日本刀の刀匠・刀工

古刀の刀匠・刀工

文字サイズ

日本刀は、古墳時代以降に生まれ、時代が進むごとに姿を変えながら洗練されていきました。
日本刀の特徴と言えば、大きな反りがある点。この形を確立していったのが「古刀」期と呼ばれる日本刀の歴史です。901年(延喜元年)の平安時代中期から、安土桃山時代末期の1596年(慶長元年)まで、古刀期に活躍した代表的な刀工達をご紹介します。

著名刀工名鑑(刀工・刀匠)
日本刀制作の著名な刀工をご紹介します。
現代刀の名工・名匠
現代の日本刀を代表する作品を生み出し、突出した技術を持っている刀匠をご紹介致します。

古刀とは

国指定文化財(国宝重要文化財)に選ばれている作品の多くは、古刀に分類される日本刀です。しかし、一口に古刀と言っても、平安時代中期から安土桃山時代末期という、約800年の長い年月に亘って作られているため、ひと括りで表現することはできません。

しかし、この古刀期に「五箇伝」(ごかでん)が生まれ、各地域、各時代で特色あふれる美しい日本刀が作刀されました。

ちなみに、五箇伝とは「大和伝」(奈良県)、「山城伝」(京都府)、「備前伝」(岡山県)、「相州伝」(神奈川県)、「美濃伝」(岐阜県)のことです。5つの地域に伝わる伝法は、それぞれが独特の特徴を持ちながら、お互いに優れた技術を共有し、発展しました。

五箇伝の名工
刀剣・日本刀の歴史に名を残した、数々の名工をご紹介します。

平安時代の古刀

平安時代初期から中期へかけての日本刀の主流は、貴族階級が佩用(はいよう:身に付けて用いること)する「平造り」の直刀でした。それらは戦ではなく、儀式などに使用することを目的としていたため、あまり実用的な作りではありませんでした。

そして、平安時代中期以降には、日本刀の基本形とも言える「鎬造り」(しのぎづくり)で、長く反りのある「湾刀」(わんとう)へと変化。この変化の背景には、騎馬戦の登場があります。馬上から日本刀を振り下ろして薙払うのに、長寸で反りのある湾刀が適していたのです。

そして、手元から湾曲する形を「腰反り」と言います。

平安時代後期になると、武士の勢力が増大。こうした動きで日本刀の需要は高まり、質の良い砂鉄が取れる地域に刀工が集まるようになります。各地域で刀工が集団化し、流派が生まれ、それに伴い日本刀は発展しました。

太刀はと刀身が一体となった「毛抜形太刀」(けぬきだち)などの様式を基本として、日本刀の形式が定まっていき、より実戦性の高い姿へとなっていきます。

鎌倉時代から室町時代の古刀

刀鍛冶

刀鍛冶

鎌倉時代初期は、鎌倉幕府による武家政治の体制が確立し、日本刀の需要が高まり、さらに刀工達の数が急増。「後鳥羽上皇」が「御番鍛冶」(ごばんかじ)を設け、刀工達を招き積極的に作刀を奨励するようになり、多くの名刀が作られました。

その際に招かれたのは、「粟田口派」(あわたぐちは)や「一文字派」(いちもんじは)などの名工達です。鎌倉時代中期になると、平安時代の優美な姿から、実用性を重視した豪壮な姿に変化していきます。

身幅が広く、鋒/切先は幅広で長さが詰まり、反りは腰反りから「中反り」に変わりました。まさに大鎧を打ち砕くのにふさわしい姿です。

鎌倉時代末期には、1274年(文永11年)と1281年(弘安4年)の2度にわたる「元寇」の急襲で、日本刀作りは活発化し、より堅牢な造りへとなっていきました。

そして、時代が進むにつれて、従来の馬に騎乗して太刀で戦う戦法から、集団の徒歩による接近戦の戦法が主流になっていきます。この時代の日本刀は、3尺(約90cm)以上の大きさを持つ大太刀や野太刀が多く作られています。

振り回しやすいように軽量化し、重ねを薄くするなどの工夫を凝らしているのが特徴。

この時代の大太刀は、のちに多くが「磨上げ」(すりあげ)や「大磨上げ」(おおすりあげ)と呼ばれる加工法で短くし、打刀に作り変えられました。

戦国時代から安土桃山時代の古刀

大小二本差し

大小二本差し

1467年(応仁元年)には、「応仁の乱」が起こり、やがて戦国の世に時代は移り変わります。各地で戦国武将達の戦が増え、日本刀の需要も爆発的に増大しました。

こうして「数物」(かずもの)と呼ばれる実用重視の大量生産品が作られます。

その一方で、武将達は「注文打ち」とも言われる自分用の日本刀を刀工達に注文しました。

また、これまで帯で腰に佩いていた太刀から、腰に差す「打刀」へと変化します。大小2振の日本刀を使用するようになったのは、室内や狭い場所での戦闘に対応するためです。

そしてかつての大太刀を、戦国武将達が戦に用いりやすいよう秘蔵の太刀を大磨上げさせることを「天正磨上」(てんしょうすりあげ)とも呼びます。

関東地方の代表的な刀工

相模国

新藤五国光(しんとうごくにみつ)
新藤五国光

新藤五国光

国光」は、鎌倉時代後期、相模国(現在の神奈川県)の刀工で相州伝の実質的な開祖。通称「進藤五」、「新藤五郎」とも呼ばれます。

父「粟田口国綱」が山城国(現在の京都府)から相模国に招かれ、子である新藤五国光も作刀技術を身に着けて起こった一派。作風は、刃文に小板目肌(こいためはだ)がよく詰み、蜘蛛の巣が張ったような風合いが特徴です。

相州正宗(そうしゅうまさむね)
正宗」は、鎌倉時代末期から南北朝時代初期に活躍した相模国の刀工。「岡崎正宗」や「岡崎五郎入道正宗」、「岡崎五郎入道」などとも呼ばれます。

日本刀史上、最も著名な刀工のひとり。師である新藤五国光の興した相州伝の作風をより独自の流派へと進化させました。

また、相州正宗の技工を継ぐ「正宗十哲」(まさむねじってつ)と呼ばれる優秀な弟子を輩出。その弟子達も全国に散らばり作刀しました。

相州貞宗(そうしゅうさだむね)
貞宗」は、鎌倉時代末期から南北朝時代に活躍した相州伝の代表的な刀工。正宗の弟子であり、養子であるとも伝えられます。

相州貞宗は、「彫刻の名手」とも呼ばれ、護摩箸や梵字、倶利伽羅など個性的な彫り物が特徴。作風は、正宗が実戦的で華美な作柄であるのに対し、貞宗はそこに豪壮さが加わり穏やかな印象になります。

それは、正宗以上によく詰んだ美しい鍛え肌によるものです。

中部地方の代表的な刀工

美濃国

孫六兼元(まごろくかねもと)
孫六兼元」(関の孫六)は、室町時代後期に美濃国(現在の岐阜県)で活躍した刀工。

美濃伝の刀工集団「三阿弥派」(さんあみは)でもありました。初代兼元は、「三阿弥兼則」(さんあみかねのり)の孫で、父の名が「六郎左衛門」(ろくろうざえもん)であったことにちなんで、「孫六」と称したと言われています。

また、孫六兼元を襲名した2代目兼元は、「四方詰め」と呼ばれる独自の鍛刀法を編み出し、その名を全国に知らしめました。折れず、曲がらず、切れ味も良いと戦国武将達に愛用され、江戸時代には「関の孫六」の名で広く有名になりました。

和泉守兼定(いずみのかみかねさだ)
和泉守兼定」は、美濃国の関で活躍した刀工集団で、孫六兼元と共に「関物系」(関に在住した刀工達の作品)を発展させた功労者です。

切れ味も良く、のちに最高ランクの「最上大業物」と評価されたほどで、江戸時代には「千両兼定」(高値で取引されることから付いた呼び名)とも称されました。有名な日本刀では、「柴田勝家」や「明智光秀」などが所持した「篠ノ雪」(ささのゆき)があります。

篠ノ雪の名前は、鋒/切先に触れるだけで、笹の葉に積もっている雪が落ちるくらいによく斬れるという意味から付けられました。

近畿地方の代表的な刀工

相模国

三条宗近(さんじょうむねちか)
宗近」は、平安時代末期の山城国の刀工で「三条派」の開祖。通称「三条小鍛冶宗近」(さんじょうこかじむねちか)とも呼ばれます。

三条という名前は、京都三条に居住していたことから付けられました。代表作は「三日月宗近」という太刀で、前述した天下五剣の1振でもあり、その中で最も優れた日本刀とされています。「三日月」の由来は、刀身に三日月形の刃文の一種が数多く現れることからです。

粟田口吉光(あわたぐちよしみつ)
鎌倉時代中期に活躍した山城国・粟田口派の刀工。「藤四郎」という通称でも知られ、「豊臣秀吉」からは、正宗、「郷義弘」(ごうのよしひろ:江義弘とも書く)と並ぶ「天下三作」と称されました。現存する刀剣はその多くが短刀で、国宝や重要文化財に何点も指定されています。

そんな短刀作りの名手である粟田口吉光が作刀した「一期一振」(いちごひとふり)は、希少な太刀。それ故に「一期一振」(生涯で一度きりの太刀)と号されています。

伊勢国

千子村正(せんごむらまさ)
「村正」は、伊勢国(現在の三重県)で活躍した刀工。父は、美濃国関鍛冶「赤坂左兵衛兼村」(あかさかさへえかねむら)とされ、山城伝の名工「平安城長吉」(へいあんじょうながよし)に師事しました。

村正は、美濃伝と相州伝の作風による影響を受けており、(なかご)が、「タナゴ腹」(タナゴという魚の腹に似ていることから呼ばれる)という個性的な姿になるのが特徴です。

また、徳川家の人間の死や不幸にかかわったとされることから「妖刀村正」と呼ばれ、広く周知されるようになりました。

近畿地方の代表的な刀工

備前国

古備前友成 (こびぜんともなり)
古備前友成

古備前友成

友成」は、備前国(現在の岡山県)で平安時代中期から鎌倉時代初期にかけて活躍した一派「古備前派」の始祖です。

伯耆国(現在の鳥取県の一部)の「大原安綱」、山城国の三条宗近と共に、日本最古の「三名匠」と呼ばれる刀工。そして古備前派は、備前伝をはじまりとし、のちに興る「一文字派」や「長船派」の源流でもあります。

友成作の日本刀は、「平教経」(たいらののりつね)が「厳島神社」(広島県廿日市市)に奉納した太刀「厳島の友成」や「鶯丸」(うぐいすまる)などが有名です。

長船光忠(おさふねみつただ)
長船光忠」は、備前国長船派の開祖として知られています。備前国は、鉄資源が豊富で質・量は共に全国1位を誇り、刀鍛冶の人数も突出した刀剣王国でした。

なかでも「長船派」は高く評価され、どの時代でも名刀の代名詞。光忠は武士の時代に即した、実戦向けでありながら華やかな作風が魅力。光忠作の日本刀には、燭台ごと斬り落としたと言う切れ味の鋭さを物語る「燭台切光忠」(しょくだいきりみつただ)などがあります。

長船長光(おさふねながみつ)
「長船長光」は、備前国長船光忠の子「長光」です。長光は、父・光忠から受け継いだ華麗な丁子乱刃(ちょうじみだれば)や直刃(すぐは)など作品の幅が広く、備前長船の名を高めた人物になります。

現存する長光の日本刀は、国宝や重要文化財、重要美術品を合わせると70点存在します。代表作は「大般若長光」(だいはんにゃながみつ)という太刀。

室町時代にはすでに「大般若」の異名で広く知られた名刀で、600貫(現代の金額で約2,000万円相当)の高値が付けられた名刀です。

伯耆国

伯耆国安綱 (ほうきのくにやすつな)
安綱」は、「大原安綱」や「大原五郎太夫安綱」とも呼ばれた刀工です。平安時代初期を中心に、伯耆国で活躍しました。

「天下五剣」の1振に選ばれた「童子切安綱」(どうじきりやすつな)を作刀した人物で、天下五剣の中で最も古いことから筆頭という特別な地位を確立。また童子切安綱は、平安時代の武士「源頼光」(みなもとのよりみつ)が、の「酒呑童子」(しゅてんどうじ)を切ったという伝説が残ります。

備後国

三原正家(みはらまさいえ)
「正家」は、南北朝中期に活躍した備後国(現在の広島県)の刀工集団「三原派」の開祖です。当初、備前派と比較されることが多く、刀工としての評価は下作とされていました。

しかし応仁の乱が起こると、実戦に即した日本刀が必要とされます。三原派の日本刀は切れ味が良かったことから、以降、評判を集めました。

江戸時代に書かれた「懐宝刀尺」(切れ味が鋭い最強の日本刀の良さを順位に表した書物)では、最上大業物の1振にも選ばれています。

古刀の刀匠・刀工

古刀の刀匠・刀工をSNSでシェアする

「日本刀の刀匠・刀工」の記事を読む


天下三作とは

天下三作とは
日本には、古くから「鍛冶屋の魂」と「匠の技」を持ち、名刀を作り上げた刀工達が各地にいました。その中でも、山城国(現在の京都府)の「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)、相模国(現在の神奈川県)の「正宗」(まさむね)、越中国(現在の富山県)の「郷義弘」(ごうのよしひろ)の3刀工は、特に名刀工として挙げられる人物です。江戸時代、8代将軍「徳川吉宗」(とくがわよしむね)が「本阿弥光忠」(ほんあみこうちゅう)に命じて編纂させた「享保名物帳」(きょうほうめいぶつちょう:世に名高い名刀を収録した台帳)に、この「吉光」・「正宗」・「義弘」の3刀工とその作刀を「名物三作」として記載。吉光・正宗・義弘の3刀工と、その作刀は、名刀の熱心な収集家としても知られる天下人「豊臣秀吉」が愛したことでも知られ、「天下三作」(てんがさんさく)と呼ばれるようになったと言われています。 天下三作 関連YouTube動画 天下三作とは 天下三作・名物三作

天下三作とは

正宗十哲

正宗十哲
日本刀の歴史の中でも、とりわけ名刀が多く作られたのが、鎌倉時代です。そして、その鎌倉時代後期に登場したのが、かの有名な「正宗」(まさむね)。正確な生没年も不明であり、銘入りの作品が極めて少ないことなどから、その存在自体を否定する学説が唱えられるほど、ミステリアスな存在です。 正宗の下で学び、名匠へと育った代表的な人物は10人いるとされ「正宗十哲」(まさむねじってつ)と称します。正宗に習い、全国にその技を広めていった彼らを知るためにも、まずは、正宗について追っていきましょう。

正宗十哲

新刀の刀匠・刀工

新刀の刀匠・刀工
「新刀」とは、1596年(慶長元年)から1764年(宝暦14年/明和元年)に作られた日本刀のことを言います。1721年(享保6年)に刀剣書「新刀銘尽」(あらみめいづくし)が出版されて、「新刀」(あらみ)という言葉が流行語となり定着しました。その新刀を代表する刀匠が、「長曽祢虎徹」(ながそねこてつ)、「野田繁慶」(のだはんけい)、「大和守安定」(やまとのかみやすさだ)の3人です。それぞれの人物と作風、代表作をご紹介します。

新刀の刀匠・刀工

新刀の刀工

新刀の刀工
刀剣は、一見するとどれも同じに見えますが、実は、「古刀」、「新刀」、「新々刀」、「現代刀」という4つの時代区分があります。現在でも特に価値が高い古刀と新刀では、刀身の造りや鍛錬法など、様々な点において違いが見られるのです。その中でも新刀は、それまでの伝統にとらわれず、自由で優美な作風を示す刀工が多いのが特徴。時代の流れと共に進化を遂げ、素晴らしい名刀を生み出した新刀の代表的な刀工について解説すると共に、各刀工が制作した「刀剣ワールド財団(東建コーポレーション)」所蔵の刀剣をご紹介します。

新刀の刀工

新々刀の刀匠

新々刀の刀匠
「新々刀」とは、1781年(天明元年)の江戸後期から1876年(明治9年)の「廃刀令」までに作られた日本刀のことを言います。「水心子正秀」(すいしんしまさひで)が、簡素化された鍛刀法ではなく、砂鉄から玉鋼(たまはがね)を制作する復古刀を目指したことから新刀と区別されて呼ばれました。新々刀を代表する刀匠は、「源清麿」(みなもときよまろ)、「左行秀」(さのゆきひで)、「固山宗次」(こやまむねつぐ)の3人です。新々刀を作る刀匠達について、作風や代表作をご紹介します。

新々刀の刀匠

新々刀の刀工

新々刀の刀工
「尊王/尊皇攘夷運動」(そんのうじょういうんどう)が盛んとなった幕末の時代。日本が目まぐるしい変化を迎えていた情勢の中で、刀剣の世界でもまた、新しい動きが始まっていました。それが、江戸時代末期から明治時代初期に発布された「廃刀令」までの間に作られた「新々刀」(しんしんとう)です。新々刀が台頭してきた時代背景と新々刀の特徴、また代表的な刀工15名について解説します。

新々刀の刀工

帝室技芸員

帝室技芸員
「帝室技芸員」(ていしつぎげいいん)とは、明治時代に日本美術・工芸の保護を奨励する目的で定められた美術家であり、明治時代に日本が欧米化していく中で、日本の文化を現代に継承するために大きな役割を果たしました。ここでは帝室技芸員とは何か、そして刀工の帝室技芸員にどんな人物がいたのかについて解説します。

帝室技芸員

人間国宝(重要無形文化財保持者)

人間国宝(重要無形文化財保持者)
1945年(昭和20年)、日本は連合国に無条件降伏し、太平洋戦争が終結しました。戦後日本に進駐したアメリカ軍は、それまでの国家最高元首としての天皇のあり方を否定し、国と国民統合の象徴という民主主義下での新しい概念を導入しました。 それに伴い、それまで天皇の勅任という形を採り、皇室・皇族の御用を中心として制作を行なっていた「帝室技芸員制度」は廃止されます。そして、あらためて創り出されたのが、一般に「人間国宝」と呼ばれている、「重要無形文化財制度」です。ここでは、この「人間国宝」について解説します。

人間国宝(重要無形文化財保持者)

無鑑査刀匠

無鑑査刀匠
「無鑑査」(むかんさ)とは一般的に、芸術などの分野において、作者の過去の実績に照らして特定の展覧会などにおいて「(主催者側の)審査・鑑査なしで出品が可能」であると認められることを意味しています。「日本刀」の世界における無監査は、「公益財団法人 日本美術刀剣保存協会」が主催する「現代刀職展」(旧新作名刀展)に出品した作品について、受賞審査を必要としない資格(公益財団法人日本美術刀保存協会無鑑査選任規程第2条)のこと。無鑑査となった刀匠の作品は、別格扱いとなるのです。

無鑑査刀匠

注目ワード
注目ワード