忍者の使った道具

手裏剣

文字サイズ

手裏剣は、忍者の用いる「忍具」のなかで、最も有名な物のひとつです。忍具のなかで、真っ先に手裏剣を連想する人も多いのではないでしょうか。時代劇など創作のなかではたびたび、両手を身体の前で水平に構えて擦るように手裏剣を連射する忍者の姿が描かれます。しかし実はあの打ち方(手裏剣は投げるではなく打つと表現する)は、創作が発祥で広まった誤った描写だということをご存知でしょうか?知っているようで意外と知らない手裏剣について、ご紹介していきます。

手裏剣の起源

手裏剣

手裏剣

「忍者の武器」として連想されがちな「手裏剣」ですが、実は敵を攻撃する目的よりも逃走しながら敵に向かって打ち込み、敵を撹乱して逃げきるために使われることが多かった忍具です。用途としては地面に撒く「まきびし」に近いとも言えるでしょう。

手裏剣が誕生したのは室町時代後期。実は手裏剣が生まれる前から、敵の追跡を振り切るための「遁術」(とんじゅつ)のなかには、敵めがけて武器を投げ付け、その隙に姿を隠す種類の術があったのです。

その際に投げ付ける武器はその時々によって、道に落ちている石や短刀、打根(うちね:長さ30cm強の短くて太い矢のような形状の手持ち武器)、針などを使用していました。

しかし短刀や打根は費用がかさみ携帯性も悪く、針では携帯性と費用面は良いものの軽すぎて遠くに飛ばせず投擲に不向きです。そうした欠点を補った使い捨て専用の武器として生まれたのが手裏剣でした。

手裏剣という名称もこの時代に付けられたとされ、「手の裏[内側]に隠して打つ剣」という意味があります。

手裏剣は殺傷能力を高めるため刃には毒が塗られている場合もあり、隠密任務が多かった忍者に要人を暗殺するための武器としても広く用いられていました。

そのため「手裏剣術」は暗殺術の色が強く、剣術などのような武芸ではありませんでした。ですが根岸流手裏剣術など現代にも古武術として伝わる流派もあり、現在でも愛好家の手によって手裏剣の技が受け継がれています。

手裏剣術の分類

手裏剣を扱う手裏剣術は目的によって分類され、「留手裏剣」(とめしゅりけん)と「責手裏剣」(せめしゅりけん)の2種類が存在します。

留手裏剣

留手裏剣とはその名のごとく、「敵をその場に[留める]」ことを目的として打つ手裏剣術です。

自分を追ってくる敵に対し、何らかの投擲物(とうてきぶつ)で追ってこられないようにする技です。投擲物には殺傷能力よりも撹乱できる性質が求められ、その場にある物を何でも利用する技もあります。

留手裏剣の種類には、「忍手裏剣」(しのびしゅりけん)、「静定剣」(せいじょうけん)、「乱定剣」(らんじょうけん)の3つがあります。

忍手裏剣とは、手裏剣を打って難を逃れる技です。城に侵入した忍者が目的を果たし撤退する際に、追ってきた敵に対して手裏剣を打つような状況が代表的な場面でしょう。

敵に当たるか当たらないかにかかわらず、「手裏剣を打って敵を足止めする」ことができれば技が成功したと言えます。

静定剣とは、手裏剣の代わりに短刀や包丁など、主に刃物を敵に投擲して危機を脱する技です。手裏剣の持ち合わせがない忍者が、懐から短刀を抜き出し敵に投げ付け、ひるんだ隙に逃走することなど例に挙げられます。

乱定剣とは、忍者が突発的な危険に陥ったときに、茶碗でも灰・砂など身近にある物を敵に投げ付けてその場を脱出するための技です。

体勢を崩して目の前にいる敵の攻撃を避けきれない場合に、地面の砂を掴んで敵の顔に投げ付ける。食事中に敵が侵入してきた際に、「ちゃぶ台返し」で敵の注意を逸して部屋を脱する。なども乱定剣の一種にあたります。

責手裏剣

責手裏剣は、逃げるためでなく敵を「責める」(攻める)ための手裏剣術です。相手を負傷させる必要があり、投擲物に殺傷性が求められました。

また、責手裏剣にも留手裏剣と同様に3つの分類があります。

そのうちのひとつは「火勢剣」(かせいけん)。敵への攻撃として火矢や松明を使う技です。忍者の里は火薬の扱いに長けた人材も多くいたため、応用しやすく効率的な攻撃方法だったとされます。

「薬剣」(やくけん)は、敵を殺さずに目潰し・眠り薬などで一時的に無力化することを目的とした技です。目潰しは忍者の里に伝わる薬に唐辛子・灰などを混ぜ、その粉を筒に仕込んで敵に吹き付ける、あるいは卵の殻に入れて投擲したとされます。

眠り薬は、2018年に青森で見付かった資料によれば、乾燥させたヒキガエルの粉などを燃やした物が材料だとされています。

「毒剣」(どくけん)とは、手裏剣の刃に破傷風の原因となりうる糞尿や、トリカブトの毒を仕込み、狙った敵を死に至らしめることを狙った技です。

暗殺目的で使用されるため、敵の傷口に毒が回りやすいよう、刃の多い八方手裏剣が多く用いられました。

形状による手裏剣の分類

手裏剣の形状には、馴染みの深い十字型などの「平型手裏剣」と、針や釘のような棒状の「棒手裏剣」の2種類があります。

平型手裏剣

十字手裏剣

十字手裏剣

平型手裏剣では十字の部分が鋭利な刃となり、棒手裏剣は棒の片側もしくは両側を鋭く尖らせた形状になっています。

平型手裏剣は鉄板を素材として作られており、重くかさばる物でした。

そのため携帯にも適しておらず、基本的には多くても3~4枚ほどしか持ち歩かなかったようで、創作上で手裏剣を何枚も連続で打つような忍者の姿は、現実では見られなかったとされています。

平型手裏剣には突出した刃の数によって、「三方手裏剣」、「四方[十字]手裏剣」、「八方手裏剣」などの種類が存在します。平型手裏剣は刃を回転させて飛ぶため飛行が安定しやすいことが特徴。棒手裏剣と比較すると少しの訓練で命中精度が上がりやすいと言われています。

また刃にかすっただけで負傷させられる形状のため、刃の多い八方手裏剣などが前述の毒剣で多用されました。

一方で、回転する刃の出す風切り音で敵に察知されやすく、突き刺さる棒手裏剣と比べ傷が浅い、などの欠点も存在します。

現代に伝わる手裏剣術では、平型手裏剣は振りかぶってボールを投げるように打ち込むとされます。このとき親指と人差し指で刃を挟むように持ち、手裏剣が手から離れる瞬間に回転をかけて地面に対して垂直に回転させながら目標物に命中させます。

棒手裏剣

棒手裏剣は棒状になった鉄の先端を尖らせた手裏剣です。串や針と似た単純な形状ですが、平型手裏剣が持っていた「携帯性」、「殺傷力」、「投擲音」などの欠点を補う合理的な形状でもあります。

平型手裏剣より優れた形状の棒手裏剣ですが、敵に刺さる部分が1点ないしは2点のため、打ち方の習得には平型手裏剣よりも長い時間が必要とされました。

現存する手裏剣術では、「直打法」(じきだほう)、「半回転打法」、「回転打法」の3種類の打ち方が存在します。

直打法は手裏剣を回転させず敵に突き刺す打ち方。棒手裏剣の先端側を指の先に向け、棒の部分を手のひらと親指で挟んで持ちます。

そこから肘をたたみ、肘から上の動きだけで正面に打ち出します。このとき手裏剣に回転をかけずに先端を敵に向けて投擲することで、正面の敵にそのまま棒手裏剣が刺さることになります。ただし回転させるほどの勢いを付けない分、射程は短くなる傾向があります。

半回転打法は名前の通り手裏剣を半回転させて当てる打ち方です。直打法とは逆に先端を手のひら側に持つ「逆手持ち」という持ち方から、半回転するだけの回転をかけながら肘から上の動きだけで打ち出します。

回転打法もその名の通り、手裏剣を1回転させる打ち方になります。持ち方は直打法と同じ本手持ちで、1回転分の回転力を加えて打ち出します。

敵との距離に合わせて回転力を調節する技術が必要となるため、棒手裏剣は平型手裏剣よりも難易度の高い武器とされています。

直打法

直打法

半回転打法

半回転打法

回転打法

回転打法

現代において忍者の代名詞とも言える手裏剣ですが、忍者が活躍していた当時は使用する頻度の高い忍具ではありませんでした。

それはやはり、忍者の一番重要な任務は情報収集であり、手裏剣を使うということは自身が敵に見付かり窮地に陥ったことに他ならないからです。忍者自身も、懐に入れたまま使う機会が来ないことを祈っていたに違いありません。

手裏剣

手裏剣をSNSでシェアする

「忍者の使った道具」の記事を読む


火器

火器
現代では、ワンタッチで着火できるコンロや、ポケットに収まるライターなど、便利に使える「火」。しかし当然ながら、忍者の活躍した戦国時代・江戸時代には、現代のように便利ではありませんでした。そのため忍者は様々な工夫をこらして、当時外国から伝来したばかりの火薬や火縄銃など最新兵器の扱いを学んだり、煙を風に負けないよう垂直に立ち昇らせる技術を確立したりすることで、忍者自身の活躍の幅を広げていきました。武器から逃走補助の忍具、伝達用の合図まで、忍者の隠密活動に重宝された火を使った「忍具」についてご紹介します。

火器

忍者刀

忍者刀
忍者の活躍した戦国時代、主に使用されていた武器は日本刀です。忍者も例外ではなく、任務中は日本刀を帯刀していました。忍者は隠密行動を生業としていたため、帯刀していた日本刀は特別な形状の「忍者刀」と呼ばれる物であったと言われています。しかし一方で、通常とは違う形状の日本刀を持ち歩けば周りに忍者という事が筒抜けになってしまうため、特殊な形状の忍者刀は存在せず、忍者も一般的な日本刀を使用していたという説もあります。忍者の道具(忍者刀)では、忍者刀に込められた工夫と、その用途についてご紹介します。

忍者刀

忍び装束

忍び装束
私達が漫画やアニメで目にする忍者は、全身黒ずくめの格好で闇に紛れて活躍するイメージが強いのではないでしょうか。では、実際に忍者の着用していた衣類には、どのような秘密が隠されていたのか、忍者が任務時に身に付けていたと言われる衣装「忍び装束」(しのびしょうぞく)についてご紹介します。

忍び装束

登器・水器・開器

登器・水器・開器
忍者は多様な忍具を駆使しながら敵陣に侵入して任務を遂行してきました。誰にも気付かれることなく家屋や城内に忍び込むために考え抜かれ、様々な機能を持った忍具の数々。忍者の活動を支えた様々な知恵や工夫の詰まった忍具をご紹介します。

登器・水器・開器

忍者の7つ道具

忍者の7つ道具
漫画や映画など現代の創作物のなかで、忍者は高い塀を軽々と跳び越えたり、木々の枝の上を飛び移って移動したりしています。そんな、ことさらに忍者の身軽さが強調されるシーンをみなさんも見たことがあるのではないでしょうか。実際には創作物のように助走もなしに何mも跳び上がることはできませんが、城や砦などに忍び込むことも多く、熟練者であれば1日に50里(約200km)を駆け抜けたと言われる忍者にとって、少しでも持ち物を減らし身軽になることは非常に重要。そのため経験則から「最低限持っていくべき忍具」が7種類挙げられるようになり、江戸時代に書かれた忍術書「正忍記」でもご紹介されています。そんな「忍者の7つ道具」についてご紹介します。

忍者の7つ道具

連絡道具・攻撃道具・逃走道具・携帯食

連絡道具・攻撃道具・逃走道具・携帯食
忍者は実に多様な忍具を駆使して、忍者は任務にあたっていたのです。取り上げてきた有名な忍具以外にも知恵と工夫の詰まった忍具がたくさんあります。忍者が使用したまだ紹介していない忍具についてご紹介します。

連絡道具・攻撃道具・逃走道具・携帯食

注目ワード
注目ワード