甲冑(鎧兜)を知る

身分による甲冑(鎧兜)の違い

文字サイズ

甲冑(鎧兜)とは、弓や刀槍、銃などの武器による攻撃に対して、防御のために身に着ける武具で、胴体に着ける物を鎧(甲)、頭を守る物を兜(冑)と言います。平安時代中期には、日本独自の甲冑(鎧兜)が生まれ、時代が下るにつれ、戦法の変化に伴い甲冑(鎧兜)も進化、身分による違いも顕著になっていきます。そんな武士が誕生した平安時代から江戸時代にかけての、身分による甲冑(鎧兜)の違いをご紹介します。

平安時代から鎌倉時代の甲冑(鎧兜)

大鎧

大鎧

日本独自の甲冑(鎧兜)が生まれた平安時代中期頃は、馬に乗った上級武士が馬上から弓を射る「騎射戦」(きしゃせん)が一般的でした。

上級武士が身に着けた甲冑(鎧兜)は、「大鎧」(おおよろい)と「星兜」(ほしかぶと)と呼ばれる物。大鎧には、両肩を守る「大袖」(おおそで)、左腕にのみ「籠手」(こて)、膝下から足首までを守る「臑当」(すねあて)、軍隊用の靴「」(つらぬき)を着用。弓から身を守るため、重装備かつ形態美も追求されました。

一方、徒歩で戦いに参加する中級・下級武士は、「足軽」(あしがる)と呼ばれ、「胴丸」(どうまる)と言う上半身を守るだけの、簡素な鎧を身に着けていました。鎌倉時代も平安時代を踏襲し、上級武士は大鎧を着用。この時代の大鎧は、武家社会の象徴、地位を誇示するように、美術工芸品としての美しさが際立っています。

星兜にも金銅の彫金物が付くようになりました。また、戦闘規模が拡大したことで、下級武士の数も増加。大量生産の安価な胴丸は、引き続き下級武士の鎧の主力として用いられました。最も簡略化された鎧、「腹当」(はらあて)も誕生します。腹当は、上半身の前面と左右をわずかに防御するだけの物。その後、背中まで守る「腹巻」(はらまき)へと発展していきます。

室町時代の甲冑(鎧兜)

佩楯

佩楯

室町時代に入ると、戦い方がさらに変化。山城での籠城戦や、奇襲なども増えていきます。騎射戦に加え、徒歩の武士も弓を射るようになり、次第に徒歩による戦が主戦となったのです。

槍や薙刀など、長柄の武具も発展し、こうした徒歩の戦に、前時代の大鎧は不向きでした。大鎧にも改良が加えられますが、基本的には上級武士の権威の象徴としてのみ機能するようになっていきます。

上級武士の実戦においての甲冑(鎧兜)は、腹巻や胴丸に、兜や袖、籠手、臑当、太腿を守る「佩楯」(はいだて)を身に着け、草鞋(わらじ)を履いた重装備が基本。兜は、星兜よりも軽量化された「筋兜」(すじかぶと)が主流となります。

下級武士は、腹当や腹巻、胴丸に、「額当」(ひたいあて)と呼ばれる鉢巻のような物を着用するのが一般的。足元は、裸足が多かったと言います。

戦国時代の身分による甲冑(鎧兜)の違い

軽量ながら高い防御性の「当世具足」登場

当世具足

当世具足

戦国時代以降、接近戦では槍が主力武器となり、さらに鉄砲も実用化。鉄砲や弓、槍など、武器別に組織化された足軽部隊が活躍するようになります。こうした戦いに対応するため、胴丸の形状を継承した、新しい様式の甲冑(鎧兜)「当世具足」(とうせいぐそく)が誕生しました。

当世具足の特徴は、頑丈な素材で体の各部分を隙間なく防護し、防御性を一段と高めた点と軽量さです。当世具足の身分による、違いを見ていきましょう。

武将は様々なデザインで自分を表現

籠手や佩楯、臑当などの小具足(こそくぐ)を専用品として胴と一体化し、防御性を高めた当世具足。デザインや機能が多種多様であることも特徴のひとつです。

大名達は、戦場において自らの存在を誇示するために、こぞって奇抜なデザインの甲冑(鎧兜)を身に着けるようになりました。工夫を凝らした兜や、胴の背面に合当理(がったり)と待受(まちうけ)を付け、受筒(うけつつ)で指物を指すこともありました。

特に「変わり兜」(かわりかぶと)は、千差万別、戦後の「論功行賞」(ろんこうこうしょう:功績を論じ、褒章を与えること)のためにも、とにかく目立つ必要があったのです。ただし、実際に戦場で身に着けていたため、完全な形で現存している物は限られています。

また、室町時代に重用され、戦国時代の実戦には用いられなくなった腹巻は、大名や上級武士の権威の象徴として、装飾用や褒美用として作成されました。

  • 蝶形兜

    蝶形兜

  • 唐冠形兜

    唐冠形兜

足軽は揃いの御貸具足を着用

合印

合印

足軽は、戦国時代の合戦において非常に重要な役割を果たすようになります。

しかし、基本的に戦があるときに徴兵された下級武士や領民であり、甲冑(鎧兜)を自前することはありません。

通常は、所属する大名が支給する「御貸具足」(おかしぐそく)と呼ばれる具足を身に着けていたのです。

御貸具足は、大量生産された簡素な武装であり、胴鎧、籠手、臑当、陣笠を一式として支給されました。胴鎧や陣笠の前後には「合印」(あいじるし)と呼ばれる大名の家紋が施されており、集団で行動する際に、所属がひと目で分かる点も重要だったのです。

江戸時代は甲冑(鎧兜)で家格を表現

国内では、1615年(慶長20年)の「大坂夏の陣」を最後に、大きな合戦が起こらなくなり、江戸時代は泰平の世となります。

江戸時代初期には、実戦を前提とした当世具足も制作されましたが、次第に甲冑(鎧兜)の需要も激減。しかし、各藩では甲冑師を抱えており、江戸時代中期になると、甲冑(鎧兜)は、実用性や機能性よりも観賞用、工芸品としての技術や美しさが追究されるようになりました。戦いの防具としての所有ではなく、家格を表現する「表道具」(おもてどうぐ)へと、様変わりしていったのです。

有職故実(ゆうそくこじつ:朝廷や公家の礼式や法令、軍事などの先例)の研究が盛んに行なわれ、平安時代の大鎧への関心も高まります。古い時代の甲冑(鎧兜)の模造や修理も活発化。ただし、大鎧のルールと、当世具足のルールが混在するような甲冑(鎧兜)がほとんどで、形式よりもいかに立派で美しくみえるかが重視されたのです。

また、大きな藩の藩主が交替するときなどは、大鎧や胴丸、腹巻に、面貌(めんぼう)や喉輪(のどわ)、籠手、臑当、佩楯、貫を完備した形で新しく制作されたと言われています。

「お家流」と呼ばれる各藩独自の当世具足も発展。仙台藩(現在の宮城県)の「雪の下胴具足」、熊本藩(現在の熊本県)の「越中具足」、加賀藩(現在の石川県)の「加賀具足」などです。各藩独自で発展した当世具足は、藩主から下級武士にまで揃いで用いられたと言われています。

大名に限らず、上級武士も甲冑(鎧兜)を制作し、個人で所有した事例もあります。しかし、そのほとんどが、明治時代以降に所有者が変わったことで、残念ながら、はっきりとした伝来が分からない物がほとんど。ただし、江戸時代に注文により制作された甲冑(鎧兜)は、現在の価値で家が1軒建つほど高価だったので、庶民には到底揃えることはできない代物だったと言えます。

戦国時代以降の甲冑(鎧兜)

時代や戦法により、大きな変化を遂げてきた甲冑(鎧兜)。特に、様々な合戦が発生した戦国時代には、色鮮やかで独特のデザインの甲冑(鎧兜)が数多く誕生しました。

しかし、目を見張るような美しい逸品や、いかにも強そうな重装備な甲冑(鎧兜)は、歴史に名を遺した偉人の所蔵品ばかりです。実際に戦いを支えた下級武士の装備品の軽微さには、驚かされます。

博物館などで見学される際は、武将の甲冑(鎧兜)だけでなく、足軽の装備にも注目して見ると、より歴史への理解が深まることでしょう。

身分による甲冑(鎧兜)の違い

身分による甲冑(鎧兜)の違いをSNSでシェアする

「甲冑(鎧兜)を知る」の記事を読む


甲冑を作る・保存する

甲冑を作る・保存する
平安時代に制作が始まった「日本式甲冑」は、膨大な数の部品によって構成されており、日本固有の工芸品として、世界的な知名度・人気を誇っています。現代においては、武具(防具)としての存在意義は失っていますが、美術品としてだけではなく、歴史的な遺品としての価値をも有する物。そのため、歴史の継承という要請から、保存においても細心の注意を払わなければなりません。ここでは、甲冑(鎧兜)制作の過程と共に、その保存についてご紹介します。

甲冑を作る・保存する

女性と甲冑

女性と甲冑
「刀剣」を愛する女性を表す「刀剣女子」という言葉はすっかり定着し、現在では、その甲冑版とも言うべき「甲冑女子」という言葉も生まれているほど、甲冑も身近になりました。甲冑の一般的なイメージは、屈強な武将が戦場で身にまとっている戦闘服といったところでしょうか。つまり男性の物というイメージ。 しかし、愛媛県にある「大山祇神社」(おおやまづみじんじゃ)の宝物殿には、女性用の甲冑だと伝えられている1領が収蔵・展示されています。それが、国指定重要文化財の「紺糸裾素懸威胴丸」(こんいとすそすがけおどしどうまる)。 ここでは、甲冑と女性にまつわる話をご紹介します。

女性と甲冑

文献に見る甲冑

文献に見る甲冑
甲冑(鎧兜)は刀剣と同じように、制作された時代や戦闘様式の移り変わりによって、その形式が変化を遂げた武具のひとつ。その変遷は、時代ごとに著された歴史書や絵巻物、屏風図など、様々な資料から窺うことが可能です。そのような文献をいくつかご紹介すると共に、時代を経るごとに異なる甲冑(鎧兜)の特徴などについても解説します。

文献に見る甲冑

甲冑を比較する

甲冑を比較する
「甲冑(鎧兜)」(かっちゅう)とは、武士の命を守る戦闘用具。平安時代中期から江戸時代末期まで、身分や戦闘方法の変化に応じて著しい進化を遂げてきました。防御としての実用面はもちろん、見目麗しい美術面においても。ここでは、「大鎧」、「胴丸」、「腹巻」、「当背具足」の種類や変遷、その違いや見分け方について、詳しくご説明します。

甲冑を比較する

甲冑の装備

甲冑の装備
「甲冑」と言えば、「甲」(よろい)と「冑」(かぶと)を合わせた名称。そのため、どうしても鎧(甲)と兜(冑)の2つに注目が集まりがちです。もっとも、甲冑の魅力はそれだけではありません。甲冑の模型(型紙)であり、設計図の役割も果たしている「鎧雛形」(よろいひながた)や、胴以外の腕や足を防御する「籠手」(こて)、「佩楯」(はいだて)、「臑当」(すねあて)の「小具足」(こぐそく)。これらの様々な関連品も甲冑の魅力を構成する一部。今回は、そんな甲冑の周辺にある物についてご紹介します。

甲冑の装備

甲冑着用時の所作

甲冑着用時の所作
戦場における甲冑(鎧兜)は、敵の攻撃から生命・身体を守るという防具としての役割はもちろん、着用している武将の権威誇示という役割も担っていました。もっとも、戦(いくさ)においては、守っているだけでは勝つことはできません。攻撃するためには甲冑(鎧兜)を着用していても、体が滑らかに動くことができる必要がありましたが、甲冑(鎧兜)の各部分をつなぎ合わせる技術と工夫がそれを可能にしました。甲冑(鎧兜)は、日本刀と共に武士が武士たることを示す物で、そこには様々な作法が存在します。ここでは、甲冑(鎧兜)着用時における所作について考察します。

甲冑着用時の所作

甲冑師と集古十種

甲冑師と集古十種
「甲冑」は、「日本刀」と並び称される日本の代表的な美術品です。もっとも、その鑑賞方法は対照的。日本刀鑑賞では作られた場所や時代、作者の作風(特徴)を勉強し、目の前の作品でそれが実現していることを確かめる楽しみ方があるのに対し、甲冑では、形式の違いによって、作られた時代に着目することを除き、ほとんどそれがありません。その理由として甲冑は、日本刀とは異なり銘がないことが多く、作者が明らかな作品がほとんどないからです。ここでは、「甲冑師」(流派)と甲冑等の古美術品を収録した江戸時代の図録集、「集古十種」についてご紹介します。

甲冑師と集古十種

甲冑師の流派と記録

甲冑師の流派と記録
「甲冑」(鎧兜)は、「日本刀」と並び称される日本の代表的な美術品です。もっとも、その鑑賞方法は対照的。日本刀鑑賞では、作られた場所や時代、作者の作風(特徴)を勉強し、目の前の作品でそれが実現していることを確かめるという楽しみ方があるのに対し、甲冑(鎧兜)では形式の違いや、用いられている素材、縅の方法などから、作られた時代に着目して楽しむことが一般的。甲冑については、銘がないことが多く、作者が明らかな作品が多くないためです。こうした経緯もあり、「甲冑師」は、「刀匠」と比べて一般的に知られている存在であるとは言えません。そんな甲冑師(流派)をご説明したあと、江戸時代に発刊された甲冑(鎧兜)などの古美術品の図録集「集古十種」についてご紹介します。

甲冑師の流派と記録

日本甲冑武具研究保存会とは

日本甲冑武具研究保存会とは
甲冑(鎧兜)に興味がある人に、ぜひ知って頂きたいのが、「一般社団法人日本甲冑武具研究保存会」です。甲冑(鎧兜)や武具を研究する団体として日本だけでなく海外でも有名で、入会しなくても受けられるサービスはもちろん、入会すると受けられる素晴らしい特典が多々あります。一般社団法人日本甲冑武具研究保存会の歴史や活動について、詳しくご紹介します。

日本甲冑武具研究保存会とは