戦国時代の姫・女武将一覧

愛姫

文字サイズ

「独眼竜」の異名を持つ「伊達政宗」は、今の時代も人気の高い戦国武将のひとりです。そして、この伊達政宗のもとへ嫁いだのが「愛姫」(めごひめ)でした。しかし、愛姫が嫁いだ矢先に、夫・伊達政宗の暗殺未遂事件が起きます。さらに生涯のほとんどを「伊達政宗の正室」として、天下人「豊臣秀吉」や「徳川家康」のもとで過ごす人質生活。悲運な生活を送っているかのように見えますが、夫婦仲は良好でした。伊達家のことを重んじながらも、夫を思い「心の支え」となり続けた、愛姫の生涯をご紹介します。

愛姫は由緒ある田村氏の娘

愛姫のイラスト

愛姫

伊達政宗」の正室となる「愛姫」(めごひめ)は、1568年(永禄11年)に福島県田村郡にある「三春城」城主「田村清顕」(たむらきよあき)のひとり娘として誕生。

なお、愛姫の「めご」というのは、東北の言葉で「可愛い」「愛らしい」といった意味を持ちます。

名付け親と考えられている田村清顕が、愛姫にどれほどの愛情を注いでいたかがうかがえます。

そして、この田村氏は、奈良時代末期から平安時代初期に朝廷の命により「蝦夷征伐」(えみしせいばつ)に出向いた「坂上田村麻呂」(さかのうえのたむらまろ)を祖とし、代々田村郡を領してきました。

そんな由緒ある田村家に生まれたのが愛姫だったのです。

田村家と伊達家の関係

田村家が領する東北の地は、昔から隣国の佐竹氏や蘆名氏、相馬氏などとの戦が絶えない土地でもあります。少し前までは敵同士だったが、今は味方であるというようなこともよくあることでした。

そのため戦となった場合に備え、いつでも援助を受けられるよう、東北地方では互いの家での婚姻関係が続きました。愛姫の祖父「田村隆顕」(たむらたかあき)も、伊達政宗の父「伊達輝宗」(だててるむね)の妹を妻にしていました。当時の田村家も、隣国の佐竹氏や蘆名氏と戦を繰り返していたため、東北では強い勢力を持つ伊達家という後ろ盾が必要だったのです。

ところが、長年争っていた佐竹氏と蘆名氏が和睦し、協力関係となってしまいます。こうしたことで佐竹氏・蘆名氏の両氏が、田村家の領土を攻めようと画策していました。

伊達政宗

伊達政宗

そんななか、田村家の当主・田村隆顕が急死。息子・田村清顕が家督を継いで当主となり、改めて田村家の行く末を講じます。

にもかかわらず、田村清顕には跡取りとなる息子はおらず、子は愛姫ただひとり。力の弱い田村家では自力で領国を守ることは困難でした。

悩み抜いた田村清顕は、ひとり娘である愛姫を伊達政宗のもとに嫁がせることを決意。

そして将来、愛姫が産んだ子のうち、嫡男は伊達家の跡取りとして、次男を田村家の養子とする盟約を取り付けます。

愛姫の従者達が処罰される事件

1579年(天正7年)に、愛姫は12歳でひとつ年上の伊達政宗のもとに嫁ぎました。しかし、嫁いで早々に伊達政宗に暗殺未遂事件が起きます。

三春から共に来た愛姫の乳母が、伊達家と敵対していた相馬家の土地出身だったため、相馬家に内通しているのではないかと疑いをかけられたのです。挙句、その乳母のみならず、愛姫の侍女達までも同罪として処罰されてしまいました。そのことから、一時夫婦仲は悪くなったと伝わります。

豊臣政権での人質生活

天下統一を成し遂げた「豊臣秀吉」は、自身が住まう京都に、従えた大名達の妻子を住まわせることとしました。これには、妻子を豊臣秀吉の手元に置くことで、従えた大名達が反旗を翻すことがないようにとの人質の意味合いも持っていました。

愛姫の夫・伊達政宗も1590年(天正18年)に行なわれた「奥州仕置」で、豊臣秀吉に恭順を示しています。愛姫も他の大名家の妻子達と同じように、「聚楽第」(現在の京都市上京区)内にある伊達家屋敷に入りました。

そんな生活のなかでも愛姫は、豊臣秀吉や大名同士の動向などを警戒。情勢の細かな変化を東北にいる夫・伊達政宗へ伝えており、このようなところに愛姫の聡明さがうかがえます。また愛姫は、夫へ「いざというときのために、懐剣を常に携えております。私のことは気にせず、殿は大義にしたがい去就をご決断下さい。」という、強い意志の見える手紙を書いたこともありました。

また、夫婦仲が危ぶまれた愛姫と伊達政宗ですが、愛姫が27歳にしてようやく子宝に恵まれ、1594年(文禄3年)に長女「五郎八姫」(いろはひめ)を出産。そのあとは、32歳で待望の嫡男「伊達忠宗」(だてただむね)を産み、さらに2人の男子を出産しました。

次男を田村家の養子にする約束でしたが、残念なことに下の2人は早死にしてしまいます。のちに伊達忠宗の三男「伊達宗良」(たむらむねよし)が盟約通り、田村家の跡継ぎとなりました。

さらに時代が進み「関ヶ原の戦い」や「大坂冬の陣・夏の陣」の合戦を経て、天下は豊臣家から徳川家へと移行。それでも、愛姫が人質生活から抜け出すことはありませんでした。

合戦の街 関ヶ原
「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。

離れ離れの夫婦生活

伊達政宗は生涯、少なくとも7人の側室がいましたが、それでも正室である愛姫を大切にしていたと言います。「参勤交代」により1年ごとに江戸と国元を行き来し、離れて暮らすことの多かった伊達政宗は、特に愛姫を気遣い数多くの手紙を書いて送っていました。

なかには、愛姫と暮らしていた嫡男・伊達忠宗に向けて「愛姫の健康状況はどうか。たまには健康診断を受けるよう勧めてはどうか」と健康を気遣う手紙も残っています。仙台と江戸、遠く離れていても伊達政宗の心のなかには、いつも愛姫がいたことをうかがい知ることができます。

先立つ夫を慕い続ける愛姫

1636年(寛永13年)に、伊達政宗は江戸の伊達屋敷で70年の生涯を閉じました。その直前、愛姫は伊達政宗の容体が悪いことを聞き及び、会おうとしますが、伊達政宗はそれを許しませんでした。伊達政宗は「容体が良くなったら、こちらから会いに行く」と手紙で返事をするのみでしたが、家臣には「情愛深いからこそ会わないのだ。」と話していたとも伝わります。

瑞巌寺 庫裡

瑞巌寺 庫裡

伊達政宗亡きあと、愛姫は夫の遺言にしたがい実物大の伊達政宗像を作ることを指示。

伊達政宗は右目が見えず、これまでは「病気で失ったとは言え、片目をなくしたことは親不孝になる。」と言い、両目がある状態の自画像を描かせていました。

しかし、愛姫は「本当の姿を残したい」と考えて、はじめて片目のない伊達政宗像を作らせたのです。その像は、現在も伊達家の菩提寺である「瑞巌寺」(ずいがんじ:宮城県宮城郡)に保管されています。

そして愛姫は、1653年(承応2年)に86年の生涯を終えるまで、江戸で伊達家の行く末を見守りました。

愛姫

愛姫をSNSでシェアする

「戦国時代の姫・女武将一覧」の記事を読む


朝日姫

朝日姫
天下人「豊臣秀吉」の妹であった「朝日姫/旭姫」(あさひひめ)。すでに尾張国(おわりのくに:現在の愛知県西部)の農民に嫁いでいた朝日姫でしたが、天下を取りたい兄の夢のために、長年連れ添った夫と無理矢理離縁させられ「徳川家康」の正室となりました。ここでは、朝日姫が徳川家康に嫁ぐことになった背景を、天下統一を果たすまでの兄・豊臣秀吉が歩んだ道のりと共に紐解いていきます。

朝日姫

阿茶局(雲光院)

阿茶局(雲光院)
「徳川家康」の21人にも及んだ正室・側室のなかで、ひときわ異彩を放つ女性がいます。甲冑に身を包み、徳川家康と共に戦場を駆け抜け、大坂冬の陣では豊臣方との交渉にあたった「阿茶局」(あちゃのつぼね)です。今回は、徳川家康から厚い信頼を受け、表舞台でも裏方としても活躍した阿茶局について、人柄やその生涯を見ていきます。

阿茶局(雲光院)

綾御前(仙桃[洞]院)

綾御前(仙桃[洞]院)
「上杉謙信」の異母姉であった「綾御前」(あやごぜん)は、上杉家の将来を大きく変えていくこととなった重要人物です。政略結婚や上杉謙信亡きあとの後継者争いなど、上杉家の発展や存続のために、その力を注いでいたと伝えられています。上杉家のために生きたとも言える綾御前は、果たしてどのような人物だったのでしょうか。そこで今回は、綾御前に焦点を当てて、彼女の歴史や生涯について解説します。

綾御前(仙桃[洞]院)

明智熙子

明智熙子
かつて「明智の妻こそ天下一の美女」という噂がありました。明智とは、戦国武将「明智光秀」のこと。妻は「明智熙子」(あけちひろこ)です。少ない史料をたどっていくと、明智熙子の美貌は東美濃随一で、たいへん心が美しい女性であったことが分かります。明智熙子とはどんな出自で、どのような女性であったのかを詳しくご紹介します。 明智熙子 YouTube動画

明智熙子

荒木だし

荒木だし
「有岡城」(ありおかじょう:現在の兵庫県伊丹市)の城主「荒木村重」(あらきむらしげ)の妻であった「荒木だし」(あらきだし)は、「今楊貴妃」(いまようきひ)と称されるほど、絶世の美女でした。ここでは、荒木だしが壮絶な最期を遂げるまでに、夫・荒木村重をどのように支えていたのか、その生涯を通して見ていきます。

荒木だし

生駒吉乃

生駒吉乃
「織田信長」の側室にして、その最愛の女性であったと伝わる「生駒吉乃」(いこまきつの/いこまよしの)。織田信長との間に授かった3人の子ども達は、織田家にとって重要な役割を果たし、生駒吉乃は織田信長から正室と同格の扱いを受けていたとも言われています。生駒吉乃に関する記載がある資料は「武功夜話」(ぶこうやわ)しかなく、大変謎が多い女性です。ここでは、そんな生駒吉乃が織田信長に嫁ぐ前から死去する前の行動など、その生涯についてご紹介します。

生駒吉乃

犬姫

犬姫
「織田信長」の妹と言えば「お市の方」が有名ですが、もうひとりの妹「犬姫」(いぬひめ)をご存知でしょうか?お市の方は「絶世の美女」だったとよく言われますが、その妹の犬姫も美しい女性だったのです。織田信長の戦略によって、2度も政略結婚をさせられるなど、波乱万丈な人生を歩んだ犬姫の生涯をご紹介します。

犬姫

栄姫

栄姫
「栄姫」(えいひめ)は、福岡藩初代藩主「黒田長政」(くろだながまさ)の継室(けいしつ:後妻のこと)となった女性です。1600年(慶長5年)、「関ヶ原の戦い」が始まる直前に黒田長政と結婚し、大坂で戦乱に巻き込まれます。はたして栄姫とは、どのような人物だったのでしょうか。ここでは栄姫の生涯と、栄姫にかかわりの深い人物達についてご紹介します。

栄姫

お市の方

お市の方
戦国時代の覇者「織田信長」の妹であった「お市の方」(おいちのかた)。戦国一と言われるほどの美貌の持ち主であったと伝えられています。お市の方は、最初の夫であった「浅井長政」(あざいながまさ)と兄の織田信長が戦うことになり、夫が兄によって自刃に追い込まれるなど、波乱万丈の生涯を送った女性です。ここでは、戦国の世に翻弄されたお市の方が歩んだ道のりと、その3人の娘達についてもご紹介します。

お市の方

注目ワード
注目ワード