名家に代々伝えられた日本刀

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作

文字サイズ

「有栖川宮家」(ありすがわのみやけ)は、江戸時代から大正時代にかけて存続した、由緒正しい宮家(宮号を与えられた皇族)です。特に、「有栖川宮熾仁親王」(ありすがわのみやたるひとしんのう)と「有栖川宮威仁親王」(ありすがわのみやたけひとしんのう)は、刀剣好きと知られています。有栖川宮家の歴史と有栖川宮家にまつわる刀剣について、詳しくご紹介します。

有栖川宮家とは

旧有栖川宮別邸 天鏡閣

旧有栖川宮別邸 天鏡閣

「有栖川宮家」(ありすがわのみやけ)とは、かつては「四親王家」(ししんのうけ:伏見宮、有栖川宮、桂宮、閑院宮[かんいんのみや])のひとつとして名を馳せた皇族。

「後陽成天皇」(ごようぜいてんのう)の第七皇子「好仁親王」(よしひとしんのう)が「高松宮」(たかまつのみや)を称し、そののち「後西天皇」(ごさいてんのう)の第二皇子「幸仁親王」(ゆきひとしんのう)が、宮号を「有栖川」と改称したのがはじまりです。

書道・歌道を家学とし「有栖川流」を起こしたことでも有名です。なお、素敵な響きがある有栖川ですが、名前の由来は判明していません。

8代「有栖川宮熾仁親王」(ありすがわのみやたるひとしんのう)は子宝に恵まれず、弟の「有栖川宮威仁親王」(ありすがわのみやたけひとしんのう)が9代目を継承。しかし、その皇子「栽仁王」(たねひとおう)が20歳の若さで亡くなってしまいます。

この結果、継嗣がなくなった有栖川宮家は、1923年(大正12年)旧皇室典範の制度に則り、途絶えることとなりました。

皇室・公家と刀剣皇室・公家と刀剣
皇室・公家に関連する刀剣の歴史などをご紹介します。

悲劇の英雄、有栖川宮熾仁親王

有栖川宮熾仁親王

有栖川宮熾仁親王

有栖川宮家のなかでも有名なのが、有栖川宮熾仁親王です。

有栖川宮熾仁親王は、1851年(嘉永4年)の17歳のときに、「仁孝天皇」(にんこうてんのう)の皇女「和宮」と婚約。

しかし、1853年(嘉永6年)の「ペリー来航」により尊王攘夷運動が起こり、朝幕関係が悪化。

これを融和する「公武合体論」の流れから、和宮は有栖川宮熾仁親王との婚約を解消し、江戸幕府14代将軍「徳川家茂」(とくがわいえもち)へ降嫁することになったのです。

一躍、和宮と有栖川宮熾仁親王は悲劇の主人公となり、人々の同情を引きました。しかし、和宮と有栖川宮熾仁親王の縁談は、和宮が5歳のときに兄の「孝明天皇」(こうめいてんのう)が決めたものだったので、実際のところ本人同士に恋愛感情があったのかどうかは分かりません。

そののち有栖川宮熾仁親王は、明治新政府の総裁職に。「明治天皇」の信頼が厚いと言われ、1868年(明治元年)に始まった「戊辰戦争」では「東征大総督」、1877年(明治10年)に勃発した「西南戦争」では、「征討総督」に任命されました。

また、15代将軍「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)の妹「徳川貞子」(とくがわさだこ)と結婚します。しかし、2年後に徳川貞子が病死。そのあとは、新発田藩主「溝口直溥」(みぞぐちなおひろ)の七女「溝口董子」(みぞぐちだだこ)と再婚しました。

1894年(明治27年)「日清戦争」に参謀総長として出陣しましたが、病を患い翌年に61歳で亡くなっています。

有栖川宮家と刀剣

有栖川宮熾仁親王と弟・有栖川宮威仁親王の2人は、刀剣好きとして有名です。徳川家に対峙するため、徳川家を滅ぼすと伝わる妖刀「村正」を所持するなど、様々な刀剣を蒐集していました。特に有栖川宮威仁親王は、舞子(現在の兵庫県神戸市)の別邸に、刀剣の鍛錬場を設立。刀工「桜井正次」(さくらいまさつぐ)を召し抱えました。

桜井正次は、1868年(明治元年)江戸生まれ。固山一門の「泰龍斎寛次」、2代「固山宗次」(こやまむねつぐ)に師事して、鍛刀法を学びます。

しかし、1876年(明治9年)に「廃刀令」が発令。刀剣制作は激減し、多くの刀工が失業を余儀なくされました。そんななか、1890年(明治23年)に帝室技芸員制度が設置され、桜井正次は「宮本包則」(みやもとかねのり)や「月山貞一」(がっさんさだかず)達と共に、宮内省御用鍛冶に任命されるのです。

1894年(明治27年)に日清戦争が勃発。1895年(明治28年)に美術評論家「岡倉天心」(おかくらてんしん)の推薦で、桜井正次は「東京美術学校」の鍛金科(たんきんか)の講師に抜擢されますが、2年後に排斥運動に巻き込まれて辞職。ここからが、桜井正次にとって苦難の時代となるのです。

しかし、1909年(明治42年)に有栖川宮威仁親王が、舞子の別邸に桜井正次を招待。桜井正次の希望を聞き、鍛錬所を新築してくれるという転機が訪れるのです。桜井正次が制作した刀剣には、有栖川宮家の菊紋が入れられ、明治天皇の奉納刀とされました。

「刀剣は武士の魂であるから鍛刀の技術を100代の末まで伝えねばならない」と語っていたという有栖川宮威仁親王。有栖川宮威仁親王は、自らも鍛刀を行ない、その相手鍛冶を桜井正次が務めたと言われています。有栖川宮家とは、日本刀の歴史・神髄を理解し、刀工を育てた一族と言えるのです。

著名刀工名鑑(刀工・刀匠)
著名な刀工を「生産国」、「50音」、「フリーワード」のいずれかで検索できます。

有栖川宮家に伝来した刀剣

小太刀 銘 長光(有栖川宮家伝来)

有栖川宮熾仁親王の趣味は、刀剣コレクション。現在は御物となっている「会津正宗」や国宝観世正宗」(かんぜまさむね)など、数多くの刀剣をお持ちだったと伝わっています。なかでも「小太刀 長光」は、有栖川宮熾仁親王が愛刀としたと伝わる1振です。

制作したのは、鎌倉時代中期から後期にかけて活躍した備前伝備前長船派の名工長光」(ながみつ)。始祖「光忠」(みつただ)の子と言われ、作風は光忠に似た豪壮で堂々とした姿から、小太刀姿で踏張りがある「長光姿」と呼ばれる優美な物まで二様あります。

本太刀は、優美で気品がある小太刀の姿。地鉄(じがね)は杢目がよく詰んで小杢目もあり、刃文は華やかな大丁子乱れ、帽子は小丸に返った三作帽子を焼いています。長光の長所がよく現れた傑作です。

小太刀 銘 長光(有栖川宮家伝来)
小太刀 銘 長光(有栖川宮家伝来)
長光
鑑定区分
重要美術品
刃長
57.6
所蔵・伝来
有栖川宮家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀 銘(有栖川宮家菊紋)卍桜井正次勤作 明治二二十二年八月吉日

有栖川宮威仁親王は刀剣を好み、宮内省御用鍛冶をしていた、刀工・桜井正次の卓越した技量を高く評価しました。そこで、1909年(明治42年)、有栖川宮威仁親王は、別邸の舞子敷地内に刀剣の鍛錬所を設け、刀工・桜井正次を召し抱えたのです。

本刀は、舞子で作刀された1振。(なかご)に皇族・有栖川宮家の証である菊紋が入れられているのが特徴です。桜井正次は禅を学んだことから、仏教において吉祥を意味する「卍」(まんじ)の銘を切り、「まんじ正次」とも呼ばれました。

本刀は、姿が優美。地鉄は小板目肌がよく詰み、刃文は直刃(すぐは)に互の目(ぐのめ)。入り、匂口明るく見事です。

刀 銘 (有栖川家菊紋) 卍 桜井正次謹作 明治二二十二年八月吉日
刀 銘 (有栖川家菊紋) 卍 桜井正次謹作 明治二二十二年八月吉日
桜井正次謹作
鑑定区分
未鑑定
刃長
69.7
所蔵・伝来
有栖川宮家 →
高松宮家伝来 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作をSNSでシェアする

「名家に代々伝えられた日本刀」の記事を読む


守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)
室町時代の守護大名として、最大で11ヵ国にも及ぶ所領を有していた「山名家」。主に山陰地方において、同家が大きな勢力を誇ることになったのは、「室町幕府」が開かれたあと、伯耆国(現在の鳥取県中西部)の守護職に任じられたことから始まります。そんな山名家に伝来したのが、同国で作刀活動を行っていた名工「伯耆国宗」(ほうきくにむね)による「太刀 銘 国宗」です。どのような経緯を経て、山名家が隆盛を極めるまでに至ったのか、同家の歴史を辿ると共に、国宗による本太刀の詳細についてもご説明します。

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光
「徳川将軍家」と言えば、江戸幕府の初代将軍「徳川家康」の一族のこと。武力、財力共に日本一の成功者。江戸幕府は滅びましたが、徳川将軍家に伝わる宝物は、現在も「徳川美術館」(愛知県名古屋市)などに数多く所蔵され、輝き続けています。そんな貴重な徳川将軍家伝来の太刀1振が、刀剣ワールド財団の所蔵となりました。重要文化財(旧国宝)「太刀 銘 備州長船住景光 正和五年十月日」について、詳しくご紹介します。

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀
日本各地に異なる系統が見られる「池田氏」のなかでも、江戸時代初期頃に全盛期を迎えた近世大名の「池田家」は、備前国岡山藩(現在の岡山県岡山市)を筆頭に、播磨国(現在の兵庫県南西部)や淡路国(現在の兵庫県淡路島)などの諸藩を領有していました。代々岡山藩の藩主として、そして外様大名としての池田家が、どのような歴史を辿って発展したのかをご説明すると共に、「刀剣ワールド財団」が所蔵する同家伝来の刀剣2振について解説します。

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀
「久保田藩」は、江戸時代に出羽国秋田(でわのくにあきた:現在の秋田県)を領地とした藩で、別名「秋田藩」。室町時代以降、「常陸国」(ひたちのくに:現在の茨城県)で代々守護を務めていた佐竹氏が秋田へ国替えとなって藩主となり、初代は豊臣政権下で活躍した名将「佐竹義宣」(さたけよしのぶ)が務めました。今回は東北の地・秋田を260年に亘って統治した佐竹家をご紹介すると共に、久保田藩佐竹家に伝来した「福岡一文字」(ふくおかいちもんじ)の名刀を観ていきましょう。

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞
南北朝時代に制作されたと伝わる「短刀 銘 吉貞」は、「水戸徳川家」に伝来した1振です。同家は江戸幕府の開府後、幕府によって常陸国水戸(ひたちのくにみと:現在の茨城県水戸市)に移された徳川家の一族であり、「尾張徳川家」や「紀州徳川家」と共に「徳川御三家」のひとつに数えられる名門中の名門。時代劇「水戸黄門」でお馴染みの水戸藩2代藩主「徳川光圀」(とくがわみつくに)も、水戸徳川家の出身です。ここでは、吉貞が伝来した水戸徳川家と水戸藩に焦点を当てつつ、吉貞の歴史や特徴について解説します。

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞

安芸吉川家と名刀 備州長船近景

安芸吉川家と名刀 備州長船近景
「長船近景」(おさふねちかがけ)は、日本の代表的な刀剣の産地である、備前国(現在の岡山県東南部)の刀工。その作刀のいくつかは、「国宝」や「重要文化財」などに指定されるほどの高い技術力を持った名工でした。 そんな長船近景による作刀のひとつである「刀 銘 備州長船近景」を所有していたのが、江戸時代に代々周防国岩国藩(すおうのくにいわくにはん:現在の山口県岩国市)の藩主を務め、明治時代には「子爵」(ししゃく)の爵位を授けられた、「吉川家」(きっかわけ)宗家にあたる「安芸吉川家」(あききっかわけ)と伝えられているのです。ここでは、安芸吉川家の歴史を振り返ると共に、同家に伝来した刀 銘 備州長船近景についてご紹介します。

安芸吉川家と名刀 備州長船近景

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)
薙刀の必殺技「大外刈」(おおそとがり)の号を持つ「薙刀 無銘 片山一文字」。この薙刀を最初に所持していたのは、薙刀の名手と言われた「山口修弘」(やまぐちながひろ)です。豊臣秀吉から賜ったこの薙刀はそののち、どのようにして加賀百万石を誇る前田家へと伝わったのでしょうか。薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)について、詳しくご紹介します。

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀
徳川将軍家の世継ぎ誕生の折に「徳川御三家」や大名家より、度々献上された刀剣が「守家」(もりいえ)作の「太刀 銘 守家」です。その名前が「家を守る」といった意味にもなることから、縁起の良い日本刀だとして重宝されました。刀工・守家と、代々繁栄した徳川家についてご紹介します。

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀

酒井家の恒次

酒井家の恒次
「徳川四天王」筆頭とされる三河国(現在の愛知県東部)の戦国大名「酒井忠次」(さかいただつぐ)。この酒井家に伝来した刀剣「刀[折返銘]恒次[左近将監・備前]」は、鎌倉時代後期に備前国(現在の岡山県東南部)長船にて活躍した刀工「左近将監恒次」(さこんのしょうげんつねつぐ)によって作刀されました。酒井家の歴史と酒井家に伝来したと伝わる「恒次」(つねつぐ)という折返し銘が入った特別重要刀剣についてご紹介します。

酒井家の恒次

注目ワード
注目ワード