名家に代々伝えられた日本刀

尾張徳川家家老・竹腰家に伝わる名刀

文字サイズ

「刀 無銘 伝長義」を所持していたとされるのは、尾張徳川家家老・竹腰家(たけのこしけ)です。竹腰家の初代「竹腰正信」(たけのこしまさのぶ)は、尾張徳川家の初代藩主「徳川義直」(とくがわよしなお)と異父兄弟の関係。竹腰正信と徳川義直は共に成長し、やがて竹腰正信は家老へ、徳川義直は藩主へと大きく躍進していきます。そして、刀 無銘 伝長義を作刀したとされるのは、南北朝時代の刀工「長義」(ながよし/ちょうぎ)。最年少で「正宗十哲」に名を連ねた名工です。竹腰家と刀 無銘 伝長義についてご紹介します。

竹腰家のはじまり

竹腰正信

竹腰正信

「竹腰正信」(たけのこしまさのぶ)は、1591年(天正19年)に「竹腰正時」(たけのこしまさとき)と「お亀の方」(おかめのかた)との間に誕生。

夫・竹腰正時が亡くなると、お亀の方は「徳川家康」のもとで奥勤めを始めました。

徳川家康は確実に子を産ませるために、出産経験のある女性を側室に迎えることが多かったのは有名な話。

竹腰家(たけのこしけ)の祖である竹腰正信の生母・お亀の方も、徳川家康に見初められて、のちに尾張徳川家の祖となる「徳川義直」(とくがわよしなお)を産みました。

そのため、竹腰正信は初代尾張藩主である徳川義直の異父兄なのです。このような縁で、竹腰正信も近侍として召し上げられ、1607年(慶長12年)に「成瀬正成」(なるせまさなり)と共に徳川義直の後見役を任されます。

1611年(慶長16年)には、跡継ぎのないまま亡くなった尾張藩執政「平岩親吉」(ひらいわちかよし)に代わり、竹腰正信は「名古屋城」(現在の愛知県名古屋市中区)の普請を監督。翌年は、2代将軍「徳川秀忠」の御前で砲術の腕前を披露して褒賞として1万石を賜ります。

さらに1619年(元和5年)に、徳川義直より美濃国今尾藩(みののくにいまおはん:現在の岐阜県海津市平田町今尾)に3万石を与えられ、以降は、成瀬正成と共に尾張藩の御附家老(おつけがろう:徳川将軍家の命を受けて家老になる者のこと)を務めることになります。

大名・竹腰家の誕生

江戸幕府による幕藩体制下では、1万石以上の領地を有する藩主は独立大名とする決まりがありました。

3万石を持つ竹腰家は当然大名となるはずでしたが、竹腰家は江戸時代を通じて、大名として認められていません。なぜなら尾張藩の家臣であるため、竹腰家は江戸幕府より正式な藩として認められていなかったからです。

竹腰家と同じように、尾張国犬山藩(いぬやまはん:現在の愛知県犬山市)を与えられて「犬山城」を居所とした成瀬家をはじめ、紀州徳川家の御附家老である安藤家、水野家、水戸徳川家の御附家老・中山家など「徳川御三家」の御附家老5家は、大名として認められることはありませんでした。

竹腰正信の築いた今尾陣屋跡

竹腰正信の築いた今尾陣屋跡

そこに大きな変化が現れたのは、1868年(慶応4年)の明治維新直前のこと。

1868年(慶応4年)1月27日に明治政府により、ようやく御附家老5家にも立藩が認められ、竹腰家は1万石を尾張藩に返還して2万石の大名となりました。

ところが、翌年の1869年(明治2年)6月23日に「版籍奉還」(はんせきほうかん)が行なわれ、藩主が有していた土地や人民の支配権を朝廷に返還することになります。

明治政府の政治改革により、竹腰家が正式に大名を名乗ることができたのは、わずか1年半の間のことでした。これは、犬山藩の成瀬家や紀州・水戸御三家の御附家老5家も皆同じです。この5家は、のちに揃って男爵に叙せられました。

備前長船派の異端児・長義

竹腰家が所有した「刀 無銘 伝長義」の作者とされる「長義」(ながよし/ちょうぎ)は、南北朝時代の備前国(現在の岡山県長船派(おさふねは)の刀工です。相模国(現在の神奈川県)「正宗」(まさむね)の門人となり、「正宗十哲」に最年少で名を連ねました。

また、本来「ながよし」と読むところですが、「長吉」(ながよし)と名乗る別の刀工と区別するため「ちょうぎ」と呼ぶのが慣例となっています。

長義の作風は、身幅広く重ね薄く反りの少な相州伝らしい姿が特徴。備前長船派でありながら、正宗の影響を強く受けた作風となっています。刀 無銘 伝長義も、長義の特色を余すことなく示しており、大互の目(おおぐのめ)や丁子刃など、様々な刃文の入り混じった非常に華やかな1振です。

その個性的な作風から、後世の刀工に与えた影響も大きく、新刀の祖と呼ばれる江戸時代の名工堀川国広」(ほりかわくにひろ)もその影響を受けたひとりとされています。

長義が打った刀剣には名物が多く、そのなかの「山姥切」(やまんばぎり)と号された刀剣の写しを堀川国広が作刀。

すると、このできが素晴らしかったことから堀川国広作の刀剣は、「山姥切国広」(やまんばぎりくにひろ)と呼ばれ、長義作の山姥切と共に重要文化財に指定されています。

刀  無銘  伝長義
刀 無銘 伝長義
無銘
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
69.8
所蔵・伝来
尾張徳川家家老
竹腰家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

尾張徳川家家老・竹腰家に伝わる名刀

尾張徳川家家老・竹腰家に伝わる名刀をSNSでシェアする

「名家に代々伝えられた日本刀」の記事を読む


守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)
室町時代の守護大名として、最大で11ヵ国にも及ぶ所領を有していた「山名家」。主に山陰地方において、同家が大きな勢力を誇ることになったのは、「室町幕府」が開かれたあと、伯耆国(現在の鳥取県中西部)の守護職に任じられたことから始まります。そんな山名家に伝来したのが、同国で作刀活動を行っていた名工「伯耆国宗」(ほうきくにむね)による「太刀 銘 国宗」です。どのような経緯を経て、山名家が隆盛を極めるまでに至ったのか、同家の歴史を辿ると共に、国宗による本太刀の詳細についてもご説明します。

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光
「徳川将軍家」と言えば、江戸幕府の初代将軍「徳川家康」の一族のこと。武力、財力共に日本一の成功者。江戸幕府は滅びましたが、徳川将軍家に伝わる宝物は、現在も「徳川美術館」(愛知県名古屋市)などに数多く所蔵され、輝き続けています。そんな貴重な徳川将軍家伝来の太刀1振が、刀剣ワールド財団の所蔵となりました。重要文化財(旧国宝)「太刀 銘 備州長船住景光 正和五年十月日」について、詳しくご紹介します。

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀
日本各地に異なる系統が見られる「池田氏」のなかでも、江戸時代初期頃に全盛期を迎えた近世大名の「池田家」は、備前国岡山藩(現在の岡山県岡山市)を筆頭に、播磨国(現在の兵庫県南西部)や淡路国(現在の兵庫県淡路島)などの諸藩を領有していました。代々岡山藩の藩主として、そして外様大名としての池田家が、どのような歴史を辿って発展したのかをご説明すると共に、「刀剣ワールド財団」が所蔵する同家伝来の刀剣2振について解説します。

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀
「久保田藩」は、江戸時代に出羽国秋田(でわのくにあきた:現在の秋田県)を領地とした藩で、別名「秋田藩」。室町時代以降、「常陸国」(ひたちのくに:現在の茨城県)で代々守護を務めていた佐竹氏が秋田へ国替えとなって藩主となり、初代は豊臣政権下で活躍した名将「佐竹義宣」(さたけよしのぶ)が務めました。今回は東北の地・秋田を260年に亘って統治した佐竹家をご紹介すると共に、久保田藩佐竹家に伝来した「福岡一文字」(ふくおかいちもんじ)の名刀を観ていきましょう。

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞
南北朝時代に制作されたと伝わる「短刀 銘 吉貞」は、「水戸徳川家」に伝来した1振です。同家は江戸幕府の開府後、幕府によって常陸国水戸(ひたちのくにみと:現在の茨城県水戸市)に移された徳川家の一族であり、「尾張徳川家」や「紀州徳川家」と共に「徳川御三家」のひとつに数えられる名門中の名門。時代劇「水戸黄門」でお馴染みの水戸藩2代藩主「徳川光圀」(とくがわみつくに)も、水戸徳川家の出身です。ここでは、吉貞が伝来した水戸徳川家と水戸藩に焦点を当てつつ、吉貞の歴史や特徴について解説します。

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞

安芸吉川家と名刀 備州長船近景

安芸吉川家と名刀 備州長船近景
「長船近景」(おさふねちかがけ)は、日本の代表的な刀剣の産地である、備前国(現在の岡山県東南部)の刀工。その作刀のいくつかは、「国宝」や「重要文化財」などに指定されるほどの高い技術力を持った名工でした。 そんな長船近景による作刀のひとつである「刀 銘 備州長船近景」を所有していたのが、江戸時代に代々周防国岩国藩(すおうのくにいわくにはん:現在の山口県岩国市)の藩主を務め、明治時代には「子爵」(ししゃく)の爵位を授けられた、「吉川家」(きっかわけ)宗家にあたる「安芸吉川家」(あききっかわけ)と伝えられているのです。ここでは、安芸吉川家の歴史を振り返ると共に、同家に伝来した刀 銘 備州長船近景についてご紹介します。

安芸吉川家と名刀 備州長船近景

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作
「有栖川宮家」(ありすがわのみやけ)は、江戸時代から大正時代にかけて存続した、由緒正しい宮家(宮号を与えられた皇族)です。特に、「有栖川宮熾仁親王」(ありすがわのみやたるひとしんのう)と「有栖川宮威仁親王」(ありすがわのみやたけひとしんのう)は、刀剣好きと知られています。有栖川宮家の歴史と有栖川宮家にまつわる刀剣について、詳しくご紹介します。

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)
薙刀の必殺技「大外刈」(おおそとがり)の号を持つ「薙刀 無銘 片山一文字」。この薙刀を最初に所持していたのは、薙刀の名手と言われた「山口修弘」(やまぐちながひろ)です。豊臣秀吉から賜ったこの薙刀はそののち、どのようにして加賀百万石を誇る前田家へと伝わったのでしょうか。薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)について、詳しくご紹介します。

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀
徳川将軍家の世継ぎ誕生の折に「徳川御三家」や大名家より、度々献上された刀剣が「守家」(もりいえ)作の「太刀 銘 守家」です。その名前が「家を守る」といった意味にもなることから、縁起の良い日本刀だとして重宝されました。刀工・守家と、代々繁栄した徳川家についてご紹介します。

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀