コスプレの基本

西洋騎士コスプレ(西洋甲冑・刀剣コスプレ)

文字サイズ

西洋の歴史作品だけでなく、中世を舞台にしたファンタジー色の強い映画やドラマ、あるいはゲームにもたびたび登場する「西洋騎士」達。「ナイト」と呼ばれ、マントや鉄の甲冑、あるいはワンピース形式のゆったりとしたサーコート(上衣)に身を包んだ彼らの出で立ちの格好良さは、歴史ファンのみならず、多くの人を引き付ける魅力にあふれています。騎士の甲冑姿も、日本の戦国武将の甲冑姿とはまた一味違ったもの。そんな西洋騎士コスプレを楽しむポイントを紹介します。

世界の剣・刀剣・甲冑(鎧兜)世界の剣・刀剣・甲冑(鎧兜)
日本刀とは一味違う、世界の剣や刀剣、甲冑をご紹介します。

騎士(ナイト)とは

そもそも「騎士」(ナイト)とは、どのような存在なのでしょう。端的に言えば、ヨーロッパ中世の武装した騎乗戦士のこと。この「戦士」というくくりでは日本の戦国武将と同じですが、誕生した背景は大きく異なります。西洋騎士はどういう時代に、どう活躍したのか。騎士の衣装や甲冑を選んだり作ったり、また振る舞い方やポーズの決め方などにおいても、かっこよく西洋騎士コスプレを楽しむなら、まずそこを押さえておくのが大きなポイントです。

騎士が活躍した中世とは

西洋の騎士

西洋の騎士

騎士が活躍したのは、西洋史の時代区分において「中世」と呼ばれる時代です。

一般的には西ローマ帝国が滅亡して古代が終わった5世紀半ばから、東ローマが滅亡する15世紀中頃までとされますが、そのあとの16世紀にかけてのルネサンス及び、宗教改革に至る時代を含むとする考え方もあります。

この中世自体、大きく3つに区分。5~10世紀を前期、11~13世紀を盛期、そして13世紀後半以降が後期とされています。

中世前期はローマ帝国の崩壊とともに、ゲルマン民族の大移動に見舞われた混乱と争いの時代。絶え間ない不安が押し寄せるなかで、人々はキリスト教に救いを求めます。一方、ゲルマン系の新たな支配者達もまた、民衆支配の手段としてキリスト教を受け入れ、その教化と聖職者の保護を行なうようになります。

次の中世盛期は、ヨーロッパの特徴である双務的契約関係をもとにした封建制度の時代。一方通行ではなく、主君は家臣に封土(土地)を与え保護する義務があり、一方、従士(家臣)は奉仕を通じて忠誠を誓い主君に報いるという仕組みです。

この時代に、西欧のカトリック諸国が、聖地エルサレムをイスラム教諸国から奪還することを目的にした遠征軍「十字軍」が派遣されます。

そして、最後の中世後期は、ルネサンスの時代へと続く革新の時代。当時の思想のまさに中心だった教会の腐敗により反教会的傾向が生まれ、王の権力拡大による中央集権化、都市と商人の台頭、ペストと飢餓の蔓延などが起こり、ルネサンスや宗教改革に至るのです。

中世における騎士の誕生

古代ローマ帝国においても、「エクイテス」と呼ばれた戦いを専門とする戦士階級の騎士はいましたが、騎兵となるためには乗馬の訓練や武具を買う資金などに多額のお金が必要であり、富裕層が騎士階級を形成していたのです。

古代の騎士と中世の騎士は、名前が同じだけで本質的には別物です。先に紹介した中世の新たな封建制度、主従関係のもと、従士の奉仕のひとつに騎兵戦力としての役割があり、英語では臣従を意味する「Knight」(ナイト)、フランス語、ドイツ語では騎乗を意味する「Chevalier」(シュヴァリエ)、「Ritter」(リッター)と呼ばれる新たな騎士達が誕生したのです。

こうして誕生した中世の騎士は、支配者達がキリスト教の教化を行なうのに伴い、やがてキリスト教と深く結び付いていきます。騎士達は教会に帰依し、教会と民を保護する義務を負うことで、祝福されたキリストの戦士とされたのです。正式な騎士になるためには、非常に長い訓練期間と叙任式という厳粛な儀式も行なわれました。

十字軍における騎士団の活躍

特に、騎士とキリスト教との結び付きが強くなった背景には、11世紀末からの十字軍の派遣が大きく影響しています。「騎士修道会」とも呼ばれる聖職者による武装組織「宗教騎士団」が誕生するのです。

これらは一般的に「騎士団」と呼ばれ、その本来の目的はエルサレムへ行く巡礼者を護衛すること。しかし、第1回十字軍で、西欧カトリック諸国の王侯達が騎士を従えてエルサレムへ向かい、イスラム勢力と激しい戦闘を繰り広げ、聖地の奪還を果たします。

そして、帰国した諸侯らの代わりに占領地の防衛を担ったのが騎士団でした。修道士でもある騎士団の騎士達は、規律ある行動と団結に優れ、戦闘部隊として非常に優秀だったのです。1070年設立の「聖ヨハネ騎士団」に始まり、「テンプル騎士団」、「ドイツ騎士団」など多くの騎士団が生まれました。

結果的には、エルサレムはイスラム勢力に再び奪い返され、そののち2回目以降の十字軍でもことごとく聖地奪還に失敗。十字軍が下火になると同時に、騎士団も衰退していきます。14世紀以降は宗教的色彩が弱まった名誉称号としての騎士団が設立され、ガーター勲章でも知られる「ガーター騎士団」など、現在まで存続する団体もあります。

騎士・西洋甲冑コスプレを楽しむポイント

では、そんな騎士達はどんな衣装や甲冑を身に着けていたのでしょうか。甲冑姿の騎士と聞いて、多くの人がすぐにイメージするのが、「プレートアーマー」と呼ばれる頭からつま先まですっぽり覆われた白銀の板金製全身甲冑でしょう。

このプレートアーマー以外にも、本物の騎士気分を味わうのにおススメのカッコいい騎士コスプレがあります。騎士コスプレ・西洋甲冑コスプレを楽しむためのポイントとともに紹介します。

ホーバークとサーコート

ホーバークとサーコート

ホーバークとサーコート

「ホーバーク」とは、金属のリングを連結した構造を持つ「チェーンメイル」(鎖帷子)の一種で、チェーンメイルのなかでも丈が長い上着のことをさします。

西洋甲冑がプレートアーマー(板金鎧)に発達する過程の「コート・オブ・プレート」の時代にも、ホーバークは、騎士の基礎的な防具衣装として機能しました。

14世紀以降、プレートアーマー(板金鎧)全盛の時代になると、衰退へと向かいますが、脇や股下などの関節部分の防御には引き続き使われました。現在でも防刃ベストとして使用している警察組織もあります。

西洋の本物のホーバークに使われる鉄の輪は、平たくして防御範囲を上げ、先端をリベットと呼ばれるパーツで留める、あるいは溶接しています。

編み方には何種類かあり、当時の騎士達が着用した物として最も一般的なのが、輪ひとつに対し4つの輪をつなぐ「1対4のパターン」の物。コスプレ用としては、コスプレボード(コスプレ用造形素材)などを使って制作すると、手間暇はかかりますが、意外と容易に、見た目がそっくりで軽いホーバークを作ることができます。

中世ヨーロッパにおいて騎士が最も活躍した時代である13世紀前半には、騎士達は上半身を完全に覆うホーバークを身に着け、その上から「サーコート」(上衣)を着用するようになります。サーコートには、時代とともに紋章などの装飾が施されたり、それにマッチした色が選ばれたりして非常に華麗な物に。このサーコートの色や装飾を工夫し、個性的な騎士コスプレを楽しむのもオススメです。

コート・オブ・プレートやプレートアーマーにも挑戦しよう

西洋甲冑の世界では、13世紀半ばから後半にかけて、革新的防具が誕生します。コート・オブ・プレート(ブリガンダインとも)と呼ばれる、革や布の外衣の裏側に鉄板を貼り付けた板金鎧で、防御力は大きく向上しました。西洋甲冑がホーバークからプレートアーマーへと変化する最初の一歩がこの形です。基本はこの上からサーコートを着ますが、コート・オブ・プレートの表面に紋章を描き、サーコートをかねた物もありました。

一般的にプレートアーマーと呼ばれる板金の全身甲冑が登場するのは、15世紀に入ってから。このプレートアーマーには、イタリア式(ミラノ式甲冑)とドイツ式(ゴシック式甲冑)の2大スタイルがあります。

ドイツ式プレートアーマー

ドイツ式プレートアーマー

イタリア式は、人体に合わせた滑らかなスタイルが特徴で、シンプルに美しくかつ機能的。

一方、ドイツ式は、表面に波型模様や華美な装飾が施されているのが特徴です。この華美な装飾は、単なるデザインではなく、急所を守る役割も持っています。

例えば、両脇の花を模した装飾は、くるくると回る「脇当」。西洋の刀剣は日本の刀剣と違い、突いて攻撃するスタイルの剣。この剣で突かれたときに、脇当てがくるくると回ることで剣先を逃がす構造になっています。

プレートアーマーのコスプレ衣装作りに挑戦する場合には、そういった特徴を押さえるのもポイントです。

意外と高くないコスプレ衣装作りのハードル

西洋甲冑コスプレのトルソーを作る

西洋甲冑コスプレのトルソーを作る

コスプレ上級者のなかには、100円ショップの材料で簡単に甲冑を手作りしている人達もいます。

しかし、材料は簡単に揃えられても、全くの初心者にとって手作りは非常に高いハードルに思え、二の足を踏んでしまう人も多いでしょう。

そこで、こんな一例を紹介しましょう。

甲冑は、やはり自分の身体にジャストフィットした物がカッコよく見えます。そこへ導いてくれるベストアイテムが、「自分サイズのトルソー」作り。

「よりにもよってトルソーなんて…」と思うことなかれ。実はこんなやり方で、自分サイズの物が簡単に作れるのです。

【自分サイズのトルソー作りの手順】(作業人数:2人)

  1. ビニール袋を服のように上から被るために、ビニール袋の閉じている側の上の中心と左右を20cmくらい切る。
  2. 身体にフィットした服を着た上からそのビニール袋を被り、頭と両手を出す。
  3. 肩から脇の下にかけてのビニールをガムテープで留め、固定。
  4. 身体の余っているビニールをウェスト部分で留め、身体にフィットさせていく。背中も同様に細かく留める。その上に、背骨に沿って縦に1本、ガムテープを貼る。
  5. 首周りの前後の空きを覆える大きさのビニールを別に用意し、体の前後を補強するため重ねて貼る。
  6. 両手の間口のビニールをまとめて、ガムテープで留める。
  7. ビニールが露出している部分を埋めていくようにガムテープを貼る。
  8. 背骨に沿って縦に1本、腰回りを1周するように1本、ガイド線を引き、そのガイド線に沿って、下から切り開く。その際、ビニールと服の間に指を入れて切ると、服や体を傷付けにくく、まっすぐにハサミを入れやすい。
  9. トルソーを身体から外したら、切った部分をガムテープできれいに貼り合わせる。
  10. 腰回りのガイド線に沿って、下を切りそろえて端の処理をすれば、これで体をそのままトレースしたトルソーの完成。

もちろん、トルソー作りはコスプレ衣装作りの初めの一歩に過ぎませんが、このようなコスプレ衣装作りにおける目からうろこの情報が書籍やネット上で提供されています。一歩踏み出すと、コスプレ体験の面白さが一気に広がる可能性もあります。

日本で西洋の騎士文化を伝えるカルチャースクールで騎士になろう

一方、本物の西洋甲冑のコスプレ体験をしてみたい人にオススメなのが、本格的な中世剣術を学ぶことができる中世文化発信カルチャースクール「キャッスル・ティンタジェル」。現在、東京を拠点に日本で唯一、西洋の騎士文化を伝えるカルチャースクールとして活動しています。

キャッスル・ティンタジェルとは

女性の生徒が大会で使用する本格甲冑(個人所有)

女性の生徒が大会で使用する本格甲冑
(個人所有)

キャッスル・ティンタジェルは、14~15世紀の西洋騎士の武器を使った技や、騎士の精神を学べるカルチャースクールです。

「戦場での戦いを再現した試合形式」、及び「中世の騎士達が訓練のために実施していたトーナメント形式のバトルゲーム」を現代に伝える活動が行なわれています。

年齢や性別に関係なく、初めてであっても楽しめるのがバトルスポーツの特徴です。生徒達は、クラスで磨いた技をスパーリングで実戦しており、ジャパン・アーマードバトル・リーグで日本代表に選出された生徒は、世界大会にも出場。

スパーリングでは主に木刀を使用し、スポーツバトルとして明確なルールの上で行なわれていますが、型ではなく、しっかりと当てる実戦スタイルが取られており、それに耐えうる強度を持った本物の西洋甲冑が使用されています。

キャッスル・ティンタジェルの騎士体験のコースは、主に3つあり、各体験コースとも、イベントなどにより変更の可能性があるため、予約が必要です。

騎士道ミニ体験レッスン
甲冑を着用しないミニ体験コース。剣の持ち方やフットワーク(足さばき)、基本の剣さばきなどの練習と、通常の初級クラスの見学ができます。

開催日
水、木、土曜日
料金
1,650円
時間
30分+1レッスン見学
西洋甲冑を着用してのスパーリング体験
西洋甲冑を着用したスパーリングの様子

西洋甲冑を着用したスパーリングの様子

甲冑を着用して行なうバトル体験コースです。最初の1時間ほどはスポーツウェアで基本の動き、剣の使い方を学びます。

そのあと、甲冑を身に着けて、スパーリングに参加。

レンタルされる甲冑は、14~15世紀に実際に使われていたコート・オブ・プレートと呼ばれる甲冑を忠実に再現した物。

実際に着て動くとどうか、どんなふうに戦うのか、騎士になった雰囲気を存分に味わえるおススメのコースと言えます。

開催日
日曜日
料金
16,500円
時間
約4時間(内、着付けに30~40分)
バトルなしの西洋甲冑の着付け体験
スパーリング体験で使用する西洋甲冑の着付け体験のみのコースです。写真撮影は、参加者が持参した場合、撮影可能です。
キャッスル・ティンタジェル
所在地 〒171-0031
東京都豊島区目白4丁目13−3 大和倉庫B
電話番号 080-3690-8657
公式サイト https://www.castletintagel.com/

※本コンテンツで紹介している体験イベントは、内容が変更・中止となる場合がありますので、各施設の公式サイトやお電話で最新情報をご確認下さい。

西洋騎士コスプレ(西洋甲冑・刀剣コスプレ)

西洋騎士コスプレ(西洋甲冑・刀剣コスプレ)をSNSでシェアする

「コスプレの基本」の記事を読む


戦国武将コスプレのポイント

戦国武将コスプレのポイント
コスプレを楽しんでいる人も、そうでない人も、「1度は着てみたい!」と憧れるのが、戦国武将の衣装ではないでしょうか。男女共にかっこ良く変身できるところが「戦国武将コスプレ」の魅力です。「織田信長になってみたい」、「何と言っても真田幸村」、「ちょっと渋く、立花宗茂にも憧れる」など、なりたい武将も人それぞれ。個々のキャラクターに思いを馳せて、憧れの武将になり切るのも面白さのひとつです。戦国武将コスプレを、気軽に、また本格的に楽しむための基本的なポイントをご紹介します。

戦国武将コスプレのポイント

人気アニメゲームの武将コスプレ

人気アニメゲームの武将コスプレ
コスプレ界における人気ジャンルのひとつ「武将コスプレ」。イベント会場で大きな槍や刀剣を持ったコスプレイヤー、甲冑のような衣装に身を包んだコスプレイヤーを見かけたことはありませんか。近年、日本で巻き起こった戦国武将ブームがコスプレ界にも到来し、武将のかっこ良い武具や武器、艶やかな着物などがコスプレイヤーに人気を集めています。こうした武将コスプレは、人気アニメゲームが火付け役となり、広がりを見せています。なかでも、コスプレイヤーから絶大な人気を誇るゲーム作品2つをご紹介します。

人気アニメゲームの武将コスプレ

コスプレの始め方

コスプレの始め方
コスプレをしたい動機は人それぞれに異なりますが、ただ見ているだけではつまらない、自らがコスプレをして、それを誰かに見てもらいたい、という点でおおよそ共通しているのではないでしょうか。コスプレという同じ趣味を持つ人との出会いや交流は、大きな楽しみのひとつ。コスプレをするときに大切にしたいこと、コスプレを楽しむためのポイントをご紹介します。

コスプレの始め方

コスプレの魅力

コスプレの魅力
コスプレは、いまや一部の人だけが楽しむ趣味ではありません。誰でも気軽にアニメやゲームのキャラクターになりきることができ、そのレイヤー([コスプレイヤー]の略)人口は日本だけに留まらず、世界中で増えてきています。コスプレイヤーを惹き付ける魅力、楽しさとは一体何なのでしょうか。

コスプレの魅力

コスプレとは

コスプレとは
「コスプレ」とは、「コスチューム・プレイ」の略称です。コスチューム、つまり何かの服装を真似て、その格好をして楽しむことを言います。コスプレする人を「コスプレイヤー」と呼び、コスプレイヤーは自身のことを「レイヤー」と名乗ることも。誰しも少なからず変身願望を持っています。それが強い人はコスプレイヤーを目指しますが、逆に変身願望がさほど強くない人にとっても「ちょっとやってみたいかも」と思わせるのが、コスプレの魅力と言えるのです。 コスプレは、自身が挑戦してみるのも面白いですが、他人が変身願望を叶えて楽しむ様子を見ることも面白みのひとつ。歴史好きの人が、「織田信長」や「武田信玄」、「真田幸村」など、憧れの戦国武将に扮するのもコスプレの王道と言えます。甲冑姿や着物姿は、写真映えも抜群で、流行に左右されない人気を誇っているのです。 ここでは、コスプレ初心者の方に向けて、コスプレにはどんな種類があるのか、もし自分が挑戦するならどんなところから始めれば良いのかについて、分かりやすく紹介していきます。

コスプレとは