拵・刀装、刀装具

柄巻とは

文字サイズ

刀剣を鑑賞する際に多くの人が注目するのが、刃文や地鉄など、刀身にある部位。その一方で刀剣に付属する「拵」(こしらえ)にも、刀身と同じくらい見どころが多くあります。
その中でも目を引くのが、刀剣を手で握る際に用いられる「柄」(つか)に糸が巻かれた「柄巻」(つかまき)と呼ばれる部分。実は柄巻は、拵の装飾となるだけでなく、刀剣を操作するために欠かせない部位でもあるのです。柄巻が刀剣においてもたらす効果や、専門の職人である「柄巻師」が技術を駆使して行なう巻き方の種類など、柄巻の詳細について解説します。

「柄巻師」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

柄巻の役割とその歴史

「柄巻」は、組紐や革緒などを、柄の鍔側に装着された金具である「」(ふち)の際(きわ)から巻き始め、同じく柄の先端である「」(かしら)の下側で巻き止める方法が一般的です。

このとき、柄糸が緩まないように巻き締めることで、柄が割れることを防ぎます。つまり、柄巻を行なうことで、柄そのものを補強する効果があるのです。

そして、柄巻のもうひとつの役割は、柄を握ったときに手から抜けないようにするための滑り止めと、「手溜まり」(てだまり)を良くすること。

手溜まりとは、物に手が触れる際、手の位置を固定するために設けられる場所を指し、また、そこを手にしたときの具合について表すときにも用いられる言葉です。

このように、刀剣の拵において重要な役割を果たす柄巻は、古墳時代から奈良時代にかけて作られていた「直刀」にも見られます。

古墳から出土した直刀には、反りのない刀剣に用いる「棒鞘」(ぼうざや)で、その全身に紐のような物が巻かれていたり、古墳時代後半に隆盛を極めた「装飾付大刀」に分類される、「鶏冠頭大刀」(けいかんとうのたち)や「環頭大刀」(かんとうのたち)において、銀線を「片手巻」(かたてまき)と呼ばれる技法で巻いたりした拵などがあったのです。また、この時代における刀剣の柄巻には、藤つるや漆木(うるしのき)が多く用いられていました。

直刀に代わり、日本の刀剣の主流となる「湾刀」が登場する平安時代に制作したとされているのが、「蛭巻太刀拵」(ひるまきたちごしらえ)。「蛭巻」とは、柄の装飾や補強のために、薄い金属板などで螺旋状に施した文様のこと。

この呼称は、蛭が巻き付いたように見えることから付けられました。これは、柄の補強だけでなく、手溜まりが良くなる効果も考慮して作られたと考えられています。

山金造波文蛭巻太刀拵

山金造波文蛭巻太刀拵


そして、柄巻として本格的に紐や糸が巻かれるようになったのが鎌倉時代。その一例として、現代にまで伝えられているのが、重要文化財に指定され、「獅子王」と号する太刀に付属された「黒漆太刀拵」。

獅子王の刀身については平安時代末期、拵については鎌倉時代末期に制作されたと推測されています。「東京国立博物館」(東京都台東区)所蔵のこの太刀拵に見られる柄巻には、黒韋糸(くろかわいと)が用いられているのです。

江戸時代になると、柄巻の多くが柄の母体となる木製の「柄下地」を革で包み、その上に、混じり気のない絹糸である「正絹」(しょうけん)で作られた組紐を巻き締めるようになりました。

柄巻を行なう際に、この組紐がずれないようにするため、「鮫皮」(さめがわ)が張り付けられていることが注目すべきポイント。表面が粒状になっている鮫皮を用いることで、柄糸が滑りにくくなる効果があるのです。

鮫皮と言っても、柄巻に使われるのは魚のエイの皮。なかでも上質な鮫皮(エイの皮)は、1匹から1枚しか採れない貴重な材料。戦のない江戸時代には、刀剣がそうであったように、付属する拵についても高い装飾性が求められるようになりました。

高級品とも言える鮫皮が柄巻に用いられていたのは、そのようなことが背景にあったのかもしれません。

刀剣展示をしている博物館・美術館についてご紹介!

多種多様な柄糸と柄巻の技法

柄下地

柄下地

柄巻制作の第一歩は、柄下地を作ること。

柄下地に用いられる木材は、10~20年間寝かせて灰汁(あく)を抜き、乾燥させた「朴の木」(ほおのき)です。

下地の多くは「鞘師」によって作られていますが、なかには、柄巻師が自ら作る場合も。柄下地が完成すると、その上に鮫皮を張り付けますが、そのままでは非常に硬いため、一晩ほど水に浸け、やわらかくなった鮫皮を磨いて乾燥させてから使用。雨露に耐えられるように、鮫皮に黒漆を塗ることもあります。

鮫皮を柄下地に着せたあとは、目貫を据え置き、その上から柄糸を緩まないようにきつく巻き締めるのが、柄巻制作の大まかな流れです。

柄巻は一見すると、ただ組紐や革などを巻き付ける簡単な作業のように思えるかもしれませんが、用いる柄糸や巻き方の種類は様々。手溜まりを良くするなどの機能性を失わずに、美観を考慮した柄巻を完成させるためには、柄糸や巻き方などを自在に操る技術が必要です。

「鞘師(さやし)~刀剣・日本刀の鞘を作る~」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

柄糸の種類

柄糸に用いられるのは、主に組紐と皮革。

組紐の場合、その素材は基本的に絹ですが、金属や布などが使用されることもあり、組み方や幅の広さなどによって、いろいろな種類の柄糸があります。

柄糸の種類(蛇腹糸・常組糸・高麗組糸・笹波組糸・畝組糸・繁組糸)

柄糸の種類(蛇腹糸・常組糸・高麗組糸・笹波組糸・畝組糸・繁組糸)

蛇腹糸(じゃばらいと)
細い1本の糸で、左から右の方向へ縒り(より)をかけた「右縒り」の糸と、右から左へ縒りをかけた「左縒り」の糸を2本組み合わせた糸。

柄巻に用いる際には、右縒り糸2本、左縒り糸2本を4本1組にして巻きます。

常組糸(つねぐみいと)
蛇腹糸と同様に右縒り糸と左縒り糸の2本を組み合わせ、偶数の糸で組み上げた組紐。
高麗組糸(こうらいくみいと)
大陸より伝来した、表面にあまり織り目が見えない平坦な組み方の糸。

色が異なる糸を織り込んで、文字や家紋など、自由な意匠を表すことができる組紐。

必然的に高価になるため、高級な拵の柄巻によく用いられ、安土桃山時代頃から制作されていた「陣太刀」(じんたち)などに見られる。

笹浪組糸(ささなみくみいと)
織り目が連続したV字型のような矢羽根文様、または鷹の羽文様となって現れる組み方。
畝組糸(うねぐみいと)
織り目が縦向きに筋立って現れる組み方。また、畝組の筋目を一方向にした場合には「片畝打」(かたうねうち)と呼ばれ、「肥後藩」(現在の熊本県熊本市。別称:「熊本藩」)の藩士達が好んで用いていた。
繁組糸(しげくみいと)
比較的厚手に仕立て、織り目が目立つようになる組み方。「糸巻太刀」などの拵に用いられていた組紐。

柄巻の種類

柄巻を行なうことで得られる効果は、柄を補強するだけでなく、拵を華やかに彩ること。

そのため、柄巻の細部をよく観てみると、その巻き方に違いがあることが分かります。柄巻は、柄糸を撮(つま)んだり、捻(ねじ)ったりするなど、多種多様な技法があり、これに様々な色や組み方が施された柄糸を用いることで、より強い個性を与えているのです。

柄巻において目貫を据える際には、その左右に「菱紙」(ひしがみ)を詰めます。菱紙とは、すいたままで加工されていない和紙。柄巻では、この菱紙をよく揉んで幅1.5cmぐらいに切り、数枚重ねて紐の下に敷くのが一般的です。

これは、目貫をしっかりと固定するために欠かせない工程ですが、柄巻の巻き始めから行なわれ、柄糸の「肉置」(にくおき)や巻き方によって現れる、菱形の形状を整える役割も果たしています。柄巻における菱紙の詰め方は柄巻師によって異なり、それぞれの個性が垣間見える工程でもあるのです。

ここからは、数多くある柄巻の種類のうち、主な巻き方をご紹介します。

柄巻の種類(平巻・菱巻・片手巻・摘巻/撮巻・捻巻・蛇腹巻・掛巻)

柄巻の種類(平巻・菱巻・片手巻・摘巻/撮巻・捻巻・蛇腹巻・掛巻)

平巻(ひらまき)
糸の幅をそのままにして、柄糸が重なる部分を盛り上げずに、平らな仕立てとする巻き方。「糸巻太刀拵」などによく用いられることから、「太刀巻」とも呼ばれる。
菱巻(ひしまき)
柄糸が菱形になるように組み合わせて巻く技法。様々な種類がある柄巻の中で、最も多く用いられている。
片手巻(かたてまき)
菱巻のように柄糸を交差させるのではなく、螺旋状に巻き締めるだけの巻き方。柄巻の原型とされる。
撮巻/摘巻(つまみまき)
菱巻の柄糸が重なった部分を、高く盛り上がるように撮んで編み上げる技法。

柄巻の滑り止めの効果をさらに高めることができる。上品な見栄えになることが特徴で、打刀によく見られる巻き方。

捻巻(ひねりまき)
菱巻の柄糸が重なる部分で半捻りして、糸の盛り上げが高くなるようにする巻き方。

2本ある柄糸のうち、片方を撮巻にして、もう一方の捻巻と組み合わせる技法は「片撮片捻巻」(かたつまみかたひねりまき)、2本ともを捻巻にした巻き方は、「諸捻巻」(もろひねりまき)と呼ばれる。

蛇腹巻(じゃばらまき)
細糸を縒り合わせた柄糸を複雑に組み合わせて、蛇の背中にあるような文様を現す巻き方。
掛巻(かけまき)
柄を補強するため、その先端に頭を装着する際、「鵐目」(しとどめ)の穴に柄糸を通さず、頭の上から掛けて抑えるように固定する技法。

現代の柄巻師

このように様々な技法で柄巻を行ない、刀剣の拵に機能性だけでなく、華やかさも加えてきた柄巻師。その高い技術は多くの柄巻師によって、現代に至るまで連綿と受け継がれています。

しかし、戦のない時代である現代においては、柄巻を専門に行なう職人は、ほんのひと握り。現代では、刀剣を日常的に携帯する機会がないことから、柄巻を含む拵は、刀身に比べると求められることが少ないのが現状です。

そのため現代の柄巻師は、新しい現代刀の柄巻だけでなく、古い拵の柄巻を巻き直すなどの修復や、再現なども手掛けて生計を立てています。刀身と同様に柄巻は、鑑賞に十分値する美術品です。

美術館や博物館などで、拵をご自身の目で観る機会があるときには、柄巻師の技術とこだわりが詰まった柄巻についても、じっくりとご覧になってみてはいかがでしょうか。

現代刀の名工・名匠現代刀の名工・名匠
現代の日本刀を代表する作品を生み出し、突出した技術を持っている刀匠をご紹介致します。

柄巻とは

柄巻とはをSNSでシェアする

「拵・刀装、刀装具」の記事を読む


日本刀と刀装具

日本刀と刀装具
「刀装具」とは、「日本刀」の外装のことで、元々は刀を守る役割の保護具でした。しかし、時代を経るにしたがい、歴史に名を残す将軍や戦国武将をはじめ、武士階級以外の者もそれぞれの嗜好に合わせた刀装具をあつらえるなどしたため、見た目を意識した物へと変化していったのです。

日本刀と刀装具

刀装具の歴史

刀装具の歴史
「刀装具」(刀剣の外装)は、刃物である「日本刀」を安全に持ち運ぶことや、日本刀を最良の状態で保つことを目的に作られています。日本刀は武具ですが、信仰心や美意識を見せるために装飾も重視されていました。今回は、時代によって刀装具がどのように変化していったのかをご紹介します。

刀装具の歴史

刀装具の種類(鍔・目貫・笄・小柄・鎺・柄・鞘)

刀装具の種類(鍔・目貫・笄・小柄・鎺・柄・鞘)
「刀装具」(とうそうぐ)とは、日本刀の拵(こしらえ)に付いているすべての部品のことを指しています。刀装具が付けられている目的や種類は多岐に亘り、日本刀が持つひとつの特徴です。ここでははじめに刀装具とは何か解説し、次に刀装具を部品ごとに詳しくご紹介していきましょう。

刀装具の種類(鍔・目貫・笄・小柄・鎺・柄・鞘)

拵とは?

拵とは?
「拵」(こしらえ)とは、日本刀の外装のことを言い、「つくり」などとも言います。鞘(さや)、茎(なかご)を入れる柄(つか)、鍔(つば)を総称した言葉です。時代の流れと共に、日本刀や拵は形を変えていきますが、使いやすさを追求するばかりではありません。武士の魂を帯刀しているも同然ですから、身分や家柄、そして武士の威厳を示す物でもあるのです。

拵とは?

拵の基本解説

拵の基本解説
日本刀の見どころでメジャーな部分と言えば、刃文(はもん)や地鉄(じがね)など刀身にかかわる部分。しかし、その刀身を納めるための鞘(さや)や、茎(なかご)が覆われている柄(つか)と言った「拵」(こしらえ)と呼ばれる刀装具の部分にも、鑑賞のポイントとなる箇所がいくつもあるのです。ここでは、拵の基本的な部位における、それぞれの名称や役割などについてご説明します。

拵の基本解説

日本刀の拵の種類

日本刀の拵の種類
「日本刀」に「太刀」(たち)や「打刀」(うちがたな)、「腰刀」(こしがたな)といった違いがあるように、日本刀の外装である「拵」(こしらえ)にも違いがあるのです。ここでは、それぞれの代表的な拵と特徴について、ご紹介します。

日本刀の拵の種類

打刀拵の種類

打刀拵の種類
「拵」(こしらえ)とは、日本刀の外装のことを指し、日本刀を使用する際に必要不可欠な物です。代表的な拵には「太刀拵」「打刀拵」「腰刀拵」がありますが、ここでは、地方によって異なる打刀拵の種類や特徴を中心に詳しく説明していきます。

打刀拵の種類

日本刀と漆

日本刀と漆
日本刀は、塗鞘(ぬりさや)を筆頭に、刀身、鍔に至るまであらゆる箇所に「漆」(うるし)が施されています。それは、一体なぜなのでしょうか。日本刀と漆では、漆の性質や芸術性、機能性など、日本刀にまつわる漆仕上げについて詳しくご紹介します。

日本刀と漆

鍔の種類

鍔の種類
日本刀の「鍔」(つば)は、刀装具のひとつと言うだけでなく、独立した美術工芸品としての価値も高く、多くの日本刀愛好家に注目されています。その種類は多様で、とてもひとくくりにはできません。良く目を凝らせば、鍔の奥深い世界を垣間見ることができるのです。鍔の種類では鍔工の系統別に取り上げ、使用されている地金の特徴や、図柄とそれを施す技法、さらに時代背景も織り交ぜてご紹介します。

鍔の種類

注目ワード
注目ワード