歴史上の人物と日本刀

刀 折返銘 国宗とアドルフ・ヒトラー

文字サイズ

「第2次世界大戦」を引き起こし、ホロコースト(ナチスによるユダヤ人の大虐殺)を先導した独裁者のイメージが強い「アドルフ・ヒトラー」。一方、若い頃には芸術家を志していたとされ、美術・芸術に対する理解は深かったと言われています。
そんなアドルフ・ヒトラーに、日本政府から美術品である日本刀が贈られました。それは、鎌倉時代を代表する名刀「備前三郎国宗」(びぜんさぶろうくにむね)です。備前三郎国宗は、なぜアドルフ・ヒトラーへ贈られたのでしょうか。アドルフ・ヒトラーの生涯を追いながら、備前三郎国宗がたどった運命について見ていきます。

アドルフ・ヒトラーの台頭から第2次世界大戦勃発まで

芸術活動を諦めドイツ軍人として出征

アドルフ・ヒトラー

アドルフ・ヒトラー

「アドルフ・ヒトラー」は、1889年(明治22年)にオーストリアで生まれました。

青年期に芸術の都であるウィーンへ移り住み、美術を学びますが、「ウィーン美術アカデミー」の受験に失敗。そののち、芸術家への道を断念しています。

絵葉書や風景画を売りながら放浪生活を送っていたアドルフ・ヒトラーは、1914年(大正3年)8月1日に「第1次世界大戦」が勃発すると、ドイツ軍へ志願兵として入隊して出征。

しかし、この大戦はドイツの降伏で終結しました。ドイツの敗戦は、アドルフ・ヒトラーに大きな衝撃を与えたとされています。

独裁体制を確立し、近隣諸国へ侵攻

1919年(大正8年)9月、アドルフ・ヒトラーは政治家への転身をもくろみ「ドイツ労働者党」へ入党し、政治活動を活発化させていきます。翌年、ドイツ労働者党は党名を「国家社会主義ドイツ労働者党」(ナチス)に改称。

演説に長け、人々を熱狂させる術を心得たアドルフ・ヒトラーは、党内の派閥抗争も制し、1921年(大正10年)党首となりました。

1923年(大正12年)、アドルフ・ヒトラーはナチス政権の樹立を掲げてクーデターを起こします。「ミュンヘン一揆」と呼ばれるこのクーデターは失敗に終わり一時的に投獄されますが、この収監中に口述筆記させたのが、有名な自叙伝「わが闘争」です。

出獄後はナチスの再建に努め、1929年(昭和4年)の世界恐慌によって政府が国民からの反発を招くと、これを好機と捉えて党の躍進につなげます。

1934年(昭和9年)には総統の地位を得て、全体主義的独裁体制を確立。「第三帝国」と呼ばれるナチスの支配体制を敷き、反ユダヤ主義とゲルマン民族優位の思想をもとに、1939年(昭和14年)9月1日、ポーランドを皮切りに近隣諸国への侵攻を開始しました。

アドルフ・ヒトラーは「第2次世界大戦」を引き起こしたのです。

「日独防共協定」締結から終戦まで

日独の同盟を記念して贈られた「備前三郎国宗」

第2次世界大戦開戦に先立つ1936年(昭和11年)11月25日、アドルフ・ヒトラー率いるナチス・ドイツと日本は「日独防共協定」(にちどくぼうきょうきょうてい)を締結します。

これは、ソビエト連邦(現在のロシア連邦)を中心とする各国の社会民主主義政党に共同で対抗するための条約です。翌年にはイタリアが加盟し「日独伊防共協定」(にちどくいぼうきょうきょうてい)となり、のちに「日独伊三国同盟」(にちどくいさんごくどうめい)へと強化されました。

この日独防共協定締結の記念として、日本政府は鎌倉時代に作られた名刀「備前三郎国宗」をアドルフ・ヒトラー総統に贈ります。

備前三郎国宗は、元々は伊予宇和島藩(いようわじまはん:現在の愛媛県宇和島市)10万石「伊達家」に伝来していましたが、それを日本政府が買い上げて贈り物としました。これら一連の経緯については、備前三郎国宗に付属する巻物の由来書に記されています。

  • 江戸時代の代表的な100藩を治世などのエピソードをまじえて解説します。

  • 伊達家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。

敗戦を前に名刀を返還

スターリングラードの攻防戦

スターリングラードの攻防戦

日本・イタリアと同盟を結んだドイツ軍は、開戦当初は優勢に戦いを進めていました。

しかし、ソ連領内にある工業都市「スターリングラード」(現在のロシア連邦ヴォルゴグラード)での攻防戦に敗れると、そのあとは各地で敗北を重ね、ドイツ軍内部でのアドルフ・ヒトラーの求心力も次第に失われていきます。

1943年(昭和18年)9月8日には、イタリアがアメリカ合衆国・イギリスをはじめとする連合軍に降伏。ドイツでは連合国による戦略爆撃が激しくなり、アジアでは日本も苦戦を強いられていました。

そして1945年(昭和20年)4月23日、ソ連の軍隊である赤軍がドイツの首都ベルリンに突入。敗戦を覚悟したアドルフ・ヒトラーは、ベルリンの地下壕で結婚したばかりの「エヴァ・ブラウン」と共に自殺することになります。遺体は建物ごと焼かれ、最終的には赤軍が収容して葬ったということです。

この敗戦を前にアドルフ・ヒトラーは、備前三郎国宗を日本国の駐在武官に託し、日本へと無傷で返還させていました。

アドルフ・ヒトラーの日本に対する感情に関しては、尊敬の念はなく、あくまで政治的利点を重視して同盟を結んだと言われる一方、アドルフ・ヒトラーに直接会った日本人の多くが親日的であるとの感想を持ち、日本びいきと感じたとも伝えられています。

いずれにしても、武士の魂であり日本の貴重な美術品でもある名刀が、戦火で焼失してしまうのをアドルフ・ヒトラーが惜しんだという事実に揺らぎはありません。

日本とドイツを結んだ名刀について

備前三郎国宗の元々の所有者であった伊予宇和島藩の伊達家は、仙台藩(現在の宮城県)の初代藩主「伊達政宗」の長男「伊達秀宗」(だてひでむね)から始まりました。

伊達秀宗は、幼い頃に「豊臣秀吉」のもとへ人質として差し出され、小姓として仕えます。「関ヶ原の戦い」ののちは「徳川家康」の人質となり、「大坂冬の陣」では、父・伊達政宗と共に参陣。そのときの功績が認められ、伊達政宗に与えられた伊予宇和島10万石を別家として継ぐことになりました。伊予宇和島藩は、明治時代の廃藩置県まで9代に亘り続いています。

伊達家に伝来した備前三郎国宗の制作者「国宗」(くにむね)は、備前長船(現在の岡山県瀬戸内市)出身の刀工で、備前から鎌倉(現在の神奈川県鎌倉市)へ移住し、「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)の師となった名工です。国宝重要文化財に指定されている名刀が数多く現存しています。

本刀備前三郎国宗は反りが深く、身幅がやや狭い中/中切先(ちゅうきっさき)の品格ある姿が特徴的です。鍛えは、よく詰んだ小板目肌小杢目肌(こもくめはだ)交じり。直刃丁子乱れ(すぐはこちょうじみだれ)の刃文にも気品があり、洗練され、美しく調和した地刃(じは)からは、備前伝の最高峰とも言われる国宗の高い技量が窺えます。

また、本刀の「折返し銘」(おりかえしめい)とは、(なかご)を磨上げたとき、が消えてしまわないように反対側へ折り返して残した状態のこと。折り返してあるため、銘が通常とは上下逆になっています。

刀 折返銘 国宗
刀 折返銘 国宗
国宗
鑑定区分
重要刀剣
刃長
63.9
所蔵・伝来
伊予宇和島藩伊達家 →
ヒトラー →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

  • 伊達政宗のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 豊臣秀吉のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 徳川家康のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 伊達政宗のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 豊臣秀吉のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 刀工「国宗」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

  • 刀工「新藤五国光」の情報と、制作した刀剣をご紹介します。

刀 折返銘 国宗とアドルフ・ヒトラー

刀 折返銘 国宗とアドルフ・ヒトラーをSNSでシェアする

「歴史上の人物と日本刀」の記事を読む


大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大日本兼定

大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大日本兼定
「明治天皇」は、明治時代を切り開いた近代日本の指導者であり、「大正天皇」はその明治天皇の三男。そして、大正天皇の長男「昭和天皇」は太平洋戦争という大波を乗り越えた人物です。ご紹介する大正天皇は、在位期間が15年ほどであったことから一般的には影の薄い天皇と言われることもあります。しかし、大正天皇も他の皇族に倣い儀式においては、多くの日本刀を授かる機会を持ちました。刀工である11代目「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ:会津兼定とも)は、こうした名誉ある機会を得て皇太子時代の大正天皇に刀を献上。大正天皇と11代目和泉守兼定のこと、そして11代目和泉守兼定が打った「刀 銘 大日本兼定」についてご紹介します。

大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大日本兼定

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継
「徳川家康」の跡を継ぎ、江戸幕府2代将軍となった「徳川秀忠」には、5つ上の兄がいたことをご存知でしょうか。武将としての実力は徳川秀忠よりも勝っていたとも言われている兄の名は「結城秀康」(ゆうきひでやす)。戦国武将の期待の星とされていました。では、なぜ弟・徳川秀忠よりも武功のあった結城秀康は将軍になれなかったのでしょうか。徳川家康の子でありながら「結城」姓を名乗っているなど、謎に包まれた徳川家康の次男・結城秀康の生涯を探ると共に、結城秀康に仕えた刀工「越前康継」(えちぜんやすつぐ)についてご紹介します。

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広
「鍋島茂紀」(なべしましげのり)とは、江戸時代初期に活躍した佐賀藩(現在の佐賀県)の藩士です。藩主・鍋島家の親類同格で、自治領・武雄(たけお:現在の佐賀県武雄市)の領主をしていました。切れ味が鋭くて有名な、佐賀藩の御用刀工「藤原忠広」(ふじわらただひろ)に薙刀直しの脇差を注文し、愛用した人物。鍋島茂紀の生涯や刀工・藤原忠広が作る刀剣の特徴、化け猫騒動について詳しくご紹介します。

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀
「薙刀 銘 直光」は、江戸時代末期に幕臣によって結成された「京都見廻組」(きょうとみまわりぐみ)を指揮した「岩田通徳」(いわたみちのり)が所持した薙刀です。作刀したのは「細田直光」(ほそだなおみつ)。細田直光は刀鍛冶として優れていましたが、時代に翻弄された結果「贋作の名人」として有名になってしまった人物です。岩田通徳と細田直光の来歴を追っていきながら、薙刀 銘 直光について、詳しくご紹介していきます。

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之
「刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之」(かたな めい えんりゅうさいたちばなくにひでこれをきたえる)は、幕末の国学者で尊王攘夷派(そんのうじょういは:天皇を尊び、外国を排斥しようとする一派)として活動した「宮和田光胤」(みやわだみつたね)の愛刀とされています。宮和田光胤は、「千葉周作道場」(ちばしゅうさくどうじょう)にて「北辰一刀流」(ほくしんいっとうりゅう)の免許皆伝を受けた剣客という顔も持っていました。 本刀の制作者「立花圓龍子国秀」(たちばなえんりゅうしくにひで)は、江戸末期の刀工で「中山一貫斎義弘」(なかやまいっかんさいよしひろ)の門下に入り、上野国(上野国:現在の群馬県)や相模国鎌倉(現在の神奈川県鎌倉市)で作刀。「坂本龍馬」もまた、国秀の日本刀を佩刀していたことは有名です。坂本龍馬と千葉周作道場の同門だった尊王攘夷派の剣客・宮和田光胤について述べると共に、国秀作の刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之について解説します。

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武
江戸時代初期の刀工である「出雲大掾藤原吉武」(いずもだいじょうふじわらよしたけ)は、またの名を「出雲守藤原吉武」(いずものかみふじわらよしたけ)、あるいは「堀川吉武」と言います。「堀川」の姓からも分かる通り、吉武は稀代の名工として名を馳せた「堀川国広」の一門でした。 ご紹介する打刀と脇差は、上級旗本で伊勢山田奉行を務めた「長谷川重章」(はせがわしげあき)が特別注文した逸品です。注文主である長谷川重章と、刀工の出雲大掾藤原吉武は、どのような人物だったのかを解説すると共に、吉武が手掛けた刀剣の魅力に迫ります。

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武

京極高次伝来の薙刀 銘 和泉守兼定作 号・鬼夜叉の歴史

京極高次伝来の薙刀 銘 和泉守兼定作 号・鬼夜叉の歴史
「鬼夜叉」の号を持つ「薙刀 銘 和泉守兼定作」は、美濃国(現在の岐阜県南部)の刀工「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ)が打った薙刀です。小浜藩藩主「京極高次」(きょうごくたかつぐ)が所持していたと伝えられています。 京極高次は、「蛍大名」という不名誉なあだ名で有名になりましたが、のちに武勲を挙げて汚名を返上しました。その武勲を支えたのが、この鬼夜叉であると言われているのです。京極高次がいかにして汚名をそそいだのか、また、妖しくも美しい鬼夜叉について解説していきます。

京極高次伝来の薙刀 銘 和泉守兼定作 号・鬼夜叉の歴史

刀 銘 葵紋崩 烈公と徳川斉昭

刀 銘 葵紋崩 烈公と徳川斉昭
天皇や公家、藩主などの貴人が自ら作刀することを「慰み打ち」(なぐさみうち)と言います。水戸藩(現在の茨城県水戸市)9代藩主「徳川斉昭」(とくがわなりあき)も、慰み打ちを行なった藩主のひとりです。徳川斉昭は、江戸幕府15代将軍「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)の実父であり、「烈公」(れっこう)という諡号(しごう:死後に奉じられる名)でも有名。藩政改革に力を尽くす一方で、「尊王攘夷」(そんのうじょうい:天皇を尊び、外国を排斥しようとする思想)を掲げ、江戸幕府の政治にも大きくかかわりました。 烈公の名に違わず、荒々しく厳しい性格であったと言われる徳川斉昭の生涯を紐解くと共に、自ら鍛えた日本刀「刀 銘 葵紋崩[烈公]」(かたな めい あおいもんくずし[れっこう])についてご紹介します。

刀 銘 葵紋崩 烈公と徳川斉昭

伊東義祐伝来の重要刀剣 太刀 無銘 来国長

伊東義祐伝来の重要刀剣 太刀 無銘 来国長
重要刀剣「太刀 無銘 来国長」は、南北朝時代の刀工「中島来」(なかじまらい)が鍛えた作だと言われています。この1振を所用していたと伝えられているのが、戦国大名「伊東義祐」(いとうよしすけ)。伊東義祐は、島津氏と南九州の覇権争いを繰り広げたことで有名です。ここでは、伊東義祐を中心とした日州(にっしゅう:日向国の別名)伊東氏の栄枯盛衰と、日州伊東家伝来の刀剣にまつわる話をご紹介します。

伊東義祐伝来の重要刀剣 太刀 無銘 来国長

注目ワード
注目ワード