書画・美術品の基礎知識

屏風の絵師

文字サイズ

鮮やかな金地に描かれる雅で風流な屏風画。日本を代表する絵師達は、幕府お抱えの「御用絵師」(ごようえし)として、その才能を発揮しました。御用絵師最大の仕事は、幕府の命で行なう城郭建設に伴っての障壁画制作です。障壁画制作のなかには、もちろん屏風も含まれ、数々の名作が生まれました。室町時代から江戸時代にかけて名を馳せたのが「狩野派」(かのうは)と「琳派」(りんぱ)と呼ばれる御用絵師達です。御用絵師のなかでも格式の高い職位は「奥絵師」(おくえし)と称され、世襲されるのが通例でした。先代の持つ画法を忠実に再現しつつも、長い年月をかけて独自の技法を編み出していく様子が、屏風の巨匠達の作品を通して見えてきます。

書画・美術品写真/画像書画・美術品写真/画像
刀剣ワールド財団所蔵の屏風や美術品がご覧頂けます。

室町時代から江戸時代まで脈々と続く「狩野派」の巨匠達

桃山画壇の寵児「狩野永徳」

「狩野永徳」(かのうえいとく)は、安土桃山時代の絵師です。室町幕府の御用絵師であった狩野派の絵師「狩野松栄」(かのうしょうえい)の息子であり「狩野元信」(かのうもとのぶ)の孫にあたります。幼い頃から才能を発揮した狩野永徳は、狩野元信に連れられ、わずか10歳にして13代将軍「足利義輝」(あしかがよしてる)に謁見(えっけん)。そこから画壇の頂点への道を駆け上がったのです。

御用絵師として活躍する狩野永徳は、足利義輝以外にも時の権力者である「織田信長」や「豊臣秀吉」の要請に応え、「安土城」(現在の滋賀県近江八幡市)、「大坂城」(現在の大阪城)、「聚楽第」(現在の京都府京都市上京区)に障壁画を制作。数々の作品を生み出したものの、多くは相次ぐ戦火により失われてしまいました。

狩野永徳の晩年は、押し寄せる仕事の依頼で多忙を極めており、死因も過労死と言われています。遺作は、豊臣秀吉より制作を要請されていたとされる「檜図屏風」(ひのきずびょうぶ)です。

檜図屏風は国宝に指定され、現在「東京国立博物館」(東京都台東区)に所蔵されています。

狩野永徳の作風と特徴

狩野永徳の作品は、壮大な構図と力強い筆致、緻密で華麗な描写が特徴です。もともと狩野永徳は、細画が得意であったとされていましたが、次第に戦国大名などの需要に合わせた勇壮な作風へと変化していきました。屏風に描かれた主題の獅子や花木は、まるで屏風から飛び出さんばかりの勢いを持ち、観る者を圧倒します。

狩野永徳の作風を語る上で対照的に見られているのが、「長谷川等伯」(はせがわとうはく)です。狩野永徳の豪華で力強い画風に比べて、長谷川等伯は風や大気を感じさせるような静けさをまとった絵を水墨画で描きます。2人は同じ時代に奥絵師として活躍し、幕府からの仕事を受ける才人同士でしのぎを削りました。

狩野永徳の代表作

洛中洛外図屏風

「洛中洛外図」(らくちゅうらくがいず)とは、京都の市街(洛中)と郊外(洛外)の風景や風俗を描いた屏風絵のことを言い、様々な絵師によって描かれた定番の画題です。狩野永徳によって描かれた「洛中洛外図屏風」は、初期の作品にあたり、洛中洛外図屏風における最高傑作とされています。

「洛中洛外図屏風」の最大の魅力は、京都の洛中と洛外に描かれた2,500人もの人物です。庶民から貴族まで当時の暮らしぶりを、生き生きとした個性豊かな表情で描いています。

この作品は、足利義輝の要請によって制作されたとされており、1574年(天正2年)3月に織田信長から「上杉謙信」に贈られました。現在は、山形県米沢市の「上杉博物館」で所蔵されています。

幕府御用絵師として活躍「狩野探幽」

「狩野探幽」(かのうたんゆう)は、狩野永徳の次男「狩野孝信」(かのうたかのぶ)の息子として山城国(現在の京都府)で生を受け、若い頃から絵の才能を発揮。10歳で「徳川家康」に謁見し、「徳川秀忠」(とくがわひでただ)からは「祖父永徳の再来」と称賛を受けました。16歳で江戸幕府の御用絵師に抜擢され拠点を江戸へ移すと、翌年父の狩野孝信が他界します。

狩野探幽

狩野探幽

狩野探幽が江戸に出ていたため次弟の「狩野尚信」(かのうなおのぶ)が家督を継承。そのあと、狩野尚信を含む狩野宗家が御用絵師として江戸へ召されることになり、江戸へ移った狩野探幽一門を「江戸狩野派」、狩野永徳の養子で京都に残った「狩野山楽」(かのうさんらく)一門を「京狩野派」と呼ぶようになりました。

狩野探幽は、徳川家にまつわる霊廟の装飾や、「江戸城」(東京都千代田区)や大坂城、「二条城」(京都府京都市中京区)、「名古屋城」(愛知県名古屋市)、「京都御所」(京都府京都市上京区)などの障壁画制作で活躍しています。

狩野探幽の作風と特徴

絵画の世界で、桃山期の豪壮な重みを一挙に払拭してみせたのが狩野探幽でした。極端な墨の濃淡で画面にメリハリを付け、安定した構図と、たっぷりした余白によって爽快な画面を作り出しています。「瀟洒淡白」(しょうしゃたんぱく)と言われるこの探幽様式は、江戸狩野派を形作ったばかりでなく、江戸絵画を象徴する時代様式となりました。

一方で狩野探幽は、大和絵の濃彩画の世界すらも、自らの瀟洒淡白な様式で描き、美しくも軽妙な新しい大和絵を創出。大和絵を描くために行なわれた膨大な写生や古画学習、そしてその過程で作成された古画鑑定書「探幽縮図」(たんゆうしゅくず)は、美術史資料としても貴重な物です。

さらに狩野探幽は、新しい画題の開拓にも積極的に取り組み、絵巻の世界を巨大な掛軸に仕立てた他、写生と水墨の融合を試みるなどし、さらに手掛ける範囲は仏画にまで及びました。

狩野探幽の代表作

四季松図屏風

「四季松図屏風」(しきまつずびょうぶ)は、四季の要素に加え、濃彩を用いた大和絵の要素を盛り込んだ新しい画題で描かれています。金色の地に松と、中央に水の流れのみを配置。向かって右から幼年、青年、壮年、老年期の松を描き、四季と人生の移ろいを併せて表現しています。大和絵を自らの画風に取り込み、金地にも余白の美を追求した狩野探幽円熟期の作品です。現在、「大徳寺」(京都府京都市北区)が所蔵しています。

狩野派と双璧をなす「琳派」の巨匠達

謎多き大画家「俵屋宗達」

俵屋宗達

俵屋宗達

「俵屋宗達」(たわらやそうたつ)は、江戸時代初期の画家であり、絵屋「俵屋」を主宰する京都の町衆として、文化人の「本阿弥光悦」(ほんあみこうえつ)らと親交を持っていたとされています。

俵屋宗達の初期の作品には、扇絵や料紙(りょうし:書や絵に使われる用紙)の下絵と思われる作品が多く残っており、装飾的な絵画を制作して販売する絵屋を営んでいたとのことです。

現代では、琳派の偉大なる創始者として評価されている俵屋宗達ですが、実は明治時代まではあまり評価されていませんでした。加えて俵屋宗達の作品には、落款(らっかん:作者直筆の署名や印)があっても多くの場合は制作年が記されておらず、作品を見付けるのが難しかったのです。歴史に名を残した絵師のなかでも、これだけ資料が乏しい人物もあまりいません。

俵屋宗達の作風と特徴

俵屋宗達作品における装飾美の原点とも言えるのが「平安時代の美術」です。「平清盛」(たいらのきよもり)が「厳島神社」(広島県廿日市市)に奉納した「平家納経」(へいけのうきょう)の補修事業に加わり、平安時代の原画を通して王朝美の粋に触れたことは、のちの俵屋宗達作品の方向を決定付けたと言えます。その溢れんばかりの美麗な装飾表現は、俵屋宗達の芸術に水が行き渡るかのように豊かに反映されました。

生涯を通じて、大和絵の伝統を近世化した琳派様式を生み出す一方で、墨の面的表現を追求した独自の画風を示しています。もちろんその背景にある、絵屋を営む中での膨大な作業量を伴った画力の醸成を忘れることはできません。

俵屋宗達の代表作

風神雷神図屏風

風神雷神の図像は古くから存在しますが、俵屋宗達は鎌倉時代以降に流布していた「天神縁起絵巻」(てんじんえんぎえまき)から図柄を借り、屏風に大きく描いて自身の代表作としました。

一対の鬼神が向き合い、力と技を競う構図は魅力的で、観る者を惹き付けます。作品には落款も印もありませんが、緊張感ある構図、落ち着いた色調、伸びやかな描線、さらに雲のやわらかい質感を表した「たらし込み」の技術など、作り手が俵屋宗達であることを疑う人はいないのです。現在、「建仁寺」(京都府京都市東山区)が所蔵。

俵屋宗達の芸術を斬新な意匠で引き継ぐ「尾形光琳」

尾形光琳

尾形光琳

「尾形光琳」(おがたこうりん)は、京都有数の呉服商「雁金屋」(かりがねや)の次男として生まれ、裕福な幼少期を送っていました。ところが父の死後、商売もうまくいかず、自活の道を探すことになります。

そこで尾形光琳は、本格的に絵師の道を目指すことを決めたのですが、そのとき尾形光琳は、すでに30代後半に差し掛かろうとしていました。当初は、世間で人気を集める狩野派の絵画を学んでいましたが、尾形光琳が深く心酔したのは江戸時代初期の俵屋宗達だったのです。

俵屋宗達の芸術を学び、継承しつつ発展させながら、斬新な意匠を表わした独特の作品を生み出していきます。尾形光琳は鑑賞用の絵画だけでなく、扇面(せんめん:扇の表面)や団扇(うちわ)などの装飾、陶器の絵付け、蒔絵(まきえ)の意匠など、様々な実用品も手がけました。

尾形光琳の作風と特徴

「狩野派」と並ぶ琳派として、名前の1字が用いられている尾形光琳。俵屋宗達を尊敬していた尾形光琳は、その技法や表現を大いに学びます。

伝統的な大和絵を基盤にしつつ、恵まれた文化的環境で育った資質を活かして新しい意匠を起案。特に、一定の文様を繰り返し用いる手法は、尾形光琳ならではと言えます。その洗練され、計算しつくされた構図は海外からの人気も別格です。

また尾形光琳には、「尊敬する俵屋宗達をいかに乗り越えるか」という苦闘が見て取れます。それが顕著に出ているのが「風神雷神図屏風」(東京国立博物館所蔵)です。構図は、俵屋宗達の作品を忠実に再現しながらも、細かい部分で尾形光琳独自の解釈が反映されています。

尾形光琳の代表作

燕子花図屏風

金地の屏風の上に無数の燕子花(かきつばた)があしらわれた作品です。配色が花の「群青」(ぐんじょう)と葉の「緑青」(りょくしょう)の2色だけにもかかわらず、深い奥行きを感じさせています。

これは、燕子花を図案化し、律動的に配置することで余白の空間を活かしているためです。あえて燕子花のみを置くことで、情感たっぷりの作品を完成させました。現在、「根津美術館」(東京都港区)が所蔵しています。

水墨画で静寂の世界を描く巨匠達

絵から滲み出る禅の境地「雪舟」

雪舟

雪舟

「雪舟」(せっしゅう)は、室町時代の画僧(僧籍にある画家)です。生まれは備中国(現在の岡山県西部)で、若くして京都の「西国寺」に入り、禅と画業に励みました。そのあと、遣唐使節団に加わって明(みん:中国の王朝のひとつ)に渡り、当時画壇で主流を占めていた「浙派」(せっぱ)画風を体得します。

帰国してからは九州をはじめ、諸国を巡り「四季山水画」(しきさんすいが)を制作しました。中国の模倣を脱して独自の水墨画を確立した点において功績が大きく、「画聖」(がせい)とも呼ばれています。

雪舟の作風と特徴

雪舟の作品に表われる特徴は、力強い筆致や、大胆ながらも安定感のある構図です。これらは、中国で水墨画を学んだ影響が大きく、そこから雪舟独自の作風への昇華に成功しています。

有名な「達磨」(だるま)の輪郭線の力強さや、手前から奥にかけての空間構成が、雪舟の描く水墨山水画の大きな魅力です。

雪舟の代表作

四季花鳥図屏風

弟子の作品が多く残る雪舟ですが、この作品だけは唯一雪舟自身の手によって描かれたとされています。まっすぐ立つ鶴と、その横で首を曲げて佇むもう1羽の鶴。2羽を囲むように極端に曲がった松が、独特の重い雰囲気を醸し出しています。これは明の花鳥図が参考にされたと考えられており、このような絵を描く画家は当時の日本にはいませんでした。現在、「京都国立博物館」(京都府京都市東山区)に所蔵されています。

神技と称えられる水墨画の至宝「長谷川等伯」

「長谷川等伯」は、安土桃山時代から江戸時代初期の画家で、能登国七尾(現在の石川県七尾市)の出身です。幼少の頃、染物業を営む「長谷川宗清」(はせがわむねきよ)のもとへ養子に入り、絵の心得があった養父から絵の手ほどきを受けます。

若い頃は、仏画を中心に手がけていましたが、30代で上京すると僧俗の肖像画や障壁画にも取り組み、桃山画壇に君臨する「狩野派」を脅かすまでになりました。

長谷川等伯の作風と特徴

千利休

千利休

長谷川等伯は、同時代を生きた狩野永徳と対で語られることが多い画家です。

自然を屈服させるような圧倒的な力を表現する狩野永徳に対し、長谷川等伯は、風や大気を感じ取り、自然を個人の心象として表現します。「千利休」からも高く評価されていた長谷川等伯は、茶の道に通ずる「侘[わ]び寂[さ]び」を深く理解していました。

長谷川等伯の代表作

松林図屏風

六曲一双の屏風に、靄に包まれて見え隠れする松林の様子はまさに「幽玄」。墨の濃淡で描かれた松からは、その場を包んでいる大気の感覚までが伝わってくるほどです。

一見優しく描かれているように見えますが、近付いてよく観ると、粗く速い筆致で大胆に描かれていることが分かります。絢爛豪華を特徴とする他の画家の作品とは大きく一線を画す、詩情感と奥深さのある桃山時代を代表する1作です。現在、「東京国立博物館」が所蔵。

屏風の絵師

屏風の絵師をSNSでシェアする

「書画・美術品の基礎知識」の記事を読む


掛け軸の基本

掛け軸の基本
古来日本では、美術品として重宝されてきた「掛け軸」。そのため、伝統ある和風の日本家屋では、今でも掛け軸が、室内における装飾品に用いられている例が見られます。しかし、掛け軸その物をイメージすることはできても、それが具体的にはどういう物であるのかということについては、あまり知られていません。そこで今回は、掛け軸の定義や形状など、基本となる事柄を徹底解説していきます。

掛け軸の基本

掛け軸の歴史

掛け軸の歴史
日本の家屋に「床の間」(とこのま)があった時代には、多くの家に飾られていた「掛け軸」。当時の掛け軸には、客人を招いたときに歓迎の気持ちを表わす役割もあったのです。現代の日本では、掛け軸が自宅にあることは珍しく、美術館や博物館、寺社などでのみ見かける伝統工芸品、あるいは美術品であると考える人が多いかもしれません。 掛け軸をより身近な物として感じて頂くために、掛け軸がいつから用いられるようになり、どのように使用法が変わってきたのかについて、その歴史を振り返りながらご紹介します。

掛け軸の歴史

屏風の基本

屏風の基本
言葉の意味は知っていても、現代の日本では、あまり目にする機会がない「屏風」(びょうぶ)。しかし、昔の屏風は、日常生活の中で使われる便利な道具であるとともに、部屋を華やかに飾る装飾品であり、特別な場であることを示す舞台装置でもあったのです。屏風の基本では、日用品としての屏風のみならず、様々な意匠を凝らした美術品としての役割を果たす屏風において、その基本となる事柄を解説します。

屏風の基本

屏風の歴史

屏風の歴史
「屏風」(びょうぶ)は、現代の日本でも地方の古い家などに残っていることがあります。かつての日本では、日々の暮らしとともにありましたが、今では結婚式の金屏風や、雛飾りで使われるぐらいになってしまいました。しかし、美術展などで観る屏風は、その美しさと壮大さで私達を魅了します。生活用品であると同時に、日本を代表する美術品である屏風。その歴史を紐解き、奥深い世界にふれてみましょう。

屏風の歴史

合戦図屏風とは

合戦図屏風とは
「合戦図屏風」(かっせんずびょうぶ)は、武将達の戦いの様子を表わしていますが、すべての真実が描かれている訳ではありません。実際に起きた戦の渦中で描かれるのではなく、後世に制作された作品が多いからです。描く絵師達にとっては、依頼主に対して力量を示す絶好の機会であり、作品は芸術品であるとも言えます。正確性より、軍記などの物語から発想を得て描かれるため、架空の設定や時代背景のズレもあるのです。合戦図屏風について詳しく解説していきます。

合戦図屏風とは

戦国武将の書状・朱印状

戦国武将の書状・朱印状
博物館などで古い書物を目にしても、そこに書かれた「くずし字」を読んで意味を理解するのは至難の業。しかし、実はくずし字が読めなくても「古文書」を楽しむことができるポイントがあるのです。ここでは、戦国時代から江戸時代に書かれた「中世文書」を中心に、「古文書」を楽しむポイントをご紹介します。

戦国武将の書状・朱印状

経典とは

経典とは
時の為政者(いせいしゃ:政治を行なう者)や宗教者が、何らかの願いを込めて「写経」(しゃきょう)した「経文」(きょうもん)のことを「願経」(がんきょう)と言います。写経とは、「経典(きょうてん)に書かれた文字を一字一句書き写すこと」で、基本的には書き写した経典と内容は同じ。しかし、写経を行なった人の背景を深く掘り下げると、その願経に込められた様々な想いが見えてくるのです。室町幕府初代将軍「足利尊氏」が発願書写させた「一切経」(いっさいきょう:漢文に訳された仏教聖典の総称)を例に取り、その背景にどんな想いが込められていたかを探ります。

経典とは

天皇の書状 宸翰(しんかん)

天皇の書状 宸翰(しんかん)
「宸翰」(しんかん)とは、天皇が直筆で書かれた「書」や「手紙」のこと。最も古い宸翰は、第52代の「嵯峨天皇」(さがてんのう)の「光定戒牒」(こうじょうかいちょう)と言われ、現存する宸翰の多くは「国宝」や「重要文化財」などに指定されています。宸翰を鑑賞するときに知っておくと良いのが、「世尊寺流」(せそんじりゅう)や「青蓮院流」(しょうれんいんりゅう)などの、様々な日本の書流(書道のスタイル)。しかし、すべてを網羅することは不可能なため、ここでは日本の書道文化に影響を与えた重要な流派を取り上げてご紹介します。

天皇の書状 宸翰(しんかん)

注目ワード
注目ワード