鎌倉時代

鎌倉時代の服装とは

文字サイズ

現代においても、「機能性」、「安さ」、「デザイン性」の3拍子が揃ったワーク系のカジュアルファッションが開発されていますが、武士が台頭してきた鎌倉時代も、「実用性」や「機能性」、「デザイン性」が重視された服装や甲冑(鎧兜)が登場した時代でもありました。そんな鎌倉時代の服装について、詳しくご紹介します。

「鎌倉時代」の服装

庶民の服装「直垂」が、武士の正式な服装へ

直垂

直垂

飛鳥・奈良時代頃は、衣服を始め、持ち物や食べ物、住む家に至るまで、すべて身分ごとに決められていました。その後、本格的な武家政権が誕生した鎌倉時代になると、建築や土木などの仕事を担っていた庶民の衣服「直垂」(ひたたれ)が、武士達の目に留まります。

直垂は、基本的に身分の低い庶民が着る服でしたが、その機能性などから、すでに下級武士達の間で広がり始め、それが上級武士達にも伝播し、武士の正式な服装となっていきました。

直垂は、脇が縫い付けられておらず、襟元ははだけないように紐で結ばれており、その直垂の下には、下着代わりの「小袖」(こそで:現代の着物の原型)を着るスタイルが一般的でした。現代に例えると、小袖がTシャツで、直垂がジャケットのような感じです。

また頭には、成人男性の証である「烏帽子」(えぼし)を被り、「元服」(げんぷく:男子を大人として認める儀式)を迎えると、烏帽子を被せてくれる「烏帽子親」(えぼしおや)と呼ばれる人が、後見人となりました。

鎌倉時代になると、その着やすさから公家や貴族も直垂を着用するようになり、「源頼朝」が東国・鎌倉に幕府を開いたときには、武士の公式な服装になったと「方丈記」に記されています。

貴族文化全盛の平安時代とは違い、機能性や実用性を重視した服装への変化は、新たな鎌倉時代の幕開けを告げる出来事でもあったのです。

「直垂衾」の登場

直垂衾

直垂衾

鎌倉時代になると、木綿の栽培が次第に広まり、直垂に木綿を入れた「直垂衾」(ひたたれぶすま)と呼ばれる「着物型のふとん」のような物が登場します。

一説によると、武士が「宿直」(とのい:夜間警備を行なうこと)をする際、防寒用として作ったのが始まりとされています。

この直垂衾は、次第に公家や貴族の間でも広まり、昼間は「上着」として着用し、夜は「掛け布団」として使用されるようになりました。

安土桃山時代に入ると、この直垂衾がさらに変化し、「胴服」(どうふく)と呼ばれる綿入りの上着に変化していくことになります。

鎌倉時代の幻の甲冑(鎧兜)「源氏八領」

鎌倉時代に使用されたとされる代表的な甲冑(鎧兜)に、「源氏八領」(げんじはちりょう)があります。

「源氏八領」とは、源氏の棟梁に代々引き継がれたという8種類の甲冑(鎧兜)のことで、「源太産衣」(げんたがうぶきぬ)、「八龍」(はちりょう)、「楯無」(たてなし)、「薄金」(うすかね)、「膝丸」(ひざまる)、「沢瀉」(おもだか)、「月数」(つきかず)、「日数」(ひかず)があります。

これらの甲冑(鎧兜)は、源氏と平氏が戦った「平治の乱」でほとんど失われていることから「幻の甲冑(鎧兜)」とも言われており、現存しているのは楯無のみとなっています。

楯無(たてなし)

小桜韋威鎧 兜 大袖付

小桜韋威鎧 兜 大袖付

この8つの甲冑(鎧兜)のうち、唯一現存している楯無は、「楯がいらないほどの丈夫な鎧」だったことからその名が付きました。

楯無は、平治の乱後、甲斐源氏の家宝として受け継がれ、現在は「小桜韋威鎧 兜 大袖付」(こざくらがわおどしよろい かぶと おおそでつき)として国宝の指定を受け、山梨県の「菅田天神社」に納められています。

源太産衣(げんたがうぶきぬ)

源太産衣(げんたがうぶきぬ)

源太産衣(げんたがうぶきぬ)

源義家が誕生した際、父の源頼義が作ったとされる甲冑(鎧兜)。源義家の幼名が「源太丸」だったことからその名が付きました。

源氏の嫡男が鎧の着用はじめに代々用いたとされており、胸板には「天照大神」と「八幡神」、左右の袖には「藤の花」の縅があり、初代鎌倉幕府将軍の源頼朝も、元服時に「源太産衣」を着用したと伝えられています。

八龍(はちりょう)

八龍(はちりょう)

八龍(はちりょう)

八龍は、仏法を守護する「八大竜王」にあやかったと言われており、全身に「8匹の竜」が飾り付けられたことからその名が付いた。

この八龍は源為朝に与えられ、平治の乱では、源義朝の長男「源義平」が着用したと伝えられています。

薄金(うすかね)

薄金(うすかね)

薄金(うすかね)

薄金は、源氏の棟梁だけが着ることができた甲冑(鎧兜)です。一般的に、甲冑(鎧兜)は革の札に鉄の札を混ぜる「金交」(かなまぜ)、もしくは両者を交互に混ぜる「一枚交」(いちまいまぜ)という手法で作られていました。

薄金は鎧全体を薄い小さな鉄の札を使っていたことからその名が付きました。「保元の乱」では、源為義が着用したとされています。

膝丸(ひざまる)

膝丸(ひざまる)

膝丸(ひざまる)

「膝丸」は、牛1,000頭の膝の皮(牛皮の中で一番固い部分)で作ったとされる非常に硬い甲冑(鎧兜)。

平治の乱では、源義朝が着用したと伝えられています。

沢瀉(おもだか)

沢瀉(おもだか)

沢瀉(おもだか)

詳しいことは分かっていませんが、「沢瀉」とは、オモダカという名の植物で、葉の形状が、矢の鏃(やじり)の形に似ていることから、別名「勝軍草」(かちいくさぐさ)とも呼ばれていました。

「沢瀉」の甲冑(鎧兜)には、このオモダカの葉のような形に編んだ模様が施されていたと考えられており、平治の乱では源朝長が着用したと伝えられています。

月数(つきかず)

月数(つきかず)

月数(つきかず)

月数は、朽葉色をした唐綾縅(からあやおどし:唐綾を細くたたみ、芯に麻を入れて威した物)の甲冑(鎧兜)。

その袖が、「色々縅」(いろいろおどし:数種類の糸を使って縞模様になる手法)で12段あったことから、その名が付いたとされており、保元の乱で左衛門頼賢が着用したと伝えられています。

日数(ひかず)

日数(ひかず)

日数(ひかず)

詳しいことは分かっていませんが、兜の鉢に打たれた星の数がちょうど360あったことからその名が付いた。

保元の乱では、源為義の子、五郎掃部助頼仲・賀茂六郎為宗・七郎為成・源九郎為仲のいずれかが、着用したと伝えられています。

戦い方の変化とともに「腹巻」や「腹当」が登場

朝廷の権力争いで戦っていた武士達は、武装を許された下級貴族が多く、騎馬戦スタイルで戦っていました。この騎馬戦では、主に「大鎧」(おおよろい)で戦っていることが多く、派手で重装備だったことから、非常に重い物でした。

このため、次第に馬に乗らない戦い方へと変化し、歩く、または走りながら戦う「徒武者」(かちむしゃ)と呼ばれる歩兵が増え、軽く、動きやすい甲冑(鎧兜)が必要となりました。そこで登場したのが、「腹巻」(はらまき)と「腹当」(はらあて)です。

腹巻は、主に下級の徒歩武士により使用され、兜や袖などは付属せず、心臓や腹のみを守る簡単な甲冑(鎧兜)で、徒歩戦に適した軽便な構造となっていました。その動きやすさから、次第に騎乗していた上級武士達も着用するようになり、その腹巻には、縅毛の色を増やすなど、上級武士が使うにふさわしい華美な物へと変化します。

腹当は、腹巻や胴丸よりもさらに簡易な物で、胴体の前面と腹部(側面のみ)を保護する構造となっていました。軽量で着脱は容易であるものの、防御力は低かったことから、次第に背部も保護する形となり、腹巻に発展していったと考えられています。

  • 腹巻

    腹巻

  • 腹当

    腹当

鎌倉時代の服装とは

鎌倉時代の服装とはをSNSでシェアする

「鎌倉時代」の記事を読む


元弘の乱

元弘の乱
鎌倉幕府は、約150年続いた武家政権です。しかし、「文永の乱」と「弘安の乱」の2度に亘る「元冦」や、幕府とつながりを持たない新しい武士「悪党」(あくとう)の横行で、次第にその権威が低下。そして、「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)の倒幕計画に同調した勢力が蜂起して起きた「元弘の乱」によって、ついに滅亡へと追い込まれました。滅亡のきっかけを作った「後醍醐天皇」と「元弘の乱」が起きた経緯をご紹介します。

元弘の乱

鎌倉幕府とは

鎌倉幕府とは
「鎌倉幕府」は、1185年(文治元年)「源頼朝」(みなもとのよりとも)によって鎌倉(現在の神奈川県鎌倉市)に樹立された武家政権。その後、明治維新まで続く武家政権の礎になった時代です。文化面では、素朴で力強い武家文化が花開き、末法の世からの救済を目的にした新しい仏教も誕生しました。150年間ほど存続した鎌倉幕府についてご紹介します。

鎌倉幕府とは

鎌倉時代の住宅(家)とは

鎌倉時代の住宅(家)とは
奈良時代や平安時代は貴族文化が栄え、寝殿造など優美な建物が多く建てられましたが、鎌倉時代になると武士を中心とした社会へ変化し、中国(宋と元)の文化や技術が伝来したことから、多種多様な建築様式が生まれました。そんな鎌倉時代の住宅(家)について、詳しくご紹介します。

鎌倉時代の住宅(家)とは

鎌倉時代の食文化とは

鎌倉時代の食文化とは
人間が生きるために必要な食であるお米が登場してから、格差社会は大きくなり、富める者と貧する者とに分かれてしまいました。 鎌倉時代は、権力の移行期であり、食の変換期でもあります。武士の台頭で肉食も解禁されましたが、農民は相変わらず苦しい生活でした。そんな鎌倉時代の食生活についてご紹介します。

鎌倉時代の食文化とは

鎌倉時代の文化とは

鎌倉時代の文化とは
鎌倉時代の文化は、これまでの貴族中心の「国風文化」(藤原文化)に、武士の精神や中国文化(宋や元)が新しく加わった「質実剛健な文化」へと変化しました。彫刻や文学、絵画などが発展し、新しい文化が多く生み出された鎌倉時代の文化について、詳しくご紹介します。

鎌倉時代の文化とは

奥州合戦

奥州合戦
「壇ノ浦の戦い」での平家滅亡後、源氏は天下を取りますが、これでめでたし、という訳にはいきませんでした。実戦で活躍した「源義経」と、権力者である兄「源頼朝」の間に確執が生まれ、それは奥州藤原氏を巻き込んで、大きな歴史の流れを作っていくのです。

奥州合戦

承久の乱

承久の乱
「鎌倉幕府」の成立は、日本初の本格的武家政権の誕生を意味していました。これにより、天皇を中心とした政治は、事実上終焉。朝廷の影響力は低下していきます。朝廷にとって特に大きなダメージとなったのは、全国にあった「荘園」からの租税収入の激減。そのような状況の中「後鳥羽上皇」(ごとばじょうこう)は、全国各地の武士に対して幕府の実質的トップだった執権「北条義時」(ほうじょうよしとき)追討の「院宣」(いんぜん:上皇の意思を示す文書)を発し、鎌倉幕府打倒を目論んだのです。

承久の乱

元寇(蒙古襲来)

元寇(蒙古襲来)
1266年(文永3年)、日本に元(旧モンゴル帝国)から届いた「手紙」。これは、のちに2度の「元寇」(蒙古襲来)を勃発させる手紙です。元寇(蒙古襲来)は、簡単に言うと「文永の役」と「弘安の役」の2度、日本にモンゴルが攻めてきたというような内容。 しかし、その詳細は教科書には書かれていません。そこで、教科書のみでは知り得なかった元寇(蒙古襲来)を歴史書や届いた手紙から読み解きます。

元寇(蒙古襲来)

注目ワード
注目ワード