戦国時代の姫・女武将一覧

督姫

文字サイズ

「督姫」(とくひめ)は「徳川家康」の娘として生まれ、北条氏に嫁ぎます。しかし、北条氏滅亡により徳川家に戻り、今度は池田家へ嫁ぐことになりました。波乱万丈の人生を歩んだ督姫でしたが、最終的には9人もの子どもを生んだ「肝っ玉母さん」です。ここでは、徳川家康の娘として生まれた督姫の生涯について「言経卿記」(ときつねきょうき)や「徳川実紀」(とくがわじっき)、「池田氏家譜集成」(いけだしかふしゅうせい)などの歴史資料をもとに紐解きます。

出生から北条氏との婚姻

徳川家康の娘

督姫

督姫

「督姫」(とくひめ)は、「徳川家康」と側室「西郡局」(にしのこおりのつぼね)の間に生まれました。

異母きょうだいには「松平信康」(まつだいらのぶやす)、「結城秀康」(ゆうきひでやす)、「徳川秀忠」(とくがわひでただ)、「松平忠吉」(まつだいらただよし)、「松平忠輝」(まつだいらただてる)「亀姫」(かめひめ)、「振姫/正清院」(ふりひめ/しょうせいいん)などがいます。

徳川家康の次女として生まれた督姫は、1583年(天正11年)に「北条氏直」(ほうじょううじなお)の正室となりました。

  • 徳川家康のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 徳川秀忠のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

北条氏直との婚姻

1582年(天正10年)の「本能寺の変」で「織田信長」が横死すると、甲斐国(かいのくに:現在の山梨県)や信濃国(しなののくに:現在の長野県)が無主状態になりました。これを機に、督姫の父・徳川家康は北条氏直と甲信地方の領土争いを始めます。

当時、徳川氏と北条氏を比べると、国力や兵の動員数は北条氏が上でした。しかし、信濃国の豪族を取り込むことについては、徳川氏が一枚上手だったと言われています。このように両者の力は伯仲しており、戦うとすれば両者ともに大きい打撃を受けると考えられていました。

そこで、旧織田領の甲斐と信濃は徳川氏、上野国(こうずけのくに:現在の群馬県)を北条氏が治めることで和睦します。その証として1583年(天正11年)、督姫が北条氏直の正室として嫁ぎました。

  • 織田信長のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 織田信長のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 歴史上の人物が活躍した本能寺の変をご紹介!

  • 武将達が戦った本能寺の変の古戦場をご紹介!

督姫の結婚生活と北条氏滅亡

督姫の祖母は「今川義元」の妹にあたります。昔から北条家は、今川家と婚姻を繰り返していたため、今川の血を引く督姫は徳川家からの人質という扱いではなく、北条家の一員として素直に受け入れられました。

政略結婚ではありましたが、督姫と北条氏直の夫婦仲は良く2人の女児に恵まれます。そのまま順風満帆な生活が続くと思われた矢先、四国と九州を平定した「豊臣秀吉」から、北条氏直とその父「北条氏政」(ほうじょううじまさ)に上洛命令が下りました。

これにしたがうことは、北条氏が豊臣家にしたがうことを意味するため、北条氏政親子は上洛を引き延ばします。督姫の父・徳川家康も、北条氏直と北条氏政へ翻意するよう交渉しましたが、うまくいかず、1590年(天正18年)に豊臣秀吉は「小田原の役」を開始したのです。

小田原城

小田原城

同年7月、北条氏は豊臣秀吉に降伏し「小田原城」(現在の神奈川県小田原市)を開城。

督姫の夫・北条氏直は義父・徳川家康による助命嘆願によって、助命されたものの高野山へ流罪となり、謹慎生活を送ります。

豊臣秀吉は、すぐに北条氏直を赦免。1591年(天正19年)に河内国(かわちのくに:現在の大阪府)1万石を与えました。

督姫は北条氏直のもとへ赴きますが、北条氏直は敗北による精神的ショックから立ち直れず病に伏せたまま死亡し、北条氏は断絶となりました。

これを機に督姫は、父・徳川家康の下に戻ります。督姫に悲しいできごとは続き、1593年(文禄2年)に北条氏直との間に授かった2人の女児のうち「摩尼姫」(まにひめ)を亡くしました。

  • 今川義元のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 武将達が戦った小田原の役の古戦場をご紹介!

再婚と池田家の繁栄

夫・北条氏直と娘の摩尼姫との死別も経験するなど、短期間に悲しいできごとが続いた督姫でしたが、豊臣秀吉の命で2回目の結婚をすることとなります。その相手は、徳川家と因縁のある池田家でした。この再婚によって督姫は、池田家へ繁栄をもたらしたのです。

豊臣秀吉の肝いり

1594年(文禄3年)に豊臣秀吉の肝いりで、督姫は三河(みかわ:現在の愛知県東部)15万石の吉田城主「池田輝政」(いけだてるまさ)に嫁いだのです。このとき、北条家伝来の「酒呑童子絵巻」(しゅてんどうじえまき)と「後三年合戦絵詞」(ごさんねんかっせんえまき)を持参。

池田輝政には、すでに中川家から迎えた正室「糸姫」(いとひめ)がいましたが、産後の肥立ちが悪かったことを理由に離縁し、継室として督姫を迎えました。

結婚後、池田輝政・督姫夫妻は池田輝政と糸姫の間の子である長男の「池田利隆」(いけだとしたか)の正室に、督姫と北条氏直の娘「万姫」を嫁がせるべく許嫁(いいなづけ)とします。

ところが万姫は、1602年(慶長7年)に病気で亡くなってしまいました。

  • 豊臣秀吉のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 豊臣秀吉のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 池田輝政のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

池田家に繁栄をもたらした督姫

池田輝政

池田輝政

督姫と池田輝政の仲は非常に良く、万姫の死を乗り越えながら5男2女に恵まれます。

また、武将としての池田輝政は「関ヶ原の戦い」前夜に「岐阜城」(現在の岐阜県岐阜市)に立てこもっていた、「織田秀信」(おだひでのぶ)を下すなど活躍。

合戦後には、督姫の父・徳川家康の娘婿として播磨国姫路(はりまのくにひめじ:現在の兵庫県姫路市)52万石へ転封され、初代姫路藩主になり、国持ち大名として政治的地位を獲得すると共に、従四位下(じゅしいげ)、右近衛権少将(うこのえごんしょうしょう)に任じられました。

関ヶ原の戦い以降、徳川一門以外の大名において少将以上の任官は、1600年(慶長5年)に叙任された「福島正則」(ふくしままさのり)に次ぐできごとでした。この事実は、池田輝政が初期徳川政権において、重用されていたことを示しています。

さらに、1611年(慶長16年)には、二条城で義父・徳川家康と「豊臣秀頼」(とよとみひでより)との会合に同席。翌年には、正三位参議(しょうさんみさんぎ)と松平姓を許され「松平播磨宰相」(まつだいらはりまさいしょう)と称されました。徳川政権下において、徳川一門以外の大名が参議に任官されたことは、池田輝政が初めて。5人の息子達にも大禄が与えられ、池田家の石高は合計100万石となり、池田輝政は「西国将軍」と呼ばれるようになりました。

こうして繁栄を誇っていた池田家に事件が発生します。ある日、徳川から従えてきた老女が、督姫と池田輝政の前で「御当家の繁栄は、督姫君の御輿入れと御威光によるものです」と話したのです。

これに対し、池田輝政は「そうではない。池田輝政の軍功により督姫を妻にし、禄も増えた。妻の威光などではない」と叱り飛ばしたと言われています。しかし、直後に老女を密かに呼び寄せると「我が家の繁栄は、実はそなたの言う通り。だが、女は褒めれば付け上がる。妻の前では決して言うでない。」と頼んだとされているのです。

このエピソードから分かるように、督姫あっての大出世と考えていたことから、池田輝政は終生、督姫を大事に扱ったと伝えられています。

そのあと、1612年(慶長17年)1月に池田輝政は中風(ちゅうふう:脳血管の疾患)を罹患。同年8月には回復し、駿府(すんぷ:現在の静岡県)と江戸を訪れ徳川秀忠と拝謁し、播磨へ帰国しました。池田輝政が中風を患ったと聞いた徳川家康は、薬を遣わしましたが、その甲斐なく1613年(慶長18年)1月に姫路で亡くなります。享年50歳でした。

同年5月には夫・池田輝政の死去に伴い、督姫は駿府を訪れています。家督は、池田輝政と糸姫の間の子である池田利隆が継ぎました。そして1615年(慶長20年)、徳川家康の娘として絶大な影響力を維持したまま、督姫は41歳で亡くなります。

  • 歴史上の人物が活躍した関ヶ原の戦いをご紹介!

  • 武将達が戦った関ヶ原の戦いの古戦場をご紹介!

  • 合戦の街 関ヶ原
    「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。

督姫と池田輝政との間に生まれた子女達

督姫と池田輝政との間に生まれた子供達は、督姫の絶大なる影響力により、ほぼ全員が歴史に名を残すこととなりました。徳川家康の威光を使ってでも、子供達のためを思い奔走した督姫の肝っ玉母さんぶりと共に、子ども達の人生を紹介します。

子だくさんの肝っ玉母さん

池田利隆

池田利隆

岡山城主「小早川秀秋」が亡くなると、督姫は強引に幕府を動かしました。

1603年(慶長8年)に、5歳の第1子「池田忠継」(いけだただつぐ)を岡山城主にし、池田輝政の嫡男・池田利隆を池田忠継の執政代行とします。

第2子「池田忠雄」(いけだただかつ)には、1610年(慶長15年)に9歳で淡路国(あわじのくに:現在の兵庫県)6万石を与え、「由良城」(ゆらじょう:兵庫県)の城主としました。

第3子「池田輝澄」(いけだてるずみ)は6歳、第4子「池田政綱」(いけだまさつな)は7歳で、徳川家康より松平姓を下賜されています。

督姫が再婚した池田輝政には、すでに正室の糸姫や側室との間に池田利隆をはじめ、「池田政虎」(いけだまさとら)、「池田輝高」(いけだてるたか)、「池田利政」(いけだとしまさ)ら4人の男児がいました。しかし、督姫は第1子の池田忠継を生んだ際、池田忠継を次男とします。

5人の男児を生んだ督姫は、長男こそ池田輝政の嫡男・池田利隆としましたが、次男に池田忠継、三男に池田忠雄、四男に池田輝澄、五男に池田政綱、六男に「池田輝興」(いけだてるおき)としました。次いで池田輝政と側室との間に生まれた子で、年齢では次男に当たる池田政虎を七男とします。同様に年齢では、三男に当たる池田輝高を八男、同じく四男に当たる池田利政を九男として扱いました。

このように、督姫は徳川家康の威光を背景として、我が子の処遇を決めていきます。督姫がこのような行動に出た要因として、先に嫁いだ北条氏の末路を目の当たりにしたことが、大きいと言われているのです。

事実、督姫や徳川家康の死後、江戸幕府では新しい体制が構築されました。「姫路城」(ひめじじょう:現在の兵庫県姫路市)は外様の池田家ではなく、徳川譜代の酒井家、本多家、松平家が城主となり、池田家は鳥取へ移封となったのです。

もっとも、池田輝政の系譜に当たる池田家は、徳川家康の娘・督姫の血筋であったことから、他の外様大名より高い家格を与えられています。督姫の影響力の大きさを示すこととなりました。

  • 小早川秀秋のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 小早川秀秋のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

督姫と池田輝政の息子は全員が藩主となった

督姫と池田輝政の息子達は、全員藩主となり国を治めています。

第1子の池田忠継は、5歳で備前国岡山(びぜんのくにおかやま:現在の岡山県岡山市)28万石に入封。執政代行として異母兄・池田利隆が岡山城へ入り、池田忠継は姫路城に留まりました。のちに16歳となった池田忠継は、父の遺領のうち、母・督姫の化粧料だった西播磨10万石を分与され、計38万石を領します。

第2子の池田忠雄は、7歳で元服。9歳で淡路洲本城(あわじすもとじょう:現在の兵庫県洲本市)に6万3,000石を領しました。政務は重臣が行ない、池田忠雄は姫路城に留まります。岡山藩主であった兄・池田忠継が17歳で早世したことから、岡山藩の跡を継ぎました。これにより、洲本藩は廃藩となります。岡山城へ入ることとなった池田忠雄は、池田忠継の遺領38万石から、督姫の化粧料10万石を兄弟に分与しました。

第3子の池田輝澄は、兄の池田忠継が早世し、遺領から播磨国宍粟郡(しそうぐん)3万8,000石を分与され、山崎藩主に。また従四位下に昇進し、侍従に任じられます。弟・池田政綱の死後、新たに播磨国佐用郡(さよぐん)3万石を与えられ、6万8,000石となりました。

第4子の池田政綱は、兄の池田忠継死去に伴い、遺領の3万5,000石を分与され、赤穂藩を立藩。従四位下に昇進し、藩の基礎を固めるなど若くして手腕を見せました。

第5子の池田輝興は、兄の池田忠継が死去すると、遺領から佐用郡など2万5,000石を分与され平福藩(ひらふくはん)の藩主となります。しかし幼少だったことから、藩政は家臣団によって執り行なわれました。成長してからは従五位下、右近大夫に叙任されます。藩政においても民政安定化に尽力し、赤穂藩主であった兄の池田政綱が亡くなると、跡継ぎがいなかったことから一時的に改易されます。しかし、徳川家康の外孫にあたるため、幕命で特別に池田輝興が赤穂藩主となることが許されました。その際、1万石を加増され3万5,000石となり、従四位下を叙任します。

督姫と池田輝政の娘達

息子達だけでなく、娘達もまた藩主の正室として生きました。娘は「千姫」(せんひめ)と「振姫/孝勝院」(ふりひめ/こうしょういん)の2人です。

長女の千姫は、丹後国宮津藩(たんごのくにみやづはん:現在の京都府宮津市)の2代目藩主であった、「京極高広」(きょうごくたかひろ)の正室となり、3代藩主「京極高国」(きょうごくたかくに)を生みました。

次女の振姫は仙台藩の2代目藩主、「伊達忠宗」(だてただむね)の正室になります。「伊達光宗」(だてみつむね)ら2男1女を儲けました。伊達光宗は19歳で早世したため、側室だった「貝姫」(かいひめ)の息子で、振姫の養子となった「伊達綱宗」(だてつなむね)が仙台藩の3代藩主となります。

督姫

督姫をSNSでシェアする

「戦国時代の姫・女武将一覧」の記事を読む


朝日姫

朝日姫
天下人「豊臣秀吉」の妹であった「朝日姫/旭姫」(あさひひめ)。すでに尾張国(おわりのくに:現在の愛知県西部)の農民に嫁いでいた朝日姫でしたが、天下を取りたい兄の夢のために、長年連れ添った夫と無理矢理離縁させられ「徳川家康」の正室となりました。ここでは、朝日姫が徳川家康に嫁ぐことになった背景を、天下統一を果たすまでの兄・豊臣秀吉が歩んだ道のりと共に紐解いていきます。

朝日姫

阿茶局(雲光院)

阿茶局(雲光院)
「徳川家康」の21人にも及んだ正室・側室のなかで、ひときわ異彩を放つ女性がいます。甲冑に身を包み、徳川家康と共に戦場を駆け抜け、大坂冬の陣では豊臣方との交渉にあたった「阿茶局」(あちゃのつぼね)です。今回は、徳川家康から厚い信頼を受け、表舞台でも裏方としても活躍した阿茶局について、人柄やその生涯を見ていきます。

阿茶局(雲光院)

綾御前(仙桃[洞]院)

綾御前(仙桃[洞]院)
「上杉謙信」の異母姉であった「綾御前」(あやごぜん)は、上杉家の将来を大きく変えていくこととなった重要人物です。政略結婚や上杉謙信亡きあとの後継者争いなど、上杉家の発展や存続のために、その力を注いでいたと伝えられています。上杉家のために生きたとも言える綾御前は、果たしてどのような人物だったのでしょうか。そこで今回は、綾御前に焦点を当てて、彼女の歴史や生涯について解説します。

綾御前(仙桃[洞]院)

明智煕子

明智煕子
かつて「明智の妻こそ天下一の美女」という噂がありました。明智とは、戦国武将「明智光秀」のこと。妻は「明智熙子」(あけちひろこ)です。少ない史料をたどっていくと、明智熙子の美貌は東美濃随一で、たいへん心が美しい女性であったことが分かります。明智熙子とはどんな出自で、どのような女性であったのかを詳しくご紹介します。

明智煕子

荒木だし

荒木だし
「有岡城」(ありおかじょう:現在の兵庫県伊丹市)の城主「荒木村重」(あらきむらしげ)の妻であった「荒木だし」(あらきだし)は、「今楊貴妃」(いまようきひ)と称されるほど、絶世の美女でした。ここでは、荒木だしが壮絶な最期を遂げるまでに、夫・荒木村重をどのように支えていたのか、その生涯を通して見ていきます。

荒木だし

生駒吉乃

生駒吉乃
「織田信長」の側室にして、その最愛の女性であったと伝わる「生駒吉乃」(いこまきつの/いこまよしの)。織田信長との間に授かった3人の子ども達は、織田家にとって重要な役割を果たし、生駒吉乃は織田信長から正室と同格の扱いを受けていたとも言われています。生駒吉乃に関する記載がある資料は「武功夜話」(ぶこうやわ)しかなく、大変謎が多い女性です。ここでは、そんな生駒吉乃が織田信長に嫁ぐ前から死去する前の行動など、その生涯についてご紹介します。

生駒吉乃

犬姫

犬姫
「織田信長」の妹と言えば「お市の方」が有名ですが、もうひとりの妹「犬姫」(いぬひめ)をご存知でしょうか?お市の方は「絶世の美女」だったとよく言われますが、その妹の犬姫も美しい女性だったのです。織田信長の戦略によって、2度も政略結婚をさせられるなど、波乱万丈な人生を歩んだ犬姫の生涯をご紹介します。

犬姫

栄姫

栄姫
「栄姫」(えいひめ)は、福岡藩初代藩主「黒田長政」(くろだながまさ)の継室(けいしつ:後妻のこと)となった女性です。1600年(慶長5年)、「関ヶ原の戦い」が始まる直前に黒田長政と結婚し、大坂で戦乱に巻き込まれます。はたして栄姫とは、どのような人物だったのでしょうか。ここでは栄姫の生涯と、栄姫にかかわりの深い人物達についてご紹介します。

栄姫

お市の方

お市の方
戦国時代の覇者「織田信長」の妹であった「お市の方」(おいちのかた)。戦国一と言われるほどの美貌の持ち主であったと伝えられています。お市の方は、最初の夫であった「浅井長政」(あざいながまさ)と兄の織田信長が戦うことになり、夫が兄によって自刃に追い込まれるなど、波乱万丈の生涯を送った女性です。ここでは、戦国の世に翻弄されたお市の方が歩んだ道のりと、その3人の娘達についてもご紹介します。

お市の方

注目ワード
注目ワード