刀剣女子に人気の刀剣

上杉家伝来の刀剣

文字サイズ

歴史ファンからの絶大な人気を誇る戦国武将のひとり「上杉謙信」。越後国(現在の新潟県)を治める大名であり、戦上手であることから、「軍神」とも呼ばれました。
甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名「武田信玄」とのライバル関係はあまりにも有名。武田信玄が「甲斐の虎」の異名を取る一方、上杉謙信は「越後の龍」と称えられています。
戦上手な上杉謙信は愛刀家としても知られており、その日本刀を愛する気持ちは、後継者である養子の「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)にも受け継がれ、上杉家には名だたる名刀が集められたのです。 そんな名刀の中から、とりわけ刀剣女子に人気の高い作品を厳選して取り上げました。さらに、「刀剣ワールド財団」が所蔵する上杉家伝来の刀剣もご紹介します。

軍神・上杉謙信の愛刀達

虎が恐れをなした短刀「五虎退」

上杉謙信

上杉謙信

室町幕府3代将軍「足利義満」(あしかがよしみつ)の時代のこと。

足利義満から明(みん:中国歴代王朝のひとつ)へ遣わされた使節団のひとりが、荒野を歩いているとき、突然虎に襲われました。

短刀を抜いて無我夢中で振るったところ、刀身の鋭い光を嫌ったのか、虎は退散していったのです。帰国後にさっそくこの出来事を報告。ところが、「5頭の虎に襲われたが無事でした」と少々話を盛ってしまいます。

報告を聞いた足利義満は、5頭の虎を追い払ったという短刀に「五虎退」(ごこたい)と名付けました。そのあと、足利義満は五虎退を朝廷へ献上。

1559年(永禄2年)4月には、上洛した上杉謙信が「正親町天皇」(おおぎまちてんのう)よりこの短刀を賜ります。上杉家の所蔵となった五虎退は、のちに上杉景勝が選んだ名刀のリスト「上杉家御手選三十五腰」(うえすぎけおてえらびさんじゅうごよう)所載の1振となりました。

五虎退は現代まで上杉家に受け継がれ、山形県米沢市にある「米沢市上杉博物館」に寄託されています。

五虎退の制作者は、鎌倉時代中期に京都で活動した刀工「粟田口吉光」(あわたぐちよしみつ)。「粟田口派」を代表する存在であり、相州(現在の神奈川県)鎌倉の「正宗」と並び称される名工で、特に短刀作りを得意としました。

五虎退は、刃長が25.1cm、平造り反りはなく、刀身の表裏峰/棟(みね/むね)寄りに「護摩箸」(ごまばし)が彫られています。護摩箸とは、「不動明王」(ふどうみょうおう)の化身であり、守護の意味がある意匠です。乱世を駆け抜けた上杉謙信にふさわしい意匠と言えるでしょう。

五虎退吉光

五虎退吉光

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
吉光 鎌倉時代中期 重要美術品 足利義満→
天皇家→
上杉謙信→
上杉家→
米沢市上杉博物館
(寄託)
  • 足利義満のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 上杉謙信のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 上杉謙信のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 皇室・公家に関連する刀剣の歴史などをご紹介します。

  • 上杉家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。

上杉謙信が常に携えていた「謙信景光」

「謙信景光」(けんしんがけみつ)は、鎌倉時代末期に備前国長船(現在の岡山県瀬戸内市)を拠点とした刀工の流派「長船派」(おさふねは)の名工「景光」作の短刀です。

刀身に「秩父大菩薩」(ちちぶだいぼさつ)の文字が施されていることから、もともとは武蔵国(現在の東京都埼玉県、神奈川県の一部)の「秩父神社」(埼玉県秩父市)に奉納された1振と考えられています。

そのあと、戦国時代の混乱により秩父神社から失われ、詳しい経緯は不明であるものの、上杉謙信の所有となりました。

「謙信景光」という号は、上杉謙信が「一文字」極めの刀剣(重要美術品)と共に、常に携えていたことから名付けられています。景光一門が生み出した刃文「片落ち互の目」(かたおちぐのめ)が美しく表された傑作刀であり、上杉景勝が選んだ「上杉家御手選三十五腰」にも記されました。1956年(昭和31年)6月28日には国宝に指定。現在は「埼玉県立歴史と民族の博物館」(埼玉県さいたま市)に所蔵されています。

制作者の景光は、備前国長船派の開祖と言われる「長船光忠」(おさふねみつただ)の孫にあたり、父の「長光」(ながみつ)が創作した刃文の片落ち互の目を、より洗練された姿へと完成させた才人として有名です。

片落ち互の目とは、半円状が連なる刃文「互の目」の一種で、半円の片側が急斜面になった形状。本短刀は、片落ち互の目を主体として小乱れが交じり、独特の冴えた雰囲気を醸し出しています。

謙信景光

謙信景光

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
備州長船住景光
元亨三年三月日
鎌倉時代末期 国宝 秩父神社→
上杉謙信→
埼玉県立歴史と
民族の博物館

「小豆長光」を振るい、武田信玄と一騎打ち

名刀からは連想しにくい号を持つ太刀「小豆長光」(あずきながみつ)ですが、それには名刀にふさわしい由来があるのです。

もともとの持ち主であった越後の百姓が本太刀を腰に吊るし、小豆を袋に入れて担いでいたところ、袋の破れ目から小豆がこぼれ、(さや)の割れ目から覗いていた刃先に当たりました。

その瞬間、小豆は真っ二つになったと言われています。その一部始終を見ていた上杉謙信の家臣は、この太刀は名刀に違いないと思い、さっそく買い上げることにしました。家臣から上杉謙信に献上された本太刀は、(なかご)に「長光」の銘があることから、小豆長光と名付けられたのです。ただし、号の由来については諸説あり、定説はないとされています。

上杉謙信は、「川中島の戦い」の際にも小豆長光を携えていました。なかでも有名な、騎馬で武田信玄陣営に乗り込んだ上杉謙信が、馬上から斬り付け、それを武田信玄が軍配団扇(ぐんばいうちわ)で受け止めたとされる一騎打ちの逸話において、上杉謙信が振るったのが、この小豆長光だったと伝えられています。

小豆長光を作った刀工は、鎌倉時代後期に活躍した備前国長船派の「長光」です。長船派を興した長船光忠の子とされ、国宝に指定されている「大般若長光」(だいはんにゃながみつ)をはじめ、古刀期を代表する刀工として在銘の作品を数多く残しています。

残念ながら、現在小豆長光の所在は不明。実物に会うことは叶いませんが、小豆長光の歴史に触れ、この愛刀を手に戦場を駆け抜ける上杉謙信の勇姿に、思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

  • 武田信玄のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

山鳥の羽毛のような刃文が目を惹く「山鳥毛」

上杉景勝

上杉景勝

「山鳥毛」(さんちょうもう/やまとりげ)は、鎌倉時代中期に作られたとされる太刀で、1556年(弘治2年)に上杉謙信が上州白井(現在の群馬県渋川市)に出陣したとき、「白井城」の城主「長尾憲景」(ながおのりかげ)より贈られたと言われています。

あるいは、1561年(永禄4年)に「上杉憲政」(うえすぎのりまさ)から上杉家の家督と関東管領職(かんとうかんれいしょく)を受け継いだ際に譲られたとの説もあり、上杉謙信が手にした来歴については定まっていません。

その後は上杉景勝へ受け継がれ、上杉家秘蔵の刀剣を記した「上杉景勝自筆腰物目録」(うえすぎかげかつじひつこしものもくろく)にも所載されました。

山鳥毛は無銘であるため、制作者については特定されていませんが、「福岡一文字派」(ふくおかいちもんじは)の作品と考えられています。福岡一文字派は、備前国の刀工一派のひとつで、福岡(現在の岡山県瀬戸内市の一部)を拠点とし、多くの名工を輩出しました。

山鳥毛という号の由来になったのは、山鳥の羽毛を並べたような独特の刃文です。また、山が夕日を浴びて燃えているように見える光景に似ていることから、「山焼毛」(さんしょうもう)と呼ばれたとの伝承もあります。

その美しさ、そして備前刀の最高峰とも称される価値はいつの時代も変わることがなく、1952年(昭和27年)3月29日に国宝に指定されました。2020年(令和2年)3月には、岡山県瀬戸内市がクラウドファンディングを活用するなどして、所蔵していた個人から買い取っています。

山鳥毛一文字

山鳥毛一文字

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
鎌倉時代中期 国宝 上杉謙信→
上杉景勝→
上杉家→
個人所蔵→
岡山県立博物館
(委託)→
備前長船刀剣博物館

上杉家から「刀剣ワールド財団」所蔵へ

上杉家の誇りある名刀「太刀 銘 国宗」

本太刀、銘「国宗」(くにむね)は、上杉景勝が自ら選んだ上杉家の重宝「上杉家御手選三十五腰」のうちの1振です。この名刀リストは、目利きであった上杉景勝が、特に気に入った刀剣を選抜したと言われており、本太刀「国宗」が上杉家でいかに大切にされていたのかが分かります。

本太刀を制作した刀工「国宗」は、鎌倉時代中期の備前国長船出身。初代「国真」(くにざね)の3男であることから、「備前三郎国宗」(びぜんさぶろうくにむね)と呼ばれています。後年、鎌倉幕府に召されて鎌倉へ移り住み、鎌倉時代を代表する名工「新藤五国光」(しんとうごくにみつ)の師となりました。

一説には、94歳まで生きたとされ、82歳のときには、鎌倉幕府の執権「北条時頼」(ほうじょうときより)の命を受けて鍛刀しています。

国宗の作風として、前中期には華やかな丁子乱れ(ちょうじみだれ)の刃文を焼き、後期には直刃(すぐは)調子の作品が多くなりました。

本太刀は丁子乱れを焼き、備前鍛冶の特色である丁子映りも現れています。豪快さはないものの、反りが深く、品格の漂う太刀姿には目を奪われずにはいられません。上杉謙信と、上杉景勝に愛されたという歴史が感じられる1振です。

太刀  国宗
太刀 国宗
国宗
鑑定区分
重要美術品
刃長
67.3
所蔵・伝来
上杉家→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

刀剣女子に人気の刀剣 紹介動画

刀剣女子に人気の刀剣 YouTube動画

上杉家伝来の刀剣

上杉家伝来の刀剣をSNSでシェアする

「刀剣女子に人気の刀剣」の記事を読む


織田家伝来の刀剣

織田家伝来の刀剣
戦国武将の中でも圧倒的人気を誇るのが、「織田信長」。無類の刀剣好きとしても有名です。自分で買い求めた物はもちろん、貢ぎ物として貰った刀剣や戦利品として奪った名刀も数知れず。また、褒賞として家臣に与えた刀剣もありました。そんな織田家に伝えられた名刀のなかから、刀剣女子に人気の高い作品をピックアップ。「刀剣ワールド財団」が所蔵する織田家ゆかりの刀剣と共にご紹介します。

織田家伝来の刀剣

豊臣家伝来の刀剣

豊臣家伝来の刀剣
戦国武将を代表する「三英傑」のひとりであり、天下人でもある「豊臣秀吉」は、無類の刀剣コレクターでもありました。豊臣秀吉のコレクションには、刀剣ファンならずとも1度はその名を耳にしたことがある名刀から、不思議な逸話を持つ妖刀まで含まれ、刀剣女子の熱い視線を集めています。 そんな豊臣家に伝えられた名刀のなかから、刀剣女子に人気の高い作品をピックアップし、心惹かれる秘密に迫りました。「刀剣ワールド財団」が所蔵する豊臣家ゆかりの刀剣と併せてご紹介します。

豊臣家伝来の刀剣

徳川家伝来の刀剣

徳川家伝来の刀剣
江戸幕府の将軍家「徳川家」は、「徳川家康」を初代将軍として征夷大将軍を世襲した家系です。徳川家は、8代将軍「徳川吉宗」が刀剣鑑定家「本阿弥家」に命じて編纂させた全国の名刀リスト「享保名物帳」に記載される、「名物」と呼ばれる数々の名刀を所持していたことでも知られており、その中にはオンラインゲーム「刀剣乱舞」によって広く知られるようになった名刀も多数存在。ここでは、刀剣女子必見の徳川家に伝来した名刀をご紹介します。

徳川家伝来の刀剣

伊達家伝来の刀剣

伊達家伝来の刀剣
「伊達家」は、鎌倉時代から現代まで続く名門の一族です。なかでも有名なのは、17代当主「伊達政宗」。伊達政宗は、「奥州の覇者」や「独眼竜」などの肩書きで名を馳せた戦国武将で「燭台切光忠」(しょくだいきりみつただ)と呼ばれる刀剣を所有していたことで知られています。また、伊達家ではこの他にも「大倶利伽羅」(おおくりから)や「太鼓鐘貞宗」(たいこがねさだむね)、「鶴丸国永」(つるまるくになが)など、刀剣女子から人気が高い刀剣を多く所有していました。ここでは、伊達家伝来の名刀をご紹介します。

伊達家伝来の刀剣

正宗の刀剣

正宗の刀剣
「正宗」は、刀工の中でも世界的に有名な人物です。正宗が鍛えた刀剣は、多くの武士や武将から愛され、特に「豊臣秀吉」は正宗を重宝していました。ブラウザゲーム「刀剣乱舞」では、「日向正宗」(ひゅうがまさむね)が「刀剣男士」として登場しており、刀剣女子の間でも高い人気を集めています。正宗はなぜ評価され、ここまで高い知名度を誇っているのか。ここでは、正宗の基礎知識と著名な刀剣をご紹介します。

正宗の刀剣

吉光の刀剣

吉光の刀剣
刀剣に造詣が深く、それ以上に愛情も深い刀剣女子のみなさんなら、「吉光」(よしみつ)の作品を見逃すことはないでしょう。鎌倉時代中期に、京都の粟田口(あわたぐち)を拠点とした吉光は、通称を「藤四郎」(とうしろう)と称し、特に短刀作りにおいて存分に才能を発揮しました。その名は広く天下に知れ渡り、安土桃山時代には、稀代の刀剣コレクターである「豊臣秀吉」から、相州(現在の神奈川県)の「正宗」、越中(現在の富山県)の「郷義弘」(ごうのよしひろ:「江義弘」とも)と並び、「天下の三名工」と称賛されたほどです。吉光の刀剣では、現存する吉光の名刀5振をピックアップしてご紹介。刀剣女子を惹き付けてやまない魅力に迫ります。

吉光の刀剣

江義弘の刀剣

江義弘の刀剣
「江/郷と化け物は見たことがない」と、よく例えられるのが「江義弘」(ごうよしひろ:郷義弘)の作刀です。その理由は、江義弘(郷義弘)が27歳という若さで亡くなったため、作刀数が少ないから。しかしそれ以上に、誰もが見たいと切望するカリスマ性があったからなのです。そんな江義弘(郷義弘)の刀剣のなかから、刀剣女子に人気の高い作品をピックアップ。「刀剣ワールド財団」が所蔵する、江義弘(郷義弘)の刀剣もご紹介します。

江義弘の刀剣

注目ワード
注目ワード