戦国時代の姫・女武将一覧

お江(崇源院)

文字サイズ

ドラマなどでも取り上げられることが多い有名な「お江」(おごう)こと「崇源院」(すうげんいん)。権力がひしめき合う時代で、女性のなかでも特に強い権力を持っていました。しかし、彼女は生まれながらにして順風満帆な人生を送っていた訳ではありません。むしろ、波乱万丈の苦労人と言っても過言ではないほどです。お江とはどんな姫だったのか、その生い立ちから見ていきましょう。

両親との別れを経験した悲しき幼少期

実の父が伯父に攻められる

お江(崇源院)のイラスト

お江(崇源院)

「お江」(おごう)のちの「崇源院」(すうげんいん)は、1573年(天正元年)に戦国大名「浅井長政」(あざいながまさ)と、「織田信長」の妹である「お市」との間に三女として誕生。

当時、浅井長政と織田信長は、同盟を結ぶほどの仲で、強い結び付きがあったと言われています。浅井長政は、浅井氏を全盛期へと導いた人物です。

浅井長政とお市の娘達、すなわち長姉の「茶々」(ちゃちゃ)のちの「淀殿」(よどどの)、次姉の「お初」のちの「常高院」(じょうこういん)、そしてお江は「浅井三姉妹」と呼ばれています。

ところが、お江が生まれた年に、織田信長・「徳川家康」連合が浅井氏の「小谷城」(おだにじょう:現在の滋賀県長浜市)を攻撃。

戦いに敗れた浅井長政は、浅井氏最後の当主として自らの手でその命を絶ちました。

お江は、生まれてまだ0歳で父親の顔を覚えることもなく、永遠の別れを迎えることになってしまったのです。

母のお市は、三姉妹を連れてお城を脱出し、兄の織田信長に保護されました。

2人目の父と、母を失う

当時、強い権力を持っていた織田家でしたが、1582年(天正10年)に「本能寺の変」で織田信長が自害。織田信長の嫡子である「織田信忠」(おだのぶただ)も切腹してこの世を去ったため、織田家の後継者や領地をどうするか、決める必要がありました。

そこで開催されることになったのが、同年の「清洲会議」です。清洲会議によって、お市が「柴田勝家」(しばたかついえ)と再婚することになり、お江を含めた三姉妹は越前(えちぜん:現在の福井県北部)北ノ庄に移ります。

2人目の父親ができ、一安心と思ったのも束の間、翌年1583年(天正11年)に起こった「賤ヶ岳の戦い」(しずがたけのたたかい)で2度目の落城を経験することになりました。追い詰められた柴田勝家とお市は、夫婦揃って自害。幼い三姉妹だけが取り残され、賤ヶ岳の戦いで勝利を収めた「豊臣秀吉」に保護されます。

当時、お江はまだ10歳。その若さで母親だけでなく、2人の父親を失ったのです。甘えたい盛りの子どもにとっては、この上なくつらい現実だったと考えられます。

豊臣秀吉に何度も振り回された結婚

豊臣秀吉激怒で幕を閉じた1回目の結婚

両親を失ったお江は、豊臣秀吉の養女となりました。織田信長が築き上げてきた権力を継承し、政権を強めていった豊臣秀吉のもとに迎えられたため、安定した生活を約束されたと言えます。

しかし、現実はそんなに甘くはありません。豊臣政権を強めるため、お江は豊臣秀吉にいいように利用され続けたのです。それが顕著に表れているのが、お江の結婚歴。彼女は生涯で3回も結婚をしています。

1回目の結婚相手は、尾張(おわり:現在の愛知県西部)大野城主の「佐治一成」(さじかずなり)です。佐治一成の母は、織田信長とお市の妹であるため、お江にとっては従兄弟にあたります。この結婚を命じたのは、豊臣秀吉であるとする説の他、「織田信雄」(おだのぶかつ)であるとの説など複数あり、明確になってはいません。

お江にとって初めての結婚となりましたが、残念ながら長くは続きませんでした。

そのきっかけとなったのが、1584年(天正12年)に起こった「小牧・長久手の戦い」です。豊臣陣営と織田・徳川陣営がぶつかった戦いで、豊臣秀吉と徳川家康は火花を散らす対立関係にありました。そんな状況下にもかかわらず佐治一成は、徳川家康が戦いを終えて三河(みかわ:現在の愛知県東部)に帰国する際、船を提供してしまったのです。

もちろん、豊臣秀吉は佐治一成の行ないに激怒。お江の姉である茶々が病気と言って無理矢理お江を召還し、そのまま強制的に離婚の流れに持って行ったと言われています。

この一件が離婚の原因という説が有力視されていますが、なかには小牧・長久手の戦いで没落した佐治一成を、豊臣秀吉が見限ったから離婚させた説もあるとのことです。

豊臣秀吉の意向で決まった2回目の結婚

豊臣秀吉の都合で佐治一成と離婚させられたお江。次は、1585年(天正13年)に、豊臣秀吉の甥「羽柴小吉秀勝」(はしばこきちひでかつ)と結婚することになります。このとき、お江はまだ12歳でした。

そして、お江は羽柴秀勝との間に娘「完子」(さだこ)を授かります。のちに、たくさんの子宝に恵まれることになるお江ですが、完子はお江を母にした最初の子となりました。

3度目の正直で徳川秀忠と結婚

小牧・長久手の戦いの頃は、険悪な関係だった豊臣秀吉と徳川家康ですが、講和した以上いつまでも火花を散らす訳にはいきません。また、豊臣秀吉が天下統一を成し遂げるためには、徳川家康を臣従させる必要があったため、あの手この手で徳川家康に揺さぶりをかけます。

そんな豊臣秀吉に徳川家康もとうとう折れ、徳川家豊臣家にしたがうことになったのです。さらに、天下統一が手に届くところまで来た豊臣秀吉には、別の企みもありました。

それは、お江を利用した政略結婚です。豊臣秀吉の側室となったお江の姉・茶々は、豊臣秀吉との間に「豊臣秀頼」(とよとみひでより)を授かりました。そして豊臣秀吉は、お江に対して「女の子が生まれたら豊臣秀頼に娶らせよ」と言って徳川家に嫁がせます。

徳川秀忠

徳川秀忠

相手は「徳川秀忠」(とくがわひでただ)で、徳川家康の嫡子です。

つまり、徳川秀忠と結婚して授かった娘を豊臣秀頼と結婚させられれば、徳川家を丸々取り込めることになるのです。

お江の結婚は、3回すべて豊臣秀吉の駒としていいように利用されただけでした。

お江が徳川秀忠のもとに嫁ぐ際、彼女は娘の完子を連れて行きたいと願います。しかし、それを許さなかった豊臣秀吉は母娘を引き離し、茶々に養育させることにしました。こうして大切な娘まで奪われ、お江はひとり徳川家へと足を踏み入れたのです。

子宝に恵まれ権力を強める

豊臣秀吉に利用され続け、不運な道を歩むお江ですが、徳川家に嫁ぐと状況が一変します。

1595年(文禄4年)に徳川秀忠と結婚してから3年後に豊臣秀吉が亡くなると、豊臣内部で対立が起こり「関ヶ原の戦い」が起こりました。

関ヶ原の戦いは、豊臣家の配下にある有力者達の内部対立が原因と言われています。まず行動を起こしたのは、仕方なく豊臣秀吉に臣従していた徳川家康でした。そして、もうひとり戦いの筆頭となったのが「石田三成」(いしだみつなり)です。

石田三成は、豊臣秀吉への忠誠心が強く、何でも豊臣秀吉に報告してしまうところがありました。そのため、石田三成を嫌う有力者も多く、彼らは徳川家康陣営に加わります。関ヶ原の戦いは、徳川家康の東軍と石田三成の西軍の戦いとなったのです。

結果として徳川家康が勝利を収め、徳川家は一気に勢力を拡大させていきました。

この勝利は徳川家に嫁いだお江にとっても喜ばしいことで、お江の人生もこの戦いを契機に好転します。徳川秀忠の正室だったお江は、「江戸城」(現在の東京都千代田区)の女主人として権力を握りました。そして、再婚してから2男5女、計7人の子宝に恵まれたのです。

特に注目すべきは、嫡子の「徳川家光」(とくがわいえみつ)。彼はのちに、江戸幕府3代征夷大将軍となりますが、徳川家将軍の生母となった正室はお江だけと言われています。

合戦の街 関ヶ原
「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。

お江の波乱万丈な人生の最期

これまで波乱万丈な人生を強いられてきたお江でしたが、徳川政権が強まったことで穏やかな人生へと移行しました。特に、次期将軍である徳川家光を生んだため、お江は揺るぎない立場に君臨したのです。

そして1626年(寛永3年)、穏やかな後半生を過ごしたお江は、江戸城西の丸にて息を引き取ります。享年54。夫の徳川秀忠より年上だったため、夫より先に旅立つことになりました。

生前、お江は土葬ではなく火葬を希望していたと言います。当時の葬儀は、一部では火葬が行なわれていましたが、全国的には土葬が一般的。特に、江戸のような人口密度が高い地域では悪臭などの問題もあったため、火葬ではなく土葬が行なわれました。

歴代将軍や正室のなかでも火葬は珍しく、ほとんど事例がありません。それにもかかわらず、江戸にいながらお江はあえて火葬を希望。その理由は、腐敗した自分の姿を夫や子に見せたくなかったためです。

お江が危篤状態の頃、夫の徳川秀忠や子の徳川家光、「徳川忠長」(とくがわただなが)は上洛していました。どんなに急いでも、江戸に帰るまでに数日かかります。帰着後に自分のひどい姿を見せるのはあまりにも酷だと思ったお江は、姿が残らない火葬を選択しました。

女性のなかでも権力が強かったお江は、大奥を取り仕切り、徳川政権のために女中達と共に尽力。世の中が安定するように、心を砕いていたと伝えられています。

後世に語り継がれるお江の人間性

過酷な幼少期を経験しながらも、最終的には高い地位に登りつめたお江。豊臣政権が完全に滅びてからは穏やかな余生を過ごしましたが、手離しで喜べるほど人生は甘くありませんでした。

実は、根拠となる資料がないにもかかわらず、お江は何かと悪印象を持たれがちです。それは、現代に語り継がれるお江の逸話が原因と考えられています。では、具体的にどんな逸話があるのかを見ていきましょう。

長男より次男を溺愛

徳川家光

徳川家光

長男である徳川家光は、生まれながらにして将軍でした。

つまり、お江に揺るぎない地位を与えたのは徳川家光と言っても過言ではありません。

しかし、徳川家光は病弱で容姿が端正ではなかったと言われています。そのため、お江は素直に徳川家光を可愛がることができませんでした。

それに対し、次男の徳川忠長は容姿端麗で活発。徳川家光と正反対な徳川忠長を、お江はたいそう可愛がりました。

もちろん、母から受ける愛情の差が分からない徳川家光ではありません。本来は、一番大切にされるはずの長男でありながら、可愛がって貰えなかったことに落胆した徳川家光。あまりの悲しさに、自殺未遂などの問題を起こしてしまいます。

親でありながら子どもへの愛情に差を付けてしまったお江。それが後世の印象を悪くした一因であるとも言えます。

お江と「お福」の確執

春日局

春日局

徳川家光の乳母に任命された「お福」のちの「春日局」(かすがのつぼね)は、お江に代わって徳川家光に愛情を注ぎました。

保育・教育のすべてを仕切っていたため、徳川家光も母より乳母に懐きます。

その傍ら、徳川秀忠・お江夫妻は次男の徳川忠長を溺愛し、徳川家光ではなく徳川忠長を世継ぎにしたいと考えていました。

あまりにも徳川家光が気の毒になったお福は、祖父である徳川家康に世継ぎを確定するよう願い出たと言います。

ただ、この段階で世継ぎは確定していません。有力なのはあくまで嫡子の徳川家光です。そのため、実の母であるお江の権力が落ちることはありません。しかし、愛情を注がず我が子を自殺未遂にまで追いやるお江を、お福が快く思っていなかったのも頷けます。

こういった経緯から、生みの親と育ての親、2人の間に多少なりとも確執があったと解釈され、ドラマなどでも度々この2人が対立している姿が描かれるのです。

夫の側室を認めなかったお江

現在のように一夫一妻制ではなかった当時は、正室の他に側室がいるのが一般的でした。なぜなら、1人の女性を愛し抜くことより、多くの子を産んで家を繁栄させることが大切だったからです。そのため、政略結婚など愛のない婚姻は決して珍しくありませんでした。

しかし、お江は徳川秀忠が側室を設けることを許さなかったのです。

徳川秀忠の正室である以上、例え側室がいてもお江の方が権力は上。つまり、自分の地位が脅かされることを心配して側室を許さなかったのではなく、自尊心の高さや嫉妬深い性格ゆえのことだったと推測されています。

ただ、徳川秀忠には浮気相手がいました。しかも、浮気相手との間に子どもを授かっています。それは、大名としてのちに江戸幕府を支える役目を担うことになる「保科正之」(ほしなまさゆき)です。徳川秀忠は、お江が亡くなってから隠し子に会うことにしたと言われています。

このように、様々な逸話が語られるお江。どの逸話も自尊心の高さが垣間見えますが、自尊心が高いのはお江だけでなく他の姉妹にも言えることでした。「過去に権力を握っていた織田家の血が流れているからこそ見られる共通点なのではないか」という見方もあります。

お江(崇源院)

お江(崇源院)をSNSでシェアする

「戦国時代の姫・女武将一覧」の記事を読む


朝日姫

朝日姫
天下人「豊臣秀吉」の妹であった「朝日姫/旭姫」(あさひひめ)。すでに尾張国(おわりのくに:現在の愛知県西部)の農民に嫁いでいた朝日姫でしたが、天下を取りたい兄の夢のために、長年連れ添った夫と無理矢理離縁させられ「徳川家康」の正室となりました。ここでは、朝日姫が徳川家康に嫁ぐことになった背景を、天下統一を果たすまでの兄・豊臣秀吉が歩んだ道のりと共に紐解いていきます。

朝日姫

阿茶局(雲光院)

阿茶局(雲光院)
「徳川家康」の21人にも及んだ正室・側室のなかで、ひときわ異彩を放つ女性がいます。甲冑に身を包み、徳川家康と共に戦場を駆け抜け、大坂冬の陣では豊臣方との交渉にあたった「阿茶局」(あちゃのつぼね)です。今回は、徳川家康から厚い信頼を受け、表舞台でも裏方としても活躍した阿茶局について、人柄やその生涯を見ていきます。

阿茶局(雲光院)

綾御前(仙桃[洞]院)

綾御前(仙桃[洞]院)
「上杉謙信」の異母姉であった「綾御前」(あやごぜん)は、上杉家の将来を大きく変えていくこととなった重要人物です。政略結婚や上杉謙信亡きあとの後継者争いなど、上杉家の発展や存続のために、その力を注いでいたと伝えられています。上杉家のために生きたとも言える綾御前は、果たしてどのような人物だったのでしょうか。そこで今回は、綾御前に焦点を当てて、彼女の歴史や生涯について解説します。

綾御前(仙桃[洞]院)

明智熙子

明智熙子
かつて「明智の妻こそ天下一の美女」という噂がありました。明智とは、戦国武将「明智光秀」のこと。妻は「明智熙子」(あけちひろこ)です。少ない史料をたどっていくと、明智熙子の美貌は東美濃随一で、たいへん心が美しい女性であったことが分かります。明智熙子とはどんな出自で、どのような女性であったのかを詳しくご紹介します。 明智熙子 YouTube動画

明智熙子

荒木だし

荒木だし
「有岡城」(ありおかじょう:現在の兵庫県伊丹市)の城主「荒木村重」(あらきむらしげ)の妻であった「荒木だし」(あらきだし)は、「今楊貴妃」(いまようきひ)と称されるほど、絶世の美女でした。ここでは、荒木だしが壮絶な最期を遂げるまでに、夫・荒木村重をどのように支えていたのか、その生涯を通して見ていきます。

荒木だし

生駒吉乃

生駒吉乃
「織田信長」の側室にして、その最愛の女性であったと伝わる「生駒吉乃」(いこまきつの/いこまよしの)。織田信長との間に授かった3人の子ども達は、織田家にとって重要な役割を果たし、生駒吉乃は織田信長から正室と同格の扱いを受けていたとも言われています。生駒吉乃に関する記載がある資料は「武功夜話」(ぶこうやわ)しかなく、大変謎が多い女性です。ここでは、そんな生駒吉乃が織田信長に嫁ぐ前から死去する前の行動など、その生涯についてご紹介します。

生駒吉乃

犬姫

犬姫
「織田信長」の妹と言えば「お市の方」が有名ですが、もうひとりの妹「犬姫」(いぬひめ)をご存知でしょうか?お市の方は「絶世の美女」だったとよく言われますが、その妹の犬姫も美しい女性だったのです。織田信長の戦略によって、2度も政略結婚をさせられるなど、波乱万丈な人生を歩んだ犬姫の生涯をご紹介します。

犬姫

栄姫

栄姫
「栄姫」(えいひめ)は、福岡藩初代藩主「黒田長政」(くろだながまさ)の継室(けいしつ:後妻のこと)となった女性です。1600年(慶長5年)、「関ヶ原の戦い」が始まる直前に黒田長政と結婚し、大坂で戦乱に巻き込まれます。はたして栄姫とは、どのような人物だったのでしょうか。ここでは栄姫の生涯と、栄姫にかかわりの深い人物達についてご紹介します。

栄姫

お市の方

お市の方
戦国時代の覇者「織田信長」の妹であった「お市の方」(おいちのかた)。戦国一と言われるほどの美貌の持ち主であったと伝えられています。お市の方は、最初の夫であった「浅井長政」(あざいながまさ)と兄の織田信長が戦うことになり、夫が兄によって自刃に追い込まれるなど、波乱万丈の生涯を送った女性です。ここでは、戦国の世に翻弄されたお市の方が歩んだ道のりと、その3人の娘達についてもご紹介します。

お市の方

注目ワード
注目ワード