戦国武将一覧

織田信秀

文字サイズ

天下人「織田信長」の父であり、「尾張の虎」と称された武将「織田信秀」(おだのぶひで)。室町時代末期、尾張国(現在の愛知県西部)の下級武士だったにも関わらず、織田信長が天下を取る基盤としても重要な役割を果たしたと言われています。尾張国の周辺は、美濃国(現在の岐阜県南部)の「斎藤道三」(さいとうどうさん)や、三河国(現在の愛知県東部)の「松平清康」(まつだいらきよやす)、駿河国(現在の静岡県中部・北東部)の「今川義元」(いまがわよしもと)など、強敵揃い。織田信秀は、下級武士からどのように成長し、覇権を広げていったのでしょう。織田信秀の出自や人生、そして織田信長へと受け継がれた愛刀などについてもご紹介します。

織田信秀が建立した名古屋市中区にある「万松寺」をご紹介します。

経済基盤を武器に、分家から成長した織田氏

織田信秀

織田信秀

1511年(永正8年)、「織田信秀」は、尾張国(現在の愛知県西部)の「織田弾正忠信定」(おだだんじょうちゅうのぶさだ)の嫡男として生まれました。

室町時代末期、尾張の守護は三管領のひとり「斯波氏」(しばし)が務めていましたが、「応仁の乱」により勢力が衰え始めると、守護代の「織田氏」が台頭し始めます。

織田氏は、「清州織田氏」と「岩倉織田氏」に分かれ、尾張の覇権争いに発展。「織田弾正忠氏」は、「清州織田氏」を支える「清州三奉行」の一角を占める分家、下級武士の家柄にすぎませんでした。

しかし、織田信秀の父、織田弾正忠信定は、当時、日本有数の貿易港であった「津島湊」(つしまみなと:愛知県津島市)を掌握します。

盤石な経済基盤を手に入れた織田弾正忠信定は、やがて織田信秀の居城となる「勝幡城」(しょばたじょう)を津島湊の近くに築城したのです。

歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

外交力と軍事力に秀でた織田信秀

今川義元

今川義元

1526~1527年(大永6~7年)、16~17歳の頃に家督を継いだ織田信秀は、経済基盤と知略を駆使して徐々に勢力を拡大していきます。

1538年(天文7年)頃には、「今川義元」(いまがわよしもと)の弟「今川氏豊」(いまがわうじとよ)の居城であった「那古野城」(なごやじょう:名古屋市中区、現在の名古屋城)を攻略。その後、1539年(天文8年)には、「古渡城」(ふるわたりじょう:名古屋市中区)を築城します。

熱田神宮」の門前町として栄える「熱田湊」も手中に収め、さらに経済基盤を強化していったのです。

また、織田信秀は、朝廷や幕府に対して、積極的に自身の売り込みも行なっています。朝廷への莫大な献金に加え、当時の室町幕府13代将軍「足利義輝」にも謁見。1540年(天文9年)には、「伊勢神宮」遷宮のため銭700貫文と材木を献上しています。これらにより織田信秀は、朝廷から国司の長官「三河守」(みかわのかみ)に任命されたのです。

さらに、1543年(天文12年)には、皇居の修繕費として、4,000貫文を献上。経済力を存分に発揮して、着々と地位を上げ、本家の清州織田氏はもとより、守護だった斯波氏を凌ぐまで急成長していきました。

  • 今川義元のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 足利義輝のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

「尾張の虎」と戦国大名との攻防

斎藤道三

斎藤道三

着々と領地を拡大し、「尾張の虎」と呼ばれるまでになった織田信秀ですが、時は群雄割拠の時代。

美濃国(現在の岐阜県南部)の「斎藤道三」(さいとうどうさん)、三河国(現在の愛知県東部)の「松平清康」(まつだいらきよやす)、駿河国(現在の静岡県中部・北東部)の今川義元は、織田信秀同様、虎視眈々と勢力拡大を狙っていました。

1529年(享禄2年)、「徳川家康」の祖父であり、19歳で三河国の統一を成し遂げた松平清康は、勢いに乗じて尾張国への侵攻を開始。織田信秀は支城の「岩崎城」(いわさきじょう:愛知県日進市)と「品野城」(しなのじょう:愛知県瀬戸市)を失ってしまいます。

さらに1535年(天文4年)、松平清康は、斎藤道三と手を組み、今川氏の支援も取り付けて、織田信秀の弟「織田信光」の居城「守山城」(もりやまじょう:愛知県名古屋市守山区)に攻め入りました。

10,000人に近い大軍で攻めてきた松平清康でしたが、なんと家臣によって陣中で斬殺されています。「守山崩れ」(もりやまくずれ)と呼ばれるこの事件により、織田信秀はなんとか危機を逸しました。

その後、1540年(天文9年)、織田信秀は、松平清康の死による混乱に乗じて三河に侵攻。西三河の重要拠点「安祥城」(あんじょうじょう:愛知県安城市)を攻略し、庶子の「織田信弘」に守らせます。

さらに1547年(天文16年)には、松平氏の領地「岡崎城」(おかざきじょう:愛知県岡崎市)攻略に向けて侵攻。織田信秀の猛攻を受けて、「松平弘忠」は、今川義元に援軍を求めます。今川義元は、援軍の見返りとして松平弘忠の息子「竹千代」(たけちよ:のちの徳川家康)を人質として要求しました。松平弘忠はその要求に応じ、竹千代を駿府へ送りますが、松平氏を見限った家臣が、竹千代を織田信秀に売り飛ばしてしまいます。こうして、幼い竹千代は、人質として織田信秀の下で過ごすことになったのです。

また、織田信秀は、斎藤道三ともお互いの領地を奪い合って幾度も交戦しています。しかし、織田信秀にとって、今川氏の脅威が大きかったことから、斎藤道三と和睦することで、今川氏との争いに集中する道を選ぶのです。

濃姫

濃姫

1549年(天文18年)、織田信秀は、斎藤道三の娘「濃姫」(のうひめ)と、自身の嫡男「織田信長」との婚姻を条件に、斎藤道三との和睦に成功しました。

同年、今川軍が安祥城へ攻め込み、織田信弘が今川軍に人質として捕えられてしまいました。今川軍によって安祥城は奪われたものの、竹千代と織田信弘の人質交換が成立。今川氏と和睦が成立します。

しかし織田信秀は、この頃から病に伏せるようになりました。数年の闘病生活を送ったのち、1552年(天文21年)、織田信秀は居城としていた末森城で、戦い続けた生涯に幕を閉じたのです。織田信秀の死後、父の遺志を継ぎ天下人となった織田信長。織田信長は、父・織田信秀が築き上げた経済基盤に加え、武勇に長けた外交戦略を傍らで学んだからこそ、歴史に残る偉業を成し遂げたと言えるのです。

  • 斎藤道三のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 徳川家康のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 織田信長のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 濃姫(帰蝶)の活躍するまでの経緯や、成し遂げた偉業などをご紹介します。

信長へと受け継がれた刀「無銘 景光」

織田信秀の愛刀は、鎌倉時代中期頃に、備前国(現在の岡山県南東部)の名工集団「長船派」(おさふねは)の3代目「景光」(かげみつ)の作品です。

景光の代表作は、国宝「小竜景光」(こりゅうかげみつ)と称される太刀。高い作刀技術により、その多くが国宝や重要文化財に指定されています。「無銘 景光」は、織田信秀から織田信長へと受け継がれました。

刀 無銘 景光 織田弾正忠信秀摺上之
刀 無銘 景光 織田弾正忠信秀摺上之
(切付銘)
織田弾正忠
信秀摺上之
鑑定区分
特別重要刀剣
刃長
70.8
所蔵・伝来
織田信秀→
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

織田信秀

織田信秀をSNSでシェアする

「戦国武将一覧」の記事を読む


山内一豊

山内一豊
「山内一豊」(やまうちかずとよ)と言えば、「司馬遼太郎」(しばりょうたろう)の名著「功名が辻」(こうみょうがつじ)の主人公としても知られる戦国武将です。妻の「千代」(ちよ)による内助の功などにより大出世を果たし、やがて土佐国(現在の高知県)202,600石の大名へと出世を遂げました。伝記によれば、山内一豊は口数の少ない穏和な性格で、華々しい武勲もそれほど多くなかった戦国武将でしたが、その反面、「織田信長」や「豊臣秀吉」、「徳川家康」という天下人達から厚い信頼を得ていたのです。 そんな山内一豊の生涯を追いながら、妻と共に果たした立身出世の道のりを辿っていきます。

山内一豊

蒲生氏郷

蒲生氏郷
「織田信長」や「豊臣秀吉」などの天下人に一目置かれながら、40歳の若さで生涯を閉じた「蒲生氏郷」(がもううじさと)。数々の戦場で武功を立てただけでなく、領地の経営や家臣団の統制にも長け、「世に優れたる利発人」と称された戦国武将でした。その一方で、キリシタン大名や「千利休」(せんのりきゅう)の高弟「利休七哲」(りきゅうしちてつ)のひとりとしての顔も持ち、当代きっての文化人としても知られた人物です。「六角氏」(ろっかくし)の重臣一族から「織田家」の家臣、そして、東北一の大大名へとのし上がった蒲生氏郷の生涯をたどり、その人物像に迫っていきます。

蒲生氏郷

最上義光

最上義光
「最上義光」(もがみよしあき)は、出羽国(現在の山形県・秋田県)の小さな勢力であった「最上家」を、東北有数の大大名へと押し上げた武将です。父や弟との骨肉の争いに始まり、調略を駆使して領土を拡大しましたが、一方で合戦の際には、勇猛果敢な戦いぶりを見せ、「虎将」とも称されました。そんな最上義光の戦いの軌跡や、逸話から見える人物像に注目。ほぼ一代で、東北の大大名へとのし上がった、その生涯に迫っていきます。

最上義光

結城秀康

結城秀康
「結城秀康」(ゆうきひでやす)は「徳川家康」の子でありながら、数奇な運命を背負った戦国武将です。元服前には「豊臣秀吉」の養子に出されただけでなく、豊臣秀吉が甥の「豊臣秀次」(とよとみひでつぐ)を後継者に定めると、下総国(しもうさのくに:現在の千葉県北部、茨城県南西部)の「結城晴朝」(ゆうきはるとも)の養子となり、豊臣家の中枢から遠ざけられました。天下人の家に生まれながら不遇な目に遭い、それでも道を切り開いた結城秀康にまつわる数々の逸話をご紹介すると共に、その生涯を辿っていきます。

結城秀康

山本勘助

山本勘助
「山本勘助」(やまもとかんすけ)は戦国時代の武将で、「武田信玄」の伝説的軍師として広く知られています。「架空の人物」説が長く定説とされており、実在が確認されてもなお、その実像はいまだ謎に包まれた存在です。

山本勘助

森蘭丸

森蘭丸
「森蘭丸」(もりらんまる)は、「織田信長」の側近として最期まで献身的に仕えた小姓(こしょう:武将などに仕えた世話役)です。ゲームや時代劇、映画には、「美少年」として描かれている有名な人物。織田信長のお気に入りとして多くの逸話が残されている森蘭丸の生涯を、逸話・名言・家紋と共にご紹介します。

森蘭丸

毛利輝元

毛利輝元
「毛利輝元」(もうりてるもと)は、偉大な祖父「毛利元就」(もうりもとなり)を持つ名門武将です。「織田信長」とは敵対したものの、「本能寺の変」後は「豊臣秀吉」と和解し、「豊臣五大老」のひとりとして大活躍しました。 しかし、豊臣秀吉が亡くなったことで、運命の歯車が狂い始めるのです。「関ヶ原の戦い」で西軍の総大将に担がれた、名門・毛利家に育った毛利輝元の一生についてご紹介します。

毛利輝元

毛利元就

毛利元就
「毛利元就」(もうりもとなり)は、安芸国(あきのくに:現在の広島県西部)の国人領主から、中国地方全域を統一した戦国時代の豪傑。幼少期に両親を失い、19歳で兄を失い、さらに甥までをも亡くしたことで、次男にして毛利家の家督を相続します。権謀術に長け、稀代の策略家としても有名な武将です。一代で中国地方統一を成し遂げた、毛利元就の生涯を見ていきましょう。

毛利元就

三好長慶

三好長慶
一時は畿内のほぼ全域を掌握し、「三好政権」と呼ばれる独裁政権を樹立した「三好長慶」(みよしながよし)は、下克上の代名詞とも言える戦国武将です。若くして頭角を現し、室町幕府の管領(かんりょう:将軍を補佐して政治を統括していた役職)を務めていた「細川晴元」(ほそかわはるもと)のもとで勢力を拡大。やがて主家をしのぐ力を付けて反旗を翻すと、近隣諸国を次々と支配していきます。しかし晩年は、家中の権力争いや敵対勢力の反発により優秀な弟達や嫡男を失い、徐々に衰退。三好長慶も失意の中、病没してしまうのです。そんな三好長慶の栄枯盛衰をたどりながら、その人物像を掘り下げていきます。

三好長慶

注目ワード
注目ワード