戦国武将一覧

滝川一益

文字サイズ

「織田四天王」のひとりに数えられた「織田信長」の重臣、「滝川一益」(たきがわいちます/かずます)。前半生に関しては記録が乏しく、甲賀(現在の滋賀県甲賀市)の出身であることから、一説には忍者だったとも言われている人物です。調略が得意で、鉄砲の名手。水陸どちらの戦いにも高い能力を発揮した滝川一益は、織田軍が遠征したあらゆる戦地で重用され、目覚ましい活躍を見せました。ところが「本能寺の変」をきっかけに、滝川一益の立場は一変。不遇の晩年を強いられて、ひっそりと生涯を閉じることになるのです。 優れた才覚を駆使して織田信長の快進撃に貢献した、滝川一益の謎めいた生涯と人物像に迫ります。

織田家に仕官するまで

甲賀に生まれ鉄砲の達人に

滝川一益のイラスト

滝川一益

滝川一益は1525年(大永5年)、近江国(現在の滋賀県)の南部、甲賀郡の郷士(ごうし:農業を営む地侍)であった、「滝川一勝」(たきがわいちかつ)の次男として生まれました。

当時の甲賀は、近江国守護の「六角家」(ろっかくけ)が治めていたため、「滝川家」も、その配下にあったと考えられています。

また、滝川一益が織田信長に仕えるまでの半生については、詳しく分かっていませんが、若い頃は博打にふけるなど、素行があまり良くなかったとも伝えられています。

例えば、滝川一益が河内国(現在の大阪府東部)の親類宅に居候していたとき、叔父の側室に不貞を働いたことがありました。

それを知って激昂した叔父に、切り付けられそうになった滝川一益は、叔父を返り討ちに。そのまま出奔して、河内国・堺(現在の大阪府堺市)に流れ着き、その地で鉄砲の製造法や射撃の技術を学んだと言われています。

なお、堺は当時、鉄砲の生産地でした。

織田信長

織田信長

滝川一益は、「織田家」の重臣「池田恒興」(いけだつねおき)の仲介により、織田信長と出会ったと考えられています。池田恒興は、滝川一益の従兄弟に当たる縁戚でした。

滝川一益が、鉄砲の名手であることを聞き付けた織田信長は、自身立会いのもと、射撃の検分を実施。このとき滝川一益は、約50m離れた約30cm四方の的に、火縄銃の弾丸を100発撃ち込み、72発が命中。これにより滝川一益は、織田信長に召し抱えられるようになったのです。

滝川一益の家紋

丸に竪木瓜

丸に竪木瓜

滝川一益の家紋「丸に竪木瓜」(まるにたてもっこう)は、「10大家紋」のひとつである「木瓜紋」の一種です。

瓜を輪切りにした断面、あるいはボケ(木瓜)の花を図案化した紋章であり、鳥の巣にも見えることから、子孫繁栄の願いも込められています。

滝川家の「丸に竪木瓜」は、縦に長い木瓜を円で囲んだ意匠が特徴です。

秀でた調略の能力

今川義元

今川義元

1560年(永禄3年)、織田信長は、東海地方で強大な勢力を誇っていた「今川義元」を「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)で破りました。

しかし、「今川家」の傘下にあった三河国(現在の愛知県東部)の「松平元康」(まつだいらもとやす:のちの「徳川家康」)が、織田家に従う様子を見せなかったため、織田信長は滝川一益に、これを帰順させる任務を命じます。

そして、滝川一益が松平元康の家臣に接触して説得を重ねた結果、織田信長と松平元康の和睦が実現。その後、1562年(永禄5年)には、両者間で「清洲同盟」(きよすどうめい)が締結されました。

このときの交渉能力が認められた滝川一益は、織田家家臣団の中で頭角を現していきます。

尾張国(現在の愛知県西部)を統一して松平元康と同盟を結んだ織田信長は、美濃国(現在の岐阜県南部)の攻略に乗り出します。この際に滝川一益は、美濃国と国境を接する伊勢国(現在の三重県北中部)を、まず押さえるべきであると織田信長へ進言。承認を得た滝川一益は、織田家と敵対していた北伊勢の土豪「服部友貞」(はっとりともさだ)に調略を仕掛け、「蟹江城」(現在の愛知県蟹江町)を築かせます。

完成したところで服部友貞を追い出し、滝川一益が城を乗っ取るという騙し討ちのような方法で、戦略拠点を手に入れることに成功したのです。

この蟹江城を足場に、伊勢に分立する大小の豪族を次々と屈服させた滝川一益は、もとは朝廷の側近であった伊勢国の名門「北畠家」(きたばたけけ)の攻略に挑みます。

ここでも滝川一益は調略を用いて、同家の当主「北畠具教」(きたばたけとものり)の弟であり、その重臣であった「木造具政」(こづくりともまさ)を味方に引き入れ、北畠家を分断。統率に乱れが生じたところに、織田信長が70,000人の軍勢を引き連れて本拠の「大河内城」(おかわちじょう:現在の三重県松阪市)を取り囲みました。

滝川一益も城の周囲を焼き払うなど、最前線で攻撃に参加。北畠具教は、1ヵ月に亘る籠城の末、織田信長の次男「織田信雄」(おだのぶかつ)を養子とする和睦の条件を受け入れ、城を明け渡したのです。

こうして滝川一益は、蟹江城を本拠とし、北伊勢の支配を任されるようになります。

水軍を率いて活躍

1570年(永禄13年/元亀元年)、「石山本願寺」(現在の大阪府大阪市)で織田信長に対する「一向一揆」が勃発すると、本願寺一派の「願証寺」(がんしょうじ)がある、伊勢国・長島(現在の三重県桑名市)でも、門徒による武装蜂起が始まります。美濃と尾張、伊勢の3ヵ国が接する要衝にあった長島は、是が非でも死守しなければならない拠点でした。

このとき滝川一益は、「海賊大名」の異名を取る志摩国(現在の三重県志摩半島)の「九鬼嘉隆」(くきよしたか)と共に水軍を率いて出陣。木曽川と揖斐川(いびがわ)、長良川という、いわゆる「濃尾三川」(のうびさんせん:別称「木曽三川」)の河口にある願証寺を水上から攻撃。一揆の鎮定に貢献して、「長島城」(現在の三重県桑名市)と、北伊勢8郡のうちの5郡を領することになりました。

本願寺を中心とする反織田勢力の包囲網が張り巡らされる中、滝川一益は加賀国(現在の石川県南部)や紀伊国(現在の和歌山県、及び三重県南部)、三河国、播磨国(現在の兵庫県南西部)と、諸国の戦地を駆け回ります。

先鋒も殿(しんがり:退陣する軍列の最後尾にいて、敵の追撃を防ぐ部隊)も見事にこなし、「進むも滝川、退くも滝川」と言われた滝川一益は、織田信長の戦いになくてはならない存在となったのです。

1575年(天正3年)の「長篠の戦い」では、織田信長と徳川家康の連合軍が、「武田信玄」の後継者「武田勝頼」(たけだかつより)の騎馬隊と設楽原(したらがはら:現在の愛知県新城市)で激突。騎馬の侵入を防ぐ馬防柵(ばぼうさく)を築き、3,000丁もの鉄砲を擁する圧倒的な兵力で、武田軍を大敗させます。このとき、鉄砲隊の総指揮にあたったのが、鉄砲を知り尽くした滝川一益でした。

また、石山本願寺を支援する「毛利家」の水軍と織田軍が、大阪湾で海戦を繰り広げた1578年(天正6年)の「第二次木津川口の戦い」では、再び九鬼嘉隆と共に出陣。九鬼嘉隆の建造した鉄甲船6隻と、滝川一益の大型船1隻の連合艦隊が、毛利方の水軍を撃破しています。

さらには、織田信長の家臣「荒木村重」(あらきむらしげ)が、石山本願寺と毛利側に寝返り、「有岡城」(ありおかじょう:現在の兵庫県伊丹市)に籠城した際には、滝川一益が調略によって敵の守備を無力化し、開城させることに成功。これにより、石山本願寺との10年以上に及ぶ長い戦いに、ようやく終止符が打たれたのです。

武田家を降して関東を掌握

甲州征伐に出陣

1578年(天正6年)、越後国(現在の新潟県)の「上杉謙信」が急死すると、その養子であった「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)と「上杉景虎」(うえすぎかげとら)の間で、「上杉家」の家督を巡り対立が生じます。

「御館の乱」(おたてのらん)と称されるこの内紛では、甲斐国(現在の山梨県)の「武田家」が上杉景勝に与し、相模国(現在の神奈川県)の「北条家」が上杉景虎を支援することに。そこで北条家の当主「北条氏政」(ほうじょううじまさ)は、武田家打倒の共闘体制を築くべく、織田信長に臣従を申し入れます。

このとき、北条家の使者を出迎え、取り次ぎ役を担ったのが滝川一益でした。

1582年(天正10年)、信濃国・木曽谷(きそだに:現在の長野県木曽郡)を守る武田勝頼の家臣、「木曾義昌」(きそよしまさ)が織田家に寝返ったことをきっかけに、織田信長は「甲州征伐」の狼煙を上げます。主力部隊は、織田信長の長男「織田信忠」(おだのぶただ)を大将とし、副将の「軍監」(ぐんかん)を滝川一益が務めました。

この戦いには、徳川家康や北条氏政の軍も参加し、戦況は織田側に優位に進みます。そして武田勝頼は、家臣の裏切りもあって徐々に追い詰められていったのです。

逃げ場を失った武田勝頼は、開戦から1ヵ月後、「天目山」(てんもくざん)の近くで滝川一益の軍勢と激闘の末、自害に追い込まれ、武田家は滅ぶことになります。

関東の支配を担う

その後、武田家の遺領は、織田家の家臣によって分割されました。滝川一益は、上野国(現在の群馬県)と、隣接する信濃国の2郡を与えられると同時に、かつて上杉謙信が務めた「関東管領」(かんとうかんれい)に任命されます。「箕輪城」(みのわじょう:現在の群馬県高崎市)、次いで「厩橋城/前橋城」(まやばしじょう/まえばしじょう:現在の群馬県前橋市)に入り、関東や東北地方の諸大名を、織田家に服属させる大任を担うことになったのです。

近隣の諸将が登城して臣従を誓い、人質を差し出すと、滝川一益はそれまでの領地の安堵を約束。ときには、領主達を厩橋城に招いて能を興行し、自ら舞いを披露して、地域への融和に努めたこともあったと伝えられています。滝川一益は、東国の広大な勢力圏の支配を任され、「西の秀吉、東の一益」と言われるまでに出世を遂げたのです。

悲運の武将

転機となった主君の死

明智光秀

明智光秀

明智光秀の謀反により、織田信長が横死した「本能寺の変」が起きたのは、滝川一益が関東管領に就任して3ヵ月も経たない、1582年(天正10年)6月2日のこと。厩橋城にその知らせが届いたのはその5日後です。

織田信長の死が領国の武将達に知られると、一斉に離反を招くことにもなりかねません。しかし滝川一益は、家臣の反対を押し切って、その事実を伝えることにしました。城中に上野国の諸将を集め、涙ながらにこう話したと言います。

「我らは上方に戻って織田信雄、信孝(のぶたか)殿を守り、光秀と戦って恩義に報いねばならぬ。一益の首を取って北条に降る手土産にしようと思う者は、遠慮なく戦いを仕かけるが良い。北条氏政・氏直(うじなお)父子から城を渡せと言われたら、それがしは北条勢と決戦に臨み、勝とうが負けようが京に向かうつもりだ」

これを聞いた一同は、滝川一益への信頼を深め、さらなる忠誠を誓いました。一方で、本能寺の変を知った北条氏政は、友好関係を継続する意志を滝川一益に書状で伝えていますが、その言葉の裏では、上野国を侵攻する準備を整えていました。「関八州」(かんはっしゅう:関東8ヵ国の総称)の主を自認していた北条氏政は、滝川一益にその座を奪われたことを不満に思っていたのです。

6月16日、北条氏政・氏直父子が率いる総勢56,000人の大軍が、上野国・倉賀野(くらがの:現在の群馬県高崎市)に侵攻を開始。滝川勢は18,000人の兵で迎え討ち、18日の緒戦(しょせん/ちょせん:始まったばかりの頃の戦闘)こそ有利に進めましたが、兵力の差は歴然。翌日の戦いでは、敗走となったのです。

厩橋城に退却した滝川一益は、戦死者を供養したあと、諸将から預かった人質を解放して箕輪城へ移動。そこで酒宴を開いて上野衆と名残を惜しみ、それぞれに太刀や金銀などを分け与え、城をあとにしています。

豊臣秀吉との対立

豊臣秀吉

豊臣秀吉

滝川一益が、伊勢国へ戻る道中にあった6月27日、尾張国の「清洲城」(きよすじょう:現在の愛知県清須市)では、織田家の重臣達が集まり、新たな当主と遺領の配分を決定する「清洲会議」が開かれていました。

後継者を巡っては、織田信長の三男「織田信孝」(おだのぶたか)を推す柴田勝家(しばたかついえ)と、織田信忠の子「三法師」(さんぼうし)を推す「豊臣秀吉」が対立。そして、織田信長の仇を討ったことで主導権を握った豊臣秀吉の案が、採用されることになったのです。

この会議によって滝川一益に認められたのは、旧領である伊勢国・長島50,000石の現状維持のみ。伊勢に戻った滝川一益は、会議に参加できなかっただけの理由で、この処遇は不当であると豊臣秀吉に訴えましたが、黙殺されてしまいました。

不満を募らせた滝川一益は、柴田勝家と豊臣秀吉が争った1583年(天正11年)の「賤ヶ岳の戦い」(しずがたけのたたかい)に、柴田側の一員として参戦。豊臣秀吉率いる70,000の大軍を相手に善戦します。しかし、主戦場の近江国で豊臣側の勝利が決まり、柴田勝家は自害。孤軍奮闘を続けていた滝川一益でしたが、豊臣秀吉の軍門に降る(くだる)のです。

所領をすべて没収されたものの、命を救われた滝川一益は出家し、越前国(現在の福井県北東部)に蟄居(ちっきょ:家の中に閉じこもること)。しかし隠居生活も束の間、1584年(天正12年)、織田信長の次男・織田信雄が徳川家康と共に、反秀吉の兵を挙げた「小牧・長久手の戦い」が起こると、滝川一益は、豊臣秀吉から呼び戻されます。賤ヶ岳の戦いのあと、織田信雄の所領となっていた北伊勢での戦いに、この地をよく知る滝川一益の力が必要とされたのです。

旧臣達を招集して出陣した滝川一益は、織田信雄方であった戦友の九鬼嘉隆を内応により味方に引き入れ、かつて所有していた蟹江城を奪います。蟹江城は、織田信雄と徳川家康がそれぞれ布陣する、長島城と清州城の中間に位置する重要拠点でした。

織田・徳川連合軍は、20,000人の大軍を投じて蟹江城を急襲。滝川軍は、水陸両面から包囲されながらも半月以上持ちこたえます。しかし、豊臣秀吉の援軍が遅れたことで戦力は尽き、蟹江城は明け渡されることになりました。

これにより滝川一益は、豊臣秀吉から3,000石のわずかな所領を与えられましたが、再び越前国で蟄居の身となります。その後、滝川一益は、合戦に明け暮れた62年の生涯を終えました。

滝川一益の逸話

茶の湯への思い入れ

甲州征伐で武田軍に勝利を収めたあと、織田信長は、手柄を立てた滝川一益を呼び出し、恩賞についての希望を問いました。このとき、滝川一益は、領地ではなく名物と評される茶器「珠光小茄子」(じゅこうこなす)を真っ先に所望したのです。

その願いは叶いませんでしたが、滝川一益の茶器に対する思い入れの強さが窺えます。なお、この茶器は、室町時代の茶人「村田珠光」(むらたじゅこう)が所有していた「小茄子」(茄子のような形の丸みを帯びた茶入れ)だと推測され、織田信長が秘蔵していた逸品です。

また、茶の湯をこよなく愛した滝川一益は、遠国への赴任により、茶の湯を満足に楽しめなくなったことを嘆き、京都の知人に「思いもかけぬ地獄に落ちたものだ。茶の湯の冥加も尽きてしまった」と綴った手紙を送っています。

鶴をうらやむべからず

滝川一益が鷹狩りを楽しんでいたある日、近くに鶴の群れが舞い降り、雀と一緒に餌をついばみ始めました。鶴は、周囲を絶えず警戒して落ち着かない様子でしたが、雀は人の目も気にせず、楽しげに餌をあさっていたのです。

その様子を目にした滝川一益は、「私は大名となったが、あの鶴と立場は同じようなものだ。鶴は美しく高貴だが、敵に狙われやすく、絶えず身構えていなければならない。お前達は鶴をうらやむことなく、雀のように楽しむが良い」と、そばにいた家臣に話したと伝えられています。

気を抜くことが許されない戦国大名の過酷な境遇と、部下思いだった滝川一益の人柄を物語る逸話です。

滝川一益の名刀

滝川一益は、珠光小茄子を手に入れられませんでしたが、その代わりに「海老鹿毛」(えびかげ)という名馬と、名刀「滝川高綱」(たきがわたかつな)を織田信長から授かりました。

「高綱」は、平安時代に興った「古備前派」の名工。腰反りが高く、詰んだ板目地沸(じにえ)が細かく付いた精巧で緻密な地鉄(じがね)は、同派の特徴をよく表しています。

変化に富む刃中の働きや、丁子(ちょうじ)に互の目(ぐのめ)を交えた刃文は、「無技巧の技巧」と称えられており、付属する「朱塗鞘打刀拵」(しゅぬりさやうちがたなこしらえ)も、桃山文化の華やかな様式を反映した名品です。

滝川高綱(滝川一益佩刀)

滝川高綱(滝川一益佩刀)

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
高綱 安土桃山時代 重要文化財 織田信長→
滝川家→
静嘉堂文庫

滝川一益

滝川一益をSNSでシェアする

「戦国武将一覧」の記事を読む


那須与一

那須与一
鎌倉幕府の「御家人」(ごけにん)として、同幕府初代将軍「源頼朝」に仕えていた「那須与一」(なすのよいち)。いわゆる「源平合戦」における一連の戦いのひとつである「屋島の戦い」(やしまのたたかい)にて、「扇の的」に矢を見事命中させたほどの「弓の名手」として知られています。しかし、その逸話と那須与一の名前は、軍記物の「平家物語」などに登場するのみであるため、それらの真偽のほどは謎に包まれた部分が多いのです。平家物語や「源平盛衰記」(げんぺいせいすいき/げんぺいじょうすいき)などに伝わるところから、那須与一の生涯について紐解きつつ、人物像にも迫っていきます。

那須与一

土岐頼芸

土岐頼芸
「土岐頼芸」(ときよりのり)は、美濃国(現在の岐阜県)に栄えた土岐家の次男として生まれ、実兄「土岐頼武」(ときよりたけ)との熾烈な家督争いに打ち勝ち、美濃国守護(しゅご:鎌倉・室町幕府が置いた地方官)に上り詰めた戦国武将です。しかし、時は下剋上の時代。自身が守護代に任命した「斎藤道山」(さいとうどうさん)に裏切られ、美濃国を追われることとなります。土岐頼芸は、天下人「織田信長」の父で、「尾張の虎」と称された「織田信秀」(おだのぶひで)を頼り、斎藤道三と和睦しますが、最終的には11代続いた美濃国守護の地位を手放し、流浪の人生へと転落。81歳にして美濃国へ戻りますが、直後にその生涯を終えた人物です。激動の戦国時代を生きた土岐頼芸についてご紹介します。

土岐頼芸

山内一豊

山内一豊
「山内一豊」(やまうちかずとよ)と言えば、「司馬遼太郎」(しばりょうたろう)の名著「功名が辻」(こうみょうがつじ)の主人公としても知られる戦国武将です。妻の「千代」(ちよ)による内助の功などにより大出世を果たし、やがて土佐国(現在の高知県)202,600石の大名へと出世を遂げました。伝記によれば、山内一豊は口数の少ない穏和な性格で、華々しい武勲もそれほど多くなかった戦国武将でしたが、その反面、「織田信長」や「豊臣秀吉」、「徳川家康」という天下人達から厚い信頼を得ていたのです。 そんな山内一豊の生涯を追いながら、妻と共に果たした立身出世の道のりを辿っていきます。

山内一豊

蒲生氏郷

蒲生氏郷
「織田信長」や「豊臣秀吉」などの天下人に一目置かれながら、40歳の若さで生涯を閉じた「蒲生氏郷」(がもううじさと)。数々の戦場で武功を立てただけでなく、領地の経営や家臣団の統制にも長け、「世に優れたる利発人」と称された戦国武将でした。その一方で、キリシタン大名や「千利休」(せんのりきゅう)の高弟「利休七哲」(りきゅうしちてつ)のひとりとしての顔も持ち、当代きっての文化人としても知られた人物です。「六角氏」(ろっかくし)の重臣一族から「織田家」の家臣、そして、東北一の大大名へとのし上がった蒲生氏郷の生涯をたどり、その人物像に迫っていきます。

蒲生氏郷

最上義光

最上義光
「最上義光」(もがみよしあき)は、出羽国(現在の山形県・秋田県)の小さな勢力であった「最上家」を、東北有数の大大名へと押し上げた武将です。父や弟との骨肉の争いに始まり、調略を駆使して領土を拡大しましたが、一方で合戦の際には、勇猛果敢な戦いぶりを見せ、「虎将」とも称されました。そんな最上義光の戦いの軌跡や、逸話から見える人物像に注目。ほぼ一代で、東北の大大名へとのし上がった、その生涯に迫っていきます。

最上義光

結城秀康

結城秀康
「結城秀康」(ゆうきひでやす)は「徳川家康」の子でありながら、数奇な運命を背負った戦国武将です。元服前には「豊臣秀吉」の養子に出されただけでなく、豊臣秀吉が甥の「豊臣秀次」(とよとみひでつぐ)を後継者に定めると、下総国(しもうさのくに:現在の千葉県北部、茨城県南西部)の「結城晴朝」(ゆうきはるとも)の養子となり、豊臣家の中枢から遠ざけられました。天下人の家に生まれながら不遇な目に遭い、それでも道を切り開いた結城秀康にまつわる数々の逸話をご紹介すると共に、その生涯を辿っていきます。

結城秀康

山本勘助

山本勘助
「山本勘助」(やまもとかんすけ)は戦国時代の武将で、「武田信玄」の伝説的軍師として広く知られています。「架空の人物」説が長く定説とされており、実在が確認されてもなお、その実像はいまだ謎に包まれた存在です。

山本勘助

森蘭丸

森蘭丸
「森蘭丸」(もりらんまる)は、「織田信長」の側近として最期まで献身的に仕えた小姓(こしょう:武将などに仕えた世話役)です。ゲームや時代劇、映画には、「美少年」として描かれている有名な人物。織田信長のお気に入りとして多くの逸話が残されている森蘭丸の生涯を、逸話・名言・家紋と共にご紹介します。

森蘭丸

毛利輝元

毛利輝元
「毛利輝元」(もうりてるもと)は、偉大な祖父「毛利元就」(もうりもとなり)を持つ名門武将です。「織田信長」とは敵対したものの、「本能寺の変」後は「豊臣秀吉」と和解し、「豊臣五大老」のひとりとして大活躍しました。 しかし、豊臣秀吉が亡くなったことで、運命の歯車が狂い始めるのです。「関ヶ原の戦い」で西軍の総大将に担がれた、名門・毛利家に育った毛利輝元の一生についてご紹介します。

毛利輝元