日本刀を所有する

拵と白鞘の取り扱い

文字サイズ

白く冷たい光を放つ刀身と、豪華絢爛たる「拵」(こしらえ)。どちらも日本の文化を象徴する美術品である反面、その姿を変わらず受け継いでいくにはきわめて繊細な注意が必要です。
拵と白鞘の取り扱いでは、日本の伝統美術品とも言える、拵と「白鞘」(しらさや)を保存する上で、重要になるポイントをまとめました。

拵・白鞘の保存方法

刀身は白鞘で保存する

白鞘

白鞘

居合刀模造刀が合金で作られているのに対し、真剣は鉄でできているため、錆びの問題は避けられません。鉄が錆びる最大の原因は、空気中の湿気にあります。

特に「」(こしらえ)は、表面に漆が塗布してあるために気密性が高く、刀身が錆びやすくなってしまいます。そこで刀身は、「白鞘」(しろさや)に入れて保管されました。人の服装で例えるならば、拵は外出用の着物で、白鞘は普段着なのです。

湿度とサイズの変化は要注意

しかし、ただ白鞘に入れておくだけでは意味がありません。木には調湿機能があるため、周囲の湿度が高いときには、空中の水分を吸い込み、逆に乾燥したときに水分を放出します。

白鞘は、刀身の保存に適していますが、問題はその際に、木のサイズがほんの少し変形すること。これが、精緻な工芸品である刀身に、思いがけない影響を与えるのです。

抜けなくなったらお風呂で

例えば、湿度の高い梅雨時から秋にかけて、白鞘は湿気を含んで膨張します。

ひどいときには「鞘走り」(急に刀身が抜け出ること)する恐れもあるため、取り扱いには十分な注意が必要です。ところが、もっと厄介なのが、冬から春にかけて空気が乾燥する時期。「」(つか)と「」(さや)が乾燥して締まりすぎると、鞘から刀身が抜けなくなったり、1度抜いた刀身が、最後まで鞘に収まらなくなったりします。

さらに乾燥が進むと、ひと晩リビングに置いただけで鞘が割れることも。こういうケースでは、無理に力を加えたりせず、湿度が高めなお風呂の脱衣所などに、ひと晩置いておけば直ることがあります。

拵は乾燥させすぎない

刀身は、白鞘に入れ、湿度が少ないところに保管するのが理想です。一方拵は、あまり乾燥した場所は適していません。柄糸に付着した埃をブラシなどで払い、鞘の汚れをやわらかいクロスなどで拭き取り、内部に「竹光」(たけみつ)や「朴の木」(ほおのき)で作った「つなぎ」を入れて保管しましょう。

必ず刀袋・拵袋に入れて保存する

刀袋

刀袋

白鞘・拵とも、保管するときに注意しなくてはならないのは、必ず刀袋や拵袋に入れること。袋に入れておけば、白鞘や拵が日焼けせず、鞘走りした刀身がむき出しになることもありません。

また、袋に入れるときは、必ず「」(こじり:鞘の先端部)の方から、入れるようにします。

こうすることで、不意に刀身が抜ける危険を防げるのです。

拵・白鞘の保存方法・まとめ

前述したように、刀身の敵は湿度です。高温多湿の日本では、放っておけば刀身はすぐ錆びついてボロボロになってしまいます。しかし、博物館などに行けば、1,000年以上も前の刀身が、今も美しく輝いています。

その背景に、繊細な刀身はもちろん、拵や白鞘を絶えず手入れし、守り続けてきた人達の知恵と工夫と努力があることを忘れてはなりません。

拵袋の結び方

房紐を正しく結ぶ意味

刀身を保存するために拵袋に入れるとき、刀剣初心者の方の悩みになるのが、「房紐」(ふさひも)の結び方。

正しく結んだ房紐は、見た目に美しいだけでなく、袋や紐を傷めることがありません。

拵袋を結ぶ手順

刀剣の拵袋における房紐の結び方は、多種多様にあります。

ここでは、その一例として、「鱗結び」(うろこむすび)についてご説明します。

鱗結びの手順
1 拵袋の口を2つに折り、刀剣が中で動かないよう、柄の部分をしっかり包み込みます。 拵袋の結び方
2 折り返した中央付近に房紐をきつく巻き付けます。このとき2本の紐が、きれいな平行になるように注意しましょう。 拵袋の結び方
3 房紐の残りが30cmほどになったら、最後に結んだ部分だけを少し緩めます。他の部分まで緩まないよう注意が必要です。 拵袋の結び方
4 3.で緩めた部分に、余った房紐を2本ともはさんで3cmほどのループを作り、房紐を絞ってループを整えます。 拵袋の結び方
5 4.で固定した2つのループを左右に開きます。 拵袋の結び方
6 房紐の残りを下に垂らします。 拵袋の結び方
7 5.で開いた2つのループのうち左側のループを右上に持ち上げます。
このとき、6.で垂らした房紐の上側を通すようにしましょう。
拵袋の結び方
8 6.で垂らした紐を少し緩めてループを作ります。 拵袋の結び方
9 8.で作ったループに、5.の右側のループを通します。 拵袋の結び方
10 左右のループと房紐を引いて、形を整えれば完成です。 拵袋の結び方

拵袋の結び方・まとめ

今回ご紹介した例では、拵袋の下から上に房紐を巻きましたが、逆に上から巻く方法もあります。説明文だけでは分かりにくいときは、インターネットに数多く解説動画が上がっているので、ぜひ参考にしてみましょう。

拵と白鞘の取り扱い

拵と白鞘の取り扱いをSNSでシェアする

「日本刀を所有する」の記事を読む


日本刀(真剣)を購入・所持する

日本刀(真剣)を購入・所持する
憧れの日本刀(真剣)を手に入れるなら、事前に知っておくべきことがあります。それは、日本刀(真剣)に関する法律や相場、許可が必要なのか、どこで購入し所持できるのか、などです。 信頼できるショップの見分け方についても詳しくご紹介します。一生ものの日本刀(真剣)を選ぶために、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

日本刀(真剣)を購入・所持する

日本刀の保管・保存・手入れ

日本刀の保管・保存・手入れ
刀剣を擬人化したオンラインゲームが大ヒットし、「日本刀」に興味を持つ人が年々急増しています。そこで、もっと日本刀の知識を深めてもらうために、おすすめのスポットや、鑑賞ポイントをご紹介。また、購入する際の注意点や手入れ方法などについても、詳しく取り上げました。

日本刀の保管・保存・手入れ

日本刀の飾り方

日本刀の飾り方
日本刀を持つことになったら、飾り方、保管の仕方など、正しい知識が必要になります。通常、博物館や美術館では刀身(とうしん:抜身)のみ、もしくは刀身と拵(こしらえ:日本刀の外装のことで、鞘、柄、鍔を指す)の両方を展示します。では、自宅で日本刀を扱うための作法とはどんなものでしょうか。自宅での正しい飾り方や、保管の仕方、そして楽しみ方をご紹介します。

日本刀の飾り方

日本刀を携帯

日本刀を携帯
かつて戦国武将が活躍した時代、携帯する物と言えば、日本刀でした。その日本刀を携帯する呼び方は、大きく分けて「日本刀を佩く」(はく)「日本刀をかつぐ」「日本刀を差す」の3種類があります。 まず、「日本刀を佩く」とは、日本刀を紐でつるす持ち方。そして、「日本刀をかつぐ」とは、背負うような持ち方。これは、鎌倉時代後期に使用される機会が増えた大太刀では、長すぎて佩くことができなくなったためです。最期に「日本刀を差す」とは、腰帯に指し込む持ち方です。長くて重い大太刀は次第に廃れ、装備しやすい打刀が重宝されるようになると、この「差す」持ち方が主流となります。 このページでは、日本刀の「佩く」「かつぐ」「差す」の違いについて、詳しくご紹介します。

日本刀を携帯

日本刀を売却する

日本刀を売却する
日本刀を売却したいと言っても、理由は様々あるでしょう。相続で引き継いだけれど手入れができない。新しい日本刀が欲しいから下取りに出したい。生前整理で処分しておきたいためなど。そこで、はじめて日本刀を売却する場合でも、知っておくと役に立つ、売却の注意点についてご紹介します。

日本刀を売却する

古物商とは

古物商とは
「古物商」は、「古物営業法」に定められた「古物」の買取・販売、交換、レンタルを商売として行なう業者・個人のことです。この古物営業を行なうには、「古物商許可証」が必要となります。「日本刀」を専門に取り扱う「刀剣商」(刀剣店・刀剣ショップ・刀屋)も古物商です。 古物商とは、具体的にはどのような店舗で、どんな種類があるのでしょうか。古物商に欠かせない資格の申請・許可の流れも含めて見ていきましょう。また、日本刀を売却・購入するときに、古物商の中でも特に刀剣商(刀剣店・刀剣ショップ・刀屋)を利用するべき理由についても解説していきます。

古物商とは

日本刀の相続・名義変更

日本刀の相続・名義変更
日本人の誇るべき文化を今に伝える日本刀は、史料としてだけでなく、資産としても大変な価値があるもの。親が遺した蔵や倉庫を整理していて思いがけず発見したり、相続で受け継いだりした場合には、まず何を行なえば良いのでしょうか。日本刀の保管や相続の方法が分からず、うっかり放置して法律違反にならないためにも、発見や相続によって手に入れた日本刀の扱い方について解説します。

日本刀の相続・名義変更

刀剣の正しい運搬方法

刀剣の正しい運搬方法
本来、日本では刀剣類を所持することは「銃砲刀剣類所持等取締法」で禁止されています。ただし、自分名義の「銃砲刀剣類登録証」があれば「美術品」として認められ、所持することが可能になり、正当な理由があれば携帯することも可能です。なお、この登録証付きの日本刀は、持ち運ぶ際にも注意事項がありますので、正しく理解し安全に持ち運びましょう。

刀剣の正しい運搬方法

日本刀を抜く

日本刀を抜く
武士にとって日本刀は象徴(シンボル)。特に、江戸時代は決して軽率に抜いてはならない物でした。それでも抜刀するならば、確実に相手を斬り殺す「技術」と「覚悟」が必要だったのです。なぜ日本刀を抜いてはいけなかったのか、どんな心得が必要だったのか。詳しくご紹介します。

日本刀を抜く

注目ワード
注目ワード