刀剣三十六遣使(鎌倉時代)

~第3章~襲撃された御所からの脱出

文字サイズ

【あらすじ】後醍醐天皇らが六波羅探題に密告した者を相談していたところ、公家のひとりである千種忠顕が、この場にいない後醍醐天皇の側近吉田定房を疑う。そんなとき、吉田定房が現れ、あえて密告したのだと真意を説明し、御所からの脱出を進言する。北野原常磐は後醍醐天皇と吉田定房とともに、御所から比叡山へ向けて出発したのだった。

六波羅軍の包囲

「おい、女」

長崎高貞に声を明けられ、北野原常磐は我に返った。

「何でございましょう」

「帝はなぜあのようなお姿をされておるのだ」

「長崎様のような不逞な輩から脱し、御所から逃れるためです」

「確かに、あの誇り高い帝が女装するとは誰もが思いつかぬことだ。だが……こんなばかでかい女官がどこにいるというのだ。しかも、髭を生やしたままで」

勝利は決したと思ったのか、長崎高貞はまたしても大きな声で笑いだした。

「笑いたければ笑え。そちのような輩さえいなければ、朕とてこのような恥をさらすことはなかった」

後醍醐天皇が憮然とした顔で口にした。内心悔しいだろう。自ら望んだ行為とは言え、これほど嘲笑されるとは思わなかったはずだ。

「女どもはあとで可愛がるとしよう。だが、いまは邪魔だ」

長崎高貞が北野原常磐の肩に手をかける。生きた人間とは思えないほどの冷たい感触が、衣服を通して沁みてくる。北野原常磐は思わずその手を払いのけた。

「なんと無礼な。構わぬ、公家も女官も関係ない。主上ごとこの場にいるすべての者を捕縛するのだ」

六波羅探題の武士達が次々に刀を抜いた。後醍醐天皇側は、近習達が太刀や槍こそ手にするものの、武士はひとりもいなかった。しかも皆が皆、戦いにおいては素人であり、武士の相手はつとまらない。

やむなく北野原常磐は、懐から人型の術符を取り出した。それを広い範囲にまき散らす。
次いで短い呪文を唱えれば、術符は烏帽子に直垂姿の兵となって、六波羅探題の軍に襲いかかった。

「その術は朕も知っておるぞ。確か式神とか言ったな」

後醍醐はそう言って笑いながら、顔に塗ったおしろいを袖で拭った。

「以前、さる陰陽師より手ほどきを受けたものです。このような形で役に立つとは思いませんでしたが」

武士達は見慣れぬ式神に惑わされ、武器を振ったり逃げたりと混乱するばかりだ。幸運にもそれら武士の動きに遮られ、『闇の者』も輿に近付けずにいる。

「それで武士どもを排除はできぬのか」

公家のひとりが横から口を挟んだ。どうやら式神を知らぬようで、言うことを聞く妖怪くらいにしか思っていないらしい。

「式神はあくまでもまやかし。実体を伴う物ではございません。隙を見てこの場から逃れる術を見出しませんと」

勘の良い武士達が、式神が自分達の体を傷付けないことに気付いたようだ。全体としては混乱しながらも、次第に包囲網を狭めていく。このまま手をこまねいてはいられない。

北野原常磐が焦りながらも脱出する術を探したそのとき、六波羅軍の後詰めから怒号と悲鳴が響いてきた。

「何が起きた?」

「六波羅軍の背後を何者かが攻めかかったようです」

刀剣三十六遣使(室町時代)~第3章~近習のひとりが嬉しそうに声を上げた。
式神を送って探りを入れると、遣使(けんし)の先達である永源将之と平井寿治(ひらいとしはる)が、敵陣を縦横に駆け回り、後詰めを壊滅寸前まで切り裂いていた。

「何者が我らを救いに来たのだ」

後醍醐天皇が思わず声を上げた。

「遣使の永源将之と平井寿治でございます。」

永源将之と平井寿治は年齢こそ分からないながら、いずれも綺麗な顔つきだ。街に出ればさぞ女性達の注目を集めるだろう。
だが、2人の遣使はいずれも過去の戦いで『闇の者』から歴史を守った歴戦の勇士だ。

「むう、なんと無様な……討ち入ったのはたった2人ぞ。どうして陣が崩れていく」

永源将之と平井寿治に陣形を崩され、長崎高貞の顔に動揺が走った。

「おのれ、かくなる上は帝の命だけでも頂戴する」

御簾を貫いた槍を握り直し、そのまま後醍醐天皇を突き殺そうとする。

「させませぬ」

北野原常磐は、護身に持ち歩いた短刀 光包を鞘から抜き、槍の柄を2つに斬った。驚いた長崎高貞は、槍を手放し距離を取った。

敵将・長崎高貞を討つ

「女、邪魔をするな」

長崎高貞は太刀を抜き、北野原常磐を目がけて振り下ろした。光包を構えたまま、素早く太刀を受け流す。

「くっ」

とてつもない膂力(りょりょく)だ。まともに受ければ身が持たない。この凄まじい力は、長崎高貞自身が『闇の者』に憑かれている証拠だろう。それでも退く訳にはいかなかった。遣使の役目は帝を守ることだ。せめて永源将之か平井寿治がこの場に到着するまでは、北野原常磐が『闇の者』を引き付けるしかない。

「帝より先に血祭りに上げてくれる」

幸いにも長崎高貞は頭に血が上りやすい性格のようだ。太刀を振るって斬撃を浴びせ、意地でもこの場で斬り殺そうとする。女の身では斬撃に耐えるのも苦しかった。それでも自分に固執してくれるならば、後醍醐天皇から注意を逸らすことができる。

長崎高貞は相手が女だからと、心のどこかで甘く見ているのだろう。力任せの大振りで、幸運にも太刀筋が北野原常磐の目にもよく見えた。これは、永源将之が普段から稽古を付けてくれたおかげでもあった。

強烈な斬撃を捌ききり、突きをかわしては、切り上げを避けるなど、斬撃をすべてしのいでいく。それでも『闇の者』の斬撃を受けるには限界があった。わずか数回、斬撃を受けただけなのに、自分でも分かるくらい動きが鈍り、吐く息が獣のように荒くなった。

反撃しようと光包で斬り付けるのと、長崎高貞が横に薙ぐのが同時だった。鋼が打ち合う甲高い音が響いたかと思えば、北野原常磐の体が転がるようにあとずさった。腕が痛いくらいに痺れてくる。

「常磐、ご苦労であった」

いつの間に輿を降りたのだろう。後ろから帝の声が聞こえてきた。

「危のうございます。お下がり下さい」

「問題ない。少々、体を動かすまでよ」

そう言って、帝が腕を回す。むき出しになった腕が丸太のようにごつごつしていた。

「主上、せめて太刀を」

近習が横から太刀を差し出した。太刀は名工で知られる雲生(うんしょう)・雲次(うんじ)兄弟が打った物だ。さすが名刀の名に恥じない業物で『闇の者』でも斬れそうなのに、後醍醐天皇は太刀の受け取りを拒んだ。

「下郎相手に太刀など不要だ。左右の拳で充分である」

「そんな、無茶でございます」

後醍醐天皇は北野原常磐に近習達を下がらせた。指の関節を鳴らして長崎高貞の前に仁王立ちする。

「ほう、主上自らお出ましになるとは、無謀なのか蛮勇なのか」

長崎高貞は太刀を鞘に収めると、手を柄にかけたまま腰を低くした。後醍醐天皇は長崎高貞を見たまま拳を上げ、威圧する視線を受け止める。長崎高貞の気は『闇の者』の力によって、何倍にもふくれている。空気が次第に張り詰めていく。

「主上、お覚悟」

張り詰めた空気を打ち破るように、長崎高貞が先に動いた。剣先を突き出し、後醍醐天皇の眉間を貫こうとする。

だが、次の瞬間、崩れ落ちたのは長崎高貞だった。手から剣が落ち、腹を抱えてうずくまる。目だけは後醍醐天皇の顔を見上げていた。自分になにが起きたのか理解できなかったに違いない。後醍醐天皇は剣先が眉間に届く寸前、拳で長崎高貞の腹を殴り付けたのだ。

「き、貴様、何者だ」

長崎高貞が信じられない顔で口を開く。

「第96代天皇である」

返答する帝の背後に、一瞬、まばゆい後光が見えた気がした。

「ひっ、退けっ、高貞様をお助けするのだ」

武士達が放心した長崎高貞を引きずり、自軍の密集する場所へと連れていく。後醍醐天皇は長崎高貞を追って武士達に殴りかかり、さんざんなまでに打ち破った。

「なんだ、あれは…」

「女官に化けた公家らしいが」

いきなり女装姿の大男に踏み込まれては、武士達が慌てふためくのも当然だった。
呆然と見る北野原常磐の側に、ようやく永源将之と平井寿治が合流した。

「北野原、よくやってくれた」

「初陣とは思えぬ働きぶり。じつに見事でした」

「ところで、あれは誰だ。女官の姿をした大男が宮中にいるなど聞いたことがないぞ」

「あれは、帝ご本人です」

「なんだって、あれが帝……」

百戦錬磨の遣使達も、帝と聞いては唖然とした。後醍醐天皇に敵将の長崎高貞が倒されたのは『闇の者』にとっても誤算だった。いつの間にか異形は姿を消し、六波羅軍は狼狽しながらも撤収する。路地には入れ替わるように、禿頭の年若い男が率いる武士の一団が現れた。

「主上、ご無事でしたか」

禿頭の男は帝の前に跪(ひざまづ)き、深く頭を垂れた。

「大塔宮か、ちと遅かったのう。賊は朕自ら蹴散らしてくれたぞ」

「そのようでございますね。主上の考えなしの強さ……否、無双の拳は誠に恐ろしいものでございます」

大塔宮親王は打ち倒された武士達を見ると、哀れんだ顔で合掌した。

「ともかく、この場よりは私どもが先導致します。主上には少々、大変な思いをしていただくかと存じますが、何卒ご容赦を」

「構わぬ、すべては鎌倉に勝つためだ。奴らをこの世から一掃するためであれば、朕は雨露をも厭わぬ」

後醍醐天皇はそう言うと、輿に戻ることなく自ら比叡山に向かって歩き出した。

「比叡山はすぐに囲まれましょう。また参道が整地されておりますれば、武士も攻撃しやすうございます。防御はすぐに破られまする」

一行は、大塔宮親王の案内で比叡山の入り口に来ると足を止めた。

「では、どうするつもりか」

後醍醐天皇としては現在のような危急の際に頼りとなるよう、皇子を2人も送り込んだはずだ。それが肝心のときに役に立たないのでは、誤算に過ぎるだろう。

「延暦寺には影武者を送ります。我々は東大寺へと向かいましょう。延暦寺にはすでに六波羅の手の者が入ったと聞きますので」

「東大寺か。話はついておるのか」

「何度か遣いを出しておりますが、いろよい返事を寄こしませぬ。恐らくは六波羅ではなく、焼き討ちを恐れているのでありましょう。東大寺には源平合戦の折りに、大仏殿を焼かれた苦い記憶がございますれば」

まずは行ってみるしかなかった。そこで、後醍醐天皇の輿に影武者となる花山院師賢(かざんいんもろかた)を乗せ、数人の従者を付けて延暦寺に向かわせると、大塔宮は帝一行を先導して山道に入り、ひたすら東大寺を目指して歩き続けた。

東大寺を目指して

大塔宮親王山道の中でも忍びを使い、何度も東大寺に綸旨を出した。いまだ東大寺はいろよい返事を寄こさなかったが、後醍醐天皇が御所を脱出した以上、落ち着き場所は早急に必要となった。

無論、公家達の離脱を防ぐ意味もある。下手に造反でもされようものなら、六波羅探題の追撃を受けるからだ。いずれ在位所を設けて落ち着き、挙兵するまでは、居場所を察知される愚は避けたかった。

だが、いくら屈強な帝とは言え、歩き慣れない山道では、次第に疲労の色が濃くなっていった。疲れ果てた公家達も、何人かが脱落しそうになっている。北野原常磐はやむなく大塔宮親王に進言した。

「法親王殿下」

「なにかな、遣使殿」

「帝が、どうにもお疲れのように見えるのですが」

「無理もない。帝は生まれながらの殿上人だからな。我らとは違い、山野の移動に慣れておられぬ」

「お分かりでしたら、少しお休みになられてはいかがでしょう」

「そうじゃのう……」

大塔宮親王はしばしの間考える素振りを見せたが、やがて仕方ないとばかりに息を吐いた。

「実は、俺は父なる帝を好かんのだよ」

「それは、なんとなく分かりますが」

「幼き頃より俺達皇子は、父なる帝の道具でしか存在価値を認められなかったからな。仏門の兵力が欲しさに、俺や宗良を天台座主に据えようとしたのだ。自分がいずれ幕府を打倒する手駒とするためにな」

正中の変をきっかけに、後醍醐天皇に倒幕の意志があるのは世に広く知られるところだ。
だが、倒幕は容易な道ではない。天皇は権威こそあるものの、武力をまったく保持していない。逆に、武力があれば倒幕が可能と考えた後醍醐天皇は、僧兵を自分の軍として使うために、皇子達を仏門に入れていたのだ。しかし、法体になれば、天皇への道は閉ざされてしまう。

「出家すると、帝にはなれませんからね」

「誤解するなよ。俺は別に仏門が嫌いではないし、天台座主も気に入ってはいる。この道で天下を取る手もあるからな。むしろ、これを足がかりにしたいとも思っている」

「では何故、此度は帝の窮地を救われるのですか」

「俺は乗り越えるべき相手を、他の誰にもくれてやるつもりはない。今回は特別だ」

大塔宮親王は恥ずかしそうに横を向いた。帝と皇子とは言え、親子だけに、口ではいくら嫌いと言っても本心から嫌いにはなれないのだろう。帝は帝の理想があり、大塔宮親王にも理想があるのかも知れない。
北野原常磐は、複雑な親子のすれ違いが、新たな大乱の火種にならないよう祈るしかなかった。

「ところで、お疲れの帝をいかがなさいますか。このままお歩き頂く訳にはいかぬと存じますが」

荷馬に乗せるべきだろうか、だとしたら馬に乗せている荷物を人の手で運ばねばならない。公家達は役に立たない上、近習達も疲れ切っている。ここで敵に襲われなどしたら、大きな被害が出るだろう。

「分かった。しばし待つが良い」

大塔宮親王は帝の側まで寄って、耳元でなにかささやきかけた。後醍醐天皇はなにかを言い返すと、次の瞬間、再びしっかりした足取りで山道を歩き始めた。

「これで問題ない。主上は意地でも歩き通すだろう。父たる帝には恐れ多いと思うがな」

大塔宮親王が意地悪そうな笑みで口にした。

「何を話されたのです」

「気になるか?」

「はい」

「挑発してやったのよ。主上を」

「なんですって!?」

大塔宮親王は後醍醐天皇の矜持を刺激したらしい。誇り高い後醍醐天皇にとって、息子である大塔宮親王に揶揄されること自体が屈辱だった。

「こうなれば主上は這ってでも東大寺まで休もうとしないだろうな」

「なんてひどい……」

「はっはっは、北野原常磐が怒ることはないだろう」

大塔宮は、さも愉快そうな笑みを見せた。

「こんな機会は2度とは巡ってこないだろうな。そう考えると貴重な機会ではあった。いずれにせよ帝の気力が尽きぬうちに先を急がねばならんな」

大塔宮親王率いる後醍醐天皇の一行は、やがて東大寺にたどり着いた。 
東大寺では東南院を提供されたものの、内部にいる北条氏ゆかりの僧達が、情報を六波羅に流す恐れがあった。後醍醐天皇と大塔宮親王は東大寺を諦め、京に近い天険の地にある金胎寺へと向かうことになった。

だが、そこはあまりに秘境すぎると、当の後醍醐天皇が納得せず、一行はやむなく、大塔宮親王と楠木正成が兵糧と武器を集積した笠置山(かさぎやま)に向かうことにした。

武神刀剣ワールド武神刀剣ワールド
名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」に偶然訪れた若者と「神刀・千歳丸」と共に、「闇の者」を討ち滅ぼすべく、様々な時代へと旅立つ育成「刀剣ゲーム」。
刀剣歴史漫画
刀剣が登場する漫画作品を、刀剣の描写とともにご紹介します。
刀剣歴史小説
著名な小説家の書籍を、特徴的な刀剣の描写とともにご紹介します。

~第3章~襲撃された御所からの脱出

~第3章~襲撃された御所からの脱出をSNSでシェアする

「刀剣三十六遣使(鎌倉時代)」の記事を読む


~第1章~襲撃された御所からの脱出

~第1章~襲撃された御所からの脱出
【あらすじ】鎌倉幕府を打倒する計画が幕府側に察知され、窮地に立たされた後醍醐天皇。御所に押し寄せてきた幕府の軍勢には『闇の者』が紛れている。遣使(けんし)・北野原常磐は、後醍醐天皇と共に『闇の者』と戦い、安全な場所を目指すのだった。 ※本小説は、史実、及びゲームアプリ「武神刀剣ワールド」をもとにしたフィクション作品です。

~第1章~襲撃された御所からの脱出

~第2章~襲撃された御所からの脱出

~第2章~襲撃された御所からの脱出
【あらすじ】鎌倉幕府を打倒する計画が幕府側に察知された後醍醐天皇は、御所を脱出しようと試みる。しかし、すでに六波羅探題の軍勢に囲まれてしまっていた。後醍醐天皇とともにしていた遣使(けんし)・北野原常磐は、このような状況になってしまう数時間前の出来事に思いを馳せるのだった。

~第2章~襲撃された御所からの脱出

~第4章~襲撃された御所からの脱出

~第4章~襲撃された御所からの脱出
【あらすじ】六波羅探題の武士達に包囲された北野原常磐と後醍醐天皇達が、包囲から脱出する術を探していたとき、遣使(けんし)の先達である永源将之と平井寿治が援軍にやって来る。後醍醐天皇自らも敵将に向かい、六波羅探題の武士達を撤収させた。そうして大塔宮親王が率いる武士の一団と合流すると、今度は東大寺を目指して進むのだった。

~第4章~襲撃された御所からの脱出

注目ワード
注目ワード