歴史上の人物と日本刀

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武

文字サイズ

江戸時代初期の刀工である「出雲大掾藤原吉武」(いずもだいじょうふじわらよしたけ)は、またの名を「出雲守藤原吉武」(いずものかみふじわらよしたけ)、あるいは「堀川吉武」と言います。「堀川」の姓からも分かる通り、吉武は稀代の名工として名を馳せた「堀川国広」の一門でした。
ご紹介する打刀と脇差は、上級旗本で伊勢山田奉行を務めた「長谷川重章」(はせがわしげあき)が特別注文した逸品です。注文主である長谷川重章と、刀工の出雲大掾藤原吉武は、どのような人物だったのかを解説すると共に、吉武が手掛けた刀剣の魅力に迫ります。

出雲大掾藤原吉武に作刀を依頼した旗本・長谷川重章

上級旗本としての長谷川家

長谷川重章

長谷川重章

「長谷川重章」(はせがわしげあき)は、江戸の旗本のなかでも上級に位置した長谷川家の出身。

旗本とは、徳川家直属の家臣のなかで、1万石未満の石高を持ち、さらに将軍に謁見できる身分の者を指します。

長谷川家は代々幕府の要職を務める家柄であり、3,110石の石高を誇りました。3,000石以上の旗本は、旗本全体でもわずか5%にすぎず、長谷川家の格式が窺えます。

長谷川重章と伊勢山田奉行

長谷川重章自身は、1657年(明暦3年)に11歳で4代将軍「徳川家綱」に初めて謁見し、1683年(天和3年)に「本所奉行」(ほんじょぶぎょう:江戸の本所[現在の東京都墨田区江東区の一部]を管轄した江戸幕府の役職)に就任。次いで、1696年(元禄9年)には12代「伊勢山田奉行」に昇進しています。

山田奉行所の歴史が始まったのは1603年(慶長8年)。「伊勢神宮」(現在の三重県伊勢市)の門前町として発展していた山田を直轄領とするために、江戸幕府が奉行所を置いたのです。主な業務には、伊勢神宮の内宮・外宮の警護や式年遷宮の取り仕切り、鳥羽港の監視や異国不審船の取り締まりなどがあります。

伊勢山田奉行は、伊勢神宮が「天照大神」(あまてらすおおみかみ)を祭ることから格式も高く、旗本のなかでも上位の者だけが就ける役職でした。よく知られた人物としては、時代劇ドラマでもおなじみの「大岡越前」(おおおかえちぜん)が18代伊勢山田奉行に抜擢されています。

太江寺

太江寺

伊勢山田奉行となった長谷川重章は、奉行所の仕事にとどまらず、伊勢地域の神社仏閣への寄進や「太江寺」(たいこうじ:現在の三重県伊勢市)の再建にも尽力しました。

太江寺は、奈良時代の僧である「行基」(ぎょうき/ぎょうぎ)によって建てられ、のちに「空海」(くうかい)が真言宗の教義を伝えた古刹(こさつ:歴史ある寺院)です。

本堂にある「千手観音菩薩像」は鎌倉時代前期の作とされており、国の重要文化財として現在も受け継がれています。

山田奉行所は、1845年(弘化2年)に焼失。翌年に新築され、現在は新築当時の図面に基づいて復元された一部分が「山田奉行所記念館」(三重県伊勢市)として公開されています。当時の歴史に触れることができる貴重な施設です。

堀川一門の名工・出雲大掾藤原吉武とは

「出雲大掾藤原吉武」(いずもだいじょうふじわらよしたけ)は、山城国(現在の京都府)を代表する刀工であった「三条吉則」(さんじょうよしのり)の末流にあたる「堀川国武」(ほりかわくにたけ)の子と伝えられています。安土桃山時代の名工堀川国広」の門下でも出色の名手と称されました。

江戸時代初期の刀工とされますが、吉武の生没年は定かではありません。はじめは山城国で作刀に携わり、一門のなかでも熟練した門人であった「出羽大掾藤原国路」(でわだいじょうふじわらくにみち)のもとで鍛刀技術を学びます。

腕を磨いた吉武は、やがて江戸へ移住し、その技術が認められて「出雲大掾」を受領しました。「大掾」とは元々、古代律令国家における役職のひとつでありましたが、時代が進み近世以降になると、職人や芸人に贈られる称号を指すようになります。出雲大掾も刀工の技術力を示すひとつの称号であり、加えてその刀工の技術を継承する一門の名前として受け継がれるようになったのです。

江戸で初代出雲大掾の名を賜った吉武は、晩年にはさらに「出雲守」の称号を受領します。堀川一門の技を極めた吉武は、同じく江戸で隆盛を極めた「法城寺一派」(ほうじょうじいっぱ)とも親交を深め、合作の刀剣を残しました。

出雲大掾藤原吉武の打刀と脇差の特徴

出雲大掾藤原吉武の手による日本刀は、刀工とその作品の位列(等級)においても上作とされ、コレクターの間でも人気の作品となっています。そんな吉武の作品には、どのような魅力があるのでしょうか。伊勢山田奉行・長谷川重章が所有していた刀剣から、それを探っていきます。

打刀の特徴「直刃」と「沸」

上級旗本であった長谷川重章は、江戸ですでに有名になっていた吉武に打刀脇差の2種類を特注しました。最初に打刀について見ていきましょう。

吉武は、もともと堀川一門の流れを汲みますが、法城寺一派の作風に見られるような「直刃」(すぐは)が特徴となっています。このことからも、吉武は法城寺一派とはかなり親しく交流していたのではないかと推測できるのです。

刃文は直刃で、その要素は当時流行した「本位」(にえほんい)で作られています。直刃とは、刀身の焼き入れの際に水で急速冷却されるときに現れる文様のひとつで、比較的単調な直線が特徴です。

刃文はさらに細かな粒子で構成されますが、吉武の日本刀では白い砂粒をまぶしたような「沸」が現れており、刃文の境目がはっきりと粒子状に観える見事な1振となっています。

脇差の特徴「大互の目乱刃」

一方、脇差も打刀と同様に沸本位で刃文が表現されていますが、刃文は直刃ではなく「大互の目乱刃」(おおぐのめみだれば)です。「乱刃」とは、直刃ではない刃文を指し、その形は多種多様。吉武の脇差に現された刃文は、乱刃のなかでも大振りで、山が連なっているように観える大互の目に分類されます。

銘の特徴

所持者銘と裁断銘

出雲大掾藤原吉武の打刀と脇差には、いずれにも「所持者」と「裁断銘」(さいだんめい)が刻まれていることが大きな特徴です。

所持者銘では、いずれの(なかご)にも刀工の名前である出雲大掾藤原吉武の文字と「長谷川氏重章所持之剣」が刻まれており、刀剣の作り手と所有者が分かります。

さらに打刀の方には、「土生氏求之 長谷川氏重章所持之剣」(どしょうしこれをもとむ はせがわうじしげあきしょじのけん)と刻まれており、本刀が長谷川重章から「土生氏」(どしょうし)に譲られたことを意味しているのです。

ここに記載されている土生氏が誰なのか、個人は特定されていませんが、土生氏は室町幕府6代将軍「足利義教」(あしかがよしのり)に家臣として仕えていました。

断裁銘と試し斬り

一方の裁断銘では、打刀に「両捨車五度切落」(りょうじゅっしゃごどきりおとす)、そして脇差の方に「一ノ胴ト磨付ト切落」(いちのどうとすりつけときりおとす)という文字が刻まれています。

裁断銘とは、刀剣の切れ味を確認するために、死罪となった罪人の死体で試し斬りした結果を記録した銘です。裁断銘には試し斬りした死体の箇所、回数や日付などを記しました。

当時、江戸では「首斬り浅右衛門」(くびきりあさえもん)との異名を持つ山田家が、収入源のひとつとして試し斬りによる刀剣の鑑定を行なっていたと伝わっています。山田家は、試し斬りを大名や旗本から度々依頼されていたことから、上級旗本であった長谷川重章が吉武の刀剣を鑑定するように依頼していたとしてもおかしくはありません。

また、裁断銘が記された刀剣は、通常の刀剣よりも歴史的資料の観点から価値が高いとされています。

刀 銘 出雲大掾藤原吉武
刀 銘 出雲大掾藤原吉武
出雲大掾藤原吉武 土生氏求之 長谷川氏重章 所持之剣 両捨車五度切落
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
69.4
所蔵・伝来
長谷川重章 →
土生氏 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

脇差 銘 出雲大掾藤原吉武
脇差 銘 出雲大掾藤原吉武
出雲大掾藤原吉武 長谷川氏重章所持之剣 一ノ胴ト磨付ト切落
鑑定区分
保存刀剣
刃長
40.6
所蔵・伝来
長谷川重章 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武をSNSでシェアする

「歴史上の人物と日本刀」の記事を読む


紀州徳川家の家老・三浦将監の刀 銘 和泉守兼定作

紀州徳川家の家老・三浦将監の刀 銘 和泉守兼定作
「紀州徳川家」とは、紀伊国(現在の和歌山県と三重県南部)を治めた徳川家康の十男「徳川頼宣」(とくがわよりのぶ)を祖とする一族です。その家老「三浦将監」(みうらしょうげん)の指料(さしりょう:腰に差す刀剣)が、「刀 銘 和泉守兼定作[金象嵌]二ツ胴 三浦将監所持」。名匠「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ)が作刀し、1996年(平成8年)に「特別重要刀剣」に指定された名刀です。どうして三浦将監の指料となったのか、その謎に迫ります。

紀州徳川家の家老・三浦将監の刀 銘 和泉守兼定作

黒田斉清伝来の刀 無銘 真長

黒田斉清伝来の刀 無銘 真長
「黒田斉清」(くろだなりきよ)は、「黒田官兵衛」の子孫です。福岡藩(現在の福岡県)黒田家の10代藩主として、江戸時代後期に活躍。黒田家には、黒田官兵衛や「黒田長政」が蒐集した名刀が多数あったことで有名ですが、そのなかの1振、10代藩主・黒田斉清が佩用したという「刀 無銘 真長」が刀剣ワールドの所蔵刀となりました。黒田斉清と刀工「真長」(さねなが)について、詳しくご紹介します。

黒田斉清伝来の刀 無銘 真長

徳川慶喜と長巻 銘 備前長船住重真

徳川慶喜と長巻 銘 備前長船住重真
「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)は、幕末期に「大政奉還」などの大胆な政策を実行した江戸幕府15代将軍です。徳川慶喜が「最後の将軍」であることは知っていても、その人物像までは深く知らない人も多いのではないでしょうか。また徳川慶喜は、「渋沢栄一」(しぶさわえいいち)が主人公のNHK大河ドラマ「青天を衝け」(せいてんをつけ)に、実父「徳川斉昭」(とくがわなりあき)と共に登場したことがきっかけとなり、にわかに注目を集める人物。そんな徳川慶喜について、徳川斉昭との関係を軸にして、その人となりをご紹介すると共に、徳川慶喜の愛刀「長巻 銘 備前長船住重真」についても解説します。

徳川慶喜と長巻 銘 備前長船住重真

大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大日本兼定

大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大日本兼定
「明治天皇」は、明治時代を切り開いた近代日本の指導者であり、「大正天皇」はその明治天皇の三男。そして、大正天皇の長男「昭和天皇」は太平洋戦争という大波を乗り越えた人物です。ご紹介する大正天皇は、在位期間が15年ほどであったことから一般的には影の薄い天皇と言われることもあります。しかし、大正天皇も他の皇族に倣い儀式においては、多くの日本刀を授かる機会を持ちました。刀工である11代目「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ:会津兼定とも)は、こうした名誉ある機会を得て皇太子時代の大正天皇に刀を献上。大正天皇と11代目和泉守兼定のこと、そして11代目和泉守兼定が打った「刀 銘 大日本兼定」についてご紹介します。

大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大日本兼定

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継
「徳川家康」の跡を継ぎ、江戸幕府2代将軍となった「徳川秀忠」には、5つ上の兄がいたことをご存知でしょうか。武将としての実力は徳川秀忠よりも勝っていたとも言われている兄の名は「結城秀康」(ゆうきひでやす)。戦国武将の期待の星とされていました。では、なぜ弟・徳川秀忠よりも武功のあった結城秀康は将軍になれなかったのでしょうか。徳川家康の子でありながら「結城」姓を名乗っているなど、謎に包まれた徳川家康の次男・結城秀康の生涯を探ると共に、結城秀康に仕えた刀工「越前康継」(えちぜんやすつぐ)についてご紹介します。

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広
「鍋島茂紀」(なべしましげのり)とは、江戸時代初期に活躍した佐賀藩(現在の佐賀県)の藩士です。藩主・鍋島家の親類同格で、自治領・武雄(たけお:現在の佐賀県武雄市)の領主をしていました。切れ味が鋭くて有名な、佐賀藩の御用刀工「藤原忠広」(ふじわらただひろ)に薙刀直しの脇差を注文し、愛用した人物。鍋島茂紀の生涯や刀工・藤原忠広が作る刀剣の特徴、化け猫騒動について詳しくご紹介します。

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀
「薙刀 銘 直光」は、江戸時代末期に幕臣によって結成された「京都見廻組」(きょうとみまわりぐみ)を指揮した「岩田通徳」(いわたみちのり)が所持した薙刀です。作刀したのは「細田直光」(ほそだなおみつ)。細田直光は刀鍛冶として優れていましたが、時代に翻弄された結果「贋作の名人」として有名になってしまった人物です。岩田通徳と細田直光の来歴を追っていきながら、薙刀 銘 直光について、詳しくご紹介していきます。

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之
「刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之」(かたな めい えんりゅうさいたちばなくにひでこれをきたえる)は、幕末の国学者で尊王攘夷派(そんのうじょういは:天皇を尊び、外国を排斥しようとする一派)として活動した「宮和田光胤」(みやわだみつたね)の愛刀とされています。宮和田光胤は、「千葉周作道場」(ちばしゅうさくどうじょう)にて「北辰一刀流」(ほくしんいっとうりゅう)の免許皆伝を受けた剣客という顔も持っていました。 本刀の制作者「立花圓龍子国秀」(たちばなえんりゅうしくにひで)は、江戸末期の刀工で「中山一貫斎義弘」(なかやまいっかんさいよしひろ)の門下に入り、上野国(上野国:現在の群馬県)や相模国鎌倉(現在の神奈川県鎌倉市)で作刀。「坂本龍馬」もまた、国秀の日本刀を佩刀していたことは有名です。坂本龍馬と千葉周作道場の同門だった尊王攘夷派の剣客・宮和田光胤について述べると共に、国秀作の刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之について解説します。

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之

京極高次伝来の薙刀 銘 和泉守兼定作 号・鬼夜叉の歴史

京極高次伝来の薙刀 銘 和泉守兼定作 号・鬼夜叉の歴史
「鬼夜叉」の号を持つ「薙刀 銘 和泉守兼定作」は、美濃国(現在の岐阜県南部)の刀工「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ)が打った薙刀です。小浜藩藩主「京極高次」(きょうごくたかつぐ)が所持していたと伝えられています。 京極高次は、「蛍大名」という不名誉なあだ名で有名になりましたが、のちに武勲を挙げて汚名を返上しました。その武勲を支えたのが、この鬼夜叉であると言われているのです。京極高次がいかにして汚名をそそいだのか、また、妖しくも美しい鬼夜叉について解説していきます。

京極高次伝来の薙刀 銘 和泉守兼定作 号・鬼夜叉の歴史