甲冑の部位

甲冑の胴

文字サイズ

甲冑(鎧兜)における胴は、胸から腹の下までの前面と側面、背中をカバーする防具です。その中でも、特に人の胴体を保護するのが、甲冑(鎧兜)の胴。人の胴体には多くの内臓があり、頭や首と同様、優先的に守る必要のある部位です。胴もそれに合わせて、大きく丈夫に作られています。甲冑(鎧兜)の胴の種類や、その姿が時代と共に、どのように変化していったのかをご説明します。

様々な種類がある甲冑(鎧兜)の胴

5枚の鉄板を組み合わせた「雪の下胴/雪下胴」

雪下胴

雪下胴

雪の下胴/雪下胴」の特徴は、前面に1枚、胴の左側に1枚、背面に1枚、胴の右側に2枚というように、計5枚の鉄板で構成されていること。

右側の2枚は、それぞれ前面と背面の鉄板に蝶番(ちょうつがい)で連結されており、左胴を守る鉄板も同様に構成されています。筒の1箇所を縦に切って展開したような形状をイメージすると、分かりやすいかもしれません。

雪下胴は、「後北条家」(ごほうじょうけ)の甲冑師が制作した胴です。この甲冑師が、鎌倉雪下(現在の神奈川県鎌倉市雪ノ下)に住んでいたことから、雪下胴と命名されたと言われています。雪下胴が広く知られるようになったのは、後北条家が滅亡したあとのことです。

伊達政宗」がこの甲冑師を召し抱え、仙台藩(現在の宮城県仙台市)の甲冑(鎧兜)として、雪下胴が採用されました。このときに改良された雪下胴は、仙台藩で広く愛用されたことから、「仙台胴」や「奥州胴」(おうしゅうどう)とも呼ばれることがあります。

雪下胴を用いた甲冑(鎧兜)の代表例は、「黒漆五枚胴具足」です。現在、「仙台市博物館」に所蔵されており、国の重要文化財に指定されています。

シンプルな構成の「桶側胴」

桶側胴」(おけがわどう)は、細長い長方形の鉄板を鋲で留め合わせて作る胴です。見た目が桶の側面に似ていることから、この名称が付けられました。桶側胴は2つの種類があり、そのうちのひとつは、鉄板を上下方向に重ねて、継ぎ目が横縞になっている「横矧胴」(よこはぎどう)。もうひとつは、鉄板を左右方向に重ねた縦縞の「縦矧胴」(たてはぎどう)です。

鉄板を接ぎ合わせる(はぎあわせる)だけのシンプルな工程で作ることができ、強度も高いことから、特に横矧胴は戦国時代によく使われていた甲冑(鎧兜)の胴における様式でした。

横矧胴の甲冑(鎧兜)としては、「朱漆塗紺糸縅桶側二枚胴具足」が挙げられます。「井伊の赤備え」としても知られるこの甲冑(鎧兜)は、「彦根城博物館」(滋賀県彦根市)に所蔵。また、縦矧胴については、現代にまで伝わる甲冑(鎧兜)があまり多くないため、当時の桶側胴の主流ではなかったのではないかとする見方もあるのです。

胴の継ぎ目がない「仏胴」

仏胴

仏胴

仏像の胸のように、継ぎ目が見られない作りになっている甲冑(鎧兜)の胴は、「仏胴」(ほとけどう)と称されています。仏胴は、構成の違いによって2種類に分けることが可能。

ひとつ目は、腹面に1枚、背面に1枚の鉄板だけを用いる「一枚張打出胴」(いちまいばりうちだしどう)です。

この様式の代表例のひとつ、「鉄打出漆塗仏胴腰取胴丸具足」は、広島県の重要文化財に指定されています。

一枚張打出胴の種類
鳩胸胴
(きゅうきょうどう・はとむねどう)
胸の位置が少し膨らんで作られている
仁王胴(におうどう) 肋骨や臍(へそ)などが打ち出してある
肋骨胴(あばらどう) 肋骨が打ち出されている
布袋胴(ほていどう) 前部の下側を膨らませるように打ち出してある

2つ目の種類は、桶側胴の継ぎ目を漆で埋めるなどして、表面を滑らかにした胴です。

表面に漆などが塗られた甲冑(鎧兜)の胴は、「塗上仏胴」(ぬりあげほとけどう)、皮や織物で包んで平らにしてある胴は、「包仏胴」(つつみほとけどう)と呼ばれています。「井伊家」に伝来した「朱漆塗仏二枚胴具足」は、桶側胴を漆塗とした「塗上仏胴」です。

戦国時代の甲冑の先駆者「最上胴」

最上胴

最上胴

最上胴」(もがみどう)は、小さな横板を順番に重ね、糸で繋ぎ合わせて作られた甲冑(鎧兜)の胴です。室町時代後期に、出羽最上地方(現在の山形県最上地方)で作られていた「最上胴丸」(もがみどうまる)を進化させた様式。胴の4箇所を蝶番で繋ぐ手法が取られており、横板が用いられています。

この横板を使うことで生産効率が大幅に上がり、大量生産が可能になったのです。これらの工夫は、戦国時代の胴の先駆け的な存在になりました。最上胴の代表例は、「鉄皺革包月輪文最上胴具足」。現在は、福岡県柳川市の「立花家史料館」に所蔵されています。

より強固な仏胴、「仏胴胸取」

「胸取仏胴」(むねとりほとけどう)とも称される「仏胴胸取」は、仏胴の胸部に「胸板」(むないた)を取り付けた甲冑(鎧兜)。心臓や肺など、攻撃を受けると致命傷になる部位を、より強固に守るための装備です。

仏胴胸取の甲冑(鎧兜)の代表作には、「久能山東照宮博物館」(静岡県静岡市)所蔵の「金白檀塗黒糸縅仏胴胸取具足」があり、これは、「徳川家康」所用であったと伝えられています。

舶来品から転用した「南蛮胴」

南蛮胴

南蛮胴

西洋の甲冑(鎧兜)を利用、または西洋の甲冑(鎧兜)を真似して作られた胴を、「南蛮胴」(なんばんどう)と呼びます。前胴の中心部に、縦の隆起が作られているところが特徴です。

この南蛮胴は、安土桃山時代から江戸時代にかけて、ポルトガルやスペイン、オランダなどから輸入した西洋の甲冑(鎧兜)をもとにして作られています。「南蛮貿易」と言えば、織田信長を真っ先に思い浮かべられるかもしれませんが、文献に確認できる最古の南蛮胴は、1588年(天正16年)にポルトガルから贈呈され、これはすでに織田信長の死後です。

そのため、史料として確認できる範囲では、織田信長は南蛮胴を使っていたかどうかは、定かではありません。

南蛮胴は、基本的に一枚張打出胴です。鉄砲による戦闘が中心になっていたヨーロッパで使われていた甲冑(鎧兜)で、非常に重く、頑丈な作りとなっていました。鉄砲で試し打ちしても貫通しなかった南蛮胴の甲冑(鎧兜)も現存しています。

ただ、西洋の甲冑(鎧兜)は西洋人向けに作られていたため、体格の小さな日本人には、なかなか使いこなせなかったと推測されているのです。このような背景があり、西洋の甲冑(鎧兜)を模して作られた「和製南蛮胴」は、ひと回り小さく作られています。

南蛮胴の代表例は、「日光東照宮宝物館」(栃木県日光市)所蔵の「鉄錆地縦矧五枚胴胸取具足」(てつさびじたてはぎごまいどうむなとりぐそく)。国の重要文化財に指定されている甲冑(鎧兜)です。

無駄のない仕上がりの「伊予札胴」

伊予国(現在の愛媛県)の職人により考案された、「伊予小札」(いよこざね)を使う甲冑(鎧兜)の胴です。「小札」とは、主に鉄でできている短冊状の板のこと。この板には穴が開いており、穴を紐で繋いで構成します。

通常の小札を使った場合は、小札を半分重ね合わせて、穴同士を紐で連結させますが、伊予小札は、穴を重ね合わせずに、板の端同士をわずかに重ねるだけで連結させることが可能。こうすることで、より少ない小札で甲冑(鎧兜)の胴が作れるようになっています。

重要文化財に指定されている「銀伊予札白糸縅胴丸具足」は、この伊予札胴の代表と言える1領です。

時代と共に変化した胴の姿

ここまで見てきたように、多くの種類がある甲冑(鎧兜)の胴ですが、最初から様々な様式があったわけではありません。甲冑(鎧兜)は、日本に武士が誕生した平安時代から、その存在が連綿と続いていました。

ここからは、どのような歴史の過程を経て、甲冑(鎧兜)の胴に変化が起こったのかについて解説します。

伝統的な「大鎧」の胴

大鎧

大鎧

大鎧」(おおよろい)は、騎射戦において、上級武士が着ていた甲冑(鎧兜)です。

平安時代から鎌倉時代にかけては、一般的な甲冑(鎧兜)として用いられていました。大鎧の胴は、その対部分が小札で作られており、非常に重量があります。

大鎧は、あくまでも弓を使うことを前提に作られている甲冑(鎧兜)。そのため、胴体まわりの柔軟性はあまりありませんでしたが、その代わりに防御力が高くなるような工夫が施されていたのです。

1枚の板のように連なっている胴部分は、腹面、左脇腹、背面を覆うのみ。防御が手薄になっている右脇腹は、「脇楯」(わいだて)と呼ばれる別の防具によって保護されていました。

動きやすさを重視した形に進化

時代を経るにつれて大鎧は、戦闘の中心から外れていきます。室町時代の後半、戦国時代の到来によって、戦闘の中心が弓による射撃攻撃から、歩兵同士の接近戦へと変貌したことがその理由。重たく身動きの取りにくい大鎧は、歩兵戦ではあまり役に立たないため、軽く動き回りやすい胴が求められました。

また、多くの兵士が甲冑(鎧兜)を着用できるように、胴の量産が必要になります。そのため、大鎧のようにたくさんの札を使う胴は、戦国時代の需要に応えられず、大鎧はあくまでも衣装として、もしくは古来伝わる正式な甲冑(鎧兜)という性質が強くなっていったのです。

そして、大鎧と入れ替わるように台頭したのが、「当世具足」(とうせいぐそく)と呼ばれる様式の甲冑(鎧兜)でした。

当世具足として大成した甲冑

当世具足

当世具足

戦国時代に最も重宝された甲冑(鎧兜)である当世具足。これに用いられているのが、前述した雪下胴や仏胴など、接近戦において実用性の高い胴です。

また、伊予札胴のように、材料を多く必要としない胴も、下級武士用の当世具足の胴として重宝されます。戦国時代の当世具足は実利を重視し、機能美を求めた甲冑(鎧兜)として、盛んに作られました。

戦国時代が終わると、争いの少ない江戸時代に突入。そして、甲冑(鎧兜)の機能性はそこまで求められなくなり、芸術性が強められるようになったのです。

胴は様々な意匠を凝らすことができるため、一風変わった甲冑(鎧兜)が生まれた一方で、大鎧や「胴丸」(どうまる)など、戦国時代以前に使われていた胴を模した甲冑(鎧兜)も作られるように。さらに明治時代には、日本国内のあらゆる分野で西洋化、近代化が進み、日本の伝統的な武具であった甲冑(鎧兜)は、それ以上の進化が見られなくなってしまったのです。

こうして甲冑(鎧兜)は、戦国時代から江戸時代にかけて当世具足として最も栄え、大成したと考えられています。

まとめ

甲冑(鎧兜)において、大部分を占める胴は、内臓を守る役割を果たしていた部位です。古来の甲冑(鎧兜)様式である大鎧は、強い防御能力と装備の重厚さを尊重して作られていました。

しかし、戦国時代になると求められる役割が変わり、軽さや動きやすさ、大量生産に向いた仕様の胴が生み出されることになったのです。これらの当世具足と呼ばれた甲冑(鎧兜)の胴は、雪下胴や桶側胴、仏胴、南蛮胴など、その見た目や作り方によって様々な発展を遂げました。

今日観られる甲冑(鎧兜)の胴は、戦国時代に作られた当世具足の意匠が、その主流となっているのです。

甲冑の胴

甲冑の胴をSNSでシェアする

「甲冑の部位」の記事を読む


甲冑の袖

甲冑の袖
古墳時代に出現した甲冑(鎧兜)は、時代を追うごとに進化し、平安時代から用いられた「大鎧」(おおよろい)でほぼ基本的な部分の完成が見られます。主な部位としては、頭を守る「兜」(かぶと)、身体の中心を守る「胴」、足回りを守る「草摺」(くさずり)、そして戦闘力の要として、腕部分を守る「袖」(そで)です。大鎧には、「小札」(こざね)で作られた「大袖」(おおそで)があり、敵の矢や刃による攻撃に対し、肩から上腕部を保護しました。このように、甲冑(鎧兜)の部位のひとつひとつには、古人の工夫が込められているのです。甲冑(鎧兜)の袖について、その役割や種類、進化の過程を追っていきます。

甲冑の袖

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能
「兜」(かぶと)とは、頭部を守る防具です。「兜」という漢字は人が兜を被っている様子からできています。日本において、兜が出現したのは古墳時代。当初は防具としての役割を担っていましたが、時代の変化と共に武将達の威厳や個性を表現する役割も担うようになりました。現代では、端午(たんご)の節句に兜を飾ります。兜を飾る意味は、男の子が病気や事故などにならずに成長してくれることへの願いです。地域によっては誰が買うかも決まりがあります。兜は伝統的な兜飾りから、現代風のおしゃれな兜飾りまで様々です。兜の種類や兜飾りについて、また兜の付属品(立物、面具)及びその機能を通して、兜の役割についてご紹介しましょう。

兜の種類と特徴、立物、面頬、機能

兜鉢(かぶとのはち)とは

兜鉢(かぶとのはち)とは
甲冑において、頭部を守るための防具が「兜」です。頭部は言わずと知れた人体の最重要部。そのため、兜は鉄板などの素材を用いて頑強に作られていました。その歴史は古く、日本式甲冑が登場する前からすでに存在。そののち、日本式甲冑と共に独自の進化を遂げていきました。頭部を守る兜の本体である「兜鉢」(かぶとのはち)についてご説明します。

兜鉢(かぶとのはち)とは

陣笠・とんきょ帽

陣笠・とんきょ帽
室町時代末期になると、戦での戦い方が大きく変化しました。騎馬武者同士による一騎打ちが影を潜め、集団での白兵戦(はくへいせん:近接した距離で行なわれる戦闘)に移行。各武将は農民などを最前線で戦う兵士として招集するようになったのです。「足軽」(あしがる)と呼ばれた彼らの頭部を守っていたのは、兜よりも安価で大量生産が可能な「陣笠」(じんがさ)でした。今回は、足軽の象徴である陣笠についてご紹介します。

陣笠・とんきょ帽

変わり兜

変わり兜
中世においては、初期の兜である「星兜」(ほしかぶと)に改良を加えた「小星兜」(こぼしかぶと)や「筋兜」(すじかぶと)、「頭形兜」(ずなりかぶと)が出現しました。そして、室町時代末期から江戸時代にかけては、鉄板を打ち出したり、紙や革で様々な物を形作ったりした「形兜」(なりかぶと)や、「張懸兜」(はりかけかぶと)など、従来の兜の概念に収まりきらない兜も登場。武将達は、自らの思想・信条を兜に込めた「変わり兜」を身にまとって戦場に立ったのです。ここでは、数多くの個性豊かな作品が作られた当世具足に付属していた、変わり兜について考察します。

変わり兜

面頬(面具)とは

面頬(面具)とは
面頬(めんぽお/めんぼお)は、甲冑(鎧兜)に付属した顔面を守るための防具で、最初に登場したのは平安時代後期。そののち、室町時代末期から安土・桃山時代にかけて広く普及したと言われています。 この時代には、機動性と堅固さをかね備えた「当世具足」(とうせいぐそく)が登場。各戦国武将が趣向を凝らし、百花繚乱の様相を呈した当世具足と同様、面頬(面具)も様々な作品が登場しました。 ここでは、面頬(面具)の基本的な事項についてご説明します。

面頬(面具)とは

面頬(面具)の歴史

面頬(面具)の歴史
面頬(めんぽお/めんぼお)は、日本式甲冑とともに進化・発展を遂げてきました。平安時代になると、それまで用いられていた「短甲」(たんこう)や「挂甲」(けいこう)から「大鎧」(おおよろい)へと進化。これに伴い、小具足のひとつとして、面頬(面具)が誕生したのです。西洋においても顔面を防御する、いわゆる「兜面」(かぶとめん)がありますが、これとは一線を画する日本独自の発展を遂げた防具。ここでは、日本における面頬(面具)の歴史についてご紹介します。

面頬(面具)の歴史

面頬(面具)の種類

面頬(面具)の種類
面頬(めんぽお/めんぼお)に取り外し可能な鼻が付属するようになると、様々な表情が作出されるようになりました。表情のある面頬(面具)は、着用した武者達にとって、仮面の役割も果たし、ときに怒り、ときには笑みを浮かべます。美女や老婆、翁さらには動物、鬼霊、神仏まで。様々な表情の面頬(面具)が制作されるようになりました。こうした表情は、敵を当惑させ、不気味さを感じさせるなど、精神的な揺さぶりをかける役割も果たしていたのです。面頬(面具)に表現された表情についてご説明します。

面頬(面具)の種類

喉輪・脇当・満智羅

喉輪・脇当・満智羅
平安時代に誕生したと言われている日本式甲冑は、時代を経るにしたがって防御の範囲が広がっていきました。頭部を守る「兜」、肩を守る「袖」、胴部分を守る「鎧」や「草摺」(くさずり)を装備していたものの、隙間が多かった「大鎧」は進化。「当世具足」が登場する時代になると、防御力は格段に向上します。もっとも当世具足も完全無欠ではなく、防御しきれない箇所もありました。 それを補っていたのが「喉輪」(のどわ)、「脇当」(わきあて)、「満智羅」(まんちら)などの小具足です。目立たないながらも人体の急所を覆い、命を守るために欠かせない存在だった喉輪・脇当・満智羅についてご紹介します。

喉輪・脇当・満智羅