戦国時代の姫・女武将一覧

犬姫

文字サイズ

「織田信長」の妹と言えば「お市の方」が有名ですが、もうひとりの妹「犬姫」(いぬひめ)をご存知でしょうか?お市の方は「絶世の美女」だったとよく言われますが、その妹の犬姫も美しい女性だったのです。織田信長の戦略によって、2度も政略結婚をさせられるなど、波乱万丈な人生を歩んだ犬姫の生涯をご紹介します。

織田信長の妹として生まれた犬姫

犬姫は絶世の美女だった!?

犬姫

犬姫

「犬姫」(いぬひめ)は、「織田信長」の妹とされています。

父は「織田信秀」(おだのぶひで)、母は織田信長やお市の方と同じ「土田御前」(どたごぜん/つちだごぜん)です。

なお、土田御前は他にも「織田信勝」(おだのぶかつ:織田信行[おだのぶゆき])、「織田信包」(おだのぶかね)などを出産したと言われていますが、実子に関しては、諸説あります。

また、犬姫の生年は定かではなく、別名としては「お犬の方」、「於犬」(おいぬ)、「大野殿」(おおのどの)、「大野姫」(おおのひめ)。

お市の方は、戦国時代の美女として有名ですが、妹の犬姫も同じように絶世の美女と言われていたのです。

その証拠に周りから「四方様」(四方を照らすほどの美しさ)と呼ばれていました。

犬姫の肖像画は、「龍安寺」(りょうあんじ)の塔頭・霊光院(れいこういん)に飾られています。

兄・織田信長との関係は?

織田信長

織田信長

犬姫の兄である織田信長は、昔から「尾張[おわり]の大うつけもの」(うつけもの=常識に外れた者)と言われ、身分にこだわることなく、同じ町の若者達と遊ぶ日々を過ごしていました。

しかし、そんな織田信長も、戦に出ると多彩なる戦術を発揮し、数ある戦を勝ち抜いていきます。

犬姫はそんな勇ましい姿の兄を誇りに思っていたことでしょう。のちに、織田信長に政略結婚の道具として扱われることになるのですが、彼女の心情は明らかとなっていません。

織田信長は、自分の家臣には厳しいとされていましたが、弱い立場の人間や、お市の方などの女性には寛大で優しかったという逸話もあります。犬姫に対しても、できる限りの配慮をしていたと考えられるのです。

  • 織田信長のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 織田信長のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 甲冑(鎧兜)に関する基礎知識をご紹介します。

  • 織田信長と城

    織田信長の生涯と、ゆかりのある城について紹介します。

犬姫の結婚

犬姫の結婚相手は?

大野城

大野城

犬姫が過ごした戦国時代は、女性にとって生きづらい時代でした。

犬姫もその洗礼を受け、純粋に好きな人と結婚することはできず、政略結婚を強いられるのです。

犬姫が嫁いだお相手は、「佐治信方」(さじのぶかた)という人物。佐治信方は、大野城(現在の愛知県知多郡)の城主「佐治為景」(さじためかげ)の嫡男で、最初は「佐治為興」(さじためおき)と名乗っていました。

佐治家は、知多半島の豪族で「佐治水軍」と言う水軍を率いていたこともあって、織田信長から注目されていたのです。

佐治信方は、1560年(永禄3年)の「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)のあとに、織田信長の臣下となり、織田信長の妹・犬姫を妻に与えられました。さらに、織田信長の「信」という1字を拝領し、「為興」という名前から「信方」と改名したのです。

この結婚は、政略結婚だったにもかかわらず、犬姫と佐治信方は仲睦まじい結婚生活を過ごしたと言われています。戦国時代において政略結婚が当たり前となっているなか、幸せな家庭を築いたのは、珍しいと言えるでしょう。

長島一向一揆にて夫が戦死

結婚後、佐治信方は織田信長の嫡男でもある「織田信忠」(おだのぶただ)にしたがうこととなりました。

しかし、織田信忠の命により1574年(天正2年)に起こった「長島一向一揆」討伐に参戦し、残念ながら佐治信方は、22歳の若さで戦死してしまうのです。

この結果、犬姫は未亡人となり、犬姫の実家でもある織田家に戻されてしまいます。犬姫は、1560年(永禄3年)頃に佐治家に嫁いだとされているので、幸せな結婚生活は、約14年間で幕を閉じることとなりました。

織田家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。

犬姫と佐治信方に子宝は?

犬姫と佐治信方は、ひとりの子どもに恵まれます。名前は「佐治一成」(さじかずなり)と言い、伊勢湾岸を牛耳り佐治水軍を率いた人物として有名です。佐治一成は、お市の方の娘「江」(ごう)を妻とします。

しかし、1584年(天正12年)の「小牧・長久手の戦い」において、「徳川家康」に船を提供したため、この行為が「豊臣秀吉」の怒りを買ってしまうのです。この結果、佐治一成は、豊臣秀吉によって大野城を追放され、江とも離縁。伊勢に逃れ、一線を退いたことが伝えられています。

  • 歴史上の人物が活躍した小牧・長久手の戦いをご紹介!

  • 武将達が戦った小牧・長久手の戦いの古戦場をご紹介!

  • 徳川家康のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 甲冑(鎧兜)に関する基礎知識をご紹介します。

  • 徳川家康と城

    徳川家康の生涯と、ゆかりのある城について紹介します。

犬姫の再婚

犬姫の再婚相手は?

佐治信方が亡くなった約3年後、織田家に戻っていた犬姫のもとに、再び縁談の話が持ち上がりました。お相手は、旧室町幕府の元官僚「細川晴元」(ほそかわはるもと)の嫡男「細川昭元」(ほそかわあきもと)。

この縁談は、織田家の地盤強化や権力基盤の強化という目的がある政略結婚で、犬姫の意思は全く考慮されていませんでした。

一方、細川家にとっても、この縁談は迷惑だったとされています。室町幕府の最後の将軍である「足利義昭」(あしかがよしあき)を追放した織田信長には逆らうことができなかったので、仕方なく犬姫を細川昭元の嫁として迎えることとなったのです。織田信長の家臣として有名な豊臣秀吉の仲介によって、犬姫は再婚することとなりました。

  • 豊臣秀吉のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 豊臣秀吉のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 甲冑(鎧兜)に関する基礎知識をご紹介します。

  • 細川家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。

細川昭元との結婚生活は?

細川家からすると仕方なくした結婚でしたが、それでも犬姫と細川昭元との関係は良好だったとされています。その証拠として、犬姫と細川昭元は嫡男「細川元勝」(ほそかわもとかつ)と長女「円光院」(えんこういん)、次女の3人もの子どもを授かります。

長男の細川元勝は、豊臣秀頼の近侍を務めた人物。「大坂冬の陣・夏の陣」では、豊臣家と共に戦うこととなりますが、戦後、徳川家の助命によって細川家と縁が深かったとされる龍安寺に蟄居(ちっきょ:謹慎刑)。しかし、長女の円行院が「秋田実季」(あきたさねすえ)の正室になった縁で、長男の細川元勝は、宍戸藩(ししどはん)の秋田氏に客将として迎えられます。

そして、次女は名前は分かっていませんが「前田利常」(まえだとしつね)の正室である「珠姫」(たまひめ)の侍女として、戦国時代を生き抜きました。

  • 豊臣秀頼のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 歴史上の人物が活躍した大坂冬の陣・夏の陣をご紹介!

  • 武将達が戦った大坂冬の陣・夏の陣の古戦場をご紹介!

  • 城をめぐる戦いの変遷についてご紹介!

  • 豊臣家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。

  • 徳川家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。

犬姫の人生を変えた「本能寺の変」

兄・織田信長の死

本能寺の変

本能寺の変

犬姫の人生を大きく変えたのは、1582年(天正10年)の「本能寺の変」です。

これは、織田信長の家臣「明智光秀」の謀反によって巻きおこった襲撃事件。これにより織田信長は、自分で命を絶つこととなったのです。

織田信長が亡くなったことは、織田家にとって相当な痛手となりました。戦国時代に織田家が成り立っていたのは、何より織田信長の存在が圧倒的に大きかったからです。

織田信長が亡くなったあとは、豊臣秀吉と姉のお市の方が再婚した「柴田勝家」による権力争いが巻き起こります。他にも、織田信長という実力者が亡くなったことで、各地で戦乱が再発していくこととなるのです。

  • 歴史上の人物が活躍した本能寺の変をご紹介!

  • 武将達が戦った本能寺の変の古戦場をご紹介!

  • 明智光秀のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 明智光秀のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 柴田勝家のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

犬姫の運命は?

1582年(天正10年)9月8日、本能寺の変からわずか3ヵ月後、犬姫は亡くなってしまいました。犬姫の死因については諸説ありますが、有力なのが環境の変化説です。織田信長が亡くなったことを知った犬姫は、精神的に追い詰められたと言われています。急激な環境の変化に耐えきれずに、体調を崩して病気となり亡くなったという説です。

他にも、明智光秀にしたがっていた旧臣達が手を掛けた説もあります。本能寺の変を巻き起こしたのは明智光秀ですが、明智光秀には旧室町幕府の旧臣達が仕えていました。犬姫の夫・細川昭元は、明智光秀と何らかの関係を持っていたとされており、本能寺の変のあとにトラブルに巻きこまれたという説です。

また、「長宗我部元親」(ちょうそかべもとちか)と内通していたせいで亡くなった説や、夫・細川昭元と一緒に室町幕府再興運動に協力していた際に、殺されてしまったという説が存在します。

どれが正しいかは定かではありませんが、どれが真実であったとしても、本能寺の変という大事件さえなければ、犬姫はもう少し長生きできたと言えるでしょう。

長宗我部元親のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

犬姫

犬姫をSNSでシェアする

「戦国時代の姫・女武将一覧」の記事を読む


朝日姫

朝日姫
天下人「豊臣秀吉」の妹であった「朝日姫/旭姫」(あさひひめ)。すでに尾張国(おわりのくに:現在の愛知県西部)の農民に嫁いでいた朝日姫でしたが、天下を取りたい兄の夢のために、長年連れ添った夫と無理矢理離縁させられ「徳川家康」の正室となりました。ここでは、朝日姫が徳川家康に嫁ぐことになった背景を、天下統一を果たすまでの兄・豊臣秀吉が歩んだ道のりと共に紐解いていきます。

朝日姫

阿茶局(雲光院)

阿茶局(雲光院)
「徳川家康」の21人にも及んだ正室・側室のなかで、ひときわ異彩を放つ女性がいます。甲冑に身を包み、徳川家康と共に戦場を駆け抜け、大坂冬の陣では豊臣方との交渉にあたった「阿茶局」(あちゃのつぼね)です。今回は、徳川家康から厚い信頼を受け、表舞台でも裏方としても活躍した阿茶局について、人柄やその生涯を見ていきます。

阿茶局(雲光院)

綾御前(仙桃[洞]院)

綾御前(仙桃[洞]院)
「上杉謙信」の異母姉であった「綾御前」(あやごぜん)は、上杉家の将来を大きく変えていくこととなった重要人物です。政略結婚や上杉謙信亡きあとの後継者争いなど、上杉家の発展や存続のために、その力を注いでいたと伝えられています。上杉家のために生きたとも言える綾御前は、果たしてどのような人物だったのでしょうか。そこで今回は、綾御前に焦点を当てて、彼女の歴史や生涯について解説します。

綾御前(仙桃[洞]院)

明智煕子

明智煕子
かつて「明智の妻こそ天下一の美女」という噂がありました。明智とは、戦国武将「明智光秀」のこと。妻は「明智熙子」(あけちひろこ)です。少ない史料をたどっていくと、明智熙子の美貌は東美濃随一で、たいへん心が美しい女性であったことが分かります。明智熙子とはどんな出自で、どのような女性であったのかを詳しくご紹介します。

明智煕子

荒木だし

荒木だし
「有岡城」(ありおかじょう:現在の兵庫県伊丹市)の城主「荒木村重」(あらきむらしげ)の妻であった「荒木だし」(あらきだし)は、「今楊貴妃」(いまようきひ)と称されるほど、絶世の美女でした。ここでは、荒木だしが壮絶な最期を遂げるまでに、夫・荒木村重をどのように支えていたのか、その生涯を通して見ていきます。

荒木だし

生駒吉乃

生駒吉乃
「織田信長」の側室にして、その最愛の女性であったと伝わる「生駒吉乃」(いこまきつの/いこまよしの)。織田信長との間に授かった3人の子ども達は、織田家にとって重要な役割を果たし、生駒吉乃は織田信長から正室と同格の扱いを受けていたとも言われています。生駒吉乃に関する記載がある資料は「武功夜話」(ぶこうやわ)しかなく、大変謎が多い女性です。ここでは、そんな生駒吉乃が織田信長に嫁ぐ前から死去する前の行動など、その生涯についてご紹介します。

生駒吉乃

栄姫

栄姫
「栄姫」(えいひめ)は、福岡藩初代藩主「黒田長政」(くろだながまさ)の継室(けいしつ:後妻のこと)となった女性です。1600年(慶長5年)、「関ヶ原の戦い」が始まる直前に黒田長政と結婚し、大坂で戦乱に巻き込まれます。はたして栄姫とは、どのような人物だったのでしょうか。ここでは栄姫の生涯と、栄姫にかかわりの深い人物達についてご紹介します。

栄姫

お市の方

お市の方
戦国時代の覇者「織田信長」の妹であった「お市の方」(おいちのかた)。戦国一と言われるほどの美貌の持ち主であったと伝えられています。お市の方は、最初の夫であった「浅井長政」(あざいながまさ)と兄の織田信長が戦うことになり、夫が兄によって自刃に追い込まれるなど、波乱万丈の生涯を送った女性です。ここでは、戦国の世に翻弄されたお市の方が歩んだ道のりと、その3人の娘達についてもご紹介します。

お市の方

お江(崇源院)

お江(崇源院)
ドラマなどでも取り上げられることが多い有名な「お江」(おごう)こと「崇源院」(すうげんいん)。権力がひしめき合う時代で、女性のなかでも特に強い権力を持っていました。しかし、彼女は生まれながらにして順風満帆な人生を送っていた訳ではありません。むしろ、波乱万丈の苦労人と言っても過言ではないほどです。お江とはどんな姫だったのか、その生い立ちから見ていきましょう。

お江(崇源院)

注目ワード
注目ワード