武具の基礎知識

弓術とは

文字サイズ

日本では、縄文時代から弓矢が使われていました。のちの戦国時代を経て、火縄銃が登場するまで武器の主流として戦術の要を担ってきたのです。その歴史の中で、様々な「弓術」(きゅうじゅつ)も誕生。流派や理念も多彩に広がっていきました。現代に伝えられる技術も少なくありません。
ここでは、日本の弓術における歴史を紐解き、理念や流派などを併せて解説します。

  • 五箇伝の名工
    武具である弓や、矢籠・矢屏風・鏃といった芸術品を解説や写真でご覧頂けます。
  • 古武道の歴史や由来、主な各流派についてご紹介します。
    古武道の歴史や由来、主な各流派についてご紹介します。

日本における弓術とは?

古代の日本において弓矢は、狩猟や祈祷といった用途で用いられていました。

そのあと、社会が構築され土地支配などの概念が生まれたため、領土争いが勃発。それから弓矢は、戦いにおける戦術のひとつとして用いられるようになります。

戦いに使われるようになったことで、徒歩(かち)や馬上など様々な状況下で正確に放つための技術が発展。弓術として成長していったのです。

刀剣に関する基礎知識をご紹介します。

日本の弓術について

日本の弓術が現れたのは、弥生時代だと思われます。

その理由は、和弓の原型と考えられる弓矢が存在し、戦争に使われたことが分かったためです。よって何らかの弓術があったと推測されるのです。

しかし、あまりにも古い記録のため、不明な部分が多く、はっきりとしていません。

飛鳥時代の後期には、「文武天皇」(もんむてんのう)により「大射禄法」(たいしゃろくほう)が制定。朝廷での弓射に関する礼法や技術がまとめられ、弓術として成立しました。

平安時代に入ると、弓術は流派によって、教え、作法、といった独自の考えで技術が枝分かれしていきます。その間も武器として用いられていたのは確かです。

そして、戦国時代に入ると火縄銃が登場し、戦場での弓矢の活用は減りますが、技芸として高い人気を誇ることになります。

その後、弓道と言う道筋を経て、弓術は現代に伝えられました。

諸外国との違いは?

入木

入木

日本の弓術は、諸外国を比べると少し特殊です。

まず、人間の身長よりも高い和弓が使われています。大きさは世界最大と言われ、耐久性と威力を両立した弓矢です。

この和弓は、矢をまっすぐに放つために「入木」(いりき)と言う反りが存在します。

入木とは、弦の側から弓を観たとき、矢をつがえるあたりで弦が弓の右側に位置するよう反っていること。

この入木を最大限活かすために、「角見」(つのみ)と呼ばれる親指の付け根部分を、上手く使う技術が発達。その結果、諸外国にはない独自の構造と弓術を発展させることになったのです。

日本の弓術の歴史

続いて、日本の弓術の歴史を振り返ります。これまで大まかに解説しましたが、どのように進化し、どうして現代の形になったのか、謎に包まれている部分は多いのです。

また、戦いの中で弓術がどう発展したのかについても深く掘り下げていきます。

起源は縄文時代

弓矢自体が使われ始めたのは縄文時代。ただ、明確な記録は残っておらず、あくまで、その時点で使われていたとされるだけです。

用途は、基本的に狩猟と祈祷でした。その証拠として、漆塗りを施された弓矢が、狩った動物と一緒に埋葬された形跡があるとのこと。

弥生時代に入ると、稲作中心の生活に変化し、土地や水源確保が必須になります。その結果、領土争いが勃発して、弓矢が武器として使われるようになりました。

こうして、徐々に武器としての弓矢が発達したのです。

飛鳥時代には「騎射」が活用されていた

飛鳥時代には、騎射(きしゃ:馬上から弓で矢を放つこと)の原型になる「騁射」(うまゆみ)や「馳射」(はせゆみ)が誕生します。

そして、神事としての弓術が生まれました。さらに、流派の伝承なども行なわれたと言われていますが、発祥など詳しいことは定かではありません。

平安時代から江戸時代にかけて大きく発展

平安時代になると、武家が登場します。

それにより、騎射や弓術は武芸として親しまれるようになりました。技術的にも実戦武術として頻繁に稽古が行なわれ、戦場での主戦力として扱われていたのです。

流鏑馬

流鏑馬

鎌倉時代に入ると、騎射は「騎射三物」(きしゃみつもの)と呼ばれるようになり、「流鏑馬」(やぶさめ)、「犬追物」(いぬおうもの)、「笠懸」(かさがけ)の3つが盛んに行なわれるようになりました。

しかし、室町時代・安土桃山時代になると火縄銃と入れ替わる形で、弓矢は戦場から姿を消します。戦場での弓矢の役目は終わりましたが、武芸としての人気は高いままでした。心身鍛錬の方法として、弓術とその各流派は発展していきます。

そして、江戸時代に入ると流派ごとの活動が活発化し、庶民の娯楽や技芸として大きく成長を果たすのです。

  • 武道や言葉、建築、マナーなど、現代に息づく武士の風習についてご紹介。

  • 武具(馬具、弓矢、火縄銃、など)に関する基礎知識をご紹介します。

明治維新からは弓道として受け継がれる

明治維新によって幕府が崩壊すると、身分制度も廃止。武術は目的を失うことになります。結果として、弓術を含む武術は時代遅れと見なされ、衰退の一途をたどりました。

一方、各流派の弓術家達は道場を開き、弓術存続に全力を注ぎます。その甲斐あって弓術は、見直されることとなるのです。

庶民にも普及したことで、1895年(明治28年)には学校教育に取り入れられました。

1919年(大正8年)に、弓術は「弓道」へと名前を変えます。他の武芸が形の体系化を図るのに倣って、弓道も射法を統一。

1949年(昭和24年)になると修養の道として認識されるようになり、現在の形として受け継がれたのです。

技術は弓術理念によって大きく分けられる

弓矢の技術は、弓術理念によって大きく分けられます。

例えば、儀式で用いるなら儀式で必要な技術と作法、戦いで必要になるのは実戦的な技術といった違いです。各分類を詳しく解説します。

儀礼としての文射的側面

弓射の儀礼的側面である「文射」(ぶんしゃ)は、もともと古代中国で育まれました。

当時は、貴族の素養として必ず身に付けなければならなかったのです。そうした思想が日本にも伝わり、現代でも存在する側面となりました。

文射的側面は、武家社会においても重要視されており、年始めの射礼(じゃらい)といった礼式にも発達したのです。さらに、氏家の中でも独自の伝統が生まれていきました。

室町時代に入ると、京都小笠原氏の伝統が中心に受け継がれるようになり、現在伝わっている文射の多くは、京都小笠原氏に由来しています。

武器としての武射的側面

戦場を想定した弓術の分類は、「武射」(ぶしゃ)です。

鉄砲が伝来するまでは、弓矢が主戦力と見なされていました。そのため、的中率と威力を高めるための技術や、新たな道具が開発されてきたのです。

戦国時代初期には、武射的側面の弓射技術は大きく進歩。様々な状況下での射法が考えられてきました。

この武射が戦場で必要とされなくなったあとの江戸時代以降も、流派によっては武射に重きを置いているところがあります。代表的なのは「日置流」(へきりゅう)。武射的側面が強い射法です。

また近代弓術では、武射の技術や作法を「五射六科」に分けています。

五射
「五射」とは、弓術の中で代表的な射法。戦場での射法や遠距離での射法といった弓術がまとめられているのが特徴です。

  • 巻藁前(まきわらまえ):巻藁を的にする射法、基本に即して礼儀正しく行なう練習的な側面がある射法
  • 的前(まとまえ):近距離(約28m以下)用。五射の中で最も重要とされる射法
  • 遠矢前(とおやまえ):遠くに撃つ射法。矢文を送る際などに利用される射法
  • 差矢前(さしやまえ):素早く多数の矢を放つ牽制用の射法
  • 要前(ようまえ):甲冑を身に着けて弓を扱う実戦用射法
六科
「六科」とは、弓術家が身に付けるべき事項です。弓術家としての礼儀作法や、弓具の取り扱いに関する内容もまとめられています。

  • 弓理:射術の理論
  • 弓礼:一般常識
  • 弓法:弓の取り扱い方全般
  • 弓器:弓の種類についての知識
  • 弓工:弓の性能についての知識、及び修理についての知識や実践
  • 丹心:心の鍛錬

射法による分類

弓射は古来より騎乗、もしくは非騎乗に分けられていました。その後、日置流が誕生したことで、「歩射」(ぶしゃ)の技術が大きく進歩することになります。

「通し矢」に関しては、江戸時代に盛んになり、射法については、前記した五射が有名です。これらを参考に、各分類を詳しく解説します。

馬の上から放つ騎射について

騎射とは、馬の上から矢を射る射法です。遊牧民が得意とする技術で、その始まりは紀元前にまで遡ります。

日本でも騎射が行なわれるようになったのは4世紀以降。「日本書紀」には、すでに騎射の記述があったとのことです。平安時代から鎌倉時代には、騎射による一騎打ちも行なわれていたと考えられています。

その方法は、馬が静止した状態か、走らせている状態かで区別されました。いずれも前方向に矢を放つのが一般的。流鏑馬のような横方向に放つことはありませんでした。

のちに、流鏑馬、犬追物、笠懸が成立。神事としても行なわれるようになります。

地面に立って放つ歩射とは

「歩射」とは、馬に乗らず地面に立って矢を放つ方法です。

この歩射が一般化したのは騎射よりも遅く、南北朝時代でした。戦場で歩射が一般化し、戦国時代に入ると日置流を中心に様々な技術が発展します。

五射に代表される、遠くに矢を放つ遠矢前や連射性を重視した指矢前などが発達。その他にも、体勢を変える技術も広く伝わるようになり、歩射の射法は次第に幅広くなっていきます。

その結果、戦場では歩射が主戦力として活躍することになりました。

通し矢競技の堂射

三十三間堂

三十三間堂

江戸時代に入ると、武芸としての弓術が人気を集めます。

その中で生まれたのが、通し矢競技である「堂射」(どうしゃ)です。「三十三間堂」(京都府京都市東山区)で行なわれる堂射がよく知られており、「東大寺」(奈良県奈良市)でも行なわれました。

江戸時代には、堂射が独自の発展を遂げます。この流行は、江戸時代中期になると少しずつ落ち着いていきますが、堂射は、弓術発展に大きく貢献しました。

堂射専用に開発された「ゆがけ」と言う道具や技術は、現代にも伝えられています。

日本の弓術の流派について

弓術は、戦争などを経て様々な流派が独自に技術を磨いていきました。

それぞれの理念に基づいて礼節や技術が発展しているため、様式は多種多様です。現在も続いている流派から、廃れてしまった流派まで、その数は少なくありません。

ここでは、なかでも有名な5つの流派を歴史背景も併せて解説します。

知名度が最も高い「小笠原流」

小笠原氏に代々伝わる「小笠原流」。室町時代中期になると、武家社会で指導的存在として重んじられました。

弓術のみならず、馬術など武芸全般に精通している流派です。礼儀作法を重視しており、知名度は他の流派に比べて高くなっています。

弓術において小笠原流は、騎射由来の弓構えのひとつ「正面打起し」を行なうのも特徴。その他に流鏑馬も極めた流派です。

流鏑馬に代表される「武田流」

武田流は、弓術・馬術・礼法を基礎とする「弓馬軍礼故実」(きゅうばぐんれいこじつ)の流派として知られています。

特に流鏑馬に関しては、小笠原流と並んで代表される流派です。その起源は、「文徳天皇」(もんとくてんのう)の皇子から伝授されたのが始まりと言われています。

武田流では、流鏑馬において(えびら:矢を入れて背中に負う道具)から矢を抜く動作が、他流派と異なっているのが特徴です。また、流鏑馬を行なう際、笠に鬼面を付けるのも特徴のひとつ。

現在でも、「明治神宮」(東京都渋谷区)で行なわれる秋の大祭などで披露される流派となっています。

実戦向き流派のひとつ「日置流」

室町時代の武士「日置弾正政次」(へきだんじょうまさつぐ)が確立したとされる「日置流」。

武射系の弓術は、日置流系統が中心だと言われています。まさに実戦向きの流派なのです。

また、日置流の歴史は500年ほどであり、小笠原流などと比べて比較的に新しい流派となっています。

江戸時代初期に開かれた「大和流」

大和流は、江戸時代初期に「森川香山」(もりかわこうざん)によって開かれた流派です。

森川香山は、弓術の流派における名家の門人として、10数年にわたり弓の鍛錬を積み、様々な流派を極めました。

そして、修行中に受け入れた神道思想を中心として、神道・儒教・仏教の思想を弓術流派に織り交ぜて大和流を確立。礼法に関しては小笠原流を参考にし、射術は日置流を中心に発展させたと伝えられています。

大三を取る射法を創始した「本多流生弓会」

最後にご紹介するのは、明治時代に生まれた本多流生弓会(ほんだりゅうせいきゅうかい)です。他の流派に比べると最も新しい流派であり、その祖は弓術家の「本多利實」(ほんだとしざね)。

流派自体は日置流の影響を強く受けており、正面に構えて「大三」(だいさん)と呼ばれる動作を取る射法が特徴的。

このような放ち方をする理由として、幕末の武士の多くは、この正面打起こしを採用していて、自身も慣れていたからだと語られています。

弓術とは

弓術とはをSNSでシェアする

「武具の基礎知識」の記事を読む


鞍(くら)と鐙(あぶみ)の基本

鞍(くら)と鐙(あぶみ)の基本
「鞍」(くら)も「鐙」(あぶみ)も馬具の一種で、馬に乗る際に必要な道具です。それらの歴史は長く、鞍と鐙が地名や寺院名の由来となることも多くありました。また現代でも、競馬や馬術競技には欠かせない道具でもあります。鞍と鐙は、日本人とどのようにかかわってきたのでしょうか。その基本と歴史、逸話について解説していきます。

鞍(くら)と鐙(あぶみ)の基本

馬具の世界的ブランド

馬具の世界的ブランド
馬具ブランドには、長い歴史のなかで培ってきた技術力と深みがあり、それらを活かした商品は現在に至るまで高い人気を誇っています。例えば、世界的な高級ブランド「グッチ」や「エルメス」などは、もともと馬具メーカーから始まったのです。馬に乗ることは高等な嗜みでした。馬具は、上流階級の人々のニーズも適していたため、馬具メーカーはそのブランド力を基礎としてファッションの世界へも進出していきます。それら馬具ブランドの歴史について見ていきましょう。

馬具の世界的ブランド

馬具の種類と歴史

馬具の種類と歴史
馬を制御する道具「馬具」には多くの種類があり、歴史の中で様々に変化し、その時々における創意工夫は非常に優れています。馬具の誕生は紀元前にさかのぼり、乗馬の文化と共に日本に伝来しました。伝来した馬具は、日本国内の戦や長距離移動のなかで発展し、現在も競馬用や馬術競技用として、形も用途も変えながら進化を続けているのです。ここでは、馬具の名称と馬具ごとの歴史について迫っていきます。

馬具の種類と歴史

騎馬隊と流鏑馬

騎馬隊と流鏑馬
「騎馬隊」と言えば、「武田信玄」の「武田騎馬軍団」が有名で、戦国時代に活躍したと言われています。一方の「流鏑馬」は、「やぶさめ」と読み、疾走する馬上から矢が放たれるときの迫力は圧倒的です。 ここでは、流鏑馬をより楽しむことができるよう、騎馬隊と流鏑馬の歴史を詳しく解説していきます。

騎馬隊と流鏑馬

弓矢の歴史

弓矢の歴史
弓矢は、狩猟の道具として作られた武器です。間接的に遠方の標的を仕留められることから、霊力が宿る神聖な道具と見なされるようになり、祈祷や魔除けなどの道具として使われるようになりました。また、対人用の武器として合戦に導入されてからは、合戦の形態に合わせて弓矢も徐々に形状や構造が変わっていき、鉄砲が登場するまでは主要武器として長く使用されます。狩猟用武器として作り出されてから現代に至るまで、弓矢がどのような変化を遂げたのか。日本における弓矢の歴史をご紹介します。

弓矢の歴史

火縄銃の普及と甲冑の変化

火縄銃の普及と甲冑の変化
戦国時代に伝来した火縄銃。火縄銃が合戦に与えた影響は大きく、それまでの騎馬戦主流であった戦闘様式を大きく変えました。火縄銃の登場により、中世(平安時代から鎌倉時代)から戦国時代でどのように合戦が変化したのかをご紹介します。

火縄銃の普及と甲冑の変化

鉄砲伝来の諸説

鉄砲伝来の諸説
火縄銃は、1543年(天文12年)に種子島に漂流したポルトガル人によってもたらされた武器と言うのが定説です。一方で、種子島伝来以外にも様々な過程を経て日本にもたらされた説や、種子島へ伝来する以前から日本に伝わっていた説など、鉄砲伝来についてはいまだに議論の余地が残されています。日本における合戦のあり方を根本から塗り替えた火縄銃とは一体どのような物なのか。また、火縄銃伝来に関する諸説と、戦国時代に鉄砲が広く浸透した理由についてご紹介していきます。

鉄砲伝来の諸説

火縄銃とは

火縄銃とは
日本の戦のあり方を根本的に変えてしまった武器「火縄銃」(ひなわじゅう)。そもそも、火縄銃とはどのような火器で、他の鉄砲とどのような違いがあるのでしょうか。その伝来や銃の内部構造など、火縄銃の基本を見ていきます。

火縄銃とは

陣羽織とは

陣羽織とは
陣羽織は、戦国時代に登場したと言われ、戦場において武将が鎧の上から羽織りました。着物型の羽織やマント形式など、武将のセンスが光る陣羽織が数多く存在。その豪華絢爛さもあいまって、百花繚乱の様相を呈しました。ここでは、陣羽織について概要をご説明したあと、戦国武将がこだわり抜いたオリジナルの陣羽織の一部をご紹介します。

陣羽織とは

注目ワード
注目ワード