戦国武将一覧

山内一豊

文字サイズ

「山内一豊」(やまうちかずとよ)と言えば、「司馬遼太郎」(しばりょうたろう)の名著「功名が辻」(こうみょうがつじ)の主人公としても知られる戦国武将です。妻の「千代」(ちよ)による内助の功などにより大出世を果たし、やがて土佐国(現在の高知県)202,600石の大名へと出世を遂げました。伝記によれば、山内一豊は口数の少ない穏和な性格で、華々しい武勲もそれほど多くなかった戦国武将でしたが、その反面、「織田信長」や「豊臣秀吉」、「徳川家康」という天下人達から厚い信頼を得ていたのです。 そんな山内一豊の生涯を追いながら、妻と共に果たした立身出世の道のりを辿っていきます。

山内一豊の妻・千代(見性院)が活躍するまでの経緯や、成し遂げた偉業などをご紹介します。

誕生から織田信長の家臣になるまで

山内一豊の生い立ち

山内一豊

山内一豊

山内一豊は1545年(天文14年)、尾張国(現在の愛知県西部)の「黒田城」(現在の愛知県一宮市)城主であった「山内盛豊」(やまうちもりとよ)の三男として生まれました。

山内盛豊は、尾張国の北部を支配する「岩倉織田家」(いわくらおだけ)の家老でしたが、同国南部の「清洲城」(現在の愛知県清須市)を居城としていた織田信長との内紛に巻き込まれ、1559年(永禄2年)に戦死。この争いで兄も失った山内一豊は、15歳にして一家の長となり、母や幼い弟、妹と共に、流浪の日々を送ることになったのです。

山内一豊の縁戚に当たる美濃国(現在の岐阜県南部)の「前野長康」(まえのながやす)のもとに身を寄せていたある日、そこへ訪ねて来た「牧村城」(現在の岐阜県安八町)城主の「牧村政倫」(まきむらまさとも)に気に入られた山内一豊は、牧村家に仕えることになります。

牧村家の家臣となった山内一豊が、牧村政倫と共に城を出たところ、突然6人の武士に襲撃を受ける事件が起こりました。主君である牧村政倫は、とっさに逃げ出しましたが、山内一豊は果敢にも相手に挑みかかり、それを見て引き返した牧村政倫と2人で敵を撃退したのです。

このとき牧村政倫は、「若輩には過ぎたる振る舞い」と、16歳の若武者だった山内一豊を称えたと伝えられています。

織田信長のもとでの武勇伝

織田信長

織田信長

山内一豊は20代前半の頃、かつて父の宿敵だった織田信長の配下にありました。この事実を示す資料はあまり残っておらず、そのいきさつは、はっきりしていませんが、一説には、「織田家」の家臣となった牧村政倫の推挙によるものとも言われています。

1570年(永禄13年/元亀元年)、織田信長と徳川家康の連合軍が、「浅井長政」(あざいながまさ)と「朝倉義景」(あさくらよしかげ)の連合軍を討伐した「姉川の戦い」(あねがわのたたかい)での山内一豊は、織田信長の家臣であった「木下藤吉郎」(きのしたとうきちろう:のちの豊臣秀吉)にしたがって参戦。その3年後、織田軍が朝倉義景を追討した「刀根坂の戦い」(とねざかのたたかい)では、撤退する朝倉軍と凄まじい戦いを繰り広げました。

同合戦において、朝倉軍のしんがりを務めた猛将「三段﨑勘右衛門」(みたざきかんえもん)は、追いすがる織田軍の将兵を得意の弓で撃退していましたが、いつの間にか先頭に躍り出た山内一豊が敵軍に追い付き、槍を振るって突進。そのとき、三段﨑勘右衛門の放った矢が山内一豊の顔面に命中し、左の目尻から右の奥歯にかけて射抜かれてしまいました。

ところが山内一豊は、深手を負いながらも相手を組み伏せ、味方の助けも借りながら、見事その首級を挙げたのです。

そのあとに駆け付けた山内一豊の家臣「五藤為浄」(ごとうためきよ)に、自身に刺さった矢を抜かせようとしましたが、頬骨に深く射込まれたため、簡単には抜けません。そこで山内一豊は、草鞋(ぞうり)を履いたまま、自分の顔を踏みつけることを五藤為浄に命じ、その矢を抜き取らせることに成功したと伝えられています。

さすがの山内一豊も、このときばかりは気を失ったとされていますが、若かりし日の山内一豊の剛胆さを窺い知ることができる逸話です。

山内一豊が討ち取った三段﨑勘右衛門の首は、木下藤吉郎に届けられ、織田信長の首実検に供されています。この功績により山内一豊は、木下藤吉郎の領国の一部に当たる近江国(現在の滋賀県)の唐国(からくに:現在の滋賀県長浜市)に400石を与えられ、出世の第一歩を踏み出したのでした。

  • 織田信長のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 浅井長政のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 織田信長のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

豊臣秀吉の配下で数々の武勲を挙げる

中国攻めで大活躍

毛利輝元

毛利輝元

1577年(天正5年)に織田信長は、敵対する姿勢を明確にした中国地方の大大名「毛利輝元」(もうりてるもと)を討つため、中国征伐を開始。山内一豊は、その指揮官に任命された「羽柴秀吉」(のちの豊臣秀吉)の直臣として、数々の戦に出陣しています。

毛利家」配下の「上月城」(こうづきじょう:現在の兵庫県佐用町)をめぐる攻防戦では、山内一豊は鉄砲隊を率いて従軍。若き大将の見かけからは想像できない活躍ぶりに、羽柴秀吉も感心したと言われているのです。

その戦功が認められた山内一豊は、播磨国(現在の兵庫県南西部)の「有年」(うね:現在の兵庫県赤穂市)に700石の知行を得て、それ以降は、同地を拠点としました。

また1582年(天正10年)、毛利家に仕えた「清水宗治」(しみずむねはる)の居城「備中高松城」(現在の岡山県岡山市)において、水攻めによる包囲戦を行なった際も、山内一豊は前線に布陣して毛利氏家の援軍に備える一方、貯水のための堤防工事にも監督として携わり、優れた手腕を発揮したのです。

こうして中国各地を転戦しながら、数々の武勲を挙げた山内一豊。そのなかでも、備前国(岡山県東南部)の「野間」(のま:現在の岡山県赤磐市)の合戦での逸話は、よく知られています。

このとき山内一豊は、一騎打ちとなった際に敵の長槍が自分の兜の左下に当たりましたが、槍の穂先を素手で握り、もみ合いの末に槍の目釘をねじ切って敵を討伐。手には怪我を負いましたが、痛みを顔に表すことは一切なかったと伝えられています。

この槍は持ち帰られ、鳥毛をかぶせて家宝にされたことから、「鳥毛の槍」と呼ばれるようになりました。のちに山内一豊が、土佐国に入ってからも、大名行列の先頭にはこの槍が掲げられるようになり、山内家の武勇を象徴する逸品として扱われていたのです。

  • 毛利輝元のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 豊臣秀吉のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 豊臣秀吉のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

豊臣秀吉の天下取りに尽力

1582年(天正10年)、「本能寺の変」により織田信長が討たれたあと、羽柴秀吉は織田家の重臣であった「柴田勝家」(しばたかついえ)や「滝川一益」(たきがわかずます)らと対立します。

その後、山内一豊は1583年(天正11年)、滝川一益の家老「滝川益氏」(たきがわますうじ)が守る「亀山城」(現在の三重県亀山市)にいち早く攻め入るなどの活躍を見せていました。このときに先陣を切って塀を乗り越えた人物が、山内一豊の足軽であった「小崎三太夫」(こざきさんだゆう)。山内家の家紋が配された旗印を掲げて一番乗りの名乗りを上げ、味方の士気を鼓舞したと言います。

そして山内一豊は、羽柴秀吉と共に、「賤ヶ岳の戦い」において柴田勝家との決戦に臨んで勝利を収めました。これが足掛かりとなり、羽柴秀吉は、織田信長の実質的な後継者として、天下人への道を歩み始めることになるのです。

1585年(天正13年)、山内一豊は若狭国(現在の福井県西部)へ転封となり、「高浜城」(現在の福井県高浜町)を与えられ、初めて一城の主となります。そのわずか3ヵ月後には、近江国の「長浜」(現在の滋賀県長浜市)に封じられて20,000石の大名へと出世を果たしたのです。

  • 本能寺の変について、歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 賤ヶ岳の戦いについて、歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

  • 柴田勝家のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

山内一豊の家紋

丸に土佐柏紋

丸に土佐柏紋

山内家の祖先が丹波国(京都府中部、及び兵庫県北東部)で戦を行なった際、指物(さしもの:甲冑[鎧兜]の背に付けるなどして、戦場での目印にした旗や飾り物)が折れたため、柏の枝で代用したところ、勝利を得ました。

その枝に柏の葉が3枚残っていたことから、「丸に土佐柏紋」を家紋に定めたと推測されています。

なお、この丸に土佐柏紋の意匠は、のちに「土佐藩」出身の「岩崎弥太郎」(いわさきやたろう)が創業した、三菱財閥のマーク「スリーダイヤ」のモチーフとして用いられました。

50,000石の領主に出世

後北条氏を滅ぼし天下統一

1590年(天正18年)に豊臣秀吉は、関東で勢力を誇る「後北条家」を討つことを目的に、「小田原征伐」を行ないます。

山内一豊は、「豊臣秀次」(とよとみひでつぐ:豊臣秀吉の甥)を総大将とする軍勢に加わり、後北条氏が本拠とする「小田原城」(現在の神奈川県小田原市)の支城「山中城」(現在の静岡県三島市)を落城させることに成功。ほどなくして小田原城も陥落し、ついに豊臣秀吉の天下統一が実現したのです。

戦後の知行割りで徳川家康は、北条家の故地に移封され、徳川家康の旧領のひとつだった「遠江国」(とおとうみのくに:現在の静岡県西部)の「掛川」(現在の静岡県掛川市)の地50,000石が、豊臣秀吉から山内一豊に与えられることとなりました。このときの山内一豊に期待されたのは、関東の徳川家康に対する押さえとしての役割だったのです。

武武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

上杉討伐に参加

徳川家康

徳川家康

1598年(慶長3年)に豊臣秀吉が没したあと、政治の実権を握ったのは「五大老」(豊臣政権の実務を取り仕切った5人の大名)筆頭の徳川家康。これに反感を抱いた「石田三成」は、陸奥国(現在の宮城県、及び福島県)の会津(現在の福島県会津若松市)を本拠地とする「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)と手を結び、東西から徳川家康を挟撃する作戦を画策します。

1600年(慶長5年)、徳川家康は「上杉討伐」に出陣し、これに山内一豊も従軍。その途中、石田三成挙兵の報を受け、下野国(しもつけのくに:現在の栃木県)の「小山」(おやま:現在の栃木県小山市)で、軍議が開かれることになりました。

このとき、徳川家康は豊臣家譜代の大名達に、このまま上杉を討つべきか、反転して石田三成を討つべきかを皆に問います。いわゆる「小山評定」(おやまひょうじょう)です。すると山内一豊は、石田三成を討つために居城である「掛川城」(現在の静岡県掛川市)を明け渡し、兵糧を提供することを申し出ました。

この山内一豊の提案が諸将に決意を促し、豊臣家譜代の大名達は、次々に徳川家康への支持を表明。のちに徳川家康は、このような山内一豊の申し出こそが「古来最大の功名なり」と称賛しています。

  • 徳川家康のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 石田三成のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 上杉景勝のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 石田三成のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

内助の功に支えられた山内一豊

極貧の新婚時代

山内一豊の出世への道のりを紐解く上で欠かせないのが、その正室であった「見性院」(けんしょういん:本名「千代」)による内助の功。千代の良妻ぶりを示すいくつもの逸話が語り継がれています。

そのうちのひとつが、近江国の唐国で貧しい新婚生活を送っていた頃、千代が枡(ます)を裏返してまな板に代用したという逸話です。

包丁の跡が残ったその枡は、山内家の家宝として受け継がれ、山内一豊を祀る「藤並神社」(ふじなみじんじゃ:現在の高知県高知市)に納められました。

また山内一豊は、豊臣秀吉から築城監督を命じられましたが、その頃は貧しかったために、人足の夜食を用意できなかったことがありました。それを知った千代は、自分の黒髪を売って、その費用を工面したと言います。

そして、山内一豊と千代にまつわる逸話の中で、最もよく知られているのが、名馬購入の際に起こった出来事です。

あるとき山内一豊は、「安土」(あづち:現在の滋賀県近江八幡市)の城下で馬を売る商人と出会います。よく見るとそれは無類の名馬でしたが、高額のためとても手を出せませんでした。

帰宅して悔しがる夫を見た千代は、鏡箱から黄金10両を取り出し、夫に渡しましたが、それは千代が嫁入りの際に親から託された、大切な持参金だったのです。

このおかげで馬を購入できた山内一豊は、馬揃え(うまぞろえ:軍馬を集めて検分を行なった武家の行事)で織田信長の目に留まり、出世のきっかけを掴んだと言われています。

徳川家康の心を動かした手紙

1600年(慶長5年)に起こった「関ヶ原の戦い」の直前、山内一豊に石田三成への協力を求める手紙が、大坂にいた千代のもとに届きました。千代は添え書きと共に、その手紙を徳川家康の会津征伐に従っていた、下野国に遠征中の夫へ送ります。

この添え書きには「自分のことは心配せず、上様(徳川家康)に忠節を尽くして下さい。いざとなったら私は迷惑をかけぬよう自害します」と記されていました。山内一豊は、この手紙を開封することなく、徳川家康にそのまま渡したことで、大きな信頼を得ることとなったのです。

歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

土佐240,000石の領主へ

高知城を築城

高知城

高知城

関ヶ原の戦いで東軍に付き、その勝利に貢献した山内一豊は、徳川家康から土佐国を拝領し、56歳にしてついに一国一城の主となります。

関ヶ原の戦いの翌年に入国を果たすと、「鏡川」(かがみがわ)と「江ノ口川」(えのくちがわ)に挟まれた「大高坂山」(おおたかさかやま:現在の高知県高知市)に築城を開始。土佐国では「長宗我部氏」(ちょうそかべし)の旧臣達による抵抗が根強かったため、山内一豊が工事の視察に出かける際は、同じ服装の家臣5人を、自身の影武者として連れて歩いたと伝えられています。

約2年の歳月を経て完成した本丸は、当初「河中山城」(こうちやまじょう)と命名。しかし、たびたび水害に見舞われたことから、土佐藩2代藩主「山内忠義」(やまうちただよし)の時代に「高智山城」(こうちやまじょう)に改称され、やがて「高知城」と呼ばれるようになりました。

山内一豊の名刀

山内一豊ゆかりの刀剣である「小夜左文字」(さよさもんじ)は、筑前国(現在の福岡県西部)において、南北朝時代に活躍した刀工「左文字」が手掛けた短刀です。平造りで反りは浅く、身幅が広めの姿で、その刃文は、湾れ(のたれ)を基調とした乱刃(みだれば)になっています。地肌は詰んだ板目杢目(もくめ)が交じり、細かい地沸(じにえ)が見られるのが特徴。

この短刀には、山内一豊が遠江国の掛川城主だった頃の言い伝えが残されています。幼子を抱えた未亡人が生活に困り、浪人だった夫の形見であるこの短刀を「金谷宿」(かなやしゅく:現在の静岡県島田市)へ売りに行くことにしました。ところがその途中、「小夜の中山」(さよのなかやま:現在の静岡県掛川市にある峠)で山賊に本短刀を奪われた上、殺されてしまったのです。

やがてその幼子は成長し、掛川城下の研師に弟子入りします。犯人がいつか短刀を研ぎに現れる日を待ち、母の仇を討とうと考えたのです。

そしてあるとき、左文字を持って訪れた男を捕まえ、見事に悲願を遂げました。この話を聞いた山内一豊が、研師となった幼子を自身の家臣として迎えた際に、本人から本短刀を献上されたと伝えられています。

短刀 銘 左 筑州住(名物 小夜左文字)

短刀 銘 左 筑州住(名物 小夜左文字)

時代 鑑定区分 所蔵・伝来

筑州住
鎌倉時代 重要文化財 山内家→(株)ブレストシーブ

山内一豊

山内一豊をSNSでシェアする

「戦国武将一覧」の記事を読む


蒲生氏郷

蒲生氏郷
「織田信長」や「豊臣秀吉」などの天下人に一目置かれながら、40歳の若さで生涯を閉じた「蒲生氏郷」(がもううじさと)。数々の戦場で武功を立てただけでなく、領地の経営や家臣団の統制にも長け、「世に優れたる利発人」と称された戦国武将でした。その一方で、キリシタン大名や「千利休」(せんのりきゅう)の高弟「利休七哲」(りきゅうしちてつ)のひとりとしての顔も持ち、当代きっての文化人としても知られた人物です。「六角氏」(ろっかくし)の重臣一族から「織田家」の家臣、そして、東北一の大大名へとのし上がった蒲生氏郷の生涯をたどり、その人物像に迫っていきます。

蒲生氏郷

最上義光

最上義光
「最上義光」(もがみよしあき)は、出羽国(現在の山形県・秋田県)の小さな勢力であった「最上家」を、東北有数の大大名へと押し上げた武将です。父や弟との骨肉の争いに始まり、調略を駆使して領土を拡大しましたが、一方で合戦の際には、勇猛果敢な戦いぶりを見せ、「虎将」とも称されました。そんな最上義光の戦いの軌跡や、逸話から見える人物像に注目。ほぼ一代で、東北の大大名へとのし上がった、その生涯に迫っていきます。

最上義光

結城秀康

結城秀康
「結城秀康」(ゆうきひでやす)は「徳川家康」の子でありながら、数奇な運命を背負った戦国武将です。元服前には「豊臣秀吉」の養子に出されただけでなく、豊臣秀吉が甥の「豊臣秀次」(とよとみひでつぐ)を後継者に定めると、下総国(しもうさのくに:現在の千葉県北部、茨城県南西部)の「結城晴朝」(ゆうきはるとも)の養子となり、豊臣家の中枢から遠ざけられました。天下人の家に生まれながら不遇な目に遭い、それでも道を切り開いた結城秀康にまつわる数々の逸話をご紹介すると共に、その生涯を辿っていきます。

結城秀康

山本勘助

山本勘助
「山本勘助」(やまもとかんすけ)は戦国時代の武将で、「武田信玄」の伝説的軍師として広く知られています。「架空の人物」説が長く定説とされており、実在が確認されてもなお、その実像はいまだ謎に包まれた存在です。

山本勘助

森蘭丸

森蘭丸
「森蘭丸」(もりらんまる)は、「織田信長」の側近として最期まで献身的に仕えた小姓(こしょう:武将などに仕えた世話役)です。ゲームや時代劇、映画には、「美少年」として描かれている有名な人物。織田信長のお気に入りとして多くの逸話が残されている森蘭丸の生涯を、逸話・名言・家紋と共にご紹介します。

森蘭丸

毛利輝元

毛利輝元
「毛利輝元」(もうりてるもと)は、偉大な祖父「毛利元就」(もうりもとなり)を持つ名門武将です。「織田信長」とは敵対したものの、「本能寺の変」後は「豊臣秀吉」と和解し、「豊臣五大老」のひとりとして大活躍しました。 しかし、豊臣秀吉が亡くなったことで、運命の歯車が狂い始めるのです。「関ヶ原の戦い」で西軍の総大将に担がれた、名門・毛利家に育った毛利輝元の一生についてご紹介します。

毛利輝元

毛利元就

毛利元就
「毛利元就」(もうりもとなり)は、安芸国(あきのくに:現在の広島県西部)の国人領主から、中国地方全域を統一した戦国時代の豪傑。幼少期に両親を失い、19歳で兄を失い、さらに甥までをも亡くしたことで、次男にして毛利家の家督を相続します。権謀術に長け、稀代の策略家としても有名な武将です。一代で中国地方統一を成し遂げた、毛利元就の生涯を見ていきましょう。

毛利元就

三好長慶

三好長慶
一時は畿内のほぼ全域を掌握し、「三好政権」と呼ばれる独裁政権を樹立した「三好長慶」(みよしながよし)は、下克上の代名詞とも言える戦国武将です。若くして頭角を現し、室町幕府の管領(かんりょう:将軍を補佐して政治を統括していた役職)を務めていた「細川晴元」(ほそかわはるもと)のもとで勢力を拡大。やがて主家をしのぐ力を付けて反旗を翻すと、近隣諸国を次々と支配していきます。しかし晩年は、家中の権力争いや敵対勢力の反発により優秀な弟達や嫡男を失い、徐々に衰退。三好長慶も失意の中、病没してしまうのです。そんな三好長慶の栄枯盛衰をたどりながら、その人物像を掘り下げていきます。

三好長慶

水野勝成

水野勝成
うつけ、婆娑羅(ばさら)、傾き者(かぶきもの)。戦国の世には、個性豊かな武将や大名が数多く登場します。「織田信長」しかり、「佐々木道誉」(ささきどうよ)しかり、「前田慶次」(まえだけいじ)しかり。魅力的な武将をたくさん挙げることはできますが、「水野勝成」(みずのかつなり)ほど「型破り」の言葉が似合う人物はなかなかいません。 藩主の息子に生まれながら、腕一本を頼りに諸国を放浪し戦いに明け暮れ、「徳川家康」の側近となっても、なお先頭で戦い続けた武将です。そのどこを切ってもエネルギーに満ちあふれた水野勝成の生涯を追い、数多く残る逸話から、戦国自由人・水野勝成の魅力を探っていきます。

水野勝成

注目ワード
注目ワード