日本刀を所有する

刀剣の正しい運搬方法

文字サイズ

本来、日本では刀剣類を所持することは「銃砲刀剣類所持等取締法」で禁止されています。ただし、自分名義の「銃砲刀剣類登録証」があれば「美術品」として認められ、所持することが可能になり、正当な理由があれば携帯することも可能です。なお、この登録証付きの日本刀は、持ち運ぶ際にも注意事項がありますので、正しく理解し安全に持ち運びましょう。

「銃砲刀剣類所持等取締法」とは?

銃砲刀剣類所持等取締法で所持禁止の基準

銃砲刀剣類所持等取締法で
所持禁止の基準

「銃砲刀剣類所持等取締法」、通称「銃刀法」は、1958年(昭和33年)3月10日に公布された日本の法律です。

銃砲刀剣類の「所持」や「携帯」を規制することで、犯罪を未然に防ぐことを目的としています。

銃砲類の他、刃渡り15cmを超える刀・薙刀、5.5cm以上の合口、または45度以上に自動的に開刃する飛び出しナイフの所持は原則禁止となっています。

「銃砲刀剣類登録証」を持つ者については、例外として銃砲刀剣類の所持を許可しますが、許可を得た物に対しても携帯時の取り扱いを厳しく取り締まっており、これに違反すると厳しく処罰されてしまいます。銃砲刀剣類を所持したい場合、まずは住所地を管轄する都道府県教育委員会の厳格な審査をパスし、銃砲刀剣類登録証を入手しなければなりません。

正当な理由なく「携帯」することが禁止されている刃物

正当な理由なく「携帯」することが
禁止されている刃物

なお、刀剣類の他は刃体の長さが原則6cmを超える「模造刀剣」類や「その他刃物」について、「正当な理由なく携帯してはならない」と定められているため、持ち運ぶ際には細心の注意が必要となっています。

この正当な理由とは、業務その他の理由による場合や、アウトドアに使用する、あるいは購入して持ち帰る途中などを指していますが、防犯・護身用等は正当な理由にはなりません。

また、正当な理由があっても、携帯時にすぐ使用できるようになっていると違反となってしまうため、後述する正しい持ち運び方を遵守する必要があります。

銃砲刀剣類登録証を提出 都道府県教育委員会一覧銃砲刀剣類登録証を提出 都道府県教育委員会一覧
刀剣類の購入(所持)や譲渡・相続の際には、名義変更届を教育委員会に提出します。お住まいの地域からお探し下さい。
  • 日本刀を鑑賞、購入したい場合の手順をご紹介します。

  • 日本刀を購入(所持)するための法律や相場、購入の注意点をご紹介します。

  • パブリネット 警察署

    刀剣の紛失や盗難、また保管を委託する場合、警察署への届出が必要です。

  • 文化庁刀剣を海外に持ち出す場合、古美術品輸出監査証明証の発行が必要です。

銃砲刀剣類登録証とは?

銃砲刀剣類登録証

銃砲刀剣類登録証

銃砲刀剣類登録証は、銃砲刀剣所持等取締法第14条に基づき、「美術品もしくは骨董品として価値のある火縄式銃砲などの古式銃砲、または美術品として価値のある刀剣類」として各都道府県教育委員会が「銃砲刀剣類登録」を認可した際に発行される証明書です。

美術品や骨董品としての価値が見出されない、通常の拳銃等は本登録の対象とはなりません。

銃砲刀剣類所持等取締法の定めるところにより規制される刀剣類については、各都道府県教育委員会の審査を受け登録されることによって初めて、「所持」、「譲渡」、「相続」を認められるようになります。

なお、本手続きでは銃砲刀剣類自体に対し登録がなされるため、すでに登録を受けている刀剣類は、所有者の変更時に再度銃砲刀剣類登録をする必要はなく、そのまま所有者の変更手続きが可能です。

もし銃砲刀剣類登録を受けていない銃砲刀剣類を見付けた場合は、すみやかに発見地を管轄する警察署へ「銃砲刀剣類発見届出書」を提出すると共に、発見地を管轄する教育委員会へ「銃砲刀剣類登録申請書」を提出して審査を受けた上で銃砲刀剣類登録証を受理する必要があります。

正しい日本刀の持ち運び方

刀専用の携帯袋

刀専用の携帯袋

日本刀を持ち運ぶ際は、銃砲刀剣類等取締法の「正当な理由がある場合を除いては、当該許可を受けた銃砲または刀剣類を携帯し、または運搬してはならない」、「正当な理由があり、携帯または運搬する場合は登録証と共にしなければならない」に基づき、運搬する正当な理由がある場合に限って、銃砲刀剣類登録証を携帯して持ち運ぶ必要があります。

うっかり銃砲刀剣類登録証を携帯せずに刀剣類を持ち歩いてしまうと、警察に「銃刀法違反」とみなされ、懲役または罰金の対象になってしまうので注意が必要です。また、コピーでは効力を発揮しないため、原本の「登録証」を一緒に持ち歩かなければなりません。

なお、持ち運ぶ際は、刀剣類を持っていると分からない状態にする必要があります。公共の場で刀剣類を所持していると分かる状態で出歩いてしまうと、周囲の人間に恐怖心を与えてしまう恐れがあるためです。

相手に脅威を抱かせる形状をしている物は、「危険物」とみなされます。専用の刀袋や風呂敷、ゴルフバッグ、ジュラルミンケース等に入れて持ち歩くと良いでしょう。

また、日本刀を持ち歩く際は、袋に納めて持ち運べば銃刀法違反にはなりません。

  1. 銃砲刀剣類登録証を必ず所持する
  2. 刀剣類と分からなくする

国内から海外への運搬・海外から国内への運搬について

日本から海外への日本刀の運搬は、国指定の文化財でなければ「輸出監査証明」の書類で可能です。

飛行機でも「受託手荷物」として航空会社へ預け入れることが可能になります。輸出監査証明を取得するには、文化庁文化財保護部美術工芸課へ申込み、国宝重要文化財重要美術品に該当しない日本刀であることを証明する手続きが必要です。

日本国内にある貴重な美術品を海外へ持ち出すことを防止するために、文化庁により定められています。日本刀を海外へ持ち出す際は、この輸出監査証明の書類と該当の刀剣を税関に提出する手続きを踏めば、窓口へ直接持ち込むか、郵送での運搬が可能となるのです。

銃砲刀剣類登録証を添えて提出し、問題なく受理されれば2週間程度で輸出監査証明が届きます。手続きにかかる時間を把握し、余裕を持って手続きを進めましょう。なお、国外への持ち出しに伴い、該当の刀剣は日本国内からなくなるため元々付属していた銃砲刀剣類登録証を教育委員会へ返納する必要があるので注意が必要です。

また、反対に海外から日本へ日本刀を運搬する場合は、税関で申告の上、空港警察が発行する「持ち込み許可証」を受け取る必要があります。

この持ち込み許可証を携帯の上、居住地の教育委員会で鑑定し、登録証の交付を受ける必要があるのです。旅行者にお土産として人気の日本刀ですが、国内外をまたぐ運搬には規則や制限があるため、必要な手続きを理解し、正しく運搬できるよう心がけましょう。

「国宝の日本刀・重要文化財の刀剣」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

刀剣の正しい運搬方法

刀剣の正しい運搬方法をSNSでシェアする

「日本刀を所有する」の記事を読む


日本刀(真剣)を購入・所持する

日本刀(真剣)を購入・所持する
憧れの日本刀(真剣)を手に入れるなら、事前に知っておくべきことがあります。それは、日本刀(真剣)に関する法律や相場、許可が必要なのか、どこで購入し所持できるのか、などです。 信頼できるショップの見分け方についても詳しくご紹介します。一生ものの日本刀(真剣)を選ぶために、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

日本刀(真剣)を購入・所持する

日本刀の保管・保存・手入れ

日本刀の保管・保存・手入れ
刀剣を擬人化したオンラインゲームが大ヒットし、「日本刀」に興味を持つ人が年々急増しています。そこで、もっと日本刀の知識を深めてもらうために、おすすめのスポットや、鑑賞ポイントをご紹介。また、購入する際の注意点や手入れ方法などについても、詳しく取り上げました。

日本刀の保管・保存・手入れ

日本刀の飾り方

日本刀の飾り方
日本刀を持つことになったら、飾り方、保管の仕方など、正しい知識が必要になります。通常、博物館や美術館では刀身(とうしん:抜身)のみ、もしくは刀身と拵(こしらえ:日本刀の外装のことで、鞘、柄、鍔を指す)の両方を展示します。では、自宅で日本刀を扱うための作法とはどんなものでしょうか。自宅での正しい飾り方や、保管の仕方、そして楽しみ方をご紹介します。

日本刀の飾り方

日本刀を携帯

日本刀を携帯
かつて戦国武将が活躍した時代、携帯する物と言えば、日本刀でした。その日本刀を携帯する呼び方は、大きく分けて「日本刀を佩く」(はく)「日本刀をかつぐ」「日本刀を差す」の3種類があります。 まず、「日本刀を佩く」とは、日本刀を紐でつるす持ち方。そして、「日本刀をかつぐ」とは、背負うような持ち方。これは、鎌倉時代後期に使用される機会が増えた大太刀では、長すぎて佩くことができなくなったためです。最期に「日本刀を差す」とは、腰帯に指し込む持ち方です。長くて重い大太刀は次第に廃れ、装備しやすい打刀が重宝されるようになると、この「差す」持ち方が主流となります。 このページでは、日本刀の「佩く」「かつぐ」「差す」の違いについて、詳しくご紹介します。

日本刀を携帯

日本刀を売却する

日本刀を売却する
日本刀を売却したいと言っても、理由は様々あるでしょう。相続で引き継いだけれど手入れができない。新しい日本刀が欲しいから下取りに出したい。生前整理で処分しておきたいためなど。そこで、はじめて日本刀を売却する場合でも、知っておくと役に立つ、売却の注意点についてご紹介します。

日本刀を売却する

古物商とは

古物商とは
「古物商」は、「古物営業法」に定められた「古物」の買取・販売、交換、レンタルを商売として行なう業者・個人のことです。この古物営業を行なうには、「古物商許可証」が必要となります。「日本刀」を専門に取り扱う「刀剣商」(刀剣店・刀剣ショップ・刀屋)も古物商です。 古物商とは、具体的にはどのような店舗で、どんな種類があるのでしょうか。古物商に欠かせない資格の申請・許可の流れも含めて見ていきましょう。また、日本刀を売却・購入するときに、古物商の中でも特に刀剣商(刀剣店・刀剣ショップ・刀屋)を利用するべき理由についても解説していきます。

古物商とは

日本刀の相続・名義変更

日本刀の相続・名義変更
日本人の誇るべき文化を今に伝える日本刀は、史料としてだけでなく、資産としても大変な価値があるもの。親が遺した蔵や倉庫を整理していて思いがけず発見したり、相続で受け継いだりした場合には、まず何を行なえば良いのでしょうか。日本刀の保管や相続の方法が分からず、うっかり放置して法律違反にならないためにも、発見や相続によって手に入れた日本刀の扱い方について解説します。

日本刀の相続・名義変更

拵と白鞘の取り扱い

拵と白鞘の取り扱い
白く冷たい光を放つ刀身と、豪華絢爛たる「拵」(こしらえ)。どちらも日本の文化を象徴する美術品である反面、その姿を変わらず受け継いでいくにはきわめて繊細な注意が必要です。拵と白鞘の取り扱いでは、日本の伝統美術品とも言える、拵と「白鞘」(しらさや)を保存する上で、重要になるポイントをまとめました。

拵と白鞘の取り扱い

日本刀を抜く

日本刀を抜く
武士にとって日本刀は象徴(シンボル)。特に、江戸時代は決して軽率に抜いてはならない物でした。それでも抜刀するならば、確実に相手を斬り殺す「技術」と「覚悟」が必要だったのです。なぜ日本刀を抜いてはいけなかったのか、どんな心得が必要だったのか。詳しくご紹介します。

日本刀を抜く

注目ワード
注目ワード