日本刀の基礎を学ぶ

日本刀と刀の違い

文字サイズ

「日本刀」と「刀」は、一見同じ意味で言葉が違うだけに思えます。しかし、実際には細かな定義があり、異なる意味を持っているのです。例えば日本刀には、日本で考案された独自の鍛刀方法がありますが、刀は、日本はもとより世界中のどんな方法でも作ることができます。
また日本においては、日本刀という大きなカテゴリの中に、刀も入っていると言えるのです。日本刀と刀の違いについて詳しく見ていきましょう。

厳格な定義がある日本刀

折り返し鍛錬

折り返し鍛錬

「日本刀」とは、刀身の片側に刃を備え「反り」の付いた刀剣のことを指し、平安時代中期から用いられるようになりました。

さらに日本古来の製法に則って作られていることも日本刀の条件であり、それは素材に「玉鋼」(たまはがね)を用いて、「折り返し鍛錬」をしたのち、「焼き入れ」を施していることです。

また、広義の意味としての日本刀には、「」や「薙刀」(なぎなた)、「」(けん/つるぎ)も含まれ、刀身自体に美術的価値があることも外せません。

日本刀という名称は、もともと海外から見た日本独自の刀剣の総称です。日本では「刀」、剣、もしくは木刀や竹刀(しない)と区別して「真剣」と呼んでいました。

この日本刀という呼称は、北宋(古い中国の王朝のひとつ)の詩人「欧陽脩」(おうようしゅう)の「日本刀歌」に登場。当時の中国では、すでに日本刀が宝刀として尊ばれていたことが記されています。平安時代後期から鎌倉時代初期の頃より日本刀は海外で認められ、日本から輸出されていました。

  • 「玉鋼の特徴」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

  • 「日本刀の作り方(制作方法)」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

世界で用いられている刀

一方、刀は武器の一種で、刀身の片側にのみ刃がある刀剣の総称です。

効果を高めるために反りを付けた構造の「湾刀」(わんとう)が多いとされますが、「直刀」(ちょくとう)と呼ばれる反りのないタイプもあります。

刀は日本のみならず、世界各地で用いられ、それぞれが独自の歴史を築いてきたのです。

中国をはじめ、アジア諸国やヨーロッパでも、騎馬による戦いが多くなると、それまで主流であった両刃の剣に変わって片刃の刀が使われるようになりました。刀は、馬に乗ってすれ違いざまに振るうのに適していたためです。

しかし、西洋では特別に刀を表す言葉はなく、すべて「sword」(ソード)と呼ばれ、剣との区別はありません。

また前述のように、日本刀は素材となる玉鋼を熱したのち、叩き延ばして折り返し、また叩き延ばすという折り返し鍛錬を行ないますが、海外の刀の製法は剣と同じ「鍛造」(たんぞう)か「鋳造」(ちゅうぞう)、あるいはその両方を組み合わせた方法です。

鍛造は、熱した金属を叩き延ばして成形する製法。鋳造では、高温でどろどろに溶かした金属を型に流し込んで形作ります。

  • 世界の剣・刀剣・甲冑(鎧兜)
    日本だけでなく、世界にある様々な刀剣についてご紹介します。
  • 「日本刀の種類」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

武士が腰に差しているのは日本刀? 刀?

大小二本差し

大小二本差し

時代劇で見るような、武士が大小の日本刀を腰に差す様式は戦国時代に生まれました。

大小2振のうち、長い方は「打刀」(うちがたな)と言い、短い方は「脇差」(わきざし)です。

どちらも日本刀ですが、刀と呼べるのは打刀のみで、この刀については刃長が2尺(約60.6cm)以上なければならないと決められています。

なお、刃長が1~2尺(約30.3~60.6cm)の日本刀は脇差で、1尺(30.3cm)より短いと「短刀」となります。

  • 日本刀と呼ばれるものはどのようなものか解説します。

  • 刀に区分されるものはどのようなものか解説します。

まとめ「日本刀は総称、刀は個称」

日本刀と刀の違いとは、つまり日本刀は総称で、刀は個称ということになります。

日本刀については、片刃であるのか、両刃であるのかは関係ありません。日本独自の製法で作られていることなどの条件が満たされている作品であれば、「太刀」(たち)、刀(打刀)、脇差、短刀、また広い意味では剣、槍、薙刀も入ります。

そして刀とは、日本においては日本刀の1カテゴリです。

海外では、基本的に両刃でまっすぐな形状の物は剣であり、片刃で反りのある物が刀となります。剣が突き刺すことに適しているのに対し、刀は斬り付けることがメインです。

また、剣は素材の鋼を硬くするために焼き入れを施しますが、刀は柔軟性を保つために行なわないのが一般的。その点で、焼き入れを施し、突くことにも斬ることにも適した日本刀は、海外の剣と刀の特性を併せ持つ類まれな刀剣と言えます。

日本刀と刀の違い

日本刀と刀の違いをSNSでシェアする

「日本刀の基礎を学ぶ」の記事を読む


日本刀の基本解説

日本刀の基本解説
日本刀を知るためには、各部位の名称をきちんと把握することが一番です。 まずは、日本刀のなかでも最も古い、「太刀」(たち)の各部の名称を「上身」(かみ)と「茎/中心」(なかご:柄[つか]に収められている部分)に二分して、分かりやすく解説します。また、刀の種類や太刀の長さと測り方もご紹介。基本を覚えて日本刀を鑑賞すれば、より理解が深まります。

日本刀の基本解説

日本刀の種類

日本刀の種類
「日本刀」とは、広義の意味としては日本国内で作られた刀剣類の総称です。狭義の意味は「鎬[しのぎ]があり、反りを持った湾刀」であり、これが作られるようになったのは、平安時代中頃と言われています。

日本刀の種類

太刀とは

太刀とは
「太刀」とは、日本で作られた大型の刀剣のこと。大きさや拵(こしらえ)によって様々な種類があり、合戦では主に騎乗用の武器として使用されました。太刀の基礎知識と共に著名な太刀をご紹介します。

太刀とは

日本刀の構造と部位の名称

日本刀の構造と部位の名称
一口に刀剣・日本刀と言っても、その構造や種類は様々です。「日本刀の構造と部位の名称」コンテンツでは、刀剣・日本刀の各部位についてイラストで解りやすく、ご紹介致します。 刀剣・日本刀に興味を持ち始めたばかりの方はもちろん、長年の刀剣・日本刀ファンの方にもお楽しみ頂けるよう、様々な刀(打刀・飾剣・太刀)についての解説付き。各部位の名称や、用語の説明もご覧頂けます。

日本刀の構造と部位の名称

日本刀と伝統美術

日本刀と伝統美術
「欲しい!」と思っても、大変高価であるため、手が届かないのが「日本刀」。それもそのはず、日本刀は元来身分が高い天皇・貴族・士族の持ち物です。なかでも「名刀」は、偉大な人物からのご褒美、あるいは家宝、贈答品として、大切に受け継がれてきました。しかし、1945年(昭和20年)に日本は第二次世界大戦で敗戦。GHQの方針により、多くの日本刀が処分されることになったのです。のちに「日本刀は武器ではなく美術品」だという主張が認められ、誰でも所有できるようになりました。日本刀は先人達の努力の賜物であり、それを受け継ぐことはとても光栄なことなのです。

日本刀と伝統美術

日本刀を鑑賞する・所有する

日本刀を鑑賞する・所有する
刀剣を擬人化したオンラインゲームが大ヒットし、「日本刀」に興味を持つ人が年々急増しています。そこで、もっと日本刀の知識を深めてもらうために、おすすめのスポットや、鑑賞ポイントをご紹介。また、購入する際の注意点や手入れ方法などについても、詳しく取り上げました。

日本刀を鑑賞する・所有する

太刀と打刀の違い

太刀と打刀の違い
皆さんは「刀剣」と聞くと、どのような形状を思い浮かべますか。刃長が1尺(約30.3mm)に満たない「短刀」や、短刀より長く、2尺(約60.6cm)以下である「脇差」(わきざし)などの刀剣は、その長さによってひと目で見分けを付けられます。しかし、いくつかある刀剣の種類の中で、戦によく使われていた「太刀」(たち)と「打刀」(うちがたな)については、どちらも2尺以上の刃長であることが基本となっているため、ほんの少し見ただけでは、その区別があまり分からない方も多いかもしれません。太刀と打刀の違いでは、太刀と打刀における見分け方のポイントについて、詳しくご紹介します。

太刀と打刀の違い

拵と白鞘の取り扱い

拵と白鞘の取り扱い
白く冷たい光を放つ刀身と、豪華絢爛たる「拵」(こしらえ)。どちらも日本の文化を象徴する美術品である反面、その姿を変わらず受け継いでいくにはきわめて繊細な注意が必要です。拵と白鞘の取り扱いでは、日本の伝統美術品とも言える、拵と「白鞘」(しらさや)を保存する上で、重要になるポイントをまとめました。

拵と白鞘の取り扱い

刀剣用語集

刀剣用語集
刀剣・日本刀は、単なる武器としてだけでなく、邪気といった物から身を守る神聖な存在として、古くから愛され、独自の言葉が多く存在します。ここでは、刀剣・日本刀に関する用語をイラスト付きで解説します。

刀剣用語集

注目ワード
注目ワード