歴史上の人物と日本刀

伊東義祐伝来の重要刀剣 太刀 無銘 来国長

文字サイズ

重要刀剣「太刀 無銘 来国長」は、南北朝時代の刀工「中島来」(なかじまらい)が鍛えた作だと言われています。この1振を所用していたと伝えられているのが、戦国大名「伊東義祐」(いとうよしすけ)。伊東義祐は、島津氏と南九州の覇権争いを繰り広げたことで有名です。
ここでは、伊東義祐を中心とした日州(にっしゅう:日向国の別名)伊東氏の栄枯盛衰と、日州伊東家伝来の刀剣にまつわる話をご紹介します。

日州伊東氏の中心・伊東義祐

波乱万丈の生涯

伊東義祐

伊東義祐

「伊東義祐」(いとうよしすけ)は、16世紀に活躍した日向国(ひゅうがのくに:現在の宮崎県)の戦国大名。

伊東義祐の祖先は元々、平安時代に伊豆・伊東で隆興した工藤氏の親戚で、伊東の地を領地とした名門です。

南北朝時代に入ると、伊東氏は一族を引き連れ、本格的に日向国に下りました。そののち、伊東氏は日向国で勢力を拡大していったのです。伊東義祐は、伊東氏の11代当主にあたります。

伊東義祐は、若い頃から一族内の混乱のなかに身を置いていました。1533年(天文2年)、伊東義祐の兄で伊東氏先代当主の「伊東祐充」(いとうすけみつ)が若くして病死した際、一族内の覇権をめぐり、お家騒動(伊東武州の乱)が勃発。この騒動では、伊東義祐の叔父「伊東祐武」(いとうすけたけ)がクーデターを起こして実権を掌握しました。

伊東義祐は、お家騒動から身を守るため、弟の「伊東祐吉」(いとうすけよし)と共に日向国を去ろうとします。しかし、一族内の反伊東祐武派勢力に頼まれ、クーデターを起こした叔父の伊東祐武と戦うことを決意。戦いの結果、お家騒動は収束し、一族内で伊東義祐らが実権を握るようになりました。そのあと家督を弟の伊東祐吉が継ぐと、伊東義祐は出家し伊東家を去ります。

ところが、家督を継いだ伊東祐吉もクーデターから3年後の1536年(天文5年)に病死してしまいました。2人の兄弟を失ってしまった伊東義祐は、還俗(げんぞく:僧侶となった者が僧籍を離れて俗人に還ること)し、伊東氏11代当主として日向国の要所「佐土原城」(さどわらじょう:現在の宮崎県宮崎市)に居を構えることとなったのです。

日州伊東氏の最盛期

伊東義祐が当主となり、「日向国飫肥」(ひゅうがのくにおび:現在の宮崎県南部)を治めていた島津氏を攻めたことで、島津氏との国盗り合戦が始まります。

伊東義祐は20,000の軍勢を率い、「島津忠親」が防衛する「飫肥城」(おびじょう:現在の宮崎県日南市飫肥)を約半年もの間包囲し続けました。その結果、島津の英主とも呼ばれた「島津貴久」は伊東義祐と和睦。1562年(永禄5年)、伊東氏は飫肥を一度手中にしたのです。

飫肥を手に入れた伊東氏は島津氏を押しのけ、佐土原城を中心に日向国内に「伊東四十八城」と称される支城を築きました。この頃、日州伊東氏は最盛期を迎え、伊東義祐は日向国の覇者となったのです。このとき、伊東義祐は京文化を積極的に日向国に取り入れ、佐土原城周辺の文化は急速に発展していき、佐土原は「九州の小京都」と呼ばれるようになりました。

日向国の覇者として君臨していた伊東氏に、暗雲が垂れ込めたのが1572年(元亀3年)の「木崎原の戦い」(きざきばるのたたかい)です。伊東義祐は日向国「加久藤城」(かくとうじょう:現在の宮崎県えびの市)に3,000の軍勢を率いて攻め入りますが、「島津義弘」率いる300の軍勢に敗れてしまいました。この戦で有力家臣を次々と失ったことで、伊東氏は衰退の途をたどることになったのです。

日州伊東氏の落日

島津義弘

島津義弘

木崎原の戦いの勝利をきっかけとして、島津氏の逆襲が始まります。

1576年(天正4年)には、伊東四十八城の「高原城」(たかはるじょう:現在の宮崎県西諸県郡)・「須木城」(すきじょう:現在の宮崎県小林市須木)・「三ツ山城」(みつやまじょう:現在の宮崎県小林市細野)・「野首城」(のくびじょう:現在の宮崎県小林市東方)が次々と落城。島津氏は、勢力を伸ばしていきました。

伊東義祐の下には、苦しい戦いを強いられていた伊東氏の家臣から救援要請が送られてはいましたが、これらはすべて伊東義祐の側近によって、握り潰されてしまっていたと言われています。

そののち、伊東氏は島津氏に反撃を仕掛けたものの、ことごとく返り討ちに遭い、衰退していきました。そして1577年(天正5年)、島津氏との「最終決戦」に敗れ、伊東義祐は日向国を失い、「大友宗麟」(おおともそうりん)を頼って豊後国(ぶんごのくに:現在の大分県)へと逃亡(伊東崩れ)。こうして日州伊東氏は、没落してしまったのです。

没落後、伊東義祐は三男「伊東祐兵」(いとうすけたけ)らと共に、伊予国(いよのくに:現在の愛媛県)や播磨国(はりまのくに:現在の兵庫県南部)を放浪。1585年(天正13年)に73歳で亡くなりました。

伊東氏の日向国奪還

失意のうちに日向国を去った伊東祐兵の運命を変えたのは、「豊臣秀吉」でした。同族である尾張・伊東氏の仲介によって「織田信長」に仕官することとなった伊東祐兵は、豊臣秀吉の「与力」(よりき:侍大将などの付属する武士)になります。

1582年(天正10年)、「本能寺の変」で織田信長がこの世を去ると、豊臣秀吉と「明智光秀」が激突した「山崎の戦い」での武功により、河内500石となりました。そして、1587年(天正15年)に島津氏との戦い「九州平定」でも武功を挙げると、旧領だった清武・曾井に復帰。翌1588年(天正16年)には、島津氏から飫肥を奪還したのです。

そののち、「朝鮮出兵」にも参加した伊東祐兵は「関ヶ原の戦い」を経て初代・飫肥藩主となります。約10年の時間を経て伊東氏の下に戻った飫肥の地では、以後約280年間、伊東氏による統治が行なわれました。

合戦の街 関ヶ原
「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。

日州伊東氏と刀剣の縁

前述のように、伊東義祐が「刀 無銘 来国長」と共に、1度は南九州の覇者に上り詰めた話はよく知られているところです。

もっとも、伊東氏と刀剣のあいだの縁はこれだけではありません。新刀期における名工として名高い「堀川国広」(ほりかわくにひろ)は、元々、伊東氏に仕える「田中金太郎」(たなかきんたろう)と名乗った武士でした。伊東氏の没落を機に諸国放浪の身となった堀川国広は、刀鍛冶へと転身。放浪生活のなかで腕を磨き、京都・堀川沿いに自らが率いる刀工集団「堀川派」の拠点を築いたのです。

なお、1582年(天正10年)に「天正遣欧使節」(てんしょうけんおうしせつ)の一員としてローマに派遣されたうちのひとり「伊東マンショ」は伊東義祐の孫。島津氏の攻撃によって、伊東氏の支城のひとつ「綾城」(あやじょう:現在の宮崎県綾町)が落城した際、8歳だった伊東マンショは堀川国広に背負われて豊後国へと落ち延び、キリスト教に出会ったと言われています。

作者・中島来とは

「中島来」(なかじまらい)こと「来国長」(らいくになが)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて活動していた刀工で、「山城伝」の「来派」(らいは)を代表する名工「来国俊」(らいくにとし)の門弟です。

来国長は、「後醍醐天皇」(ごだいごてんのう)による「建武の新政」から「足利尊氏」による「室町幕府」の樹立という擾乱(じょうらん:世の中が乱れ、騒がしくなること)を避け、京を離れて「摂津国中島」(せっつのくになかじま:現在の大阪府東淀川)に移り住んで作刀を行ないました。中島来の異名は、このできごとに由来しています。

来国長は、来派が得意としていた「直刃」(すぐは)調の刃文を焼き、総体的に「来国光」に通じるものがあります。その代表作が「太刀 銘 来国長」(恵林寺蔵)。国の重要文化財に指定されているこの太刀は、「武田信玄」が佩用していたと伝わる1振です。

戦国時代においては、「刀剣は武士の魂」という考え方の下、戦国武将達は、名刀収集に熱を上げていました。戦国屈指の武将・武田信玄が、来国長作の太刀を所用していた事実から、その名工ぶりをうかがい知ることができると言えます。

重要刀剣「太刀 無銘 来国長」

戦国時代の日向国太守・伊東義祐佩用と伝わる本太刀は、2尺8寸4分強の長寸に、腰反り高く元先の幅が変わらない姿で、南北朝時代の豪壮な太刀姿を生ぶのまま現代に留める非常に貴重な1振です。

地鉄(じがね)は板目肌(いためはだ)にところどころ流れ肌交じり地沸(じにえ)が付き、刃文は直刃調に小乱れや小互の目交じり金筋砂流し(すながし)がかかります。地刃共に冴えて、来国長極めのなかでも名工・来国光に迫る出色の作です。

附属する「黒皺革包皮巻 太刀拵」は、同家より伝わる物で、室町時代後期の制作と推察され、戦国の風情を漂わせる軍陣の太刀拵です。

太刀 無銘 来国長
太刀 無銘 来国長
無銘
鑑定区分
重要刀剣
刃長
86.2
所蔵・伝来
日州伊東家 伊藤義祐 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

伊東義祐伝来の重要刀剣 太刀 無銘 来国長

伊東義祐伝来の重要刀剣 太刀 無銘 来国長をSNSでシェアする

「歴史上の人物と日本刀」の記事を読む


大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大日本兼定

大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大日本兼定
「明治天皇」は、明治時代を切り開いた近代日本の指導者であり、「大正天皇」はその明治天皇の三男。そして、大正天皇の長男「昭和天皇」は太平洋戦争という大波を乗り越えた人物です。ご紹介する大正天皇は、在位期間が15年ほどであったことから一般的には影の薄い天皇と言われることもあります。しかし、大正天皇も他の皇族に倣い儀式においては、多くの日本刀を授かる機会を持ちました。刀工である11代目「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ:会津兼定とも)は、こうした名誉ある機会を得て皇太子時代の大正天皇に刀を献上。大正天皇と11代目和泉守兼定のこと、そして11代目和泉守兼定が打った「刀 銘 大日本兼定」についてご紹介します。

大正天皇に献上された11代会津兼定の刀 銘 大日本兼定

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継
「徳川家康」の跡を継ぎ、江戸幕府2代将軍となった「徳川秀忠」には、5つ上の兄がいたことをご存知でしょうか。武将としての実力は徳川秀忠よりも勝っていたとも言われている兄の名は「結城秀康」(ゆうきひでやす)。戦国武将の期待の星とされていました。では、なぜ弟・徳川秀忠よりも武功のあった結城秀康は将軍になれなかったのでしょうか。徳川家康の子でありながら「結城」姓を名乗っているなど、謎に包まれた徳川家康の次男・結城秀康の生涯を探ると共に、結城秀康に仕えた刀工「越前康継」(えちぜんやすつぐ)についてご紹介します。

結城秀康と名刀 於武州江戸越前康継

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広
「鍋島茂紀」(なべしましげのり)とは、江戸時代初期に活躍した佐賀藩(現在の佐賀県)の藩士です。藩主・鍋島家の親類同格で、自治領・武雄(たけお:現在の佐賀県武雄市)の領主をしていました。切れ味が鋭くて有名な、佐賀藩の御用刀工「藤原忠広」(ふじわらただひろ)に薙刀直しの脇差を注文し、愛用した人物。鍋島茂紀の生涯や刀工・藤原忠広が作る刀剣の特徴、化け猫騒動について詳しくご紹介します。

鍋島茂紀伝来の薙刀 銘 肥前国住近江大掾藤原忠広

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀
「薙刀 銘 直光」は、江戸時代末期に幕臣によって結成された「京都見廻組」(きょうとみまわりぐみ)を指揮した「岩田通徳」(いわたみちのり)が所持した薙刀です。作刀したのは「細田直光」(ほそだなおみつ)。細田直光は刀鍛冶として優れていましたが、時代に翻弄された結果「贋作の名人」として有名になってしまった人物です。岩田通徳と細田直光の来歴を追っていきながら、薙刀 銘 直光について、詳しくご紹介していきます。

岩田通徳が所持した細田直光作の名刀

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之
「刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之」(かたな めい えんりゅうさいたちばなくにひでこれをきたえる)は、幕末の国学者で尊王攘夷派(そんのうじょういは:天皇を尊び、外国を排斥しようとする一派)として活動した「宮和田光胤」(みやわだみつたね)の愛刀とされています。宮和田光胤は、「千葉周作道場」(ちばしゅうさくどうじょう)にて「北辰一刀流」(ほくしんいっとうりゅう)の免許皆伝を受けた剣客という顔も持っていました。 本刀の制作者「立花圓龍子国秀」(たちばなえんりゅうしくにひで)は、江戸末期の刀工で「中山一貫斎義弘」(なかやまいっかんさいよしひろ)の門下に入り、上野国(上野国:現在の群馬県)や相模国鎌倉(現在の神奈川県鎌倉市)で作刀。「坂本龍馬」もまた、国秀の日本刀を佩刀していたことは有名です。坂本龍馬と千葉周作道場の同門だった尊王攘夷派の剣客・宮和田光胤について述べると共に、国秀作の刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之について解説します。

幕末の攘夷派剣客・宮和田光胤の愛刀 刀 銘 圓龍斎立花国秀鍛之

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武
江戸時代初期の刀工である「出雲大掾藤原吉武」(いずもだいじょうふじわらよしたけ)は、またの名を「出雲守藤原吉武」(いずものかみふじわらよしたけ)、あるいは「堀川吉武」と言います。「堀川」の姓からも分かる通り、吉武は稀代の名工として名を馳せた「堀川国広」の一門でした。 ご紹介する打刀と脇差は、上級旗本で伊勢山田奉行を務めた「長谷川重章」(はせがわしげあき)が特別注文した逸品です。注文主である長谷川重章と、刀工の出雲大掾藤原吉武は、どのような人物だったのかを解説すると共に、吉武が手掛けた刀剣の魅力に迫ります。

伊勢山田奉行・長谷川重章と出雲大掾藤原吉武

京極高次伝来の薙刀 銘 和泉守兼定作 号・鬼夜叉の歴史

京極高次伝来の薙刀 銘 和泉守兼定作 号・鬼夜叉の歴史
「鬼夜叉」の号を持つ「薙刀 銘 和泉守兼定作」は、美濃国(現在の岐阜県南部)の刀工「和泉守兼定」(いずみのかみかねさだ)が打った薙刀です。小浜藩藩主「京極高次」(きょうごくたかつぐ)が所持していたと伝えられています。 京極高次は、「蛍大名」という不名誉なあだ名で有名になりましたが、のちに武勲を挙げて汚名を返上しました。その武勲を支えたのが、この鬼夜叉であると言われているのです。京極高次がいかにして汚名をそそいだのか、また、妖しくも美しい鬼夜叉について解説していきます。

京極高次伝来の薙刀 銘 和泉守兼定作 号・鬼夜叉の歴史

刀 折返銘 国宗とアドルフ・ヒトラー

刀 折返銘 国宗とアドルフ・ヒトラー
「第2次世界大戦」を引き起こし、ホロコースト(ナチスによるユダヤ人の大虐殺)を先導した独裁者のイメージが強い「アドルフ・ヒトラー」。一方、若い頃には芸術家を志していたとされ、美術・芸術に対する理解は深かったと言われています。 そんなアドルフ・ヒトラーに、日本政府から美術品である日本刀が贈られました。それは、鎌倉時代を代表する名刀「備前三郎国宗」(びぜんさぶろうくにむね)です。備前三郎国宗は、なぜアドルフ・ヒトラーへ贈られたのでしょうか。アドルフ・ヒトラーの生涯を追いながら、備前三郎国宗がたどった運命について見ていきます。

刀 折返銘 国宗とアドルフ・ヒトラー

刀 銘 葵紋崩 烈公と徳川斉昭

刀 銘 葵紋崩 烈公と徳川斉昭
天皇や公家、藩主などの貴人が自ら作刀することを「慰み打ち」(なぐさみうち)と言います。水戸藩(現在の茨城県水戸市)9代藩主「徳川斉昭」(とくがわなりあき)も、慰み打ちを行なった藩主のひとりです。徳川斉昭は、江戸幕府15代将軍「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)の実父であり、「烈公」(れっこう)という諡号(しごう:死後に奉じられる名)でも有名。藩政改革に力を尽くす一方で、「尊王攘夷」(そんのうじょうい:天皇を尊び、外国を排斥しようとする思想)を掲げ、江戸幕府の政治にも大きくかかわりました。 烈公の名に違わず、荒々しく厳しい性格であったと言われる徳川斉昭の生涯を紐解くと共に、自ら鍛えた日本刀「刀 銘 葵紋崩[烈公]」(かたな めい あおいもんくずし[れっこう])についてご紹介します。

刀 銘 葵紋崩 烈公と徳川斉昭

注目ワード
注目ワード