歴女について

古墳女子とは

文字サイズ

歴史が好きな女性を歴女と言いますが、歴女の中でも、古代史のロマンを感じられる遺跡「古墳」が好きな女性のことを、「古墳女子」と言います。古墳女子は、丸や四角を組み合わせた形に、かわいさや安らぎを感じており、墳丘や埴輪(はにわ)の形をしたグッズなども人気です。 「古墳女子とは」で、古墳女子について、人気の古墳も併せて見ていきましょう。

古墳女子とは

「古墳女子」とは、古代史のロマンが感じられる、古墳が好きな女性のこと。丸や四角を組み合わせた、独特なその形が「癒される」、「かわいい」などと言われ、パワースポットとしても人気を博しています。

古墳とは

古墳とは、3~7世紀頃にかけて造られた墳丘(ふんきゅう)のある墓のことで、天皇家や豪族など、上流階級の人物によって築造されました。現在、日本全国に確認されている古墳の数は、約16万基以上にもなり、約60,000軒とされるコンビニの数よりも、圧倒的に多いのです。

古墳の形も、四角形の「方墳」(ほうふん)、円形の「円墳」(えんぷん)、鍵穴のような形をした、「前方後円墳」(ぜんぽうこうえんふん)のようなメジャーな古墳から、「帆立貝形古墳」(ほたてがいがたこふん)等バラエティーに富んだ形があり、その独特な形が古墳女子に人気。大きさも、一辺が10mの物から、450mを超える巨大な物まであります。

様々な古墳の形

様々な古墳の形

古墳女子

人型埴輪

人型埴輪

古墳は上から見ると、はっきりとした形が分かりますが、実際に足を運んだときに見える形は小高い丘や森のようになっています。

このこんもりと丸い形に、何とも言えないかわいさを見出す古墳女子も多いのですが、古墳女子は、古墳の形のみならず、「埴輪」(はにわ)などの副葬品にも着目しています。

埴輪には、円筒形の物から、人や動物、家屋を象った物など様々な形があり、特に人を象った埴輪が人気。踊る人を再現したような埴輪は、愛嬌があってかわいいと、古墳女子の心を掴んでいるのです。

2013年(平成25年)に、奈良県明日香村にある「キトラ古墳」の石室が一般公開された際には、定員が3,600人のところ、16,000人の応募があり、定員を大幅に超過するほどの人気となりました。古墳に訪れる人も年々増えており、大阪府高槻市の「今城塚古墳」では、毎年古墳フェスも開催。古墳女子も増え、注目を集めているのです。

古墳女子に人気のおすすめ古墳

古墳女子が、古墳に実際に訪れることを「墳活」(ふんかつ)と言います。

墳活入門編として、おすすめの古墳をご紹介します。自分の好きなおすすめしたい古墳、いわゆる「推し墳」(おしふん)を見付けてみましょう。

石舞台古墳

石舞台古墳

石舞台古墳

石舞台古墳」(いしぶたいこふん)は、奈良県明日香村にある国内最大級の方墳で、30数個の巨大な岩を組み合わせて造られた古墳です。

特に天井の岩は77トンもの重さがあり、当時の土木技術の高さが分かります。盛り土は失われており、横穴式の石室が露出している形状が舞台のように見えるため、石舞台古墳と称されるようになりました。

埋葬者は定かではありませんが、飛鳥時代の大臣「蘇我馬子」(そがのうまこ)が埋葬されているのではないかと言われています。

近くには、壁画や、天体の描かれた天井画が有名なキトラ古墳、「高松塚古墳」があり、そちらも古墳の魅力を感じる上で必見です。

箸墓古墳

箸墓古墳

箸墓古墳

「箸墓古墳」(はしはかこふん)は、奈良県桜井市にある前方後円墳形の古墳で、「邪馬台国」(やまたいこく)の「卑弥呼」の墓ではないかとされる古墳です。

「大和政権」発祥の地とされる、「纏向遺跡」(まきむくいせき)内にあり、邪馬台国が大和国(現在の奈良県)で興ったとする根拠となる、古代史のロマンがたっぷりと詰まった遺跡なのです。

日本最古の「纏向古墳」(まきむくこふん)や、日本最古の神社「大神神社」(おおみわじんじゃ)が近くにあり、悠久の歴史を体感できます。

ナガレ山古墳

ナガレ山古墳

ナガレ山古墳

「ナガレ山古墳」も奈良県にある古墳で、5世紀のはじめに築造されたとされる古墳。

前方部を南に向けた前方後円墳ですが、珍しいことに、左右(東西)で見た目の色や質感が違っているのです。

発掘調査により、東半分が復元され、西半分は芝で整備された姿をしており、2列の埴輪が整列した通路状の遺構は、全国で唯一の例。

なお、ナガレ山古墳は、「馬見古墳群」(うまみこふんぐん)という、全国でも有数の古墳の集積地にあり、ナガレ山古墳だけでなく、同時に16基ほどの古墳の墳活をすることができます。自分の推し墳を見付けられるかもしれません。

今城塚古墳

今城塚古墳 埴輪祭祀列

今城塚古墳 埴輪祭祀列

今城塚古墳(いましろづかこふん)は、大阪府高槻市にある前方後円墳形の古墳で、古墳全体が公園として整備された日本最大級の規模を誇る墳墓です。

公園内には、墳丘の断面図の展示や人型や動物型の埴輪が整列した、古墳築造当時の「埴輪祭祀列」を等身大レプリカで再現する等、訪れる人々を古墳時代に誘います。

なお、毎年11月に開催される、アートと古墳のフェスである「はにコット」は、古墳女子必見。古墳や埴輪の形をした「古墳グッズ」や「古墳フード」を、アーティストや出店店舗が趣向を凝らして販売しています。

他にも、誰もが一度は写真で見たことのある、大阪府堺市にある「大仙陵古墳」(だいせんりょうこふん:仁徳天皇陵古墳とも)は、クフ王のピラミッド、秦の始皇帝陵と共に、世界三大墳墓のひとつに数えられている大スケールの古墳。

大仙陵古墳は、「百舌鳥・古市古墳群」(もず・ふるいちこふんぐん)内にあり、古墳時代最盛期のエネルギーを感じたい人にとっても、墳活入門者にとっても、おすすめです。

まとめ

現在では森のように生い茂っている古墳は、ナガレ山古墳の復元に見えるように、もとは盛り土と装飾によって整備されていました。現在私達が見ている姿は、悠久の時を経て変容した物なのです。

古墳の数は、全国のコンビニの数よりも圧倒的に多いため、古墳を身近に感じたことがなかった人でも、少し足をのばして古墳巡りをしてみてはいかがでしょうか。時の流れと古代のロマンを感じながら、かわいらしいその見た目に癒されること間違いありません。推し墳を見付けて、ぜひ墳活してみて下さい。

古墳女子とは

古墳女子とはをSNSでシェアする

「歴女について」の記事を読む


歴女におすすめのお祭り

歴女におすすめのお祭り
勇壮な合戦絵巻に鉄砲隊の演武、甲冑姿の武者達や、姫を乗せた輿(こし)の行列など、歴女の心を躍らせるイベントが目白押し。それが、戦国武将ゆかりのお祭りです。現在、全国各地で戦国武将にまつわるお祭りが開催され、毎年多くの観客を集めています。お祭りでは、歴史の教科書や時代劇でしか観ることのできなかった戦国時代の風景が、まさに目の前で再現されるのです。歴女のみなさんもその世界へいざなわれ、迫力に圧倒されることでしょう。そんな全国の名だたるお祭りのなかから、山梨県甲府市の「信玄公祭り」、京都府京都市の「時代祭」(じだいまつり)、愛知県名古屋市の「名古屋まつり」、福島県相馬市の「相馬野馬追」(そうまのまおい)の4つをピックアップ。歴女におすすめのお祭りとして、特徴や見どころをご紹介します。

歴女におすすめのお祭り

歴女におすすめの浮世絵

歴女におすすめの浮世絵
「浮世絵」とは、江戸時代に発達した風俗画のことです。江戸時代には、木版印刷が普及して本や木版画が身近な物となり、歴女が好きな武将を描いた「武者絵」や「偽名絵」(にせなえ)が数多く描かれました。また、浮世絵は観賞するだけではなく、切り抜いて遊ぶなど「おもちゃ」としても活用されたのです。新たな浮世絵の魅力に気付ける、歴女におすすめの浮世絵についてご紹介します。

歴女におすすめの浮世絵

歴女に人気の戦国武将

歴女に人気の戦国武将
戦国武将と言えば、「織田信長」、「豊臣秀吉」、「徳川家康」の三英傑を思い浮かべる人も多いことでしょう。しかし、戦国時代には三英傑だけでなく、多くの武将が戦乱の時代を鮮烈に生き、足跡を残しました。憧れとなるその生き様は日本人の心に刻まれ、その史跡は多く残されているのです。そんな歴女に人気の戦国武将達を、ゆかりの地や食べ物と共にご紹介していきます。

歴女に人気の戦国武将

歴女におすすめの城

歴女におすすめの城
「日本の城」という言葉でイメージする物と言えば、美しく積まれた石垣や高くそびえる天守(てんしゅ:城郭建築の中心となる高く造った建物のこと)ではないでしょうか。実は、城の起源は弥生時代にまで遡り、日本国内には分かっているだけでも50,000もの城跡があると言われています。戦乱が増加した南北朝時代から江戸時代までの城についての解説と、歴女におすすめの城をご紹介します。

歴女におすすめの城

新撰組とは

新撰組とは
江戸時代末期、京都治安維持のために結成された「新撰組」(しんせんぐみ)。新撰組は、「尊皇攘夷思想」(そんのうじょういしそう:天皇を敬い、外国人を打ち払う考え)を持ち、京都で乱暴狼藉を行なっていた、不逞浪士の取り締まりをするために結成されました。この組織のリーダーに「近藤勇」、副長「土方歳三」、隊士「沖田総司」らがいます。 彼らは様々なドラマや小説、漫画やゲームなどの登場人物として取り上げられ、今なお歴史ファンや歴女を魅了してやみません。そんな新撰組と、近藤勇、土方歳三、沖田総司の3人についてご紹介します。

新撰組とは

歴女におすすめの甲冑

歴女におすすめの甲冑
戦国武将の姿をイメージするとき、甲冑をまとった勇姿を思い浮かべる歴女の方も多いのではないでしょうか。現代でも馴染み深い、日本独自の甲冑スタイルである「大鎧」(おおよろい)が登場したのは平安時代のこと。以降、日本の甲冑は、「日本式甲冑」として世界でも類を見ない進化・発展を遂げることとなります。 そのなかでも、戦国時代後期の安土桃山時代から江戸時代にかけて主流となった「当世具足」(とうせいぐそく)は、大規模な集団戦や鉄砲戦に対応できる機能を備えていたばかりでなく、着用する武将の思想や世界観がデザインに反映され、個性が際立っていました。戦国武将が身に付けていた甲冑にはどのような個性が表れていたのか、歴女人気の高い名将を中心に見ていきましょう。さらに、歴史的に貴重な甲冑の名品もご紹介します。

歴女におすすめの甲冑

歴女におすすめの古戦場

歴女におすすめの古戦場
歴史を感じることができる場所のなかでも、近年、注目度が高まっている「古戦場」。古戦場の魅力とは、どんなところにあるのでしょうか。古戦場の解説に加え、全国にある古戦場から歴女におすすめの地をピックアップしてご紹介します。

歴女におすすめの古戦場

御城印とは

御城印とは
近年の日本では、神社仏閣を参拝した証しに頂ける「御朱印」がブームになっていますが、そのお城バージョンとも言える、「御城印」(ごじょういん)をご存じでしょうか。最近の戦国武将人気により、ゆかりのあるお城を巡る人達が増え、「登城証明」である御城印を集めることが、ブームの兆しを見せています。御城印について解説しながら、御城印という言葉を初めて聞いたという人にも分かりやすく、オススメの御城印のある日本全国のお城についてご紹介します。

御城印とは

城ガールとは

城ガールとは
近年、若い女性を中心に「〇〇ガール」や「〇〇女子」、「〇女」といった造語が生まれていますが、そのひとつである「城ガール」とは、「お城女子」とも呼ばれるお城が好きな女性のこと。城ガールはフットワークが軽いため、様々なお城を巡り、楽しんでいます。 そんな城ガールの特徴と、人気のお城をご紹介します。

城ガールとは

注目ワード
注目ワード