日本刀を知る

剣の基礎知識

文字サイズ

「刀剣」という用語は、いわゆる「日本刀」を意味する「刀」(かたな)と、日本のみならず西洋でも見られる「剣」(つるぎ)の総称です。一見すると似ているようにも思える両者ですが、実は明確な違いがあります。剣の基礎知識では、一般的な刀と剣の差異を明らかにしながら、日本、及び西洋の剣を知るためのポイントを解説します。

剣と刀の違い

構造

剣

狭義的に「」とは、「両刃」(もろは:刀身の両側に刃が付けられていること)であり、「直刀」(ちょくとう:刀身に反りがなく、形状が真っ直ぐである刀)である武具を意味します。

その一方で、「片刃」であり、刀身に反りがある武具が「刀」です。つまり、私達が知っている「打刀」(うちがたな)や「太刀」(たち)などの日本刀は、剣に対してすべて刀に分類されます。

形状

剣が直刀であったのは、「斬撃」(ざんげき:切り付ける効果がある攻撃)よりも、「刺突」(しとつ:突き刺す)を目的とした武具であったことがその理由。

これは、「血抜き溝」(ちぬきみぞ:英語表記は[Fuller])を設けられた西洋の剣が、多く存在していることからも窺えます。

この溝を彫ることで刀身を軽量化すると同時に、相手を刺したときに体内の血液を抜いて圧力を下げ、また、空気を入れて剣を抜きやすくするという効果がありました。この剣における血抜き溝は、日本刀で言う「」(ひ)に該当します。

制作工程

折り返し鍛錬・焼き入れ

刀匠による刀剣奉納鍛錬(折り返し鍛錬・焼き入れ)の様子を動画でご覧頂けます。

折り返し鍛錬・焼き入れ

刀剣奉納鍛錬

西洋の剣と日本刀の大きな違いのひとつが、それぞれの制作工程。

西洋剣の場合、溶かした鉄を鋳型(いがた)に流し込んで形を整えたり、熱した鋼を叩いて伸ばしたりする方法などが基本です。

一方の日本刀では、「折れず」、「曲がらず」を両立させるために、刀身の内部にあるやわらかい「心鉄」(しんがね)を、硬い「皮鉄」(かわがね)で包む複雑な構造が採用されているだけでなく、「折り返し鍛錬」と呼ばれる日本刀独自の製法で作られていることが、いちばんの特徴です。

「日本刀の作り方(制作方法)」をはじめ、日本刀に関する基礎知識をご紹介します。

剣の歴史

剣のルーツは古代石器

洋の東西を問わず、史上最初に登場した武器は、石を割ったり削ったりして、鋭い縁(ふち)を立たせただけの石器でした。

そのあと、金属を加工する技術が生まれると、銅や青銅、鉄を使って比較的自由な形状の武器が誕生することになります。その形状が洗練され、用途によって細分化されるうちに、両方に刃を立てた剣が誕生したのです。

日本の剣の変遷

日本では古墳時代前期の出土品に、両刃で直刀の剣が見られます。

しかし奈良時代に、直刀で片刃の「高麗剣」(こまつるぎ:現在の朝鮮半島にあたる高麗[こうらい]から伝来した剣)が登場したことから分かるように、日本では、両刃の剣から片刃の刀への転換が、かなり早い時期に行なわれたと推測されているのです。

西洋の剣の変遷

サーベル

サーベル

その一方で西洋の剣は、中世頃まで長く武器の主流として使用されました。

西洋剣の特徴のひとつは、刺突と斬撃だけでなく、「打撃」を目的としていることにあります

西洋の剣の変遷が、顕著に現れているのがその形状。中世の西洋の剣は、振ったときの遠心力で動作の機敏性が失われることがないように刀身を細くし、「」(つか)付近に重心を置く設計で作られているのです。

つまり柄が重くて刃が軽いと言う構造になっているため、接近戦では、「柄頭」(つかがしら)や「鍔」(つば)で敵に打撃を加える攻撃が可能でした。

しかし、銃器などの発達によって防具が軽装になった近代以降は、打撃よりも、斬撃や刺突を得意とする「サーベル」や「レイピア」などの剣に変わっていったのです。

世界の剣・刀剣・甲冑(鎧兜)世界の剣・刀剣・甲冑(鎧兜)
日本だけでなく、世界にある様々な刀剣についてご紹介します。

剣と刀の特徴を合わせた刀剣があった!?

古代日本の武器は両刃の剣が中心で、のちに片刃の刀へと切り替わっていったことは先にご紹介しました。ところが、その過渡期には、両方の特徴を持つ武器も生まれています。

剣と刀、両者の利点を併せ持っていたのは、どのような刀剣だったのでしょうか。

剣太刀(つるぎたち)
刀身の途中までが片刃で、先端に向かうと両刃になるというユニークな構造を持つ刀剣は「剣太刀」と呼ばれ、古墳時代の鉄刀や「正倉院」(しょうそういん)御物(ぎょぶつ:絵画や刀剣など、皇室の所有品)の「蕨手刀」(わらびてとう)などがその様式で作られています。
小烏丸(こがらすまる)
剣太刀の様式は、別名「小烏造」(こがらすづくり)とも称され、これは平家の宝刀として伝わる「小烏丸」(こがらすまる)に由来しています。

この小烏丸は、50代天皇「桓武天皇」(かんむてんのう)の時代に、「伊勢神宮」より飛来した巨大な烏の翼に仕舞われていたと伝えられる名刀。「平貞盛」(たいらのさだもり)が「承平・天慶の乱」(じょうへい・てんぎょうのらん)を鎮圧した際に、61代天皇「朱雀天皇」(すざくてんのう)より拝領したとされています。

刀でありながら先端部が剣の形状をしており、刺突と斬撃の効果を持つ刀剣であると考えられていました。

その後、小烏丸は「壇ノ浦の戦い」(だんのうらのたたかい)以降に所在が不明となりましたが、18世紀後半に平氏の流れを汲む「伊勢家」(いせけ)に保管されていることが発覚。

治維新後に「対馬藩」(つしまはん:現在の長崎県)の藩主であった「宗家」(そうけ)がこの刀を購入し、1882年(明治15年)、「明治天皇」に献上されたことで、小烏丸は、900余年の歳月を経て天皇の手に戻ったのです。

小烏丸

小烏丸

日本神話に登場する剣

日本でも古代には、剣が実用品として使用されていました。その名残は、古墳の副葬品などだけでなく、神話の中にも様々な剣が登場していることなどから窺えます。

どの剣も不思議な力を秘めていたとされ、それがのちに、寺社への奉納用の剣に繋がっていったのです。

草薙剣(くさなぎのつるぎ)
草薙剣と須佐之男命

草薙剣と須佐之男命

天叢雲剣」(あめのむらくものつるぎ)、「草那藝之大刀」(くさなぎのたち)などの異称を持つ「草薙剣」は、三種の神器のひとつ。

日本神話では、「須佐之男命」(すさのおのみこと)が出雲国(いずものくに:現在の島根県東半部)で「八岐大蛇」(やまたのおろち)を退治した際に、その尾の中から見付けた神剣であったと言われています。

そのあと、草薙剣は「天照大神」(あまてらすおおみかみ)に献上され、その孫である「瓊々杵命」(ににぎのみこと)が地上に降りたと言う「天孫降臨」(てんそんこうりん)の際に授けられたのです。

そして、12代天皇「景行天皇」(けいこうてんのう)の時代に、「日本武尊」(やまとたける)が東征の際に携行し、駿河国(するがのくに:現在の静岡県中央部)で敵の放った野火から逃れるために、草を薙ぎ払ったことからその名が付けられました。

草薙剣は現在、「熱田神宮」(あつたじんぐう)のご神体です。

  • 皇室・公家に関連する刀剣の歴史などをご紹介します。

  • 「三種の神器」をはじめ、刀剣にまつわる神事・文化・しきたりなどをご紹介します。

  • 「日本神話」をはじめ、刀剣にまつわる神事・文化・しきたりなどをご紹介します。

  • 「熱田神宮 技術奉納」をはじめ、刀剣にまつわる神事・文化・しきたりなどをご紹介します。

日本の剣~神剣・鉄剣~の紹介動画

日本の剣~神剣・鉄剣~
十拳剣(とつかのつるぎ)
別名「天羽々斬」(あめのはばきり)とも呼ばれる「十拳剣」は、須佐之男命が八岐大蛇の尾を切るために使用した剣。

須佐之男命は、このときに十拳剣の刃が欠けたのを見たことで、その尾の中に草薙剣があることに気付いたと伝えられています。

十拳剣は、「石上布都魂神社」(いそのかみふつみたまじんじゃ:岡山県赤磐市)に祀られたあと、10代天皇「崇神天皇」(すじんてんのう)の時代に、「石上神宮」(いそのかみじんぐう:奈良県天理市)に遷されました。

また十拳剣は「十束剣」(束は長さの単位で、拳ひとつ分)とも表記され、長剣の一般的な呼び名として、「記紀」(きき:古事記と日本書紀の総称)の様々な場面に登場します。

天之尾羽張剣(あめのおはばりのつるぎ)
「伊邪那美神」(いざなみのみこと)が亡くなる原因となった「加具土命」(かぐつち:記紀神話における火の神)を「伊邪那岐神」(いざなぎのみこと)が切ったときに使用した剣。

別名「伊都之尾羽張剣」(いつのおはばりのつるぎ)と言います。

布都御魂剣(ふつのみたまのつるぎ)
「建御雷神」(たけみかづちのかみ)が、「葦原中国」(あしはらのなかつくに:高天原[たかまがはら:日本神話における天上の国]と黄泉の国[よみのくに:死者が生活すると言われる地下の国]の中間にある国)を平定したときに用いた剣。

崇神天皇の時代に石上神宮に移され、ご神体となりました。

神度剣(かむどのつるぎ)
葦原中国を平定するため、高天原に降りていた「天若日子」(あめのわかひこ)は、天の使いである雉(きじ)を射殺したことが原因となって死んでしまいます。

友人の「阿遅志貴高日子根神」(あぢすきたかひこねのかみ)が葬儀に参列しましたが、天若日子と顔があまりに似ていたことから、天若日子の父から本人と間違えられてしまったのです。

神度剣は、そのことに腹を立てた阿遅志貴高日子根神が、喪屋(もや:本葬までのあいだ、ご遺体を安置しておく場所)を切り倒すときに用いたとされる剣。古事記での正式名称は「大量」(おおはかり)と呼ばれ、日本書紀では同音で「大葉刈」と表記されています。

日本だけでなく西洋においても、最初に登場したのは両刃の剣です。しかし、日本において剣は、戦乱の歴史の中で改良が繰り返され、やがて日本が世界に誇る日本刀へと変化していきます。

日本刀が登場したあと、剣の用途は密教の法具や寺社への奉納用、さらには短刀の代用品などのわずかな例に留まりますが、剣は「剣道」や「剣術」と言った言葉に残されており、現代にまで脈々と息づいているのです。

「名古屋刀剣ワールドの剣」紹介動画

剣

剣の基礎知識

剣の基礎知識をSNSでシェアする

「日本刀を知る」の記事を読む


国宝の日本刀・重要文化財の刀剣

国宝の日本刀・重要文化財の刀剣
国内外問わず、美術品として高い人気を誇る日本刀。時代を超えて現代に残る日本刀は、その歴史的・美術的価値を守るために、「有形文化財」として登録されることがあります。日本刀の価値を高め、後世に残すための「文化財保護法」。また、それに付随する「国宝」や「重要文化財」とは何か、どのような基準で登録されるのか。分かりやすくご紹介します。

国宝の日本刀・重要文化財の刀剣

御物の日本刀とは

御物の日本刀とは
「御物」(ぎょぶつ)とは、皇室の私有品として天皇家に伝来した美術品や古文書などの所蔵品のこと。現在は宮内庁が管理しており、御物の中には日本刀も多数含まれています。その理由は、大名などから献上された他、「明治天皇」をはじめ「愛刀家」として知られる天皇らが名刀を収集したためです。御物の日本刀では、御物の歴史と共に御物に指定されている名刀をご紹介します。

御物の日本刀とは

守り刀・枕刀とは

守り刀・枕刀とは
日本には、古くから日本刀にまつわる風習が数多く伝わってきました。そのひとつが、大切な人を守護するために短刀を贈るという習慣で、これらの短刀は「守り刀」(まもりがたな)と呼ばれています。誕生したばかりの子どもや花嫁などの子女に贈る場合の他、故人の枕元や胸元に置くのも守り刀です。一方、就寝時に枕元へ置いて魔除けの効果をもたらす守り刀のことを「枕刀」(まくらがたな)と呼び、この慣習は武家の時代から行なわれていました。守り刀・枕刀とはでは、持ち主を護るための日本刀である「守り刀」についてご紹介します。

守り刀・枕刀とは

偽物の鑑別

偽物の鑑別
戦のない現代においては、「武具」としてだけではなく、「美術品」としての側面にもその価値が見出されている日本刀。その人気は日本のみならず海外にまで広がり、市場における流通量も増えているため、その分、贋作(がんさく:日本刀の世界では偽物[ぎぶつ]と言う)が出回っていることも事実。有名刀工の刀だと言われて高い金額で購入した日本刀が、実は本物ではなかった、というケースもあります。ここでは、日本刀好きの皆さんに、本当に価値のある日本刀の鑑賞を楽しんで頂くために、偽物の刀にはどのような特徴があるのか、そして、本物と偽物とを見極めるポイントについてご説明します。

偽物の鑑別

日本刀を売却する

日本刀を売却する
日本刀を売却したいと言っても、理由は様々あるでしょう。相続で引き継いだけれど手入れができない。新しい日本刀が欲しいから下取りに出したい。生前整理で処分しておきたいためなど。そこで、はじめて日本刀を売却する場合でも、知っておくと役に立つ、売却の注意点についてご紹介します。

日本刀を売却する

日本刀(真剣)を購入・所持する

日本刀(真剣)を購入・所持する
憧れの日本刀(真剣)を手に入れるなら、事前に知っておくべきことがあります。それは、日本刀(真剣)に関する法律や相場、許可が必要なのか、どこで購入し所持できるのか、などです。 信頼できるショップの見分け方についても詳しくご紹介します。一生ものの日本刀(真剣)を選ぶために、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

日本刀(真剣)を購入・所持する

日本刀の格付けと歴史

日本刀の格付けと歴史
「美術品」として価値が高い刀剣。現代に受け継がれるまで、様々な「格付け」(価値付け)が行なわれ、大切に扱われてきました。例えば、将軍や天皇が所持した宝物としては「御物」(ぎょぶつ)の格付け、よく斬れる「武器」としては「業物」の格付けなど。これにより刀剣の能力の高さと信用が保たれ、土地に代わる「恩賞」にもなったのです。ここでは、刀剣の格付けと歴史について、詳しくご紹介します。

日本刀の格付けと歴史

本阿弥家と折紙

本阿弥家と折紙
「美術品」として価値が高い刀剣。現代に受け継がれるまで、様々な「格付け」(価値付け)が行なわれ、大切に扱われてきました。例えば、将軍や天皇が所持した宝物としての「御物」(ぎょぶつ)の格付け、よく斬れる「武器」としての「業物」(わざもの)の格付けなどです。これらの格付けによって能力と信用とが保たれ、土地に代わる「恩賞」として扱われていた刀剣。そんな格付けされた刀剣の「証明書」と言える物が「折紙」(おりがみ)であり、その「折紙」の起源、本阿弥家(ほんあみけ)とのつながり、書式や様式などを知れば、刀剣の世界がさらに広がります。この世界を広げるため、詳しく解説していきます。

本阿弥家と折紙

鞘書とは?

鞘書とは?
「鞘書」(さやがき)とは、日本刀を保存・保管する「白鞘」(しらさや)に書かれた文字のこと。刀工名、鞘書年月日、鑑定結果などが、白鞘に直接記載されているため、中に入った刀が何なのかがひと目で分かるのです。鞘書は、一体いつから誰がはじめたのでしょうか。気になる価値についても、詳しくご紹介します。

鞘書とは?

注目ワード
注目ワード