名家に代々伝えられた日本刀

酒井家の恒次

文字サイズ

「徳川四天王」筆頭とされる三河国(現在の愛知県東部)の戦国大名「酒井忠次」(さかいただつぐ)。この酒井家に伝来した刀剣「刀[折返銘]恒次[左近将監・備前]」は、鎌倉時代後期に備前国(現在の岡山県東南部)長船にて活躍した刀工「左近将監恒次」(さこんのしょうげんつねつぐ)によって作刀されました。酒井家の歴史と酒井家に伝来したと伝わる「恒次」(つねつぐ)という折返し銘が入った特別重要刀剣についてご紹介します。

左近将監恒次と酒井家

左近将監恒次とは

「左近将監恒次」(さこんのしょうげんつねつぐ)は、鎌倉時代後期に備前国(現在の岡山県東南部)長船において活躍した刀工です。

現存する在刀剣は少なく、備中国(現在の岡山県西部)で隆盛した青江派を代表する名工「青江恒次」(あおえつねつぐ)と作風が似通っていることから、近代までこの2人は同一視されていました。

左近将監恒次については分かっていることは多くありませんが、長年、青江恒次の作とされていた天下五剣の1振である「数珠丸恒次」(じゅずまるつねつぐ)は、近年の研究によって左近将監恒次の作品であると言われています。

数珠丸恒次
数珠丸恒次
恒次
鑑定区分
重要文化財
刃長
82.1
所蔵・伝来
日蓮

著名刀工名鑑(刀工・刀匠)
著名な刀工を「生産国」、「50音」、「フリーワード」のいずれかで検索できます。

左衛門尉酒井家と雅楽頭酒井家

そんな名工である左近将監恒次による、「恒次」(つねつぐ)と銘が入った刀剣を保有していたのが、酒井家です。酒井家は三河国(現在の愛知県東部)の武家で、江戸幕府初代将軍「徳川家康」の実家である松平家と同祖となる、由緒正しい家柄。家系図を遡ると、源氏の棟梁として名を馳せた「源義家」(みなもとのよしいえ)の孫である「新田義重」(にったよししげ)を祖としています。

室町時代に酒井家の血筋は2家に分かれ、「酒井氏忠」(さかいうじただ)の系統は「左衛門尉酒井家」(さえもんのじょうさかいけ)、「酒井家忠」(さかいいえただ)の系統は「雅楽頭酒井家」(うたのかみさかいけ)となりました。なお、酒井家は、幕府内において大老四家とされ、一族のなかから将軍の補佐役でもある最高職「大老」や、政務を執る「老中」を輩出しています。

左衛門尉酒井家において有名な武将は、徳川家康の譜代家臣筆頭として名を残した「酒井忠次」(さかいただつぐ)。酒井忠次は「徳川四天王」、「徳川十六神将」においても家臣筆頭として数えられるほど、主君・徳川家康から厚い信任を得ていました。

酒井家の活躍

左衛門尉酒井家の活躍

酒井忠次

酒井忠次

左衛門尉酒井家の出身である酒井忠次は、徳川家筆頭譜代家臣として徳川家康が幼い頃から仕え、生涯を通して忠義深く支えた武将のひとり。

徳川家康の最古参の家臣として勇ましく活躍しましたが、「関ヶ原の戦い」以前に死去。

酒井忠次の息子「酒井家次」(さかいいえつぐ)の代には3万石の大名となりました。

酒井忠次と同じく徳川四天王に数えられる「榊原康政」(さかきばらやすまさ)や「本多忠勝」、「井伊直政」は、それぞれ10万石、及び12万石の領地を貰っており、大きな差があることが分かります。

これは、「織田信長」が命じた徳川家康の嫡男「徳川信康」(とくがわのぶやす)の切腹を、酒井忠次が阻止しきれなかったことが理由だとする俗説がありますが、近年、徳川信康の切腹は、徳川家康自身が命じたことであるという説も囁かれています。

左衛門尉酒井家の石高が少なかった理由は諸説ありますが、徳川家康が譜代の家臣ではなく、新しく頭角を現した家臣をより重用し、掌握するための政策であったのではないかと言われています。

鶴ヶ岡城址

鶴ヶ岡城址

そののち、左衛門尉酒井家は酒井家次の息子「酒井忠勝」(さかいただかつ)の代に、出羽国(現在の山形県秋田県庄内藩14万石へと加増されました。

また、「俸禄の高い譜代は老中等の役職には就かない」という慣習があるにもかかわらず、5代藩主「酒井忠寄」(さかいただより)は14年の長きに亘り、老中を務めています。

合戦の街 関ヶ原
「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。

雅楽頭酒井家の活躍

一方、雅楽頭酒井家では「酒井忠世」(さかいただよ)が江戸幕府2代将軍「徳川秀忠」(とくがわひでただ)から厚い信頼を得ると、側近として活躍。8万5,000石の所領を得ることとなり、3代将軍「徳川家光」の代でも側近として幕政を支えました。

そののち、酒井忠世の孫「酒井忠清」(さかいただきよ)が、4代将軍「徳川家綱」(とくがわいえつな)の代で大老に補任され、幕府内で大きな影響力を持つに至っています。

雅楽頭酒井家出身の者は、若年寄(老中の次位で、将軍直属で政務に携わる職)や、京都所司代(京都における治安維持を任された職)、老中などを輩出。そのあと、江戸時代中期には播磨国(現在の兵庫県姫路藩15万石へと移封され、明治維新における廃藩置県まで繁栄しました。

酒井家に伝来する「恒次」

刀(折返銘)恒次(左近将監・備前)

酒井家に伝来した左近将監恒次の手による刀剣は、長さが70.2cm、反りが2cmの刀剣です。鎌倉時代後期に作刀され、(なかご)には恒次という折返し銘が切られています。2014年(平成26年)に特別重要刀剣に指定され、また折返し銘は左近将監恒次の在銘作のなかでも大変珍しい物であるため、本刀は大変貴重な1振です。

左近将監恒次の刀剣は、古青江の名工・青江恒次と近代まで混同されていましたが、現在では、作風の違いから明確に区別がされるようになりました。

なお、本刀においても、1662年(寛文2年)の「本阿弥光温」(ほんあみこうおん)による折紙(おりがみ:刀剣の品質や真贋を保証する証明書)では、青江恒次作であると判じられており、当時は左近将監恒次の刀剣も青江派に含まれていたことが分かります。

左近将監恒次の作風は、刃文において直刃調の物と、互の目丁子の目立つ物とがありますが、双方共に刃中の働きである沸(にえ)がよく付き金筋も細かにかかっていることが特徴として挙げられます。

酒井家に伝来した本刀は、磨上げた刀剣でありながらも身幅が広めとなっており、元先の幅差が目立っておらず、重ね厚めに反りがやや深いのが特徴的です。また、中反り風となっていながら中鋒/中切先(ちゅうきっさき)に結んでいるなど、鎌倉時代後期ならではの立ち姿。全体的な見た目として穏やかな作風をイメージさせますが、地鉄(じがね)は板目肌杢目肌(もくめはだ)を交えているうえ、地景(ちけい)を多く織り交ぜた、多様な変化を見せています。

さらに、刃中には(よう)など豊富な働きが見られ、見どころが豊富な日本刀です。地刃共に健全な傑出した作風となっています。現存品の少ない同工のなかでも、資料性が大変高い1振です。

刀(折返銘)恒次(左近将監・備前)
刀(折返銘)恒次(左近将監・備前)
恒次
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
70.2
所蔵・伝来
酒井家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣ワールド財団所蔵の「酒井家」から伝来した刀剣

太刀 銘 光則
太刀 銘 光則
無銘
鑑定区分
重要刀剣
刃長
72.4
所蔵・伝来
徳川家治 →
酒井家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
短刀 銘 備前国住雲次
短刀 銘 備前国住雲次
備前国住雲次
鑑定区分
重要美術品
刃長
28.0
所蔵・伝来
庄内藩主 酒井家 →
菅家 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

酒井家の恒次

酒井家の恒次をSNSでシェアする

「名家に代々伝えられた日本刀」の記事を読む


徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光
「徳川将軍家」と言えば、江戸幕府の初代将軍「徳川家康」の一族のこと。武力、財力共に日本一の成功者。江戸幕府は滅びましたが、徳川将軍家に伝わる宝物は、現在も「徳川美術館」(愛知県名古屋市)などに数多く所蔵され、輝き続けています。そんな貴重な徳川将軍家伝来の太刀1振が、刀剣ワールド財団の所蔵となりました。重要文化財(旧国宝)「太刀 銘 備州長船住景光 正和五年十月日」について、詳しくご紹介します。

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀
日本各地に異なる系統が見られる「池田氏」のなかでも、江戸時代初期頃に全盛期を迎えた近世大名の「池田家」は、備前国岡山藩(現在の岡山県岡山市)を筆頭に、播磨国(現在の兵庫県南西部)や淡路国(現在の兵庫県淡路島)などの諸藩を領有していました。代々岡山藩の藩主として、そして外様大名としての池田家が、どのような歴史を辿って発展したのかをご説明すると共に、「刀剣ワールド財団」が所蔵する同家伝来の刀剣2振について解説します。

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)
室町時代の守護大名として、最大で11ヵ国にも及ぶ所領を有していた「山名家」。主に山陰地方において、同家が大きな勢力を誇ることになったのは、「室町幕府」が開かれたあと、伯耆国(現在の鳥取県中西部)の守護職に任じられたことから始まります。そんな山名家に伝来したのが、同国で作刀活動を行っていた名工「伯耆国宗」(ほうきくにむね)による「太刀 銘 国宗」です。どのような経緯を経て、山名家が隆盛を極めるまでに至ったのか、同家の歴史を辿ると共に、国宗による本太刀の詳細についてもご説明します。

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀
「久保田藩」は、江戸時代に出羽国秋田(でわのくにあきた:現在の秋田県)を領地とした藩で、別名「秋田藩」。室町時代以降、「常陸国」(ひたちのくに:現在の茨城県)で代々守護を務めていた佐竹氏が秋田へ国替えとなって藩主となり、初代は豊臣政権下で活躍した名将「佐竹義宣」(さたけよしのぶ)が務めました。今回は東北の地・秋田を260年に亘って統治した佐竹家をご紹介すると共に、久保田藩佐竹家に伝来した「福岡一文字」(ふくおかいちもんじ)の名刀を観ていきましょう。

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞
南北朝時代に制作されたと伝わる「短刀 銘 吉貞」は、「水戸徳川家」に伝来した1振です。同家は江戸幕府の開府後、幕府によって常陸国水戸(ひたちのくにみと:現在の茨城県水戸市)に移された徳川家の一族であり、「尾張徳川家」や「紀州徳川家」と共に「徳川御三家」のひとつに数えられる名門中の名門。時代劇「水戸黄門」でお馴染みの水戸藩2代藩主「徳川光圀」(とくがわみつくに)も、水戸徳川家の出身です。ここでは、吉貞が伝来した水戸徳川家と水戸藩に焦点を当てつつ、吉貞の歴史や特徴について解説します。

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞

安芸吉川家と名刀 備州長船近景

安芸吉川家と名刀 備州長船近景
「長船近景」(おさふねちかがけ)は、日本の代表的な刀剣の産地である、備前国(現在の岡山県東南部)の刀工。その作刀のいくつかは、「国宝」や「重要文化財」などに指定されるほどの高い技術力を持った名工でした。 そんな長船近景による作刀のひとつである「刀 銘 備州長船近景」を所有していたのが、江戸時代に代々周防国岩国藩(すおうのくにいわくにはん:現在の山口県岩国市)の藩主を務め、明治時代には「子爵」(ししゃく)の爵位を授けられた、「吉川家」(きっかわけ)宗家にあたる「安芸吉川家」(あききっかわけ)と伝えられているのです。ここでは、安芸吉川家の歴史を振り返ると共に、同家に伝来した刀 銘 備州長船近景についてご紹介します。

安芸吉川家と名刀 備州長船近景

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作
「有栖川宮家」(ありすがわのみやけ)は、江戸時代から大正時代にかけて存続した、由緒正しい宮家(宮号を与えられた皇族)です。特に、「有栖川宮熾仁親王」(ありすがわのみやたるひとしんのう)と「有栖川宮威仁親王」(ありすがわのみやたけひとしんのう)は、刀剣好きと知られています。有栖川宮家の歴史と有栖川宮家にまつわる刀剣について、詳しくご紹介します。

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)
薙刀の必殺技「大外刈」(おおそとがり)の号を持つ「薙刀 無銘 片山一文字」。この薙刀を最初に所持していたのは、薙刀の名手と言われた「山口修弘」(やまぐちながひろ)です。豊臣秀吉から賜ったこの薙刀はそののち、どのようにして加賀百万石を誇る前田家へと伝わったのでしょうか。薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)について、詳しくご紹介します。

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀
徳川将軍家の世継ぎ誕生の折に「徳川御三家」や大名家より、度々献上された刀剣が「守家」(もりいえ)作の「太刀 銘 守家」です。その名前が「家を守る」といった意味にもなることから、縁起の良い日本刀だとして重宝されました。刀工・守家と、代々繁栄した徳川家についてご紹介します。

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀