刀剣女子に人気の刀剣

織田家伝来の刀剣

文字サイズ

戦国武将の中でも圧倒的人気を誇るのが、「織田信長」。無類の刀剣好きとしても有名です。
自分で買い求めた物はもちろん、貢ぎ物として貰った刀剣や戦利品として奪った名刀も数知れず。また、褒賞として家臣に与えた刀剣もありました。そんな織田家に伝えられた名刀のなかから、刀剣女子に人気の高い作品をピックアップ。
「刀剣ワールド財団」が所蔵する織田家ゆかりの刀剣と共にご紹介します。

織田信長が愛した刀剣達

へし切長谷部

織田信長

織田信長

織田信長」の愛刀として、ぜひ覚えて頂きたい1振が国宝「へし切長谷部」(へしきりはせべ)です。刀剣乱舞では、主人への忠誠心が厚い、髪の毛サラサラのイケメン刀剣男子。性格は勝気で皮肉屋とのこと。舞台では「和田雅成」(わだまさなり)さんが演じています。

へし切長谷部とは、銘ではなく、号(ごう:ニックネーム)で、織田信長が起こした、ある事件により名付けられています。それは、茶坊主「観内」が客人に無礼をしたことを織田信長が決して許さなかった事件。

織田信長が刀剣を抜くと、観内は台所の御前を収める棚の下へと逃げ隠れます。しかし、織田信長は容赦なく、棚ごと茶坊主を圧し斬ったのです。これ以来、この刀剣はへし切長谷部と呼ばれるようになりました。

へし切長谷部は、大磨上された無銘の打刀。刀剣鑑定家「本阿弥光徳」が「長谷部国重」(はせべくにしげ)の作刀と極め、茎に「長谷部国重 黒田筑前守 本阿(花押)」と金象嵌を入れています。長谷部国重は、南北朝時代に活躍した名工です。

相州伝」を「正宗」に学んで修得した「正宗十哲」のひとりで、「新藤五国光」の子とも言われる人物。山城国(現在の京都府)に帰り、長谷部派の始祖となりました。現存する物のほとんどが短刀で、大磨上の打刀(元は太刀)は珍しい1振です。

身幅は広く、重ねは薄く、反りは浅く、大鋒の姿。地鉄(じがね)は小板目肌よく詰み、地沸付き、刃文互の目(ぐのめ)、小のたれを基調とした皆焼(ひたつら)で匂口冴えた逸品です。

織田信長がお気に入りとした刀剣でしたが、1575年(天正3年)「黒田官兵衛」に下賜しています。当時、黒田官兵衛は播磨国(現在の兵庫県)小寺家の家臣。主君「小寺政職」(こでらまさもと)に織田信長への臣従を勧めて、岐阜城で謁見した際に下賜されたのです。

黒田官兵衛は、のちに天才軍師と呼ばれた人物。織田信長は、すでにこの時、黒田官兵衛の素質を見抜き、いちばんの愛刀を下賜することで、黒田官兵衛の人心を掌握したのです。

※刀剣の伝来については諸説あります。

へし切長谷部

へし切長谷部

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
金象嵌銘
長谷部国重本阿
(花押)/黒田筑前守)
南北朝時代 国宝 福岡市博物館

宗三左文字

今川義元

今川義元

織田信長のもうひとつの愛刀が、重要文化財「宗三左文字」(そうざさもんじ)です。

刀剣乱舞では、厭世的かつ悲観的な憂いのある美青年。舞台では、「佐々木喜英」(ささきよしひで)さんが艶やかに熱演しています。

宗三左文字は、最初の持ち主が「三好政長」(みよしまさなが:別名は宗三)だったことにちなんで名付けられました。三好政長とは、室町幕府の官僚「細川晴元」(ほそかわはるもと)の家臣です。

三好一族の分家の出身で、のちに三好本家と戦い敗れています。

三好政長は、この宗三左文字を「武田信虎」(武田信玄の父)に贈り、武田信虎は長女「定恵院」が「今川義元」に正室として嫁ぐ際、この刀剣を寄贈。今川義元の愛刀となったため、宗三左文字は「義元左文字」とも呼ばています。

しかし、1560年(永禄3年)の「桶狭間の戦い」で、織田信長は今川義元を奇襲し、討ち取ることに成功。この際、織田信長は義元左文字を戦利品として頂戴し、すぐにこの刀剣を磨上して、茎に「織田尾張守信長 永禄三年五月十九日義元討捕刻彼所持刀」と金象嵌を入れ、愛刀としたのです。

なお、織田信長亡きあとは、豊臣秀吉豊臣秀頼徳川家康に継承されましたが、1657年の「明暦の大火」で焼身になり、幕府によりすぐに焼き直しされました。

1880年(明治13年)に織田信長を祭神とした「建勲神社」(たていさおじんじゃ)が建てられた際、この刀剣は寄贈されています。

地鉄は板目肌、刃文は元々が互の目乱れで、飛び焼きあり、帽子も乱れ込んで尖っていましたが、焼き直しにより、広直仕立、尖りごころの小乱刃間遠に小足が入り、帽子は直ぐで小丸となっています。表裏棒樋掻流しがある名品。

この刀剣を制作したのは、「左安吉」(さのやすよし:左文字/源慶/左衛門三郎/大左)。左安吉は、南北朝時代に正宗のもとで相州伝を学び、正宗十哲のひとりに選ばれた人物です。

筑前国(現在の福岡県)で左文字派を創始しました。

宗三左文字

宗三左文字

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
金象嵌銘
織田尾張守信長
永禄三年五月十九日義元討捕刻彼所持刀
南北朝時代 重要文化財 建勲神社

短刀 銘 吉光(名物:薬研藤四郎)

松永久秀

松永久秀

名物「薬研藤四郎」(やげんとうしろう)は、1573年(天正元年)に、「松永久秀」から織田信長に贈与された刀剣です。

松永久秀と言えば「三好長慶」(みよしながよし)に仕え、室町幕府13代将軍「足利義輝」暗殺に加わり、畿内で実権を握っていた人物。そのあと、三好三人衆と対立して敗北し、1568年から織田信長に従い、大和一国を安堵されました。

刀剣乱舞では、冷静沈着で任務に忠実なかわいい系男子。舞台では、「北村諒」(きたむらりょう)さんが熱演しています。

最初の持ち主は、「畠山政長」(はたけやままさなが)。畠山家と言えば、その継承問題が「応仁の乱」の一因となった家柄です。結局、畠山政長が家督を継ぎ、室町幕府の官僚となりますが、「細川政元」のクーデターに遭います。

追い込まれた畠山政長は、家宝・薬研藤四郎で切腹を試みますが、全く腹に刺さりません。怒って放り投げたところ、傍にあった「薬研」(やげん:薬剤を挽いて粉末にする鉄でできた道具)をグサリと貫いてしまいました。以来、切れ味は抜群なのに、主の腹は切らない守り刀と呼ばれたのです。なお、畠山政長はこのあと、他の刀剣で自害しています。

刃文は直刃で、鋩子は小丸。生ぶ茎で目釘孔一個、「吉光」と二字銘があったと言われています。制作したのは、「粟田口吉光」。粟田口吉光は鎌倉時代中期に活躍した名工で、直刃の名人と讃えられた人物です。

しかし、この刀剣は、1582年(天正10年)「本能寺の変」の際に焼失。別説では徳川将軍家に伝来したともありますが、「享保名物帳」では焼失ノ部に掲載され、現存しません。

短刀 銘 吉光 (名物:薬研藤四郎)

短刀 銘 吉光 (名物:薬研藤四郎)

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
吉光 鎌倉時代 焼失

短刀 銘 行光(名物:不動行光)

丹羽長秀

丹羽長秀

名物「短刀 銘 行光」(名物:不動行光)も、織田信長自慢の愛刀です。

刀剣乱舞では、甘酒を好み、ダメ刀と自称する、ちょっと面倒くさい性格の少年として描かれています。舞台では、「椎名鯛造」(しいなたいぞう)さんが好演。

名前の由来は、差表の櫃の中に、不動明王と二童子の彫物があることから。

織田信長は宴席で酒に酔うと、「不動行光、九十九髪、人には五郎左御座候」と、機嫌良く歌っていたと伝わっています。なお、不動行光はこの刀剣、九十九髪は九十九髪茄子茶入という茶器、五郎左とは織田信長の家臣「丹羽長秀」(にわながひで)のこと。これらは、すべて織田信長のお気に入りでした。

しかし、1575年(天正3年)の「長篠の戦い」の功により「小笠原貞慶」(おがさわらさだよし)に下賜。そののち、小笠原家で継承されましたが、現在は個人蔵となっています。

本短刀は、身幅やや狭めで、無反り。地鉄は、板目肌、地沸付き、地景入り、刃文は、直刃調に沸付き、帽子は、丸く、先掃かける名品。差表の樋の中に梵字、蓮華、不動、矜伽羅、制多伽の浮彫があり、裏は腰樋なのが特徴です。

作刀したのは、「行光」(ゆきみつ)。鎌倉時代後期の刀工で、相州伝の開祖新藤五国光の子、正宗の父とも言われ、相州伝の完成に尽力しました。

短刀 銘 行光 (名物:不動行光)

短刀 銘 行光 (名物:不動行光)

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
行光 鎌倉時代 織田信長→
小笠原貞慶→
個人蔵

「刀剣ワールド財団」が所蔵する織田家ゆかりの刀剣

刀剣ワールド財団が所有する織田家伝来の刀剣にも、様々な逸話があり、個性的です。おすすめの2振をご紹介します。

刀 無銘 景光 織田弾正忠信秀摺上之

織田信秀

織田信秀

「刀 無銘 景光」は、「織田信秀」(おだのぶひで)の愛刀です。織田信秀は、織田信長の父。

尾張国(現在の愛知県清洲城主・織田家三奉行のひとりでしたが、次第に頭角を現し、織田家一族の中で最強となった人物です。

織田信秀亡きあと、この刀剣は織田信長へと継承されました。

本刀は、大磨上で「織田弾正忠信秀摺上之」と切付銘があるのが特徴です。

地鉄は小板目肌がよく詰み、地沸付き、乱映りが鮮明に立ち、刃文は広直刃長に逆がかった互の目を肩落互の目に焼き、帽子は浅くのたれ込み、先小丸に返る一級品。表裏に棒樋を掻き出しています。

制作したのは、「景光」と伝承。景光は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した、備前長船派の3代目当主です。「肩落互の目」(かたおちぐのめ)という独特な乱れ刃を創始し、本刀にも見ることができます。

刀 無銘 景光 織田弾正忠信秀摺上之
刀 無銘 景光 織田弾正忠信秀摺上之
(切付銘)
織田弾正忠
信秀摺上之
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
70.8
所蔵・伝来
織田信秀→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

短刀 銘 来国光(名物:有楽来国光)

織田有楽斎

織田有楽斎

「短刀 銘 来国光」(名物:有楽来国光)は、「織田有楽斎」(織田長益)の愛刀です。

織田有楽斎は、織田信長の14歳年下の弟。戦国武将として活躍しましたが、1582年(天正10年)の本能寺の変以降は、豊臣秀吉に仕えて御伽衆(おとぎしゅう:豊臣秀吉の話し相手)となり、茶道「有楽流」を創始しました。

本短刀は、織田有楽斎が豊臣秀吉の嫡男・豊臣秀頼より拝領し、享保名物帳に所載された1振です。地鉄は憂いに富んだ流麗精細な小板目肌で地沸映りが立ち、刃文は互の目交じりの大丁子乱れで、差表に素剣が彫られています

制作したのは、「来国光」です。

来国光は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した山城国(現在の京都府)名工。沸が強く覇気のある短刀作りを得意としました。

短刀 銘 来国光(名物 有楽来国光)
短刀 銘 来国光(名物 有楽来国光)
来国光
鑑定区分
国宝
刃長
27.7
所蔵・伝来
豊臣秀頼 →
織田有楽斎 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣女子に人気の刀剣 紹介動画

刀剣女子に人気の刀剣 YouTube動画

織田家伝来の刀剣

織田家伝来の刀剣をSNSでシェアする

「刀剣女子に人気の刀剣」の記事を読む


豊臣家伝来の刀剣

豊臣家伝来の刀剣
戦国武将を代表する「三英傑」のひとりであり、天下人でもある「豊臣秀吉」は、無類の刀剣コレクターでもありました。豊臣秀吉のコレクションには、刀剣ファンならずとも1度はその名を耳にしたことがある名刀から、不思議な逸話を持つ妖刀まで含まれ、刀剣女子の熱い視線を集めています。 そんな豊臣家に伝えられた名刀のなかから、刀剣女子に人気の高い作品をピックアップし、心惹かれる秘密に迫りました。「刀剣ワールド財団」が所蔵する豊臣家ゆかりの刀剣と併せてご紹介します。

豊臣家伝来の刀剣

徳川家伝来の刀剣

徳川家伝来の刀剣
江戸幕府の将軍家「徳川家」は、「徳川家康」を初代将軍として征夷大将軍を世襲した家系です。徳川家は、8代将軍「徳川吉宗」が刀剣鑑定家「本阿弥家」に命じて編纂させた全国の名刀リスト「享保名物帳」に記載される、「名物」と呼ばれる数々の名刀を所持していたことでも知られており、その中にはオンラインゲーム「刀剣乱舞」によって広く知られるようになった名刀も多数存在。ここでは、刀剣女子必見の徳川家に伝来した名刀をご紹介します。

徳川家伝来の刀剣

伊達家伝来の刀剣

伊達家伝来の刀剣
「伊達家」は、鎌倉時代から現代まで続く名門の一族です。なかでも有名なのは、17代当主「伊達政宗」。伊達政宗は、「奥州の覇者」や「独眼竜」などの肩書きで名を馳せた戦国武将で「燭台切光忠」(しょくだいきりみつただ)と呼ばれる刀剣を所有していたことで知られています。また、伊達家ではこの他にも「大倶利伽羅」(おおくりから)や「太鼓鐘貞宗」(たいこがねさだむね)、「鶴丸国永」(つるまるくになが)など、刀剣女子から人気が高い刀剣を多く所有していました。ここでは、伊達家伝来の名刀をご紹介します。

伊達家伝来の刀剣

上杉家伝来の刀剣

上杉家伝来の刀剣
歴史ファンからの絶大な人気を誇る戦国武将のひとり「上杉謙信」。越後国(現在の新潟県)を治める大名であり、戦上手であることから、「軍神」とも呼ばれました。甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名「武田信玄」とのライバル関係はあまりにも有名。武田信玄が「甲斐の虎」の異名を取る一方、上杉謙信は「越後の龍」と称えられています。戦上手な上杉謙信は愛刀家としても知られており、その日本刀を愛する気持ちは、後継者である養子の「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)にも受け継がれ、上杉家には名だたる名刀が集められたのです。 そんな名刀の中から、とりわけ刀剣女子に人気の高い作品を厳選して取り上げました。さらに、「刀剣ワールド財団」が所蔵する上杉家伝来の刀剣もご紹介します。

上杉家伝来の刀剣

正宗の刀剣

正宗の刀剣
「正宗」は、刀工の中でも世界的に有名な人物です。正宗が鍛えた刀剣は、多くの武士や武将から愛され、特に「豊臣秀吉」は正宗を重宝していました。ブラウザゲーム「刀剣乱舞」では、「日向正宗」(ひゅうがまさむね)が「刀剣男士」として登場しており、刀剣女子の間でも高い人気を集めています。正宗はなぜ評価され、ここまで高い知名度を誇っているのか。ここでは、正宗の基礎知識と著名な刀剣をご紹介します。

正宗の刀剣

吉光の刀剣

吉光の刀剣
刀剣に造詣が深く、それ以上に愛情も深い刀剣女子のみなさんなら、「吉光」(よしみつ)の作品を見逃すことはないでしょう。鎌倉時代中期に、京都の粟田口(あわたぐち)を拠点とした吉光は、通称を「藤四郎」(とうしろう)と称し、特に短刀作りにおいて存分に才能を発揮しました。その名は広く天下に知れ渡り、安土桃山時代には、稀代の刀剣コレクターである「豊臣秀吉」から、相州(現在の神奈川県)の「正宗」、越中(現在の富山県)の「郷義弘」(ごうのよしひろ:「江義弘」とも)と並び、「天下の三名工」と称賛されたほどです。吉光の刀剣では、現存する吉光の名刀5振をピックアップしてご紹介。刀剣女子を惹き付けてやまない魅力に迫ります。

吉光の刀剣

江義弘の刀剣

江義弘の刀剣
「江/郷と化け物は見たことがない」と、よく例えられるのが「江義弘」(ごうよしひろ:郷義弘)の作刀です。その理由は、江義弘(郷義弘)が27歳という若さで亡くなったため、作刀数が少ないから。しかしそれ以上に、誰もが見たいと切望するカリスマ性があったからなのです。そんな江義弘(郷義弘)の刀剣のなかから、刀剣女子に人気の高い作品をピックアップ。「刀剣ワールド財団」が所蔵する、江義弘(郷義弘)の刀剣もご紹介します。

江義弘の刀剣

注目ワード
注目ワード