拵・刀装、刀装具

縁頭(ふちがしら)とは

文字サイズ

「柄」(つか)は、刀剣を手で持つ際に握る部分のこと。柄を構成する部位には、それぞれ名称が付けられており、また機能的な部分でも異なる役割を持っています。その中でも、鍔(つば)と接する側に付けられる金具を「縁金」(ふちがね)、その反対側の先端部に付ける金具を「柄頭」(つかがしら)と言い、この2つは刀剣を腰から提げたときに一番目立つ位置にくることから、刀剣を所有する人物の威厳を示す重要な部分です。
また、縁金と柄頭を合わせて「縁頭」(ふちがしら)と呼び、2つで一対の美術品として現代でも愛好家に人気。縁金、及び柄頭の構造や機能について、柄の基本的な構造・機能と共にご紹介します。

材料

柄

(つか)は、歴史の中で様々な材料が使われてきました。古代には、「紫檀」(したん)、「沈香」(じんこう)、「犀角」(さいかく:サイの角)。

時代が進むと「柚木」(ゆずのき)、「堅木」(かたぎ:ブナ・ナラ・ケヤキなどの広葉樹を利用した木材のこと)を使用。近世以降は、硬くて水に強く、ヤニの少ない「朴木」(ほおのき)が主流になりました。

朴木は、材質がやわらかく湿気の吸収性に優れているため、柄だけではなく、(さや)にも使われています。

柄の構造と機能

柄の構造や材料は、太刀と打刀で異なる他、制作年代や制作者によって特徴なども様々。

柄巻

柄巻

打刀を例に挙げると、「」(なかご:刀身の中でも柄に収める部分)の形状に合わせた柄下地(つかしたじ:柄木地[つかきじ]とも呼ばれる、柄の本体)の上に鮫皮(さめがわ:エイの皮)を貼り、そのあとに「目釘」(めくぎ:刀身が柄から抜けないようにする留め具)や「目貫」(めぬき:目釘より装飾性が高い留め具)を付け、最後に柄糸(つかいと:柄に巻く組紐や革の総称)を巻き締めるというのが、一般的な構造です。

柄に加工を施すことを「柄巻」(つかまき)と言い、柄巻を行なう職人のことを「柄巻師」と呼びます。柄糸を巻く工程で捻ったり交差させたりして凹凸を付けるのは、刀剣が手から滑らないようにするための工夫。

また、柄糸は柄の強度を上げるだけではなく、見た目も良くなるという利点があります。

なお、柄巻を施すのは武士が戦場で使用する実戦用の刀剣に限られており、公家が儀仗(ぎじょう:儀式に用いる装飾的な武具・武器)で用いる形式的な刀剣「飾太刀」(かざだち)には施されません。

「柄巻師」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

柄頭

柄頭とは

柄頭

柄頭

「柄頭」(または単に[]とも呼ばれる)は、柄の先端部に付ける金具のこと。

その歴史は古く、古墳時代には柄の先端に独特の意匠を施した「蕨手刀」(わらびてとう)や「立鼓柄刀」(りゅうごづかとう)などの頭が作られています。そのあと、儀仗用の飾太刀が現れると、柄の先端を金や銀で装飾するのが主流になりました。

時代が下り、武士が実戦で刀剣を扱うようになると、強度を増すために楕円形の金具が嵌められるようになります。

柄頭の素材

角が用いられることもありますが、鉄や赤銅、真鍮などの金属類が一般的。

また、革を被せた「革頭」(かわがしら)の他、装飾性を高めるために火打ち石や磁石を嵌め込んだ柄頭などもあります。

柄頭の機能

柄巻は、「」から巻き始めて柄頭で巻き終わるため、柄糸が解けないようにするのが最大の役目です。また、柄糸の結び目が出て見た目が悪くなるのを防ぐ役割もあります。

縁金

縁金とは

縁金

縁金

「縁金」(または単に[縁]とも呼ばれる)は、柄の中でも鍔に接するように取り付ける金具のこと。

柄頭が柄糸の巻き終わりに施す金具であるのに対し、縁金は柄糸を巻き始めた部分を覆い隠す金具です。

柄頭と同様に装飾のある物とない物があり、佩用する人が自分の好みで選んでいました。

縁金の素材

角や鉄、真鍮など、柄頭と同様の素材が用いられます。

縁金の機能

柄口(つかぐち:柄の中で鍔と接する側の端部)を保護するのが最大の役目。

また、柄糸を巻き始めた部分を覆うことで、見た目を良くする役割もあります。

縁頭

縁頭とは

縁頭

縁頭

柄は、刀剣を佩く(はく:腰に差す)際に、正面にいる相手が最初に見る部分です。

そのため、武士達は自らの威厳を示すために各金具の意匠を凝らしました。

なお、はじめは柄頭と縁金でそれぞれ異なる装飾が施されていましたが、次第に同じ模様が施されるようになり、2つで1対の部位として「縁頭」(ふちがしら)と呼ばれるようになります。

縁頭の意匠

牡丹に蝶・菖蒲に勝虫図縁頭

牡丹に蝶・菖蒲に勝虫図縁頭

縁頭に施される装飾は、植物や動物など様々。植物では、「粟」(あわ)や「菊」、「唐草」。

動物では、縁起が良いと言われる「鯉」や「トンボ」(勝虫)、「獅子」、「鶴」、「龍」などが単体で描かれる以外に、植物と動物がひとつの縁頭に同時に描かれるのが一般的。

また、所有する武士の家紋が施されることもあります。

縁頭の名金工

後藤祐乗

「後藤祐乗」(ごとうゆうじょう)は、室町幕府8代将軍「足利義政」に仕えた金工師

「後藤家」(室町時代から江戸時代まで幕府御用達の彫金師として活躍した一族)の初代であり、「装剣具金工の祖」の異名を持っています。

縁頭以外にも目貫や栗形(くりがた:打刀の鞘に付けられる下緒[さげお:鞘と帯を結ぶ紐]を通す部位)、(こうがい:細長い小道具)、小柄(こづか:片刃の小刀)など、品格の高い刀装を多く制作しました。

「金工師」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

一宮長常

「一宮長常」(いちのみやながつね)は、「横谷宗珉」(よこやそうみん:江戸幕府のお抱え金工師)と並び称された京都の金工師。

「光格天皇」御用の衝立(ついたて)に施す金具の制作を拝命した他、朝鮮国王から清の「乾隆帝」(けんりゅうてい)へ献上する火屋(ほや:ランプのこと)を制作したことから、さらに名声を上げました。

作風は、後藤家風の高肉彫りで、枠にとらわれない豊富な画題。縁頭や小柄を多く制作しましたが、一方で偽作が非常に多いことでも知られています。

加納夏雄

加納夏雄」(かのうなつお)は、京都の金工師。幕末時代から大正時代にかけて、彫金界の最大派閥となった「加納派」の祖。明治時代には、皇室の御剣金具の彫刻、及び新貨幣の原型制作を拝命しました。

作風は、人物や草花、鳥獣などを高彫りや象嵌片切り彫りで表現することが多いです。

また、後継者の育成にも力を入れており、「海野勝珉」(うんのしょうみん)や「香川勝広」(かがわかつひろ)など、名のある名工を多く育て上げました。

縁頭(ふちがしら)とは

縁頭(ふちがしら)とはをSNSでシェアする

「拵・刀装、刀装具」の記事を読む


日本刀と刀装具

日本刀と刀装具
「刀装具」とは、「日本刀」の外装のことで、元々は刀を守る役割の保護具でした。しかし、時代を経るにしたがい、歴史に名を残す将軍や戦国武将をはじめ、武士階級以外の者もそれぞれの嗜好に合わせた刀装具をあつらえるなどしたため、見た目を意識した物へと変化していったのです。

日本刀と刀装具

刀装具の歴史

刀装具の歴史
「刀装具」(刀剣の外装)は、刃物である「日本刀」を安全に持ち運ぶことや、日本刀を最良の状態で保つことを目的に作られています。日本刀は武具ですが、信仰心や美意識を見せるために装飾も重視されていました。今回は、時代によって刀装具がどのように変化していったのかをご紹介します。

刀装具の歴史

刀装具の種類(鍔・目貫・笄・小柄・鎺・柄・鞘)

刀装具の種類(鍔・目貫・笄・小柄・鎺・柄・鞘)
「刀装具」(とうそうぐ)とは、日本刀の拵(こしらえ)に付いているすべての部品のことを指しています。刀装具が付けられている目的や種類は多岐に亘り、日本刀が持つひとつの特徴です。ここでははじめに刀装具とは何か解説し、次に刀装具を部品ごとに詳しくご紹介していきましょう。

刀装具の種類(鍔・目貫・笄・小柄・鎺・柄・鞘)

拵とは?

拵とは?
「拵」(こしらえ)とは、日本刀の外装のことを言い、「つくり」などとも言います。鞘(さや)、茎(なかご)を入れる柄(つか)、鍔(つば)を総称した言葉です。時代の流れと共に、日本刀や拵は形を変えていきますが、使いやすさを追求するばかりではありません。武士の魂を帯刀しているも同然ですから、身分や家柄、そして武士の威厳を示す物でもあるのです。

拵とは?

拵の基本解説

拵の基本解説
日本刀の見どころでメジャーな部分と言えば、刃文(はもん)や地鉄(じがね)など刀身にかかわる部分。しかし、その刀身を納めるための鞘(さや)や、茎(なかご)が覆われている柄(つか)と言った「拵」(こしらえ)と呼ばれる刀装具の部分にも、鑑賞のポイントとなる箇所がいくつもあるのです。ここでは、拵の基本的な部位における、それぞれの名称や役割などについてご説明します。

拵の基本解説

日本刀の拵の種類

日本刀の拵の種類
「日本刀」に「太刀」(たち)や「打刀」(うちがたな)、「腰刀」(こしがたな)といった違いがあるように、日本刀の外装である「拵」(こしらえ)にも違いがあるのです。ここでは、それぞれの代表的な拵と特徴について、ご紹介します。

日本刀の拵の種類

打刀拵の種類

打刀拵の種類
「拵」(こしらえ)とは、日本刀の外装のことを指し、日本刀を使用する際に必要不可欠な物です。代表的な拵には「太刀拵」「打刀拵」「腰刀拵」がありますが、ここでは、地方によって異なる打刀拵の種類や特徴を中心に詳しく説明していきます。

打刀拵の種類

日本刀と漆

日本刀と漆
日本刀は、塗鞘(ぬりさや)を筆頭に、刀身、鍔に至るまであらゆる箇所に「漆」(うるし)が施されています。それは、一体なぜなのでしょうか。日本刀と漆では、漆の性質や芸術性、機能性など、日本刀にまつわる漆仕上げについて詳しくご紹介します。

日本刀と漆

鍔の種類

鍔の種類
日本刀の「鍔」(つば)は、刀装具のひとつと言うだけでなく、独立した美術工芸品としての価値も高く、多くの日本刀愛好家に注目されています。その種類は多様で、とてもひとくくりにはできません。良く目を凝らせば、鍔の奥深い世界を垣間見ることができるのです。鍔の種類では鍔工の系統別に取り上げ、使用されている地金の特徴や、図柄とそれを施す技法、さらに時代背景も織り交ぜてご紹介します。

鍔の種類

注目ワード
注目ワード