戦国時代の姫・女武将一覧

濃姫(帰蝶)

文字サイズ

「斎藤道三」(さいとうどうさん)の娘にして、「織田信長」の正室となった「濃姫」(のうひめ/のひめ)別名「帰蝶」(きちょう)及び「胡蝶」(こちょう)。織田信長との結婚は、父・斎藤道三が美濃国(みののくに:現在の岐阜県南部)を平定するための、言わば政略結婚でした。これほどの身分でありながら、濃姫関連の記載がある資料は、驚くほど少ないのが現状です。
織田信長と結婚して以降の濃姫に関する情報は突然なくなっており、織田信長との間に子どもができなかったことぐらいしか分かっていません。濃姫が織田信長に嫁ぐことになった背景や、数少ない濃姫の逸話などについてご紹介します。

濃姫出生の謎

斎藤道三の娘として生まれる

濃姫(帰蝶)

濃姫(帰蝶)

「濃姫」(のうひめ/のひめ)別名「帰蝶」(きちょう)及び「胡蝶」(こちょう)は、1535年(天文4年)に戦国の梟雄(きょうゆう:残忍で勇猛な人物)「斎藤道三」(さいとうどうさん)と「小見の方」(おみのかた/こみのかた)の間に生まれました。

斎藤道三は、幼少の頃「妙覚寺」(みょうかくじ:京都府京都市)において、学僧となって修行していたと伝えられており、のちに還俗(げんぞく:出家していた人が俗人に戻ること)して油売りをしていたとされています。

油売りとして成功していた斎藤道三ですが、武士になるために刀剣の稽古に励み、美濃守護である「土岐氏」(ときし)の家臣「長井長弘」(ながいながひろ)に仕えるようになり、これが、斎藤道三が武士になった経緯と言われているのです。

自身の名前を何度も変えていた斎藤道三は、武士になった頃には「西村勘九郎」(にしむらかんくろう)と名乗っていました。

そんな斎藤道三は、戦略や策略を得意としており、様々な策を使って美濃国(みののくに:現在の岐阜県南部)を掌握していったのです。

上り詰めるためなら主君を裏切ることも厭(いと)わなかった斎藤道三は、「美濃の蝮[マムシ]」と言うあだ名でも呼ばれていました。

濃姫の母である小見の方の父は、美濃国「長山城」(ながやまじょう)別称「明智長山城」または「明智城」の城主「明智光継」(あけちみつつぐ)。彼は、美濃国で斎藤道三が力を付けてくると、自身の娘である小見の方を、その人質として預けています。

また「明智光秀」は、小見の方の兄「明智光綱」(あけちみつつな)の子であったと考えられており、以上のようなことから、濃姫と明智光秀は従兄妹であったのではないかと推測する説もあるのです。

さらに明智光秀は、若い頃に斎藤道三に仕え、1556年(弘治2年)、斎藤道三とその息子「斎藤義龍」(さいとうよしたつ)の戦いで、斎藤道三に付き従い敗れたことで、浪人になったと言われています。

  • 斎藤道三のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 明智光秀のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 明智光秀のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

この頃の美濃国の情勢とは

土岐頼武

土岐頼武

この頃の美濃国は、前述の通り、土岐氏が代々守護を務めていました。

しかし、1467~1478年(応仁元年~文明9年)の約11年間に亘って繰り広げられた「応仁の乱」後は、美濃国内での争いが絶えず不安定な情勢にあったのです。

そんななか、「土岐政房」(ときまさふさ)の跡継ぎ争いが、長男「土岐頼武」(ときよりたけ)と次男「土岐頼芸」(ときよりあき)の間で勃発し、その結果、土岐頼武がこの争いに勝ち、美濃守護に就きました。

このときに、策を講じたのが斎藤道三。土岐頼芸に信頼を得ていた斎藤道三は、1527年(大永7年)、土岐頼武が居城としていた「革手城/川手城」(かわてじょう)を襲い、越前国(えちぜんのくに:現在の福井県北部)に追放。これにより土岐頼武は、それまで就いていた美濃守護の職を土岐頼芸に奪われ、美濃国の実権は、土岐頼芸が握ることになりました。

このことで、土岐頼芸からさらに信頼を得た斎藤道三は、同じく土岐頼芸から信頼されていた斎藤道三の主君・長井長弘を殺害したのです。

1535年(天文4年)、土岐頼武の嫡男「土岐頼純」(ときよりずみ)が、「朝倉氏」と「六角氏」の協力を得て、美濃国に攻め込んで大混乱となりました。斎藤道三は、土岐頼芸にしたがいこれを追い払います。

そして斎藤道三は、美濃守護代の「斎藤利良」(さいとうとしなが)が亡くなると斎藤家を継ぎ、「斎藤新九郎」(さいとうしんくろう)と名前を変えました。ここまでで斎藤道三は、油売りから美濃守護代へと出世を果たしたのです。

1541年(天文10年)頃になると、斎藤道三と土岐頼芸は対立することが多くなりました。翌1542年(天文11年)に、斎藤道三は土岐頼芸の居城であった「大桑城」(おおくわじょう/おおがじょう)を攻め、土岐頼芸と「土岐頼次」(ときよりつぐ)の親子を尾張国(現在の愛知県西半部)に追放し、美濃国をその手中に収めたのです。

  • 歴史上の人物が活躍した応仁の乱をご紹介!

  • 歴史上の人物と刀剣にまつわるエピソードをまとめました。

濃姫の名前の謎

濃姫は「絵本太閤記」(えほんたいこうき)などで登場する名前であったため、一般的にも広く知られるようになりましたが、実際には、これが本当の名前ではありません。濃姫と言う名前は「美濃から来た姫」を省略して用いられたと考えられており、これ以外にも、いくつかの名前で呼ばれていたことが分かる書籍が、わずかに存在しています。

その一例を挙げると、「美濃国諸旧記」(みののくにしょきゅうき)では、帰蝶がその名前だったとされていただけでなく、同書によれば濃姫は「鷺山殿」(さぎやまどの)とも呼ばれていました。また「武功夜話」(ぶこうやわ)には、胡蝶であったとする記述が見られるのです。

父・斎藤道三の美濃制圧のために織田信長へ嫁ぐ

斎藤道三による美濃制圧

斎藤道三

斎藤道三

濃姫の父である斎藤道三は、土岐頼芸を尾張に追放したことで美濃国を配下に置くことになりましたが、まだ完全に掌握していた訳ではありませんでした。

美濃国には200年にも亘って、美濃守護を務めてきた土岐氏を支援する者が多かったのです。

そのため、以前は土岐頼芸の妾(めかけ)であり、当時は斎藤道三の側室となっていた「深芳野」(みよしの)との間の子・斎藤義龍を土岐頼芸の子として、美濃国の守護に就任させています。
 
しかし、1544年(天文13年)[1547年(天文16年)説もあり]斎藤道三によって尾張国に追放された土岐頼芸が、越前国の土岐頼純と協力し、美濃国に攻め込んできました。これはのちに「加納口の戦い」(かのうぐちのたたかい)と呼ばれ、土岐頼芸と土岐頼純は、それぞれ「織田信秀」(おだのぶひで)と「朝倉孝景」(あさくらたかかげ)の支援を得ていたのです。そのため、勇猛な斎藤道三でも簡単には追い払うことができず、「揖斐北方城」(いびきたかたじょう)や革手城を奪われてしまいました。

1547年(天文16年)に土岐頼純が亡くなると、斎藤道三は織田信秀と和睦をすることを企てます。そして1548年(天文17年)、斎藤道三は織田信秀の嫡男「織田信長」に娘である濃姫を嫁がせ、織田家と縁戚関係を結んだのです。

1552年(天文21年)、織田家からの支援が受けられなくなった土岐頼芸を、再び尾張国に追放。これにより斎藤道三は美濃国全体を平定しました。

1554年(天文23年)に、斎藤道三は家督を斎藤義龍に譲り、自身は隠居しました。しかし、2人はかなり仲が悪かったと言われており、1555年(天文24年/弘治元年)斎藤義龍は斎藤道三に向けて出兵。

斎藤道三も兵を集めて対抗しようとしましたが、美濃国を我が物にするために斎藤道三が策謀してきたことを多くの人は知っていたので、斎藤道三に味方する人はあまりおらず兵が集まりません。結局斎藤道三は、1556年(弘治2年)に斎藤義龍軍に討ち取られ、帰らぬ人となってしまったのです。

  • 織田信長のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 織田家のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 織田信長のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史上の人物と刀剣にまつわるエピソードをまとめました。

織田信長の前に土岐頼純へ嫁いだ可能性があった!?

濃姫は、織田信長に嫁ぐ前、土岐頼純に嫁いでいたという説があります。

1544年(天文13年)、土岐頼純が朝倉孝景の支援を得て美濃に攻め込んできたことは前述の通りですが、1546年(天文15年)に、斎藤道三は朝倉孝景と和睦したと伝えられています。その和睦の条件に、土岐頼純に斎藤家から輿入れ(こしいれ)させるということがあったとされ、嫁いだ女性が濃姫であったと考えられているのです。

1547年(天文16年)、大桑城を斎藤道三に攻められた土岐頼純は、越前国に落ち延びたあと亡くなっていますが、濃姫はこのときに大桑城から救出されたか、土岐頼純の没後、斎藤家に連れ戻されたと推測されています。

織田信長に嫁いだ濃姫

織田信長

織田信長

そんななか、斎藤道三は美濃国を制圧するために織田信秀と和睦を結びました。

その条件が、織田信秀の嫡男・織田信長と、斎藤道三の娘・濃姫の結婚です。

1549年(天文18年)、織田信長のもとへ嫁いだ濃姫。このとき、織田信長は16歳、濃姫は15歳という若さでした。

「信長公記」(しんちょうこうき)によると、この結婚は織田信秀の重臣で、織田信長の傅役(もりやく/ふやく:教育係のこと)であった「平手政秀」(ひらてまさひで)が個人的にまとめた話であったとの記述が見られます。

濃姫を嫁がせたあと斎藤道三は、織田信長と「聖徳寺」(しょうとくじ:現在の愛知県一宮市)で会見することに。斎藤道三は「うつけ」と噂される織田信長を会見前に見てみたいと、織田信長が正徳寺に来る道の途中で隠れて待っていたのです。

このときの織田信長は、正装で鉄砲を持った兵士に警備されており、斎藤道三は驚いたと伝えられています。これ以降、斎藤道三は織田信長を高く評価しました。それは自身の遺言に、美濃国を織田信長に譲り渡すと記されていたことからも窺えるのです。

武具(馬具、弓矢、火縄銃、など)に関する基礎知識をご紹介します。

濃姫にまつわる逸話

父・斎藤道三から渡された短刀

濃姫は、織田信長のもとへ嫁ぐ前に、父・斎藤道三から短刀を渡されていた逸話があります。

斎藤道三は、織田信長が噂通りの大うつけであったなら、その短刀で刺し殺すように話しました。それを聞いた濃姫は「この短刀で父上を刺すことになるかもしれません」と答えたと伝えられているのです。戦国時代を生きる姫として、濃姫がいかに強い女性であったかが分かります。

織田信長の策略

絵本太閤記によれば、織田信長と濃姫が結婚してから1年ほど経った夜、濃姫が眠ると織田信長は寝所から出て、しばらくしてから戻ってくる行為を繰り返すようになりました。

不審に思った濃姫がその理由を尋ねると、斎藤家の家臣に謀反を起こすように策略をしたので、その家臣からの連絡を待っていると答えたのです。これを聞いた濃姫が父・斎藤道三に伝えると、斎藤道三はその謀反を計画している家臣を殺してしまいました。

しかし、これこそが織田信長の策。嘘の噂を流すことで、斎藤家の内紛が起こることを狙っていたのです。

歴史上から突然姿を消した濃姫の謎に迫る

濃姫は織田信長と結婚して以降、歴史上から突然姿を消し、まったく出てこなくなりました。ここからは、その謎を解き明かす諸説をご紹介します。

濃姫と織田信長離縁説

織田信長と濃姫の結婚は、いわゆる「政略結婚」です。

美濃国の平定を何としてでも叶えたかった斎藤道三は、織田家と縁戚関係を結んだ方が得になると考えたため、織田信長に娘の濃姫を嫁がせたのです。それは織田家にとっても同様で、斎藤家と縁戚関係を結んだ方が、織田家にも有利になると考えたからこそ、斎藤道三からの結婚の提案を受け入れました。

そのため、濃姫と織田信長のあいだに跡取りとなる子どもが生まれず、斎藤道三も死去してしまったあとでは、濃姫との結婚に意味はないことから離縁されたという説があります。しかし、織田方には斎藤家とゆかりのある家臣も多く、美濃国を平定したあとに同国をまとめるためには、濃姫の存在がプラスとなるはずです。

また、斎藤道三の遺言とされる、織田信長に対する「美濃の国譲り状」も、濃姫の存在があったからこそ。そのため、濃姫が子どもを生めなかったとしても、織田家にとっては必要な結婚であったと言えます。

濃姫死亡説

濃姫が歴史上に出てこなくなったのは、織田信長と結婚後、すぐに死去してしまったからではないかとする説もあります。

また、「本能寺の変」を画題とした浮世絵本能寺焼討之図」(ほんのうじやきうちのず)には、薙刀(なぎなた)を持った女性の戦う姿が確認でき、これが濃姫なのではないかと考えられているのです。この浮世絵で描かれていることが事実ならば、濃姫は織田信長と一緒に本能寺に居て、本能寺で亡くなったと言うことになります。

  • 歴史上の人物が活躍した本能寺の変をご紹介!

  • 武将達が戦った本能寺の変の古戦場をご紹介!

濃姫生存説

戦国時代の公家「山科言継」(やましなときつぐ)の日記である「言継卿記」(ときつぐきょうぎ)には、「織田信長の本妻」と言う記述が見られ、この本妻を濃姫とする説もあります。濃姫と言う名前は明記されてはいませんが、濃姫のことを言っているのではないかと疑われる記述が、同書にはこの他にもいくつかあるのです。

また「明智軍記」にも、織田信長の「内室」(ないしつ:高貴な人の妻を敬って言う言葉)が家臣達に感謝し、アワビを振舞ったという逸話が載せられています。

この他に、濃姫生存説を裏付ける書物として挙げられるのが、織田信長の次男「織田信雄」(おだのぶかつ)に仕えていた家臣団の名簿であり、織田家中の所領分配についても記された「織田信雄分限帳」(おだのぶかつぶげんちょう)。そのなかに記されている「安土殿」(あづちでん)と言う名前の女性が、濃姫であるとする説があるのです。

同書には、織田家の女性達の「化粧料」(けしょうりょう:中世の時代に、女性が生存している間のみ許可された相続財産のこと)の額が記されており、例えば、織田信長の娘であり、「徳川信康」(とくがわのぶやす)の妻でもある「徳姫」(とくひめ)別称「五徳」(おごとく)は700貫、織田信長の姉妹には180貫が与えられていたと言う記述があります。そのなかで、安土殿の化粧料は全体のうちの3番目に高い額である600貫。

以上のことから安土殿は相当身分が高い、あるいは織田信長とかなり近しい女性であったことが窺えるため、安土殿が濃姫のことを指すと考えられているのです。

これまで見てきたことからも分かるように、斎藤道三の娘で織田信長の正室という戦国時代を代表する人物と深い関係があった濃姫。しかし、歴史上から突然姿を消してしまったため、濃姫の生涯について様々な憶測がなされています。その不可思議さが、濃姫をより一層魅力的な存在にしているのではないでしょうか。

濃姫(帰蝶)

濃姫(帰蝶)をSNSでシェアする

「戦国時代の姫・女武将一覧」の記事を読む


朝日姫

朝日姫
天下人「豊臣秀吉」の妹であった「朝日姫/旭姫」(あさひひめ)。すでに尾張国(おわりのくに:現在の愛知県西部)の農民に嫁いでいた朝日姫でしたが、天下を取りたい兄の夢のために、長年連れ添った夫と無理矢理離縁させられ「徳川家康」の正室となりました。ここでは、朝日姫が徳川家康に嫁ぐことになった背景を、天下統一を果たすまでの兄・豊臣秀吉が歩んだ道のりと共に紐解いていきます。

朝日姫

阿茶局(雲光院)

阿茶局(雲光院)
「徳川家康」の21人にも及んだ正室・側室のなかで、ひときわ異彩を放つ女性がいます。甲冑に身を包み、徳川家康と共に戦場を駆け抜け、大坂冬の陣では豊臣方との交渉にあたった「阿茶局」(あちゃのつぼね)です。今回は、徳川家康から厚い信頼を受け、表舞台でも裏方としても活躍した阿茶局について、人柄やその生涯を見ていきます。

阿茶局(雲光院)

綾御前(仙桃[洞]院)

綾御前(仙桃[洞]院)
「上杉謙信」の異母姉であった「綾御前」(あやごぜん)は、上杉家の将来を大きく変えていくこととなった重要人物です。政略結婚や上杉謙信亡きあとの後継者争いなど、上杉家の発展や存続のために、その力を注いでいたと伝えられています。上杉家のために生きたとも言える綾御前は、果たしてどのような人物だったのでしょうか。そこで今回は、綾御前に焦点を当てて、彼女の歴史や生涯について解説します。

綾御前(仙桃[洞]院)

明智煕子

明智煕子
かつて「明智の妻こそ天下一の美女」という噂がありました。明智とは、戦国武将「明智光秀」のこと。妻は「明智熙子」(あけちひろこ)です。少ない史料をたどっていくと、明智熙子の美貌は東美濃随一で、たいへん心が美しい女性であったことが分かります。明智熙子とはどんな出自で、どのような女性であったのかを詳しくご紹介します。

明智煕子

荒木だし

荒木だし
「有岡城」(ありおかじょう:現在の兵庫県伊丹市)の城主「荒木村重」(あらきむらしげ)の妻であった「荒木だし」(あらきだし)は、「今楊貴妃」(いまようきひ)と称されるほど、絶世の美女でした。ここでは、荒木だしが壮絶な最期を遂げるまでに、夫・荒木村重をどのように支えていたのか、その生涯を通して見ていきます。

荒木だし

生駒吉乃

生駒吉乃
「織田信長」の側室にして、その最愛の女性であったと伝わる「生駒吉乃」(いこまきつの/いこまよしの)。織田信長との間に授かった3人の子ども達は、織田家にとって重要な役割を果たし、生駒吉乃は織田信長から正室と同格の扱いを受けていたとも言われています。生駒吉乃に関する記載がある資料は「武功夜話」(ぶこうやわ)しかなく、大変謎が多い女性です。ここでは、そんな生駒吉乃が織田信長に嫁ぐ前から死去する前の行動など、その生涯についてご紹介します。

生駒吉乃

犬姫

犬姫
「織田信長」の妹と言えば「お市の方」が有名ですが、もうひとりの妹「犬姫」(いぬひめ)をご存知でしょうか?お市の方は「絶世の美女」だったとよく言われますが、その妹の犬姫も美しい女性だったのです。織田信長の戦略によって、2度も政略結婚をさせられるなど、波乱万丈な人生を歩んだ犬姫の生涯をご紹介します。

犬姫

栄姫

栄姫
「栄姫」(えいひめ)は、福岡藩初代藩主「黒田長政」(くろだながまさ)の継室(けいしつ:後妻のこと)となった女性です。1600年(慶長5年)、「関ヶ原の戦い」が始まる直前に黒田長政と結婚し、大坂で戦乱に巻き込まれます。はたして栄姫とは、どのような人物だったのでしょうか。ここでは栄姫の生涯と、栄姫にかかわりの深い人物達についてご紹介します。

栄姫

お市の方

お市の方
戦国時代の覇者「織田信長」の妹であった「お市の方」(おいちのかた)。戦国一と言われるほどの美貌の持ち主であったと伝えられています。お市の方は、最初の夫であった「浅井長政」(あざいながまさ)と兄の織田信長が戦うことになり、夫が兄によって自刃に追い込まれるなど、波乱万丈の生涯を送った女性です。ここでは、戦国の世に翻弄されたお市の方が歩んだ道のりと、その3人の娘達についてもご紹介します。

お市の方

注目ワード
注目ワード