コスプレの基本

人気アニメゲームの武将コスプレ

文字サイズ

コスプレ界における人気ジャンルのひとつ「武将コスプレ」。イベント会場で大きな槍や刀剣を持ったコスプレイヤー、甲冑のような衣装に身を包んだコスプレイヤーを見かけたことはありませんか。近年、日本で巻き起こった戦国武将ブームがコスプレ界にも到来し、武将のかっこ良い武具や武器、艶やかな着物などがコスプレイヤーに人気を集めています。こうした武将コスプレは、人気アニメゲームが火付け役となり、広がりを見せています。なかでも、コスプレイヤーから絶大な人気を誇るゲーム作品2つをご紹介します。

戦国武将ブームを巻き起こした!?
コスプレ界でも大人気の「戦国BASARA」

武将コスプレを語る上で欠かせない作品と言えば、人気の戦国武将が登場するアクションゲーム「戦国BASARA」です。

昨今の戦国武将ブームや歴女ブームの先駆けと言える作品で、ゲームソフトに始まり、テレビアニメや舞台、実写ドラマにも展開し、抜群の人気と知名度を獲得。コスプレ界では、「武将コスプレ」というジャンルを牽引する存在となりました。

シリーズの原点であるゲームソフトを中心に、コスプレ界にも熱狂的なファンを生んだ戦国BASARAの魅力に迫ります。

戦国武将
歴史を動かした有名な戦国武将を取り上げ、人物や戦い(合戦)をご紹介します。
武将・歴史人の日本刀
武将・歴史人のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

「戦国BASARA」の原点は、戦国武将が戦うアクションゲーム!

戦国武将が戦うアクションゲーム「戦国BASARA」

戦国武将が戦うアクションゲーム
「戦国BASARA」

まずは、戦国BASARAの原点であるゲームソフトを見ていきましょう。

戦国BASARAは、「ストリートファイター」や「バイオハザード」などで有名なゲームソフトメーカーの「カプコン」が、日本の戦国時代を舞台にしたアクションゲームとしてリリース。

これまでにない「スタイリッシュ英雄[HERO]アクションゲーム」というジャンルで、2005年(平成17年)に「PlayStation2」のソフトを発表しました。これが、1作目となるゲーム作品戦国BASARAです。

タイトル名である「BASARA」とは、鎌倉時代に用いられた文化を表す言葉、「婆娑羅」(ばさら)のこと。派手で奇抜な格好をした者が遠慮なく振舞うという意味があります。まさに戦国BASARAは、この名の通りのアクションゲームで、登場する武将キャラクターは、どこか現代風で派手な衣装を身にまとい、戦場で敵をバサバサとなぎ倒す爽快なアクションを繰り広げます。

そして、この「スタイリッシュで派手な風貌とアクション」という特徴こそ、戦国BASARAが大ヒットした理由なのです。

ゲームならではのキャラクター設定

戦国BASARAの主人公は、異国の言葉を話しながら6振の刀剣を華麗に捌く「伊達政宗」(だてまさむね)。伊達政宗と対になるもうひとりの主人公「真田幸村」(さなだゆきむら)は、戦国武将でありながら素肌に真っ赤なライダースジャケットのような衣装を羽織って登場します。この他、戦国最強の武将と称えられた「本多忠勝」(ほんだただかつ)は、なんとロボットのような姿です。

一見、荒唐無稽な設定に思えますが、実在した戦国武将に大胆なアレンジを加えながら、史実のエッセンスをきちんと取り入れているところも、戦国BASARAの魅力のひとつ。

例えば本多忠勝には、生涯57回の合戦で傷ひとつ負わなかったという有名な逸話があります。この逸話をもとに「無敵キャラ」として、ロボットのような姿をした本多忠勝が生まれたのです。

このような大胆なアレンジにも、武将ひとりひとりの個性がちゃんと反映されているため、もともと戦国武将ファンだった方も楽しみながらプレーすることができると言えます。

  • 伊達政宗と真田幸村

    伊達政宗と真田幸村

  • 本多忠勝

    本多忠勝

武将それぞれのオリジナルシナリオでファン層が拡大

戦国武将を魅力的なキャラクターに仕立てた戦国BASARAは大ヒットしました。翌年の2006年(平成18年)には、2作目となる「戦国BASARA2」が発売されます。

戦国BASARA2では、新たに「前田慶次」(まえだけいじ)、「豊臣秀吉」、「宮本武蔵」(みやもとむさし)といった新キャラクターが登場。武将ごとにオリジナルシナリオが作られたストーリーモードが追加され、よりキャラクターに愛着が持てる作品に進化しました。

登場人物に重点を置いた設定は、女性ファンを増やすきっかけにもなり、1作目の売り上げを大きく上回ります。

  • 前田慶次

    前田慶次

  • 豊臣秀吉

    豊臣秀吉

さらに、2010年(平成22年)には、「関ヶ原の戦い」を舞台にした「戦国BASARA3」が発売されました。西軍の「石田三成」(いしだみつなり)が初めて登場し、主要キャラクターとして人気を集めたのです。

このように、主人公の伊達政宗と真田幸村を中心に、タイトルごとに様々な戦国武将が登場する戦国BASARAは大ヒットシリーズとなります。2017年(平成29年)時点でシリーズ累計販売数は400万本を達成。ゲームソフトのヒットと並行して、戦国BASARAはコスプレ界にも大きな影響を与えていったのです。

合戦の街 関ヶ原
「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。

イケメン武将キャラクターに魅了される歴女やコスプレ女子が急増!

ゲームソフト2作目の戦国BASARA2がヒットしたあと、戦国BASARAは、二次創作を楽しむ人やコスプレイヤーの間で爆発的な人気を博します。

武将キャラクターの聖地巡礼(武将ゆかりの地を巡る)を行なう女性ファンが増え始めたのもこの頃。戦国BASARAファンが、戦国武将ブームやブームと重なり、歴史好きの女性と合流したことで歴女という言葉が使われ始めます。

2009年(平成21年)には、テレビアニメ・戦国BASARAが放送開始に。アニメ化によってゲームプレイヤーだけでなく、より多くの人に認知されるようになりました。また、同年、戦国BASARAから広まったとも言える「歴女」が、流行語大賞のトップ10にランクイン。そののち、戦国BASARAはラジオや舞台、宝塚、実写ドラマなどにも展開し、老若男女に愛される作品となっていくのです。

戦国BASARAが巻き起こした戦国武将ブームは、歴女の増加も相まって、一般社会へ急速に拡散されることになりました。

男装を楽しむコスプレイヤー

男装を楽しむ戦国BASARAのコスプレ

男装を楽しむ戦国BASARAのコスプレ

コスプレ界における戦国BASARAの盛況に目を向けていきましょう。

戦国BASARAのコスプレは、男性コスプレイヤーにも人気がありますが、圧倒的に女性コスプレイヤーの人口が多いと言えます。

武将という男性キャラクターがメインの作品なのに、なぜ女性に人気があるのでしょう。それは、武将キャラクターに「萌える」女性達が、男装を楽しんでいることが理由のひとつ。

戦国BASARAでは、ほとんどのキャラクターがこれまでの武将のイメージを覆すようなイケメンとして描かれています。自分自身が「推し」(お気に入りのキャラクターのこと)のコスプレをして、キャラクターになりきることで、好きなゲームの世界観により没頭できるのです。

また、性別の違う武将キャラクターに扮することは、より非日常を体感する一助にもなっているでしょう。

もちろん、作品内に登場する武将の妻など、女性キャラクターのコスプレを楽しむ人もたくさんいます。戦国BASARAには、天真爛漫な可愛いらしいタイプから、強くてクールなタイプまで、女性キャラクターも充実しています。

武将や歴史コスプレに興味があれば、魅力的な武将キャラクターが大勢登場する、戦国BASARAのコスプレに挑戦してみてはいかがでしょうか。

女性が憧れる、「薄桜鬼」の「新選組」コスプレ

歴史好きの間で、戦国武将と人気を二分する存在と言える幕末の志士。特に幕末の京都警護を担った「新選組」の隊士達は、これまで様々な作品で描かれてきました。

歴女やコスプレ界で特に人気を集めている新選組作品と言えば、「薄桜鬼」(はくおうき)。前述の戦国BASARA同様に、ゲームソフトから始まった薄桜鬼シリーズは、女性を中心に大ヒットし、アニメや舞台、ミュージカルなど、いろいろなジャンルで展開しています。

女性向け恋愛シミュレーションゲームから始まった「薄桜鬼」

薄桜鬼シリーズは、2008年(平成20年)に発売されたPlayStation2ソフト、薄桜鬼から始まります。日本のゲームメーカー「アイディアファクトリー」が女性向け恋愛シミュレーションゲームとして開発し、通称「乙女ゲーム」を扱うブランド「オトメイト」から発売されました。

乙女ゲームとは、イケメンとラブラブなシチュエーションを楽しむゲーム作品の総称です。しかし薄桜鬼は、従来の乙女ゲームとは一線を画していました。女性主人公とイケメンの恋愛が展開されることに変わりはありませんが、イケメンキャラクターに萌えながらハッピーな恋愛だけを楽しむといった一般的な乙女ゲームの内容ではなかったのです。

薄桜鬼は、生死をかけた新選組隊士の生き様を見守りながら、淡く儚い恋を経験するというストーリー。乙女ゲームとしては斬新な設定と展開が女性の心に深く刺さり、薄桜鬼は人気シリーズとなっていくのです。

史実とファンタジーの融合でファンを獲得

また、薄桜鬼は、史実と創作が融合したファンタジックな世界観も魅力。

土方歳三」(ひじかたとしぞう)や「沖田総司」(おきたそうじ)といった誰もが知る歴史人物と、「」や変異した人間「羅刹」(らせつ)といった非現実的なオリジナルキャラクターが絡み合って、物語を構成しています。史実に独創的な設定を加えることで、他にはない世界観を作り出しているのです。また、命をかけて戦うといったシリアスな内容も、乙女ゲームとしては珍しいポイントと言えます。

  • 土方歳三

    土方歳三

  • 沖田総司

    沖田総司

2009年(平成21年)には、1作目のファンディスク(乙女ゲームにおける本編の後日談)となる「薄桜鬼 随想録[ずいそうろく]」が発売されました。この作品は、本編では語られなかった隊士達とのひと時を収録。「隊士達と乙女ゲーム感をもっと楽しみたい」という方にはぴったりの作品です。

さらに翌年の2010年(平成22年)には、薄桜鬼本編の前日譚となる「薄桜鬼 黎明録[れいめいろく]」が登場します。薄桜鬼 黎明録は、主人公を少年に変更してリリース。この作品は乙女ゲームではなく、「幕末ドラマティックアドベンチャーゲーム」というジャンルですが、1作目の薄桜鬼本編へとつながる外伝という意味で、重要な作品に位置付けられています。

そののち、「薄桜鬼」シリーズは様々なゲーム機種に対応したゲームソフトを発表し続け、2016年(平成28年)には、累計出荷本数が100万本を達成。乙女ゲームの名作と呼ばれるようになりました。

あの人気俳優も演じた!?「薄桜鬼」の舞台化とコスプレ界への影響

ゲームシリーズのヒット後、2010年(平成22年)には、アニメ版薄桜鬼が放送開始となります。土方歳三をもとにしたストーリーは、薄桜鬼ならではと言える重厚な作品に仕上げられ、アニメファンの心も掴みました。

また、2012年(平成24年)には、薄桜鬼 黎明録をアニメ化。さらに、2013年(平成25年)「劇場版 薄桜鬼 第一章 京都乱舞[きょうとらんぶ]」、2014年(平成26年)「劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹[しこんそうきゅう]」と、アニメ映画化も果たしています。

テレビアニメ、そして映画化によって、乙女ゲームのファン以外の人も薄桜鬼作品を目にする機会が増え、新たなファン層を獲得していきました。

薄桜鬼の舞台化とコスプレ

薄桜鬼の舞台化とコスプレ

また、薄桜鬼を語る上で欠かせないのが「舞台」です。薄桜鬼が初めて舞台化されたのはアニメ化と同じ、2010年(平成22年)。

「薄桜鬼 新選組炎舞録」という題名で、東京都の「天王洲銀河劇場」において、約2週間にわたり上演されました。

主人公の土方歳三を俳優「早乙女太一」(さおとめたいち)が演じ、新選組隊士に「窪田正孝」(くぼたまさたか)や「中村倫也」(なかむらともや)など、豪華俳優陣が名を連ねたこの舞台は、一般メディアでも大きく取り上げられます。

薄桜鬼の舞台化により、ゲームやアニメに無関心だった人や、俳優のファン層も新たに獲得することになったのです。

また、乙女ゲームというジャンルも幅広く認知され、コスプレ界にも大きな影響を与えます。人気俳優がゲームキャラクターを演じたことで、今までコスプレに触れてこなかった人々が、コスプレに興味を持つきっかけとなったのです。薄桜鬼は、コスプレに対する間口を広げた作品と言えるでしょう。

「2.5次元舞台」がコスプレをより身近に

近年のコスプレ界の盛況には、2012年(平成24年)から始まったミュージカル薄桜鬼も大きく貢献しています。

「テニスの王子様」などに代表される、アニメ作品のミュージカルは、2次元と3次元の間であることから「2.5次元舞台」と呼ばれます。つまり、実力ある若手俳優が、憧れのアニメキャラクターを忠実に再現してくれるのです。

2.5次元舞台は、ある意味では、プロによるコスプレとも言えるため、女性アニメファンや舞台好きの間で盛り上がりを見せていました。上演されたミュージカル薄桜鬼は大盛況となり、乙女ゲームの2.5次元舞台も大流行します。

2.5次元舞台が一般メディアでも注目を集めたことで、コスプレがより身近に感じられるようになったと言えるでしょう。

主人公になりきって、新選組と疑似恋愛を楽しむ!

主人公になりきろう

主人公になりきろう

薄桜鬼のコスプレでは、女性主人公「雪村千鶴」(ゆきむらちづる)に扮する人が非常に多いのが特徴です。

戦国BASARAでは、男装する女性コスプレイヤーが多いことに対して、薄桜鬼では女性主人公を選ぶコスプレイヤーがほとんど。それは、薄桜鬼は「恋愛を楽しむ乙女ゲーム」だからと言えます。

主人公の雪村千鶴に自身を投影して、自分の推している隊士とカップルになりたい、という願望を体現しているのです。このような女性を「夢女子」(ゆめじょし)と言い、薄桜鬼には新選組隊士との恋愛を楽しむ夢女子ファンが多いことも特徴のひとつとなっています。そのため、薄桜鬼のコスプレは、自分と推しのキャラクターのコスプレをしている人と、カップルのような写真撮影をするという楽しみ方が主流です。

歴史や武将を取り扱う作品でも、コスプレにおける特徴や楽しみ方は異なります。自分の好きな楽しみ方で、武将コスプレにチャレンジしてはいかがでしょうか。

人気アニメゲームの武将コスプレ

人気アニメゲームの武将コスプレをSNSでシェアする

「コスプレの基本」の記事を読む


戦国武将コスプレのポイント

戦国武将コスプレのポイント
コスプレを楽しんでいる人も、そうでない人も、「1度は着てみたい!」と憧れるのが、戦国武将の衣装ではないでしょうか。男女共にかっこ良く変身できるところが「戦国武将コスプレ」の魅力です。「織田信長になってみたい」、「何と言っても真田幸村」、「ちょっと渋く、立花宗茂にも憧れる」など、なりたい武将も人それぞれ。個々のキャラクターに思いを馳せて、憧れの武将になり切るのも面白さのひとつです。戦国武将コスプレを、気軽に、また本格的に楽しむための基本的なポイントをご紹介します。

戦国武将コスプレのポイント

西洋騎士コスプレ(西洋甲冑・刀剣コスプレ)

西洋騎士コスプレ(西洋甲冑・刀剣コスプレ)
西洋の歴史作品だけでなく、中世を舞台にしたファンタジー色の強い映画やドラマ、あるいはゲームにもたびたび登場する「西洋騎士」達。「ナイト」と呼ばれ、マントや鉄の甲冑、あるいはワンピース形式のゆったりとしたサーコート(上衣)に身を包んだ彼らの出で立ちの格好良さは、歴史ファンのみならず、多くの人を引き付ける魅力にあふれています。騎士の甲冑姿も、日本の戦国武将の甲冑姿とはまた一味違ったもの。そんな西洋騎士コスプレを楽しむポイントを紹介します。

西洋騎士コスプレ(西洋甲冑・刀剣コスプレ)

コスプレの始め方

コスプレの始め方
コスプレをしたい動機は人それぞれに異なりますが、ただ見ているだけではつまらない、自らがコスプレをして、それを誰かに見てもらいたい、という点でおおよそ共通しているのではないでしょうか。コスプレという同じ趣味を持つ人との出会いや交流は、大きな楽しみのひとつ。コスプレをするときに大切にしたいこと、コスプレを楽しむためのポイントをご紹介します。

コスプレの始め方

コスプレの魅力

コスプレの魅力
コスプレは、いまや一部の人だけが楽しむ趣味ではありません。誰でも気軽にアニメやゲームのキャラクターになりきることができ、そのレイヤー([コスプレイヤー]の略)人口は日本だけに留まらず、世界中で増えてきています。コスプレイヤーを惹き付ける魅力、楽しさとは一体何なのでしょうか。

コスプレの魅力

コスプレとは

コスプレとは
「コスプレ」とは、「コスチューム・プレイ」の略称です。コスチューム、つまり何かの服装を真似て、その格好をして楽しむことを言います。コスプレする人を「コスプレイヤー」と呼び、コスプレイヤーは自身のことを「レイヤー」と名乗ることも。誰しも少なからず変身願望を持っています。それが強い人はコスプレイヤーを目指しますが、逆に変身願望がさほど強くない人にとっても「ちょっとやってみたいかも」と思わせるのが、コスプレの魅力と言えるのです。 コスプレは、自身が挑戦してみるのも面白いですが、他人が変身願望を叶えて楽しむ様子を見ることも面白みのひとつ。歴史好きの人が、「織田信長」や「武田信玄」、「真田幸村」など、憧れの戦国武将に扮するのもコスプレの王道と言えます。甲冑姿や着物姿は、写真映えも抜群で、流行に左右されない人気を誇っているのです。 ここでは、コスプレ初心者の方に向けて、コスプレにはどんな種類があるのか、もし自分が挑戦するならどんなところから始めれば良いのかについて、分かりやすく紹介していきます。

コスプレとは