名家に代々伝えられた日本刀

石見小笠原家伝来の宗恒

文字サイズ

「石見小笠原家」(いわみおがさわらけ)は、鎌倉時代中期から島根県の石見を拠点として「石見銀山」(いわみぎんざん)という魅惑の山を攻防してきた豪勇な一族です。主を何度も変えながら、猛者揃いの乱世を生き抜きました。今回紹介するのは、石見小笠原家に伝わったという刀剣。ここでは、石見小笠原家にどんな歴史、特徴があるのかをご紹介します。

宗恒を所有した「石見小笠原家」とは

石見小笠原家のルーツ

石見小笠原家の家紋「三階菱」

石見小笠原家の家紋「三階菱」

「石見小笠原家」(いわみおがさわらけ)は、鎌倉時代前期「小笠原長清」(おがさわらながきよ)が「源頼朝」のもとで武功を挙げたことをきっかけに活躍した名家です。

小笠原長清は、甲斐源氏の「源清光」(みなもとのきよみつ)の子「加賀美遠光」(かがみとおみつ)の二男。

甲斐国(かいのくに:現在の山梨県)中巨摩郡小笠原村(なかこまぐんおがさわらむら)に住み、はじめて「小笠原」の姓を名乗ったと言われています。

小笠原長清は「源義仲」(木曽義仲)を討伐し、奥州藤原氏を征討。そして、「承久の乱」で武功を上げたことで、紀伊国(きいのくに:現在の和歌山県)、阿波国(あわのくに:現在の徳島県)、河内国(かわちのくに:大阪府東部)の3国の守護を任されました。

その小笠原長清の後裔で最も活躍したのが、石見小笠原家初代当主「小笠原長親」(おがさわらながちか)です。小笠原長親は、1281年(弘安4年)「弘安の役」(こうあんのえき)で武功を上げ、石見国(いわみのくに:現在の島根県西部)の邑智郡村之郷(おおちぐんむらのごう)に領地を得て「山南城」(やまなじょう)を築き、石見小笠原を名乗るようになりました。

石見小笠原家を一言で言うと、激動の一族。3代当主「小笠原長胤」(おがさわらながたね)の時代は、乱世に次ぐ乱世で「南北朝の内乱」へと巻き込まれたのです。その結果、「邇摩郡三久須の戦い」(にまぐんみくすのたたかい)において成果を残し、「温湯城」(ぬくゆじょう)、「赤城山城」(せきじょうさんじょう)の両城を賜ることに。これにより石見小笠原家は、温湯城を居城としました。

石見銀山の攻防!

石見銀山の町並み

石見銀山の町並み

石見銀山」(いわみぎんざん:別名・大森銀山、佐摩銀山)とは、2007年(平成19年)に「世界遺産」にも登録された、現在の島根県大田市にある銀山です。

1309年(延慶2年)に周防国(すおうのくに:現在の山口県東部)の武将「大内弘幸」(おおうちひろゆき)が発見して以降、江戸時代末期まで、莫大な富を生んだと伝えられています。

この石見銀山をめぐり、石見小笠原家、大内氏、尼子氏、毛利氏の間で、壮絶な領主争いが繰り広げられたのです。

石見小笠原家12代目当主「小笠原長隆」(おがさわらながたか)は、佐波庄領主「佐波秀連」(さわおきつら)の次女を妻としたことで、佐波氏から、石見銀山のある「佐摩」を譲られて領有した人物です。

しかし、1521年(永正18年/大永元年)に「出雲国」(いずものくに:現在の島根県東部)の守護代「尼子経久」(あまごつねひさ)が石見に侵攻し、石見銀山と石見小笠原家は尼子氏に支配されてしまいます。

そののち、1526年(大永6年)石見銀山の価値を知った周防国の守護「大内義興」(おおうちよしおき)が石見へ侵攻。その際に、小笠原長隆は大内氏に寝返り、1528年(大永8年/享禄元年)大内義興の命を受け、小笠原長隆は尼子経久から石見銀山を奪還しますが、その最中に大内義興は病で死去してしまいます。

そして再び、1537年(天文6年)に「尼子晴久」(あまごはるひさ)が石見銀山を奪取。それをまた、1539年(天文8年)に小笠原長隆が、尼子氏の銀山奉行を追放して取り返します。

石見銀山は掘れば富が生まれる魅力のある土地。石見小笠原家は、石見銀山を手中に収めることで、より勢力を拡大しました。

毛利氏の家臣に

毛利元就

毛利元就

ところがそののち、安芸国(あきのくに:現在の広島県)領主「毛利元就」(もうりもとなり)が石見に侵攻。あまりの脅威に、小笠原長隆は尼子晴久と手を結びます。

1555年(天文24年/弘治元年)、一度は毛利氏から銀山を奪還したものの、1559年(永禄2年)には、毛利元就の次男「吉川元春」(きっかわもとはる)が、石見小笠原家15代目当主「小笠原長雄」(おがさらわながかつ)の拠点とする温湯城に攻め込みます。

尼子晴久は小笠原長雄を救援しましたが、堅牢な毛利軍の包囲網を崩すことができず、ついに力尽きることになりました。小笠原長雄は「小早川隆景」(こばやかわたかかげ)に頼んで降伏。石見銀山は、1562年(永禄5年)に毛利元就が支配することになり、石見小笠原家は毛利家家臣となったのです。

そののち、1584年(天正12年)毛利元就の嫡男「毛利輝元」(もうりてるもと)が「豊臣秀吉」に服属することになると、石見銀山は豊臣秀吉が管理するところとなり、1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」以降は「徳川家康」の所有となりました。

石見銀山の最盛期は、戦国時代後期から江戸時代初期で、銀の産出量は世界の銀の3分の1と言われたほど、江戸幕府にとって潤沢な財源となりました。しかし、江戸時代末期には銀を採掘できなくなり、現在は閉山しています。

なお、石見小笠原家は雨を降らすことができる神技を持つ一族としても有名です。石見小笠原家12代当主・小笠原長隆は、「後柏原天皇」(ごかしわばらてんのう)の前で雨乞いの能を舞い、見事雨を降らせ、「雩の神面」(あまひきのしんめん)という能面を拝領。現在は島根県の「武明八幡宮」の社宝となっています。

合戦の街 関ヶ原
「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。

重要刀剣「宗恒」の歴史と特徴

石見小笠原家に伝わる名刀として「太刀 宗恒」があります。「宗恒」(むねつね)とは、備前国(びぜんのくに:現在の岡山県)の古備前派「正恒」(まさつね)系に属した刀工です。

古備前派は、平安時代中期に起こった一派で、正恒は古備前派を代表する刀工でした。正恒が作刀した太刀は「古刀最上作」と高く評価され、その直系である宗恒の作もまた古くより貴重とされてきました。

宗恒は鎌倉時代中期、1222年(貞応元年)から1229年(安貞3年)頃に活躍。「宗弘」(むねひろ)の子と伝えられています。宗恒の在銘作は特別重要刀剣に1振、重要刀剣に2振が指定。どれも風格があり、歴史的に見ても非常に貴重です。

太刀 銘 宗恒は、石見小笠原家16代当主・小笠原長親(※初代と同名)の頃には、小笠原家所蔵であったと伝わる1振。小笠原長親は毛利家の家臣として「毛利秀就」(もうりひでなり)、「毛利綱広」(もうりつなひろ)親子に仕えた実直な人物です。

以後近世まで、本太刀は小笠原家重代の太刀として大切にされました。

太刀 銘 宗恒
太刀 銘 宗恒
□恒
鑑定区分
重要刀剣
刃長
68.2
所蔵・伝来
石見小笠原家伝来 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

石見小笠原家伝来の宗恒

石見小笠原家伝来の宗恒をSNSでシェアする

「名家に代々伝えられた日本刀」の記事を読む


徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光
「徳川将軍家」と言えば、江戸幕府の初代将軍「徳川家康」の一族のこと。武力、財力共に日本一の成功者。江戸幕府は滅びましたが、徳川将軍家に伝わる宝物は、現在も「徳川美術館」(愛知県名古屋市)などに数多く所蔵され、輝き続けています。そんな貴重な徳川将軍家伝来の太刀1振が、刀剣ワールド財団の所蔵となりました。重要文化財(旧国宝)「太刀 銘 備州長船住景光 正和五年十月日」について、詳しくご紹介します。

徳川将軍家伝来の太刀 備州長船住景光

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀
日本各地に異なる系統が見られる「池田氏」のなかでも、江戸時代初期頃に全盛期を迎えた近世大名の「池田家」は、備前国岡山藩(現在の岡山県岡山市)を筆頭に、播磨国(現在の兵庫県南西部)や淡路国(現在の兵庫県淡路島)などの諸藩を領有していました。代々岡山藩の藩主として、そして外様大名としての池田家が、どのような歴史を辿って発展したのかをご説明すると共に、「刀剣ワールド財団」が所蔵する同家伝来の刀剣2振について解説します。

岡山藩池田家伝来の打刀と大太刀

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)
室町時代の守護大名として、最大で11ヵ国にも及ぶ所領を有していた「山名家」。主に山陰地方において、同家が大きな勢力を誇ることになったのは、「室町幕府」が開かれたあと、伯耆国(現在の鳥取県中西部)の守護職に任じられたことから始まります。そんな山名家に伝来したのが、同国で作刀活動を行っていた名工「伯耆国宗」(ほうきくにむね)による「太刀 銘 国宗」です。どのような経緯を経て、山名家が隆盛を極めるまでに至ったのか、同家の歴史を辿ると共に、国宗による本太刀の詳細についてもご説明します。

守護大名山名家伝来の太刀 銘 国宗(伯耆)

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀
「久保田藩」は、江戸時代に出羽国秋田(でわのくにあきた:現在の秋田県)を領地とした藩で、別名「秋田藩」。室町時代以降、「常陸国」(ひたちのくに:現在の茨城県)で代々守護を務めていた佐竹氏が秋田へ国替えとなって藩主となり、初代は豊臣政権下で活躍した名将「佐竹義宣」(さたけよしのぶ)が務めました。今回は東北の地・秋田を260年に亘って統治した佐竹家をご紹介すると共に、久保田藩佐竹家に伝来した「福岡一文字」(ふくおかいちもんじ)の名刀を観ていきましょう。

久保田藩佐竹家と福岡一文字の太刀

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞
南北朝時代に制作されたと伝わる「短刀 銘 吉貞」は、「水戸徳川家」に伝来した1振です。同家は江戸幕府の開府後、幕府によって常陸国水戸(ひたちのくにみと:現在の茨城県水戸市)に移された徳川家の一族であり、「尾張徳川家」や「紀州徳川家」と共に「徳川御三家」のひとつに数えられる名門中の名門。時代劇「水戸黄門」でお馴染みの水戸藩2代藩主「徳川光圀」(とくがわみつくに)も、水戸徳川家の出身です。ここでは、吉貞が伝来した水戸徳川家と水戸藩に焦点を当てつつ、吉貞の歴史や特徴について解説します。

水戸徳川家伝来の短刀 吉貞

安芸吉川家と名刀 備州長船近景

安芸吉川家と名刀 備州長船近景
「長船近景」(おさふねちかがけ)は、日本の代表的な刀剣の産地である、備前国(現在の岡山県東南部)の刀工。その作刀のいくつかは、「国宝」や「重要文化財」などに指定されるほどの高い技術力を持った名工でした。 そんな長船近景による作刀のひとつである「刀 銘 備州長船近景」を所有していたのが、江戸時代に代々周防国岩国藩(すおうのくにいわくにはん:現在の山口県岩国市)の藩主を務め、明治時代には「子爵」(ししゃく)の爵位を授けられた、「吉川家」(きっかわけ)宗家にあたる「安芸吉川家」(あききっかわけ)と伝えられているのです。ここでは、安芸吉川家の歴史を振り返ると共に、同家に伝来した刀 銘 備州長船近景についてご紹介します。

安芸吉川家と名刀 備州長船近景

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作
「有栖川宮家」(ありすがわのみやけ)は、江戸時代から大正時代にかけて存続した、由緒正しい宮家(宮号を与えられた皇族)です。特に、「有栖川宮熾仁親王」(ありすがわのみやたるひとしんのう)と「有栖川宮威仁親王」(ありすがわのみやたけひとしんのう)は、刀剣好きと知られています。有栖川宮家の歴史と有栖川宮家にまつわる刀剣について、詳しくご紹介します。

有栖川宮家伝来の小太刀 長光と卍桜井正次勤作

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)
薙刀の必殺技「大外刈」(おおそとがり)の号を持つ「薙刀 無銘 片山一文字」。この薙刀を最初に所持していたのは、薙刀の名手と言われた「山口修弘」(やまぐちながひろ)です。豊臣秀吉から賜ったこの薙刀はそののち、どのようにして加賀百万石を誇る前田家へと伝わったのでしょうか。薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)について、詳しくご紹介します。

前田家伝来の薙刀 無銘 片山一文字(号 大外刈)

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀
徳川将軍家の世継ぎ誕生の折に「徳川御三家」や大名家より、度々献上された刀剣が「守家」(もりいえ)作の「太刀 銘 守家」です。その名前が「家を守る」といった意味にもなることから、縁起の良い日本刀だとして重宝されました。刀工・守家と、代々繁栄した徳川家についてご紹介します。

家を守る守家によって作られた徳川家伝来の刀

注目ワード
注目ワード