るために欠かせない存在だった喉輪・脇当・満智羅についてご紹介します。

喉輪・脇当・満智羅

注目ワード
注目ワード