名家に代々伝えられた日本刀

蜂須賀氏伝来の日本刀 刀 無銘 一文字

文字サイズ

尾張の一土豪出身であり、戦功を挙げて大名に上り詰めた「蜂須賀氏」(はちすかし)が所有した「刀 無銘一文字」。「一文字派」とも呼ばれ、一口に一文字と言ってもいくつかの流派に分かれており、その歴史や特徴は異なっています。国宝に指定されている一文字も数多くあるため、名前を知っている方も多いでしょう。蜂須賀氏が大名になるまでの歴史や蜂須賀氏が所有した一文字と、一文字各流派の特徴、一文字の派生元である「古備前派」について解説します。

一文字を所持していた大名「蜂須賀氏」の歴史

尾張の一土豪から始まり、羽柴秀吉に仕えて名を挙げる

豊臣秀吉

豊臣秀吉

「羽柴秀吉」のちの「豊臣秀吉」に仕えていた「蜂須賀氏」(はちすかし)は、様々な功績を挙げたことで近世大名にまで成り上がった日本の氏族のひとつです。

その歴史の始まりは、尾張国蜂須賀郷(現在の愛知県あま市)を治めていた一士豪からと言われています。

織田氏のもとに仕える過程で、羽柴秀吉と出会い、縁の下の力持ちとして様々な功績を挙げ、ついには阿波一国(現在の徳島県)を治める大名の地位を与えられることになったのです。

もともと「蜂須賀」という名前は名乗っておらず、尾張国蜂須賀郷を治める国人になったことから、蜂須賀と称するようになったとのこと。織田氏の配下となる前までの蜂須賀氏は、農業経営を主な仕事としていました。

蜂須賀氏が世間に名を馳せるようになるのは、織田氏の配下となったあと、羽柴秀吉と出会ってからです。

数多の戦で戦功を挙げ、近世大名へ

墨俣城

墨俣城

羽柴秀吉に仕えてから蜂須賀氏の地位は大きく変わることになります。蜂須賀氏が挙げた数々の功績のなかでも、今なお語り継がれているのは、「墨俣城」(すのまたじょう:現在の岐阜県大垣市)の築城です。

もともと墨俣城の築城は、「織田信長」の家臣達が受けていたのですが、ことごとく失敗。低湿地帯、そして敵を眼前に見据えながらの築城という過去に例のない工事ということもあり、困難を極めたのです。

その難工事を引き継いだのが羽柴秀吉。当時は「木下藤吉郎」と名乗っていました。羽柴秀吉は、蜂須賀氏を含めた野武士を集めて工事を開始。築城予定地の傍を流れる長良川の上流で、あらかじめ城の各部位を作っておき、長良川下流の築城予定地まで筏(いかだ)に乗せて流す、という計画を立案。築城予定地で1から城を建築するよりも早く、また敵に築城することを悟らせないこの作戦は見事に成功し、一夜にして城を築きあげたのです。

これはのちに「墨俣の一夜城」とも言われる有名な逸話で、諸説あるうちのひとつですが、蜂須賀氏は野武士の頭領として大きく活躍したことにより、その地位を大きく高めました。それ以降も羽柴秀吉に従って戦功を挙げていき、ついに阿波一国の大名にまで上り詰めたのです。

時代は過ぎ、「関ヶ原の戦い」へ。このとき、蜂須賀氏は西軍の「石田三成」の挙兵に応じていました。しかし、「小笠原秀政」(おがさわらひでまさ)の娘を「徳川家康」の養女として妻に迎えていたことから、蜂須賀氏は最終的に東軍に属することに。その結果、蜂須賀氏は、天下分け目の一戦を生き延びることに成功しました。

そののち「大坂の陣」でも大きな戦功を挙げ、関西にも勢力を拡大。江戸時代を大名として華々しく駆け抜けます。

合戦の街 関ヶ原
「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。

重要刀剣「刀 無銘 一文字」の流派とは?

一文字につながる古備前派

近世大名として多くの功績を残した蜂須賀氏。彼らが所有していたと言われる刀剣の一文字は、その名の通り「一文字派」が制作した物です。そして、その一文字派は「古備前派」を祖としています。

古備前派は、平安時代中期から始まる、備前国(現在の岡山県)を拠点にしている刀工集団のこと。そのなかでも、特に平安時代に活躍した刀工達の作品を「古備前物」と呼称します。この古備前物には、古刀最上作にも数えられるほど質の高い刀剣が多く存在することが特徴です。

古備前派の流れを汲む一文字派は、備前国で栄えた一大流派のひとつで鎌倉時代前期から盛り上がり、複数の流派へと枝分かれしていきました。一文字派のなかでも特に有名な流派を3つご紹介します。

最も古い流派「福岡一文字」
一文字のなかでも最も古い流派が「福岡一文字」です。祖は「則宗」(のりむね)とし、鎌倉時代前期から始まった流派で、現在の岡山県邑久郡(おくぐん)長船町福岡で繁栄したと言われており、「福岡」の由来もこの地名から来ています。

鎌倉時代中期の作品は、大丁子乱れの作風を取り入れ、福岡一文字の特徴のひとつとして作り上げていました。そのため、姿が非常に華やかで凛々しいのが魅力の流派です。

純然たる直刃「吉岡一文字」
鎌倉時代の正応頃から始まり、南北朝時代まで続いた流派が「吉岡一文字」。赤磐郡吉岡(あかいわぐんよしおか:現在の岡山県岡山市)で広く盛り上がりをみせた流派で「左兵衛尉助吉」(さひょうえのじょうすけきち)がこの流派の祖として知られており、福岡一文字で活躍した「助宗」(すけむね)という刀工の孫に当たる人物であると言われています。

吉岡一文字の特徴は、純然たる直刃(すぐは)です。刃文の模様がやや控えめな印象ではあるものの、全体的に穏やかな姿をしており、古風ゆかしい風格が備わっています。

備前国和気郡岩戸庄で鍛刀した一派「岩戸一文字」
鎌倉時代後期から始まったとされる「岩戸一文字」。備前国和気郡岩戸庄(現在の岡山県東部)を中心に繁栄したため、「岩戸」と名付けられました。

刀工としては「吉氏」、「宗氏」、「吉信」を輩出しており、多くの作品を作ったと言われていますが、現存する刀剣が他の流派と異なり、多くはありません。作風は、吉岡一文字と似ている部分が多いです。

著名刀工名鑑(刀工・刀匠)
著名な刀工を「生産国」、「50音」、「フリーワード」のいずれかで検索できます。

重要刀剣「一文字」の歴史と特徴とは?

重要刀剣「一文字」の歴史

近世大名として羽柴秀吉や、徳川家にも仕えていた蜂須賀氏が所有していたとされる重要刀剣「一文字」。その美しい見た目から、国宝に指定されている物も多くあり、日本刀を知らない人でも一度は耳にしたことがあるほど有名な作品です。

重要刀剣・一文字の歴史は、鎌倉時代前期の福岡一文字から注目され、のちに吉岡一文字など様々な流派が生まれていきました。

そして、鎌倉時代では「後鳥羽上皇御番鍛冶十二工」にも数えられるほど、各地で名が知れ渡っており、当時の刀工のなかでも特に勢いのあった流派であることが分かります。

重要刀剣「一文字」の特徴

一文字の特徴は、乱れ。大模様の乱れは華やかで、刀剣の姿を凛々しく彩り、この乱れこそが国宝に選ばれる所以となっているのです。見事なまでに作り込まれた乱れは、一文字を語る上では欠かせない部分。

本刀は、磨上げられているものの、(なかご)の先には古い茎の一部分が残っていることが確認できます。鍛えは板目肌(いためはだ)、地沸(じにえ)が付き、乱れ映りが立ち、直刃調の刃文には丁子(ちょうじ)、互の目(ぐのめ)が交じり、鎌倉時代中期の一文字派が手掛けた古雅な1振です。

刀 無銘 一文字
刀 無銘 一文字
無銘
鑑定区分
重要刀剣
刃長
70.9
所蔵・伝来
蜂須賀家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

蜂須賀氏伝来の日本刀 刀 無銘 一文字

蜂須賀氏伝来の日本刀 刀 無銘 一文字をSNSでシェアする

「名家に代々伝えられた日本刀」の記事を読む


徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光
「徳川将軍家」と言えば、江戸幕府の初代将軍「徳川家康」の一族のこと。武力、財力共に日本一の成功者。江戸幕府は滅びましたが、徳川将軍家に伝わる宝物は、現在も「徳川美術館」(愛知県名古屋市)などに数多く所蔵され、輝き続けています。そんな貴重な徳川将軍家伝来の太刀1振が、刀剣ワールド財団の所蔵となりました。重要文化財(旧国宝)「太刀 銘 備州長船住景光 正和五年十月日」について、詳しくご紹介します。

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀
日本各地に異なる系統が見られる「池田氏」のなかでも、江戸時代初期頃に全盛期を迎えた近世大名の「池田家」は、備前国岡山藩(現在の岡山県岡山市)を筆頭に、播磨国(現在の兵庫県南西部)や淡路国(現在の兵庫県淡路島)などの諸藩を領有していました。代々岡山藩の藩主として、そして外様大名としての池田家が、どのような歴史を辿って発展したのかをご説明すると共に、「刀剣ワールド財団」が所蔵する同家伝来の刀剣2振について解説します。

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)
室町時代の守護大名として、最大で11ヵ国にも及ぶ所領を有していた「山名家」。主に山陰地方において、同家が大きな勢力を誇ることになったのは、「室町幕府」が開かれたあと、伯耆国(現在の鳥取県中西部)の守護職に任じられたことから始まります。そんな山名家に伝来したのが、同国で作刀活動を行っていた名工「伯耆国宗」(ほうきくにむね)による「太刀 銘 国宗」です。どのような経緯を経て、山名家が隆盛を極めるまでに至ったのか、同家の歴史を辿ると共に、国宗による本太刀の詳細についてもご説明します。

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀
「久保田藩」は、江戸時代に出羽国秋田(でわのくにあきた:現在の秋田県)を領地とした藩で、別名「秋田藩」。室町時代以降、「常陸国」(ひたちのくに:現在の茨城県)で代々守護を務めていた佐竹氏が秋田へ国替えとなって藩主となり、初代は豊臣政権下で活躍した名将「佐竹義宣」(さたけよしのぶ)が務めました。今回は東北の地・秋田を260年に亘って統治した佐竹家をご紹介すると共に、久保田藩佐竹家に伝来した「福岡一文字」(ふくおかいちもんじ)の名刀を観ていきましょう。

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞
南北朝時代に制作されたと伝わる「短刀 銘 吉貞」は、「水戸徳川家」に伝来した1振です。同家は江戸幕府の開府後、幕府によって常陸国水戸(ひたちのくにみと:現在の茨城県水戸市)に移された徳川家の一族であり、「尾張徳川家」や「紀州徳川家」と共に「徳川御三家」のひとつに数えられる名門中の名門。時代劇「水戸黄門」でお馴染みの水戸藩2代藩主「徳川光圀」(とくがわみつくに)も、水戸徳川家の出身です。ここでは、吉貞が伝来した水戸徳川家と水戸藩に焦点を当てつつ、吉貞の歴史や特徴について解説します。

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞

安芸吉川家と名刀 備州長船近景

安芸吉川家と名刀 備州長船近景
「長船近景」(おさふねちかがけ)は、日本の代表的な刀剣の産地である、備前国(現在の岡山県東南部)の刀工。その作刀のいくつかは、「国宝」や「重要文化財」などに指定されるほどの高い技術力を持った名工でした。 そんな長船近景による作刀のひとつである「刀 銘 備州長船近景」を所有していたのが、江戸時代に代々周防国岩国藩(すおうのくにいわくにはん:現在の山口県岩国市)の藩主を務め、明治時代には「子爵」(ししゃく)の爵位を授けられた、「吉川家」(きっかわけ)宗家にあたる「安芸吉川家」(あききっかわけ)と伝えられているのです。ここでは、安芸吉川家の歴史を振り返ると共に、同家に伝来した刀 銘 備州長船近景についてご紹介します。

安芸吉川家と名刀 備州長船近景

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作
「有栖川宮家」(ありすがわのみやけ)は、江戸時代から大正時代にかけて存続した、由緒正しい宮家(宮号を与えられた皇族)です。特に、「有栖川宮熾仁親王」(ありすがわのみやたるひとしんのう)と「有栖川宮威仁親王」(ありすがわのみやたけひとしんのう)は、刀剣好きと知られています。有栖川宮家の歴史と有栖川宮家にまつわる刀剣について、詳しくご紹介します。

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)
薙刀の必殺技「大外刈」(おおそとがり)の号を持つ「薙刀 無銘 片山一文字」。この薙刀を最初に所持していたのは、薙刀の名手と言われた「山口修弘」(やまぐちながひろ)です。豊臣秀吉から賜ったこの薙刀はそののち、どのようにして加賀百万石を誇る前田家へと伝わったのでしょうか。薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)について、詳しくご紹介します。

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀
徳川将軍家の世継ぎ誕生の折に「徳川御三家」や大名家より、度々献上された刀剣が「守家」(もりいえ)作の「太刀 銘 守家」です。その名前が「家を守る」といった意味にもなることから、縁起の良い日本刀だとして重宝されました。刀工・守家と、代々繁栄した徳川家についてご紹介します。

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀