刀装具・拵

切羽とは

文字サイズ

「切羽」(せっぱ)とは、刀剣を構成する刀装具のひとつ。鍔(つば)を表裏から挟むように装着する金具のことで、「物事に追われて余裕がなくなる」という意味を持つ慣用句「切羽詰まる」の語源としても知られており、その形状は刀剣の種類によって様々です。切羽の基本知識をご紹介します。

刀剣にまつわることわざを題材とした4コマ漫画をご紹介します。

切羽とは

切羽の役割

切羽

切羽

切羽の役割は、がずれてしまうことを防ぐためと言われていますが、この他にも「激しい斬り合いで目釘(めくぎ:[つか]と[なかご:刀身の中でも柄に納める部分]を固定するための留め具)が折れるのを防ぐため」、「斬るときに手へ伝わる衝撃を和らげるため」、「柄の握り具合を調整するため」、「(はばき:刀剣がから抜けないようにするための金具)や(ふち:鍔を挟んで鎺の反対側に取り付ける金具)の底から穴の縁が見えないようにするため」など様々です。

切羽は刀装具の中でも、目釘の次に消耗が激しい部位であると言われています。薄い金属板を素材にしているため、鍔の交換時や刀剣を鞘へ収める際に、ゆがみが生じやすいのです。

長く使用された切羽の表面には、鎺との接触部位にその跡が残っていることもあります。

切羽の材質

切羽の材質は、銅や真鍮などの加工がしやすく、錆びに強い金属が一般的です。

また、金や金着せ、鉄が用いられることもあり、特に金無垢は豪華な太刀拵(たちごしらえ:太刀に用いる[こしらえ]のこと)に使用されていました。

なお、この他に革製やアルミニウム製の切羽も存在します。革製の切羽は、拵にわずかなガタつきがある場合、厚みを調整するために使われており、アルミニウム製の切羽は大東亜戦争時の軍刀に用いられていました。

切羽台

切羽台

切羽台

「切羽台」(せっぱだい)とは、鍔の中央にある切羽を納める部分のこと。「切羽下」(せっぱした)とも呼ばれ、くぼんでいたり、盛り上がっていたり、その形状は様々。

切羽台は、形状や手法によって制作された年代、地域などを推測できると言われており、鍔の制作者は銘や年期を切羽台へ入れていました。

切羽の種類

太刀の切羽、打刀の切羽

太刀に用いる切羽の枚数は6~8枚です。片側に「大切羽」(おおせっぱ:最も大きな切羽)を1枚、「小切羽」(しょうせっぱ/こせっぱ)を2枚、また「中切羽」とも言われる「簓切羽」(ささらせっぱ:小切羽より厚く、縁に深い刻みがある切羽)を小切羽の間に1枚挟むこともあります。

太刀拵の鍔は「分銅鍔」(ふんどうつば)、または「葵形鍔」(あおいがたつば)の2種類があり、分銅鍔は天秤に使用する際の分銅に似た鍔で、主に儀仗用の太刀拵に使用されていました。葵形鍔は、「葵鍔」(あおいつば)とも呼ばれており、形状が植物の葵に似ていることが名称由来と言われています。なお、葵形鍔の大切羽は鍔よりひと回り小さい葵形をしているのが特徴です。

打刀の切羽は、小切羽を2枚1対で装着するのが一般的ですが、打刀の場合は大切羽を付けないため、小切羽ではなく単に切羽と呼ばれます。

太刀拵の切羽

太刀拵の切羽

陸軍の切羽

陸軍の切羽は、太刀や打刀より細かく規定されていました。士官用軍刀は太刀の形式に近いため、片側に大切羽1枚、小切羽3枚の計8枚と定められ、また小切羽は「菊刻み」、「縦刻み」、「小刻み」の3種が使用されており、縁に刻まれた模様がそれぞれで異なっています。

刀身留め(釦留め)

刀身留め(釦留め)

なお、軍刀の切羽には長方形の細長い穴が空けられていますが、これは「刀身留め」を通すための穴です。

刀身留めとは、刀身が動いたり、柄と鞘が抜けたりしないようにするための留め具のこと。刀身留めには、細長いバネ式の「駐爪」(ちゅうそう)の他、縁や鍔、切羽に空いた穴へ革バンドを通して鞘のスナップボタンやバックルと繋ぎ合わせる「釦留め」(ぼたんどめ:[革バンド留め]とも言われる)などの種類があります。

海軍の切羽

海軍の軍刀は、儀仗としての意味が強かったため、陸軍刀より華麗でした。鍔そのものに装飾や彫が施されることはほとんどなく、大切羽に「旭日」(きょくじつ:太陽と太陽光を図案化した文様)を施しているのが特徴です。小切羽は、陸軍刀同様に菊刻み、縦刻み、小刻みの3種が使用されていました。

切羽の作り方

切羽を制作するのは、鎺などを制作する白金師(しろがねし)と呼ばれる職人です。制作工程や使用する道具は職人によって異なりますが、おおまかな流れは同じと言われています。

  1. 事前に必要な厚みを測っておき、金属類の板を用意する。
  2. 糸鋸(いとのこ)などを使って少し大きめに切羽の形状を切り出す。
  3. 金属板の中央に茎穴(なかごあな:茎を通す穴)を空け、鑢(やすり)などで整える。
  4. 鯉口(こいくち:鞘の入り口部分)、及び縁に合わせて金属板へ印を付け、少し大きめに切り取る。
  5. 切羽の作り方(①~④)

    切羽の作り方(①~④)

  6. 切羽の縁を鑢などで研磨し、鍔などと合わせて観て、切羽の形状に問題がないかを確認する。
  7. 切羽の表面に紙鑢等で縦の鑢目を付ける。
  8. 切羽の裏面に鑢で縦と横の鑢目を付ける。
  9. 切羽の縁に筋目鑢(すじめやすり)を使って筋を付け、紙鑢で軽く研磨して完成。
切羽の作り方(⑤~⑧)

切羽の作り方(⑤~⑧)

なお、切羽は元来、1枚の板から作られていました。素銅で作る場合は、素銅を熱して金槌で叩く作業を繰り返し、最適な厚さにしていましたが、現在では様々な厚みの金属が販売されているため、叩いて伸ばすという昔ながらの工程はほとんど行なわれていません。

一方で、熱して叩き締めていないことから、すぐに金属が伸びて緩んでしまうため、現代の切羽は強靭さがないと言われています。

切羽とは

切羽とはをSNSでシェアする

「刀装具・拵」の記事を読む


日本刀と刀装具

日本刀と刀装具
「刀装具」とは、「日本刀」の外装のことで、元々は刀を守る役割の保護具でした。しかし、時代を経るにしたがい、歴史に名を残す将軍や戦国武将をはじめ、武士階級以外の者もそれぞれの嗜好に合わせた刀装具をあつらえるなどしたため、見た目を意識した物へと変化していったのです。

日本刀と刀装具

刀装具(鍔・目貫・笄・小柄・鎺・柄・鞘)

刀装具(鍔・目貫・笄・小柄・鎺・柄・鞘)
「刀装具」(とうそうぐ)とは、日本刀の拵(こしらえ)に付いているすべての部品のことを指しています。刀装具が付けられている目的や種類は多岐に亘り、日本刀が持つひとつの特徴です。ここでははじめに刀装具とは何か解説し、次に刀装具を部品ごとに詳しくご紹介していきましょう。

刀装具(鍔・目貫・笄・小柄・鎺・柄・鞘)

刀装具の歴史

刀装具の歴史
「刀装具」(刀剣の外装)は、刃物である「日本刀」を安全に持ち運ぶことや、日本刀を最良の状態で保つことを目的に作られています。日本刀は武具ですが、信仰心や美意識を見せるために装飾も重視されていました。今回は、時代によって刀装具がどのように変化していったのかをご紹介します。

刀装具の歴史

鍔の種類

鍔の種類
日本刀の「鍔」(つば)は、刀装具のひとつと言うだけでなく、独立した美術工芸品としての価値も高く、多くの日本刀愛好家に注目されています。その種類は多様で、とてもひとくくりにはできません。良く目を凝らせば、鍔の奥深い世界を垣間見ることができるのです。鍔の種類では鍔工の系統別に取り上げ、使用されている地金の特徴や、図柄とそれを施す技法、さらに時代背景も織り交ぜてご紹介します。

鍔の種類

甲冑師鍔(かっちゅうしつば)とは

甲冑師鍔(かっちゅうしつば)とは
刀剣における「鍔」(つば)の本来の役割は、「柄」(つか)を握る際に、手を守ることにあります。刀身と柄の間を挟むように、刀剣に施されている鍔は、戦場で「突き」の攻撃を行なうときに、刀身のほうへ手がすべるのを防いでいたのです。刀剣が登場した当初は、この鍔がなかったり、付けられていたとしても、小さな形状であったりしましたが、時代が進んで刀剣の様式が確立されると、次第に大振りな形状へと変わっていきます。 そんな鍔の中でも「甲冑師鍔」(かっちゅうしつば)は、鉄板を打ち出し、透かし紋様を施した芸術性の高い鍔です。刀装具として独立した価値を有する鍔。力強さと繊細な技術を伝える甲冑師鍔の世界をご紹介します。

甲冑師鍔(かっちゅうしつば)とは

鍔の図柄

鍔の図柄
日本刀の重要な一部である「鍔」(つば)。刃と刃を切り結んだとき、柄を握る手を守ることをはじめ、刀身と柄部分との重量のバランスを取ることなど、様々な役目があります。現代では、日本刀の一部であるに留まらず、鍔自体が独立した美術品として評価されているのです。 そして鍔には、戦での勝利や家の繁栄を願った武士の想いも込められました。鍔の図柄に焦点を当て、意匠に表された意味と、縁起について解説していきます。

鍔の図柄

目貫の図柄

目貫の図柄
様々な部位で構成されている日本刀の刀装具の中でも、横幅が3cmほどしかない小さな「目貫」(めぬき)。もともと目貫は、「茎」(なかご)に設けられた穴に挿し通し、刀身が「柄」(つか)から抜け出ないように固定するための「目釘」(めくぎ)の両端を留める役割を果たしていました。 しかし目貫と目釘は、時代が降る(くだる)につれて分離されるようになり、目貫は、柄を握る際の手溜まり(てだまり)に安定感をもたらすだけでなく、柄を華やかに彩る飾り金具として、そのデザイン性が高められていったのです。 目貫の意匠のなかでも、戦国武将達に最も好まれ、多く用いられていたのが、繁栄や幸福を意味する「吉祥文様」(きっしょうもんよう)の図柄。戦国武将達は、そのような意匠を自身の日本刀に装着することで、合戦の勝利や家の存続、発展といった願いを託していたのです。ここでは、小さな目貫の世界に自由な発想で施された、多種多様な意匠にはどのような意味があるのか、また、どのような想いが込められていたのかを観ていきます。

目貫の図柄

目貫の陰陽根

目貫の陰陽根
「目貫」(めぬき)は、日本刀になくてはならない金具のひとつです。そんな目貫にまつわる「目貫の陰陽根」(めぬきのいんようこん/いんようね)と言う言葉をご存じでしょうか。「陰陽」とは、「宇宙に存在する万物は、天地間にある陰と陽の2つの気によって形成される」とする古代中国の思想。この陰陽が、日本刀とどのようなかかわりを持っていたのか、目貫を通して解説します。

目貫の陰陽根

縁頭(ふちがしら)とは

縁頭(ふちがしら)とは
「柄」(つか)は、刀剣を手で持つ際に握る部分のこと。柄を構成する部位には、それぞれ名称が付けられており、また機能的な部分でも異なる役割を持っています。その中でも、鍔(つば)と接する側に付けられる金具を「縁金」(ふちがね)、その反対側の先端部に付ける金具を「柄頭」(つかがしら)と言い、この2つは刀剣を腰から提げたときに一番目立つ位置にくることから、刀剣を所有する人物の威厳を示す重要な部分です。また、縁金と柄頭を合わせて「縁頭」(ふちがしら)と呼び、2つで一対の美術品として現代でも愛好家に人気。縁金、及び柄頭の構造や機能について、柄の基本的な構造・機能と共にご紹介します。

縁頭(ふちがしら)とは

注目ワード
注目ワード