戦国時代の姫・女武将一覧

阿茶局(雲光院)

文字サイズ

「徳川家康」の21人にも及んだ正室・側室のなかで、ひときわ異彩を放つ女性がいます。甲冑に身を包み、徳川家康と共に戦場を駆け抜け、大坂冬の陣では豊臣方との交渉にあたった「阿茶局」(あちゃのつぼね)です。今回は、徳川家康から厚い信頼を受け、表舞台でも裏方としても活躍した阿茶局について、人柄やその生涯を見ていきます。

生まれたのは「武田家」家臣の家

阿茶局(雲光院)

阿茶局(雲光院)

「阿茶局」(あちゃのつぼね)は1555年(天文24年)、武田家に仕えた「飯田直政」(いいだなおまさ)の娘として誕生。

そして、1574年(天正2年)「神尾忠重」(かみおただしげ)のもとに嫁ぎます。

当時、神尾忠重が仕えていたのは「武田信玄」の異母弟でありながら今川家で育った「一条信龍」(いちじょうのぶたつ)です。

神尾家は、武田家と今川家の両家に属しながら、勢力を伸ばしていったと考えられています。

阿茶局の父も、神尾忠重を通じて今川家と繋がるために、阿茶局を神尾家に嫁がせたと推測されるのです。

神尾忠重との間に「神尾守世」(かみおもりよ)、「神尾守繁」(かみおもりしげ)という2人の息子を儲けますが、夫の神尾忠重は結婚後、わずか3年で亡くなってしまいます。

そののち、25歳の頃に「徳川家康」の側室へ迎えられ、同じ時期に長男の神尾守世が、徳川家康の三男「長丸」(ちょうまる)のちの「徳川秀忠」(とくがわひでただ)の小姓(こしょう:武将など身分の高い人のそばに仕え、身辺の世話をした少年)に召し抱えられていることから、阿茶局が早くから徳川家康の信頼を得ていたことが窺えます。

  • 徳川家康のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

徳川家康のために果たした阿茶局の様々な役割

阿茶局が側室になったとき、徳川家康の正室であった「築山殿」(つきやまどの)は、すでに亡くなっています。1586年(天正14年)、「豊臣秀吉」の妹「旭姫」(あさひひめ)が、新たに徳川家康の正室となりましたが、これは豊臣側から持ち掛けられた政略結婚でした。

側室の何よりの務めは、世継ぎとなる子どもを生むことです。

徳川家康には数多くの側室がいましたが、特に阿茶局は徳川家康に重用されていました。徳川家康との間に子どもを授からなかった阿茶局が、徳川家康から特別な待遇を受けていたのは、その能力が抜きんでていたからに他なりません。

そんな阿茶局が担っていた役割のひとつには、徳川家康が着用する装束の手配がありました。戦乱の世において、他国の使者や代表に会うことは、政治的駆け引きや交渉に直結する非常に重要な場面。そのときに身に付ける装束によって、相手をどのように見なしているかを示していたのです。

徳川家康の考えや相手との政治的な関係を読み、それに最も合った装束を選ぶことができる阿茶局は、徳川家康にとって、なくてはならない存在でした。

また、阿茶局は「小牧・長久手の戦い」に参陣する徳川家康に同行しています。

そんな阿茶局が得意としていたことが、敵対していた武将との間を取り持つ仲裁役。そのなかでも、阿茶局にとって最大のできごとになったのが、1614年(慶長19年)、徳川軍と豊臣軍が対峙した「大坂冬の陣」での講和交渉です。

同合戦では、両軍共に早くから和睦を模索しており、このとき豊臣方で交渉を主導していたのは、「豊臣秀頼」(とよとみひでより)の母「淀殿」(よどどの)でした。そこで徳川家康は、女性同士で話すことが得策であると考え、大坂の陣所に阿茶局を呼び寄せ、徳川秀忠や「本多正信」(ほんだまさのぶ)らと共に協議の場を設けます。

大坂城(大阪城)

大坂城(大阪城)

その結果、阿茶局は交渉相手として淀殿の妹「常高院」(じょうこういん)通称「初」(はつ)に白羽の矢を立て、戦火のなかにある「大坂城」(現在の大阪城)に駕籠で乗り込み、常高院に和議のため豊臣側の代表となるように説得したのです。

このような経緯を経て、豊臣側は常高院と淀殿付きの「大蔵卿局」(おおくらきょうのつぼね)、徳川側は本多正信の嫡男「本多正純」(ほんだまさずみ)と阿茶局が会談に臨みます。

この会見で徳川側は、豊臣秀頼の身の保障、及び淀殿を人質としない代わりに、大蔵卿局の息子「大野治長」(おおのはるなが)と「織田有楽斎/織田長益」(おだうらくさい/おだながます)を人質とすること、大坂城の二の丸、三の丸を破壊し、城の惣堀を埋めるという条件を提示。

これにより、大野治長と織田有楽斎が豊臣秀頼と淀殿を説得し、翌日の会見で講和が成立しました。阿茶局の和平交渉が実を結んだのです。

  • 歴史上の人物が活躍した大坂冬の陣をご紹介!

  • 武将達が戦った大坂冬の陣・夏の陣の古戦場をご紹介!

  • 城をめぐる戦いの変遷についてご紹介!

  • 刀剣や甲冑を観ることができる城郭を地域別に検索できます。

  • 女乗物写真集
    歴史的にも貴重な「黒漆塗葵紋津山散蒔絵女乗物(津山松平家伝来)」を写真集でご覧頂けます。
  • 女乗物(美術品)の修復
    文化財(美術品)の保存として、女乗物「黒漆塗葵紋津山散蒔絵女乗物」の修復作業を解説と写真でご紹介します。

徳川秀忠にも重用された阿茶局

徳川家康の世継ぎである徳川秀忠の母は、徳川家康の側室のひとり「西郷局」(さいごうのつぼね)。しかし、西郷局は38歳で亡くなり、このとき徳川秀忠はまだ10歳でした。その小姓として仕えていたのが、阿茶局の長男・神尾守世です。そのような繋がりで、徳川秀忠の養育にあたったのが阿茶局でした。

徳川秀忠は、1605年(慶長10年)に将軍職を継ぎますが、実権は徳川家康の手にある状況。そこで徳川秀忠は、阿茶局に徳川家康との間を仲介して貰っていたのです。

鷹狩り

鷹狩り

そのことが窺えるのが、徳川家康が好んだ鷹狩りにまつわる逸話。

徳川家康は、鷹狩りのために原野の一部を禁猟区に定め、徳川秀忠に保護させていました。

ところがその禁猟区に罠が張り巡らされていることを徳川家康が知り、激怒したのです。

しかしこれは、徳川秀忠の2人の家臣が無断で許可していたことでした。

驚いた徳川秀忠は、阿茶局に取りなすように頼んだのですが、徳川家康は良い返事をしません。次に徳川秀忠は、本多正信に仲裁を依頼します。

そこで本多正信は、徳川秀忠が徳川家康のことを思い、怒りのあまり2人の家臣を斬罪に処そうとしていること、このような微罪でも厳罰に処せられるのであれば、年を取った自分は何をするか分からないと伝えたのです。

徳川家康は阿茶局をすぐに呼び出し、2人の家臣を殺してはならないことを告げました。徳川秀忠はそれを聞き大いに喜びました。

1616年(元和2年)に徳川家康が亡くなると、阿茶局は徳川家康から賜った黄金2,000枚(2,000両)で「雲光院」(うんこういん)と称する寺院を創建。自分自身も剃髪して仏門に入ろうとします。

しかし徳川家康の遺言では、剃髪することなく自分の死後も徳川秀忠を助けるように命じていました。そこで阿茶局は在家のまま「雲光院」(うんこういん)と号するようになったのです。

1632年(寛永9年)に徳川秀忠が逝去すると、雲光院は正式に剃髪します。そして雲光院はそれまでの功績から、3代将軍「徳川家光」(とくがわいえみつ)からも手厚い処遇を受け、また諸大名からも多くの献上品を受けて、豊かな晩年を過ごしたと伝えられているのです。

  • 徳川秀忠のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 徳川十五代将軍のひとり、第3代将軍・徳川家光についてご紹介します。

阿茶局(雲光院)

阿茶局(雲光院)をSNSでシェアする

「戦国時代の姫・女武将一覧」の記事を読む


朝日姫

朝日姫
天下人「豊臣秀吉」の妹であった「朝日姫/旭姫」(あさひひめ)。すでに尾張国(おわりのくに:現在の愛知県西部)の農民に嫁いでいた朝日姫でしたが、天下を取りたい兄の夢のために、長年連れ添った夫と無理矢理離縁させられ「徳川家康」の正室となりました。ここでは、朝日姫が徳川家康に嫁ぐことになった背景を、天下統一を果たすまでの兄・豊臣秀吉が歩んだ道のりと共に紐解いていきます。

朝日姫

綾御前(仙桃[洞]院)

綾御前(仙桃[洞]院)
「上杉謙信」の異母姉であった「綾御前」(あやごぜん)は、上杉家の将来を大きく変えていくこととなった重要人物です。政略結婚や上杉謙信亡きあとの後継者争いなど、上杉家の発展や存続のために、その力を注いでいたと伝えられています。上杉家のために生きたとも言える綾御前は、果たしてどのような人物だったのでしょうか。そこで今回は、綾御前に焦点を当てて、彼女の歴史や生涯について解説します。

綾御前(仙桃[洞]院)

明智煕子

明智煕子
かつて「明智の妻こそ天下一の美女」という噂がありました。明智とは、戦国武将「明智光秀」のこと。妻は「明智熙子」(あけちひろこ)です。少ない史料をたどっていくと、明智熙子の美貌は東美濃随一で、たいへん心が美しい女性であったことが分かります。明智熙子とはどんな出自で、どのような女性であったのかを詳しくご紹介します。

明智煕子

荒木だし

荒木だし
「有岡城」(ありおかじょう:現在の兵庫県伊丹市)の城主「荒木村重」(あらきむらしげ)の妻であった「荒木だし」(あらきだし)は、「今楊貴妃」(いまようきひ)と称されるほど、絶世の美女でした。ここでは、荒木だしが壮絶な最期を遂げるまでに、夫・荒木村重をどのように支えていたのか、その生涯を通して見ていきます。

荒木だし

生駒吉乃

生駒吉乃
「織田信長」の側室にして、その最愛の女性であったと伝わる「生駒吉乃」(いこまきつの/いこまよしの)。織田信長との間に授かった3人の子ども達は、織田家にとって重要な役割を果たし、生駒吉乃は織田信長から正室と同格の扱いを受けていたとも言われています。生駒吉乃に関する記載がある資料は「武功夜話」(ぶこうやわ)しかなく、大変謎が多い女性です。ここでは、そんな生駒吉乃が織田信長に嫁ぐ前から死去する前の行動など、その生涯についてご紹介します。

生駒吉乃

犬姫

犬姫
「織田信長」の妹と言えば「お市の方」が有名ですが、もうひとりの妹「犬姫」(いぬひめ)をご存知でしょうか?お市の方は「絶世の美女」だったとよく言われますが、その妹の犬姫も美しい女性だったのです。織田信長の戦略によって、2度も政略結婚をさせられるなど、波乱万丈な人生を歩んだ犬姫の生涯をご紹介します。

犬姫

栄姫

栄姫
「栄姫」(えいひめ)は、福岡藩初代藩主「黒田長政」(くろだながまさ)の継室(けいしつ:後妻のこと)となった女性です。1600年(慶長5年)、「関ヶ原の戦い」が始まる直前に黒田長政と結婚し、大坂で戦乱に巻き込まれます。はたして栄姫とは、どのような人物だったのでしょうか。ここでは栄姫の生涯と、栄姫にかかわりの深い人物達についてご紹介します。

栄姫

お市の方

お市の方
戦国時代の覇者「織田信長」の妹であった「お市の方」(おいちのかた)。戦国一と言われるほどの美貌の持ち主であったと伝えられています。お市の方は、最初の夫であった「浅井長政」(あざいながまさ)と兄の織田信長が戦うことになり、夫が兄によって自刃に追い込まれるなど、波乱万丈の生涯を送った女性です。ここでは、戦国の世に翻弄されたお市の方が歩んだ道のりと、その3人の娘達についてもご紹介します。

お市の方

お江(崇源院)

お江(崇源院)
ドラマなどでも取り上げられることが多い有名な「お江」(おごう)こと「崇源院」(すうげんいん)。権力がひしめき合う時代で、女性のなかでも特に強い権力を持っていました。しかし、彼女は生まれながらにして順風満帆な人生を送っていた訳ではありません。むしろ、波乱万丈の苦労人と言っても過言ではないほどです。お江とはどんな姫だったのか、その生い立ちから見ていきましょう。

お江(崇源院)

注目ワード
注目ワード