戦国時代の姫・女武将一覧

生駒吉乃

文字サイズ

「織田信長」の側室にして、その最愛の女性であったと伝わる「生駒吉乃」(いこまきつの/いこまよしの)。織田信長との間に授かった3人の子ども達は、織田家にとって重要な役割を果たし、生駒吉乃は織田信長から正室と同格の扱いを受けていたとも言われています。生駒吉乃に関する記載がある資料は「武功夜話」(ぶこうやわ)しかなく、大変謎が多い女性です。ここでは、そんな生駒吉乃が織田信長に嫁ぐ前から死去する前の行動など、その生涯についてご紹介します。

生駒吉乃の生誕から織田信長の側室になるまで

生駒家宗の長女として生まれる

生駒吉乃

生駒吉乃

「生駒吉乃」(いこまきつの/いこまよしの)は1528年(享禄元年)、織田氏に仕えていた「生駒家宗」(いこまいえむね)の娘として生まれました。

生駒吉乃の兄である「生駒家長」(いこまいえなが)も父親同様、織田氏の家臣を務めています。

武家商人として、尾張国(おわりのくに:現在の愛知県西半部)だけではなく、三河国(みかわのくに:現在の愛知県東部)や「美濃国」(みののくに:現在の岐阜県南部)でも商売をしていたと言われる生駒家。

様々な土地の人が出入りしていたこともあり、生駒屋敷には多くの情報が集まっていたのです。

生駒吉乃は「織田信長」と結婚する前に、美濃の「土田弥平次」(つちだやへいじ)のもとへ嫁いでいました。

しかし、1556年(弘治2年)の「明智城の戦い」で土田弥平次が戦死したため、生駒吉乃は実家に戻ります。

織田信長と生駒吉乃が出会ったのは、この実家生活の時期。織田信長が生駒屋敷を訪れた際に見初められて側室となりました。

生駒吉乃は、織田信長との結婚後も生駒屋敷で生活していたと伝えられており、織田信長が居城としていた「小牧山城」(現在の愛知県小牧市)に移ったのは、死去する前年であったことが「前野家文書」とも呼ばれる「武功夜話」(ぶこうやわ)に記されています。

生駒吉乃と出会った頃の織田信長の状況

織田信長

織田信長

生駒吉乃と出会った頃の織田信長は、織田家の家督は継いでいましたが、家中はまとまっておらず、尾張一国さえ平定していない状態でした。

1556年(弘治2年)、織田信長の最大の後ろ盾となっていた、正室「濃姫」(のうひめ)の父「斎藤道三」(さいとうどうさん)が、息子の「斎藤義龍」(さいとうよしたつ)に殺されてしまいます。

織田信長は、尾張国内で「うつけ」(常識と外れた人物)と噂が広まっており、織田家の家臣の間でも織田信長ではなく、弟の「織田信行」(おだのぶゆき)に継いで貰った方が良いと思う者が、多くいたと考えられていました。

のちに、織田信長の家臣になり、多くの武功を挙げた「柴田勝家」(しばたかついえ)、「林通勝」(はやしみちかつ)らは、織田信行を織田家当主にしようと挙兵します。この戦は、織田信行が籠城する「末盛城」(すえもりじょう:現在の愛知県名古屋市)を、織田信長側が包囲して勝利を収めましたが、母「土田御前」(どたごぜん/つちだごぜん)に懇願された織田信長は、織田信行や柴田勝家を許したのです。

それから数年、織田信行はおとなしく過ごしていましたが、1558年(弘治4年/永禄元年)、再び織田信行による挙兵の知らせが、柴田勝家から入ります。織田信長は、仮病を装って織田信行を見舞いに来させたところを殺害。これにより、次期織田家当主が織田信長に決まり、織田家がひとつにまとまりました。

さらに織田信長は、1559年(永禄2年)、「岩倉織田氏」(いわくらおだし)の居城「岩倉城」(いわくらじょう:現在の愛知県岩倉市)を陥落。ようやく織田信長は、尾張一国を平定したのです。

  • 織田信長のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 織田信長のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 甲冑(鎧兜)に関する基礎知識をご紹介します。

  • 土田御前の活躍するまでの経緯や、成し遂げた偉業などをご紹介します。

  • 斎藤道三のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 柴田勝家のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

3人の子どもを授かる

生駒吉乃は、織田信長との間に授かった3人の子ども達を、結婚後も暮らしていた生駒屋敷で産んだと伝えられています。

この3人の子どもの生まれ年は、それぞれ長男「織田信忠」(おだのぶただ)が1557年(弘治3年)、次男「織田信雄」(おだのぶかつ/のぶお)が1558年(弘治4年/永禄元年)、長女「徳姫」(とくひめ)が1559年(永禄2年)と言われており、織田信長と正室・濃姫との間には子どもがいなかったため、この3人の子ども達は、織田家にとって大切な子どもとなったのです。

織田信長と生駒吉乃が儲けた3人の子どもの生涯

長男・織田信忠の生涯

織田信忠

織田信忠

1572年(元亀3年)に元服した織田信忠は、その翌年に「長篠の戦い」(ながしののたたかい)に出陣したあと、東美濃(ひがしみの)にあった「岩村城」(いわむらじょう:現在の岐阜県恵那市)を落とします。

1576年(天正4年)、織田信忠は織田信長の跡を継ぎ、美濃国と尾張国の一部の所領も与えられ「岐阜城」の城主となりました。

これ以降、織田信忠は織田家がかかわる戦いにおいては、たびたび総大将として出陣することになったのです。

1580年(天正8年)に織田信長が追放した「佐久間信盛」(さくまのぶもり)が領していた尾張の地と、同じく「安藤守就」(あんどうもりなり)が領していた美濃の地が、織田信忠に与えられ、その所領を増やしました。

織田信忠は、1582年(天正10年)の2~3月に行なわれた「甲州征伐」(こうしゅうせいばつ)にも、総大将として5万の兵を率いて出陣しています。これは、織田軍と同盟を組んでいた徳川軍、及び北条軍らが、武田領に侵攻した戦いです。

織田信忠軍が伊那方面、徳川軍が駿河国(するがのくに:現在の静岡県中部)方面、北条軍が関東方面からそれぞれ武田領へ攻め込むと、武田側の武将達は相次いで寝返ります。このとき、「武田勝頼」(たけだかつより)は3方向からの侵攻に対応することができず、「天目山」(てんもくざん:現在の東京都埼玉県の境界にある山)で自害。そして、武田家は滅亡することになったのです。

こうして織田家は、今まで悩まされてきた隣国の武田家がいなくなったことで、天下統一実現に向けて、一気に近付きました。

1582年(天正10年)5月、織田信長と一緒に中国攻めをしていた「羽柴秀吉」(はしばひでよし)のちの「豊臣秀吉」の援軍に向かうため、織田信忠は「妙覚寺」(みょうかくじ:現在の京都府京都市)に滞在。しかし、織田信長が滞在中の「本能寺」が、その家臣である「明智光秀」の謀反で攻められた一報が入ると、織田信忠は急いで救援に向かいました。

ところが、本能寺に向かう途中に織田信長が自害。この知らせを聞いた織田信忠は、「二条新御所」(にじょうしんごしょ)へ行き先を変更し、明智軍を迎え討つべく準備を始めます。織田信忠軍は懸命に戦いましたが、明智軍1万5,000人に対し、織田信忠軍は500人程度。圧倒的な兵力差であったため、奮闘も空しく織田信忠は、結果として自害したのです。

このとき、織田信忠が二条新御所に立てこもらず、逃げ延びていたとすれば、日本の歴史は大きく変わっていたと言われています。

そして、「清洲会議/清須会議」(きよすかいぎ)において、織田信忠の嫡男「三法師」(さんぼうし)のちの「織田秀信」(おだひでのぶ)が織田家の後継者となることが決められましたが、そのあとは、羽柴秀吉に天下を奪われることになりました。

  • 武将達が戦った長篠の戦いの古戦場をご紹介!

  • 歴史上の人物が活躍した長篠の戦いをご紹介!

  • 歴史上の人物が活躍した本能寺の変をご紹介!

  • 武将達が戦った本能寺の変の古戦場をご紹介!

  • 明智光秀のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 明智光秀のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

次男・織田信雄の生涯

織田信雄は、1569年(永禄12年)「北畠家」(きたばたけけ)に養子に出されています。この背景にあるのは、織田信長による伊勢国(いせのくに:現在の三重県の大半)攻略の一環として、同国の国司であった北畠家の本拠地「大河内城」(おおかわちじょう:現在の三重県松阪市)を、織田信長が侵攻した「大河内城の戦い」(おかわちじょうのたたかい)。

当時、北畠家9代当主「北畠具房」(きたばたけともふさ)に嫡子がいなかったこともあり、同合戦の和睦の条件として、織田信雄が北畠家の養子となったのです。

そして、1575年(天正3年)に織田信雄は、北畠具房からその家督を継ぎ、「本能寺の変」まで伊勢周辺国の戦いに出陣しています。「紀州征伐」や「石山本願寺攻め」、「伊賀攻め」などの様々な戦いに参加した織田信雄でしたが、大きな武功は挙げることはできませんでした。

本能寺の変により、父の織田信長と兄の織田信忠を失うと、織田家のなかで跡継ぎ問題が起こります。これに伴って清洲会議が開かれ、跡継ぎは織田信忠の嫡男・織田秀信に決定。そののち織田信雄は、尾張国と伊勢国の一部、伊賀国(いがのくに:現在の三重県北西部)で、100万石の所領を譲り受けたのです。

織田信雄は、羽柴秀吉の勢力拡大に不安を覚え「徳川家康」に協力を要請し、羽柴秀吉と戦を始めます。局地的な戦いでは「森長可」(もりながよし)や「池田恒興」(いけだつねおき)を討ち取るなど、織田信雄・徳川家康連合軍が優勢でしたが、羽柴秀吉が織田信雄の領地にある城を攻略し始めたため、織田信雄は、徳川家康に相談することなく和睦してしまったのです。

1590年(天正18年)の「小田原征伐」のあと、徳川家康の関東移封に伴い、織田信雄は豊臣秀吉から、三河国及び、遠江国(とおとうみのくに:現在の静岡県西部)への国替えを打診されますが、織田信雄はこれを拒否したため、豊臣秀吉の怒りを買い、改易(かいえき:武士に科された刑罰のひとつで、身分を剥奪し領地などを没収すること)の処分を受けたのです。

そののち、織田信雄は徳川家康の取り成しで許され、大和国(やまとのくに:現在の奈良県)に1万8,000石の所領を与えられました。織田信雄は「関ヶ原の戦い」において、直接の戦闘には参加していませんでしたが、大坂にいて日和見の態度を取っていたため、徳川家康より西軍方に付いたと見なされたことで改易させられ、のちに豊臣秀吉の次男である「豊臣秀頼」(とよとみひでより)に仕えたと伝えられています。

そんななかで、織田信雄は「大坂冬の陣」が起こる直前に徳川方へ転身。大坂城(現在の大阪城)内で入手した情報を徳川方に流していたと推測され、その働きが徳川家康に評価されたのか、1615年(慶長20年/元和元年)には、大和国や上野国(こうずけのくに:現在の群馬県)に5万石の所領を与えられています。

  • 徳川家康のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

  • 武将達が戦った小田原の役の古戦場をご紹介!

  • 歴史上の人物が活躍した関ヶ原の戦いをご紹介!

  • 武将達が戦った関ヶ原の戦いの古戦場をご紹介!

  • 合戦の街 関ヶ原
    「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。
  • 豊臣秀頼のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

長女・徳姫の生涯

1567年(永禄10年)、織田家の同盟国である徳川家康の嫡男「松平信康」(まつだいらのぶやす)に嫁いで2人の姫を産みましたが、男児は授かりませんでした。徳姫と姑「築山殿」(つきやまどの)は仲があまり良くなく、夫の松平信康とも仲が悪くなった時期があったと言われています。

1579年(天正7年)、徳姫は父の織田信長に、夫の松平信康と姑の築山殿の罪状を書いた書状を送りました。この書状を読んだ織田信長は、徳川家康に松平信康の処罰を命じ、これにより松平信康は切腹し、築山殿は殺害されてしまったのです。

そのあと徳姫は、1580年(天正8年)まで徳川家にいましたが、安土(あづち:現在の滋賀県蒲生郡)に帰されます。そのとき、松平信康との間にできた2人の姫は、徳川家に置いてきたと伝えられているのです。

本能寺の変で父の織田信長と兄の織田信忠を失った徳姫は、次兄の織田信雄のもとで世話になることに。織田信雄が豊臣秀吉に改易されると、篤姫は母・生駒吉乃の実家である生駒家で過ごすことになり、1636年(寛永13年)に京都で死去しました。

  • 築山殿の活躍するまでの経緯や、成し遂げた偉業などをご紹介します。

  • 徳川家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。

生駒吉乃の謎の死に迫る

産後の肥立ちが悪く病床に伏せる

生駒吉乃は、1566年(永禄9年)に亡くなったと伝えられていますが、その数年前から体調が優れず、1559年(永禄2年)に徳姫を出産すると、産後の肥立ちが悪く病床に伏すことが多くなったと言われています。このとき、生駒吉乃は生駒屋敷で生活していたため、織田信長は長い間、生駒吉乃の体調が悪いことを知らずに過ごしていました。

小牧山城に入る

小牧山城

小牧山城

小牧山城が完成すると織田信長は、同城の「御台御殿」(みだいごてん)へ生駒吉乃を移住させるよう生駒家へ伝えます。

すると、生駒家から生駒吉乃の体調が悪いため、生駒屋敷から小牧山城に移動できないと言われ、このときに初めて織田信長は、生駒吉乃が体調を崩していることを知ることになったのです。

織田信長は急いで生駒屋敷に行き、輿(こし)に乗せて小牧山城まで生駒吉乃を運びます。生駒吉乃が小牧山城に入ると、家臣達に織田信忠達の母として披露。そのあと織田信長は、生駒吉乃の様子を窺うため、何度も同城を訪れていたのです。

そして、生駒吉乃は小牧山城に移ってから1年ほどで亡くなりました。その死に際し、生駒吉乃には織田信長から660石が贈られたと伝えられており、愛知県江南市にある「久昌寺」(きゅうしょうじ)に、現在もお墓が残されています。

  • 女乗物写真集
    歴史的にも貴重な「黒漆塗葵紋津山散蒔絵女乗物(津山松平家伝来)」を写真集でご覧頂けます。
  • 女乗物(美術品)の修復
    文化財(美術品)の保存として、女乗物「黒漆塗葵紋津山散蒔絵女乗物」の修復作業を解説と写真でご紹介します。

生駒吉乃にまつわる謎と逸話

生駒吉乃の生没年の謎

生駒吉乃の生年には、1528年(大永8年/享禄元年)の説と、1538年(天文7年)の説があります。生駒吉乃の名前は、武功夜話にしか見付けられないため、根拠となる決め手がなく判断が難しいのが現状です。

織田信長から正室と同格の扱いを受けていた?

織田信長とその正室・濃姫の間には子どもがいなかったためか、生駒吉乃が産んだ子ども達が、正室の子どものように扱われていました。長男の織田信忠は家督を継ぎ、長女であり織田信長からもっとも信頼を寄せられていた徳姫は、織田家にとって重要な同盟相手である徳川家の嫡男・松平信康に嫁いでいます。

さらには、生駒吉乃が小牧山城へ移動する際にも、生駒吉乃の身分では乗れないような輿が用意されており、生駒吉乃は正室と同格かそれに近い扱いを、織田信長から受けていたことが窺えるのです。

豊臣秀吉と織田信長の出会いは生駒吉乃がきっかけ!?

「木下藤吉郎」(きのしたとうきちろう)すなわち、のちの豊臣秀吉が、織田信長の草履取りをしていた話は有名ですが、木下藤吉郎と織田信長を引き合わせたのは、実は生駒吉乃だったという逸話があります。

また、のちに木下藤吉郎が自身の家臣とした「蜂須賀小六/正勝」(はちすかころく/まさかつ)との最初の出会いも、生駒屋敷であったと伝えられているのです。

  • 豊臣秀吉のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 豊臣秀吉のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

生駒吉乃のミステリアスな生涯

織田信長の最愛の女性にして、織田家を継いだ織田信忠の母・生駒吉乃ですが、その生い立ちについては、武功夜話にしか記載がなく、あまりにも謎に満ちた女性です。

また、織田信忠、織田信雄、徳姫という3人の子どもを産んだあとも生駒屋敷で生活し続けており、織田信長を陰から支え続けていました。このような生駒吉乃の行動と性格が、織田信長から正室のような寵愛を受けたことに繋がっていたのかもしれません。

生駒吉乃

生駒吉乃をSNSでシェアする

「戦国時代の姫・女武将一覧」の記事を読む


朝日姫

朝日姫
天下人「豊臣秀吉」の妹であった「朝日姫/旭姫」(あさひひめ)。すでに尾張国(おわりのくに:現在の愛知県西部)の農民に嫁いでいた朝日姫でしたが、天下を取りたい兄の夢のために、長年連れ添った夫と無理矢理離縁させられ「徳川家康」の正室となりました。ここでは、朝日姫が徳川家康に嫁ぐことになった背景を、天下統一を果たすまでの兄・豊臣秀吉が歩んだ道のりと共に紐解いていきます。

朝日姫

阿茶局(雲光院)

阿茶局(雲光院)
「徳川家康」の21人にも及んだ正室・側室のなかで、ひときわ異彩を放つ女性がいます。甲冑に身を包み、徳川家康と共に戦場を駆け抜け、大坂冬の陣では豊臣方との交渉にあたった「阿茶局」(あちゃのつぼね)です。今回は、徳川家康から厚い信頼を受け、表舞台でも裏方としても活躍した阿茶局について、人柄やその生涯を見ていきます。

阿茶局(雲光院)

綾御前(仙桃[洞]院)

綾御前(仙桃[洞]院)
「上杉謙信」の異母姉であった「綾御前」(あやごぜん)は、上杉家の将来を大きく変えていくこととなった重要人物です。政略結婚や上杉謙信亡きあとの後継者争いなど、上杉家の発展や存続のために、その力を注いでいたと伝えられています。上杉家のために生きたとも言える綾御前は、果たしてどのような人物だったのでしょうか。そこで今回は、綾御前に焦点を当てて、彼女の歴史や生涯について解説します。

綾御前(仙桃[洞]院)

明智煕子

明智煕子
かつて「明智の妻こそ天下一の美女」という噂がありました。明智とは、戦国武将「明智光秀」のこと。妻は「明智熙子」(あけちひろこ)です。少ない史料をたどっていくと、明智熙子の美貌は東美濃随一で、たいへん心が美しい女性であったことが分かります。明智熙子とはどんな出自で、どのような女性であったのかを詳しくご紹介します。

明智煕子

荒木だし

荒木だし
「有岡城」(ありおかじょう:現在の兵庫県伊丹市)の城主「荒木村重」(あらきむらしげ)の妻であった「荒木だし」(あらきだし)は、「今楊貴妃」(いまようきひ)と称されるほど、絶世の美女でした。ここでは、荒木だしが壮絶な最期を遂げるまでに、夫・荒木村重をどのように支えていたのか、その生涯を通して見ていきます。

荒木だし

犬姫

犬姫
「織田信長」の妹と言えば「お市の方」が有名ですが、もうひとりの妹「犬姫」(いぬひめ)をご存知でしょうか?お市の方は「絶世の美女」だったとよく言われますが、その妹の犬姫も美しい女性だったのです。織田信長の戦略によって、2度も政略結婚をさせられるなど、波乱万丈な人生を歩んだ犬姫の生涯をご紹介します。

犬姫

栄姫

栄姫
「栄姫」(えいひめ)は、福岡藩初代藩主「黒田長政」(くろだながまさ)の継室(けいしつ:後妻のこと)となった女性です。1600年(慶長5年)、「関ヶ原の戦い」が始まる直前に黒田長政と結婚し、大坂で戦乱に巻き込まれます。はたして栄姫とは、どのような人物だったのでしょうか。ここでは栄姫の生涯と、栄姫にかかわりの深い人物達についてご紹介します。

栄姫

お市の方

お市の方
戦国時代の覇者「織田信長」の妹であった「お市の方」(おいちのかた)。戦国一と言われるほどの美貌の持ち主であったと伝えられています。お市の方は、最初の夫であった「浅井長政」(あざいながまさ)と兄の織田信長が戦うことになり、夫が兄によって自刃に追い込まれるなど、波乱万丈の生涯を送った女性です。ここでは、戦国の世に翻弄されたお市の方が歩んだ道のりと、その3人の娘達についてもご紹介します。

お市の方

お江(崇源院)

お江(崇源院)
ドラマなどでも取り上げられることが多い有名な「お江」(おごう)こと「崇源院」(すうげんいん)。権力がひしめき合う時代で、女性のなかでも特に強い権力を持っていました。しかし、彼女は生まれながらにして順風満帆な人生を送っていた訳ではありません。むしろ、波乱万丈の苦労人と言っても過言ではないほどです。お江とはどんな姫だったのか、その生い立ちから見ていきましょう。

お江(崇源院)

注目ワード
注目ワード