刀剣女子に人気の刀剣

徳川家伝来の刀剣

文字サイズ

江戸幕府の将軍家「徳川家」は、「徳川家康」を初代将軍として征夷大将軍を世襲した家系です。徳川家は、8代将軍「徳川吉宗」が刀剣鑑定家「本阿弥家」に命じて編纂させた全国の名刀リスト「享保名物帳」に記載される、「名物」と呼ばれる数々の名刀を所持していたことでも知られており、その中にはオンラインゲーム「刀剣乱舞」によって広く知られるようになった名刀も多数存在。
ここでは、刀剣女子必見の徳川家に伝来した名刀をご紹介します。

徳川十五代将軍徳川十五代将軍
初代将軍「徳川家康」から第十五代将軍「徳川慶喜」まで、江戸幕府を治めた徳川家15人の将軍の姿を紐解きます。

江戸幕府を開いた「徳川家」とは

数々の名刀を所有した将軍家

徳川家康

徳川家康

1603年(慶長8年)征夷大将軍に就任し、武蔵国江戸(現在の東京都)に江戸幕府を開いたのが初代将軍「徳川家康」です。

徳川将軍家はその後、15代将軍「徳川慶喜」の代まで続き、明治維新後は公爵の爵位を得て「徳川公爵家」になりました。

徳川家は、家臣や諸大名からの献上品を数多く所蔵し、その物品は現在も愛知県名古屋市東区の「徳川美術館」をはじめ、全国の施設や個人が所有しています。

なかでも特に注目を集める美術品といえば、「刀剣乱舞」に登場する多くの名刀。徳川家が所有した名刀には、様々な逸話や伝説が残されており、刀剣に興味を持った刀剣女子が徳川家ゆかりの刀剣をひと目観ようと全国の施設や展覧会へ訪れます。

徳川家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。

徳川家伝来の刀剣「脇差 無銘 (号 物吉貞宗)」

「脇差 無銘(号 物吉貞宗)」は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した刀工「貞宗」によって制作されたと言われる刀剣です。

「物吉貞宗」と言う名称の由来に関しては諸説ありますが、最も有力なのは「徳川家康に数々の勝ち戦をもたらした」と言う説。

また、物吉貞宗には「差料にするとすべてが思い通りになった」、「物吉し(ものよし)と言われるほどの切れ味の良さを誇った」などの逸話があります。

なお、本刀ほどの名刀は本来なら徳川将軍家に伝来するのが自然ですが、物吉貞宗は代々徳川御三家のひとつである「尾張徳川家」に伝来してきました。尾張徳川家へ渡った理由としては、徳川家康の側室「相応院」(そうおういん)通称「お亀の方」が関係しています。

お亀の方は、尾張藩初代藩主「徳川義直」(とくがわよしなお)の母であり、子の徳川義直と共に名古屋城で暮らしていました。

そして、物吉貞宗が徳川家康に勝ち戦をもたらすのを間近で見ていたため、徳川家康が没した後の遺品分与で本刀を譲ってもらえるように奔走したと言われています。尾張徳川家へ伝来して以降は、同家の家宝として代々藩主に受け継がれました。

制作者と言われる貞宗の在銘作は皆無ですが、貞宗が制作した刀剣の多くが国宝重要文化財に指定されています。

脇差 無銘(号 物吉貞宗)

脇差 無銘(号 物吉貞宗)

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
無銘
(号 物吉貞宗)
鎌倉時代 重要文化財 徳川家康→
尾張徳川家→
徳川美術館

徳川家伝来の刀剣「太刀 銘 妙純傳持ソハヤノツルキ ウツスナリ」

「太刀 銘 妙純傳持ソハヤノツルキ ウツスナリ」は、鎌倉時代に筑後国(現在の福岡県南西部)で活躍した刀工「三池典太光世」が制作したと言われる刀剣です。

本刀は、1584年(天正12年)頃に「織田信長」の2男である「織田信雄」(おだのぶかつ)から徳川家康へ贈られた刀剣であり、徳川家康が最も大事にした1振として知られています。

合戦で使用するだけではなく、常に所有したり、夜は枕刀(まくらがたな:魔除けや護身のために刀剣を枕元に置くこと)として用いたりなど、その溺愛ぶりは刀剣女子の間でも有名です。

そして、本刀が持つ逸話で特に刀剣女子に知られるのは、徳川家康の遺言「西国の大名が謀反することのないように、本刀の鋒/切先(きっさき)を西へ向けて久能山東照宮へ安置するように」。本刀の力かは定かではありませんが、江戸時代が265年続いたことや、徳川家が明治維新後も家系が絶えることなく現代まで続いていることなどは周知の事実です。

本刀の制作者と推測される三池典太光世の刀剣には、魔を払う力が宿っていたと言われており、なかでも「天下五剣」のひとつである「大典太光世」は、刀剣女子の間でも高い人気を集めています。

ソハヤノツルキ

ソハヤノツルキ

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
妙純傳持
ソハヤノツルキ
/ウツスナリ
鎌倉時代 重要文化財 徳川家康→
久能山東照宮

徳川家伝来の刀剣「太刀 無銘(号 獅子王)」

「太刀 無銘(号 獅子王)」は、平安時代後期に大和国(現在の奈良県)で制作されたと推測される刀剣です。

本刀は、「源頼政」が妖怪「鵺」(ぬえ:複数の動物が混ざったような外見をした妖怪)を退治した褒美として、天皇から下賜されたと言う逸話で知られています。のちに徳川家康の元へ渡り、徳川家康から源頼政の子孫「土岐頼次」へ与えられた後は、代々土岐家の家宝として大切にされてきました。

そして、明治時代に土岐家から皇室へ献上されます。なお、本刀は刀身そのものだけではなく、平安時代当時に制作された付属の外装「黒漆塗糸巻太刀拵」(くろうるしぬりいとまきたちごしらえ)も有名です。

徳川家伝来の刀剣「太刀 銘 筑州住左(名物 江雪左文字)」

「太刀 銘 筑州住左」(名物 江雪左文字)は、南北朝時代初期に筑前国(現在の福岡県北西部)で活躍した刀工「左文字」(大左)が制作した刀剣です。

本刀は、徳川家康に仕えた後北条家家臣「板部岡江雪斎」(いたべおかこうせつさい)が佩刀していたと言われる太刀で、板部岡江雪斎が徳川家康へ献上したため、将軍家の蔵刀になりました。のちに徳川家康から、紀州徳川家の祖である10男「徳川頼宜」へ与えられ、徳川頼宜は本刀を帯びて「大阪冬の陣・夏の陣」に参戦したと言われています。

制作者の左文字(大左)は、左文字と言われる刀工一派の初代として知られており、短刀の制作を得意としていました。

太刀 銘 筑州住左(名物 江雪左文字)

太刀 銘 筑州住左(名物 江雪左文字)

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
筑州住左
(名物 江雪左文字)
南北朝時代 国宝 板部岡江雪斎→
徳川家康→
徳川頼宜→
ふくやま美術館

徳川家伝来の刀剣「太刀 銘 光世作(名物 大典太)」

「太刀 銘 光世作」(名物 大典太)は、号を「大典太光世」と言い、鎌倉時代に筑後国で活躍した刀工三池典太光世が制作した刀剣です。

本刀は、病人の枕元に置くことで病気を治癒する力が宿っていると言われる太刀で、この逸話には主に2つの伝承が存在します。

ひとつは、「前田利家」の4女「豪姫」(「宇喜多秀家」の正室で、「豊臣秀吉」の養女)の病気を治したと言う逸話。もうひとつは、前田利家の4男「前田利常」が、自身の正室「珠姫」の病気を治すために「徳川秀忠」から本刀を借りて枕元へ置いた逸話。本刀を珠姫の枕元に置いたところ、見る間に平癒したため徳川秀忠へ太刀を返却しますが、太刀が離れた途端に珠姫の病気が再発します。

再び太刀を借りて枕元へ置いたところ、症状が治ったので改めて徳川秀忠に返却するのですが、また症状が悪化。再び太刀を借りに来た前田利常は、徳川秀忠から「もう返さなくて良い」と言われ、そのまま本刀を拝領したと言う逸話は有名です。

制作者の三池典太光世は、切れ味が鋭い刀剣を多く制作したことで知られており、複数の文献にもその旨が記載されています。

太刀 銘 光世作(名物 大典太)

太刀 銘 光世作(名物 大典太)

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
光世作
(名物 大典太)
鎌倉時代 国宝 豊臣秀吉→
徳川家康→
加賀藩前田家
前田育徳会

徳川家伝来の刀剣「太刀 銘 包永(金象嵌)本多平八郎忠為所持之」

太刀 銘 包永(金象嵌)本多平八郎忠為所持之」は、鎌倉時代中期に大和国で活躍した刀工「包永」が制作した刀剣です。

本刀は、「本多忠勝」の孫「本多忠刻」(ほんだただとき)の愛刀で、のちに本多忠刻の正室「千姫」(せんひめ:徳川家康の孫で3代将軍「徳川家光」の姉)が形見として将軍家へ持ち帰ったことで蔵刀となりました。

そのあと、5代将軍「徳川綱吉」の側用人を務めていた「松平忠周」(まつだいらただちか)が拝領し、以後、信濃国(現在の長野県)上田藩主「藤井松平家」の家宝として大切にされたと言います。制作者の包永は、「手搔派」(てがいは)の祖として知られる刀工です。

手搔派は、大和国で発展した数ある刀工一派の中で最も栄え、室町時代にはその刀工数が最多だったと言われています。

太刀 銘 包永(金象嵌)本多平八郎忠為所持之
太刀 銘 包永(金象嵌)本多平八郎忠為所持之
包永(金象嵌)
本多平八郎忠為
所持之
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
71.8
所蔵・伝来
本多忠刻→
千姫→徳川家光→
徳川綱吉→
松平忠周→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

徳川家伝来の刀剣「太刀 銘 貞真」

太刀 銘 貞真」は、鎌倉時代中期に備前国で活躍した刀工「貞真」(さだざね)が制作した刀剣です。本刀は、江戸時代前期に信濃国諏訪藩2代藩主「諏訪忠恒」(すわただつね)が、3代将軍・徳川家光から拝領しました。

諏訪忠恒は、藩政の中で新田開発に努めた人物として知られており、元服の際に2代将軍徳川秀忠からも刀剣を賜ったと言われています。

制作者である貞真は、鎌倉時代初期の刀工一派「福岡一文字」系統の刀工です。

太刀  貞真
太刀 貞真
貞真
鑑定区分
重要美術品
刃長
74.5
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣女子に人気の刀剣 紹介動画

刀剣女子に人気の刀剣 YouTube動画

徳川家伝来の刀剣

徳川家伝来の刀剣をSNSでシェアする

「刀剣女子に人気の刀剣」の記事を読む


織田家伝来の刀剣

織田家伝来の刀剣
戦国武将の中でも圧倒的人気を誇るのが、「織田信長」。無類の刀剣好きとしても有名です。自分で買い求めた物はもちろん、貢ぎ物として貰った刀剣や戦利品として奪った名刀も数知れず。また、褒賞として家臣に与えた刀剣もありました。そんな織田家に伝えられた名刀のなかから、刀剣女子に人気の高い作品をピックアップ。「刀剣ワールド財団」が所蔵する織田家ゆかりの刀剣と共にご紹介します。

織田家伝来の刀剣

豊臣家伝来の刀剣

豊臣家伝来の刀剣
戦国武将を代表する「三英傑」のひとりであり、天下人でもある「豊臣秀吉」は、無類の刀剣コレクターでもありました。豊臣秀吉のコレクションには、刀剣ファンならずとも1度はその名を耳にしたことがある名刀から、不思議な逸話を持つ妖刀まで含まれ、刀剣女子の熱い視線を集めています。 そんな豊臣家に伝えられた名刀のなかから、刀剣女子に人気の高い作品をピックアップし、心惹かれる秘密に迫りました。「刀剣ワールド財団」が所蔵する豊臣家ゆかりの刀剣と併せてご紹介します。

豊臣家伝来の刀剣

伊達家伝来の刀剣

伊達家伝来の刀剣
「伊達家」は、鎌倉時代から現代まで続く名門の一族です。なかでも有名なのは、17代当主「伊達政宗」。伊達政宗は、「奥州の覇者」や「独眼竜」などの肩書きで名を馳せた戦国武将で「燭台切光忠」(しょくだいきりみつただ)と呼ばれる刀剣を所有していたことで知られています。また、伊達家ではこの他にも「大倶利伽羅」(おおくりから)や「太鼓鐘貞宗」(たいこがねさだむね)、「鶴丸国永」(つるまるくになが)など、刀剣女子から人気が高い刀剣を多く所有していました。ここでは、伊達家伝来の名刀をご紹介します。

伊達家伝来の刀剣

上杉家伝来の刀剣

上杉家伝来の刀剣
歴史ファンからの絶大な人気を誇る戦国武将のひとり「上杉謙信」。越後国(現在の新潟県)を治める大名であり、戦上手であることから、「軍神」とも呼ばれました。甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名「武田信玄」とのライバル関係はあまりにも有名。武田信玄が「甲斐の虎」の異名を取る一方、上杉謙信は「越後の龍」と称えられています。戦上手な上杉謙信は愛刀家としても知られており、その日本刀を愛する気持ちは、後継者である養子の「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)にも受け継がれ、上杉家には名だたる名刀が集められたのです。 そんな名刀の中から、とりわけ刀剣女子に人気の高い作品を厳選して取り上げました。さらに、「刀剣ワールド財団」が所蔵する上杉家伝来の刀剣もご紹介します。

上杉家伝来の刀剣

正宗の刀剣

正宗の刀剣
「正宗」は、刀工の中でも世界的に有名な人物です。正宗が鍛えた刀剣は、多くの武士や武将から愛され、特に「豊臣秀吉」は正宗を重宝していました。ブラウザゲーム「刀剣乱舞」では、「日向正宗」(ひゅうがまさむね)が「刀剣男士」として登場しており、刀剣女子の間でも高い人気を集めています。正宗はなぜ評価され、ここまで高い知名度を誇っているのか。ここでは、正宗の基礎知識と著名な刀剣をご紹介します。

正宗の刀剣

吉光の刀剣

吉光の刀剣
刀剣に造詣が深く、それ以上に愛情も深い刀剣女子のみなさんなら、「吉光」(よしみつ)の作品を見逃すことはないでしょう。鎌倉時代中期に、京都の粟田口(あわたぐち)を拠点とした吉光は、通称を「藤四郎」(とうしろう)と称し、特に短刀作りにおいて存分に才能を発揮しました。その名は広く天下に知れ渡り、安土桃山時代には、稀代の刀剣コレクターである「豊臣秀吉」から、相州(現在の神奈川県)の「正宗」、越中(現在の富山県)の「郷義弘」(ごうのよしひろ:「江義弘」とも)と並び、「天下の三名工」と称賛されたほどです。吉光の刀剣では、現存する吉光の名刀5振をピックアップしてご紹介。刀剣女子を惹き付けてやまない魅力に迫ります。

吉光の刀剣

江義弘の刀剣

江義弘の刀剣
「江/郷と化け物は見たことがない」と、よく例えられるのが「江義弘」(ごうよしひろ:郷義弘)の作刀です。その理由は、江義弘(郷義弘)が27歳という若さで亡くなったため、作刀数が少ないから。しかしそれ以上に、誰もが見たいと切望するカリスマ性があったからなのです。そんな江義弘(郷義弘)の刀剣のなかから、刀剣女子に人気の高い作品をピックアップ。「刀剣ワールド財団」が所蔵する、江義弘(郷義弘)の刀剣もご紹介します。

江義弘の刀剣

注目ワード
注目ワード