戦国武将一覧

三好長慶

文字サイズ

一時は畿内のほぼ全域を掌握し、「三好政権」と呼ばれる独裁政権を樹立した「三好長慶」(みよしながよし)は、下克上の代名詞とも言える戦国武将です。若くして頭角を現し、室町幕府の管領(かんりょう:将軍を補佐して政治を統括していた役職)を務めていた「細川晴元」(ほそかわはるもと)のもとで勢力を拡大。やがて主家をしのぐ力を付けて反旗を翻すと、近隣諸国を次々と支配していきます。しかし晩年は、家中の権力争いや敵対勢力の反発により優秀な弟達や嫡男を失い、徐々に衰退。三好長慶も失意の中、病没してしまうのです。そんな三好長慶の栄枯盛衰をたどりながら、その人物像を掘り下げていきます。

三好長慶の生い立ち

細川氏に疑われて父が戦死

三好長慶

三好長慶

三好長慶は、1522年(大永2年)に阿波国(あわのくに:現在の徳島県)の三好郡で生まれました(諸説あります)。

父は、当時畿内最大の勢力を誇っていた細川晴元の家臣「三好元長」(みよしもとなが)。主君の政敵だった「細川高国」(ほそかわたかくに)を討ったことで、家中でも一目置かれた存在でした。

しかし1532年(享禄5年/天文元年)、「本願寺」(ほんがんじ)の信徒が起こした一向一揆に攻められ、父が命を落としてしまうのです。

実はこの戦い、同族の「三好政長」(みよしまさなが)の讒言(ざんけん:ありもしないことを目上の人に告げ、その人について悪く言うこと)によって謀反の疑いを抱いた細川晴元が、裏で糸を引いていたと言われています。こうして三好長慶は、弱冠11歳で「三好家」の家督を継ぐことになったのです。

若くして三好家の当主になる

大黒柱であった三好元長の死によって、武家としての勢力が衰えかけた三好家ですが、当時いた現在の大阪府堺市にあたる地域から、本国の阿波国に逃亡した三好長慶は、早速異端児ぶりを発揮します。

父を自刃に追い込み、勢力を拡大していた本願寺率いる一向一揆は、やがて細川晴元自身でも抑えられなくなっていました。すると三好長慶は、細川晴元と本願寺10代宗主「証如」(しょうにょ)を引き合わせ、見事和睦を成立させるのです。

実際に交渉の場に臨んだのは、伯父の「三好康長」(みよしやすなが)だったとも言われていますが、わずか12歳で当主としての役割を果たしているあたり、早熟の天才ぶりが窺えます。

さらに三好長慶は、和睦に従わなかった本願寺の勢力を摂津国(現在の大阪府北中部・兵庫県南東部)の御園(みその:現在の兵庫県尼崎市)で討ち破り、さらに一向一揆の拠点だった「越水城」(こしみずじょう:現在の兵庫県西宮市)を奪還。畿内にその名を知らしめました。

細川家に臣従して復讐の機会を窺う

細川晴元の被官として出仕

勢力を盛り返した三好家は、一向衆と手を結び、細川晴元への対抗を試みます。しかし、両軍が対峙した「椋橋城の戦い」(くらはしじょうのたたかい)では、約2ヵ月に亘る持久戦に突入。敵討ちに燃えていた三好長慶でしたが、時期尚早と見るや「細川家」の和睦を受け入れ、従属を決意します。以降、細川晴元のもとで辣腕を振るうようになるのです。

再び対立した「下間頼盛」(しもつまらいせい)率いる一向一揆の鎮圧や、管領職を務めた「畠山家」(はたけやまけ)最大の実力者「木沢長政」(きざわながまさ)の打倒など、次々と戦果を挙げて細川家の隆盛を支えた三好長慶は、1547年(天文16年)、室町幕府12代将軍「足利義晴」(あしかがよしはる)と、細川高国の遺児「細川氏綱」(ほそかわうじつな)を、「舎利寺の戦い」(しゃりじのたたかい)で撃破。これにより室町幕府の権力は失墜し、細川家は、畿内最大勢力として君臨します。

一方で、細川家中での発言力が増した三好長慶は、主君・細川晴元をしのぐ存在感を示すようになり、細川家と三好家の関係に、徐々に亀裂が生じていくのでした。

細川家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。

父の仇討ちと下克上の体現

主君との力関係が逆転し始めると、三好長慶は、細川家の家臣「遊佐長教」(ゆさながのり)から、父の死に同族の三好政長が深くかかわっていたことを聞きます。早速主君に掛け合い、三好政長の打倒を進言しますが、細川晴元は動こうとしません。むしろ、三好長慶の排除を画策したのです。

こうして1549年(天文18年)、細川晴元・三好政長軍と、三好長慶軍が激突。いわゆる「江口の戦い」(えぐちのたたかい)が起こります。

好機を見極めることに長けていた三好長慶は、援軍との合流を目論む三好政長が、守りに適さない「江口城」(大阪市東淀川区)に入ったという情報を得ると、素早く総攻撃を敢行。三好政長を討ち取り、800もの首級を挙げたのです。

さらに返す刀で、細川晴元を追撃する姿勢を見せると、危険を察知した細川晴元は、将軍・足利義晴、及びその子「足利義輝」(あしかがよしてる)と共に京から逃亡。これにより三好長慶は、父の仇討ちと畿内の制圧を達成したのでした。

将軍不在の京に三好政権を樹立

旧体制を踏襲した領国経営

足利義輝

足利義輝

京に入った三好長慶は、復権を目指す細川晴元や、室町幕府13代将軍となった「足利義輝」らと、たびたび戦を繰り広げながらも畿内の領国経営に着手。その手法は、従来の幕府政治を引き継ぎ、大きな変化を持ち込まないことを旨としていました。

政治面では、足利義輝のもとで幕府の行政官を務めていた「伊勢貞孝」(いせさだたか)を引き抜き、幕政を踏襲。公家や寺社に配慮して既得権益もほぼそのまま認めたと言います。

また、当時の室町幕府は訴訟の際、書状や証文などの末尾に「よって件の如し」(よってくだんのごとし)という文言を書き記すのが通例でした。三好長慶もこの形式を採用することで、自分が将軍に替わる最高権力者だと内外に示し、穏便な権力の推移を実現したのです。

足利義輝のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

三好長慶の専制政治

角の立たない領国運営は、おおむね京の民衆に受け入れられ、人々は情け深い三好長慶を歓迎したと言います。ところが、厳しさに欠ける側面もあり、自身の暗殺未遂事件まで起こした足利義輝と和議を結び、上洛を許可。足利将軍を笠に着て、裏で三好長慶が政治を動かす構図に収めたのです。そしてこうした甘さが、その後、三好政権崩壊の一因になります。

一方で、政治における決定権は、すべて三好長慶が握っており、いわゆる独裁政治が敷かれていました。それは細部にまで及び、「三好長慶水論裁決状」という古文書からは、惣(そう:村落の自治組織)同士のもめごとにも、三好長慶の決裁が必要だった様子が見て取れます。

当時の農村にとって、田畑に引く水を確保することは死活問題でした。そのため、井堰(いせき:水をよそへ引いたり水量を調節したりするために、川の水をせき止める場所)をどこに作るかを巡って、頻繁に「水争い」が起こっていたのです。

これは従来、それぞれの惣が話し合いなどにより治めていましたが、三好政権はこの権利を没収。すべて三好長慶の裁量によって決められていました。この背景には、惣内部の話し合いを止めさせることで、惣の団結を削ぎたいという意図が隠されています。

村の隅々にまで三好長慶の権力を浸透させることが、ひとつの政治方針だったのです。

三好家の家紋

三階菱に釘抜

三好長慶が用いた家紋は、「三階菱に釘抜」(さんがいびしにくぎぬき)と呼ばれています。3つ重ねた「菱紋」は、三好家の先祖「小笠原家」(おがさわらけ)から受け継いだとされ、四国地方の武家によく見られる家紋です。

釘抜きがかたどられた「釘抜紋」は、「9つの城を抜く」という語呂から、当時の武将に広く好まれていました。この2つを組み合わせると、「小笠原氏の流れを汲んだ四国出身の勇猛な武士」という意味。出自を明確に示した家紋と言えます。

三好長慶を支えた弟達

三好長慶は、弟に恵まれた大名でした。なかでも万能の働きを見せたのが、三好元長の次男「三好実休」(みよしじっきゅう)です。三好長慶が細川晴元に仕えたとき、四国方面における細川家を統括していた「阿波細川家」の9代当主、「細川持隆」(ほそかわもちたか)に仕官。兄が細川家を牛耳ったように、三好実休も阿波細川家で台頭し、主君を自害に追い込んで勢力を乗っ取ります。

三好家の覇業は、長兄の三好長慶が畿内を掌握し、次男の三好実休が四国方面を制圧した両輪の働きによって、成し遂げられたとも言えるのです。

しかし三好実休は、志半ばで河内国(現在の大阪府東部)・紀伊国(現在の和歌山県三重県南部)の守護大名「畠山高政」(はたけやまたかまさ)との戦いで亡くなりました。

また、三男の「安宅冬康」(あたぎふゆやす)の活躍も見事で、淡路国(現在の兵庫県淡路島)で「安宅家」を継ぐと、瀬戸内最大の水軍「安宅水軍」を統率。制海権を押さえることで、三好長慶の覇業を支えたのです。

さらに四男の「十河一存」(そごうかずまさ/かずなが)は、戦場での鬼神のような働きぶりから「鬼十河」(おにそごう)と呼ばれた武将です。三好長慶を軍事面で支え、江口の戦いを始め、畿内各地で奮戦。河内国の「岸和田城」(現在の大阪府岸和田市)城主として、畿内南部に睨みを利かせていました。

しかし、この3人の弟達は、皆30代で命を落としています。三好政権衰退の原因のひとつが、優秀な弟達の早世とも言えるのです。

三好政権の衰退と悲劇の晩年

弟達の死と嫡男の夭逝

松永久秀

松永久秀

一時は畿内から四国にかけて、計9ヵ国を支配した三好長慶ですが、最盛期は、長く続きませんでした。

衰退の発端となったのは、三好元長の4男・十河一存の急死。有馬温泉で突然倒れたと言われています。このとき一緒にいたのが、急速に影響力を拡大していた三好長慶の重臣「松永久秀」(まつながひさひで)でした。十河一存と松永久秀は犬猿の仲だったため、暗殺説もささやかれましたが、真相は分かっていません。

さらに1562年(永禄5年)には、次男・三好実休が和泉国(現在の大阪府南西部)で起こった「久米田の戦い」(くめだのたたかい)で討死。三好家第2の実力者だっただけに、三好政権の屋台骨を揺るがす大打撃となりました。

そして1563年(永禄6年)には、三好長慶唯一の嗣子だった「三好義興」(みよしよしおき)が急病に倒れ、22歳でこの世を去ったのです。足利義輝からの信任が厚かった三好義興は、「実力は父に勝る」、「天下の乱を治めるべき人物」と評されていました。

この知らせを受けた三好長慶の悲嘆はすさまじく、この頃から心身に異常をきたし始めたとされています。こうして三好家は、わずか2年余りのうちに、重要人物を次々失ったことで家中の統制が利かなくなり、一気に下降線をたどるのです。

松永久秀のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

失意の最期を迎えた梟雄

病床に臥せ、政務を離れがちになった三好長慶は、若い頃の思慮深さを失い、分別がつかなくなっていました。そこに目を付けたのが松永久秀です。三好家を牛耳るため、三好長慶の3人弟のうち、最後に残った安宅冬康の抹殺を試みました。

松永久秀は、安宅冬康が謀反を企てていると、嘘の報告を三好長慶に送ります。これにより三好長慶は、自身の居城であった「飯盛山城」(現在の大阪府大東市四條畷市)に安宅冬康を呼び寄せ、自らの手で粛清してしまうのです。

「足利季世記」によれば、安宅冬康の無実を知った三好長慶は後悔の念に苛まれ、さらに病状を悪化させたとあります。そして約2ヵ月後、失意のまま43歳で波乱の生涯を閉じたのです。

三好長慶の人物像が分かる逸話

和歌や連歌を愛した文化人

和歌や連歌をたしなんだ戦国武将の中でも、三好長慶は、その先駆けとして知られています。「歌道にも精進するのが真の武士である」といった内容の歌を詠むほどの執心ぶりを見せていたのです。

あるとき、飯盛山城で連歌会を開いていた三好長慶は、ある参加者が詠んだ「すすきにまじる蘆(あし)の一むら」という下の句に付ける、上の句を思案していました。そこへ弟・三好実休が戦死したという悲報が届きます。しかし、三好長慶は動じることなく、「古沼の浅き方より野となりて」と付句。そして冷静に「ここは戦場になる。すみやかに京へ帰られるが良い」と、連歌師達に告げたのです。あらゆる状況下でもさらりと歌を詠むほどに、その腕前は達者であったと評されています。

また、三好長慶の3回忌では、名僧「大林宗套」(だいりんそうとう)が「手に六韜三略(りくとうさんりゃく)の兵書をひらき、心に万葉・古今の歌道をそらんじ、風月を詠むこと3,000。文武に欠けるところがない人物だった」と称賛しています。

現代まで残ってきた武士の風習をご紹介します。

若い頃は血気に逸る(はやる)性格だった

もともと、血気盛んな人物であった三好長慶は、復讐心に燃え、戦においても敵を容赦なく殺すことが多々ありました。

これを見た弟の安宅冬康は、兄を諫めるために粋な贈り物をします。それは籠に入れた鈴虫。添えられた書状には「夏虫も大切に世話をすれば冬まで生きるものです。ましてや人間ならば、なおさらのことです」といった内容が書かれていました。この戒めには、さすがの三好長慶も参ったと伝えられています。

後年、三好長慶は、敵対した細川晴元の子を養子にしたり、暗殺未遂事件を起こした足利義輝を許したりと、寛容な人物として知られるようになります。没後の葬式に参列した人々は、皆涙を流してその死を悼んでいました。家臣からは広く慕われていた人物だったことが分かります。

三好長慶の愛刀・三好正宗

また三好長慶は、「名品」と称される茶器や武具も多数揃えていました。なかでも「三好正宗」(みよしまさむね)は、名刀の誉れ高い1振。現物は残されていませんが、刃文は直刃(すぐは)に耳形の乱れが交じり、帽子の尖る短刀だったと伝わっています。

三好長慶が金16枚で手に入れたあと、甥の「三好義継」(みよしよしつぐ)が譲り受け、その後「織田信長」へ献上。さらに「細川藤孝/幽斎」(ほそかわふじたか/ゆうさい)、「細川忠興」(ほそかわただおき)の手に渡ります。そして、「豊臣秀次」(とよとみひでつぐ)から「豊臣秀吉」、「前田利家」へと渡り歩き、最終的に「徳川家康」が所有することになりました。

以降、「徳川家」が代々秘蔵しますが、1657年(明暦3年)の大火によって焼失。名だたる天下人が欲した短刀だけに、相当の業物(わざもの)だったことが窺えます。

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
正宗 不明 三好家→
織田信長→
細川家→
豊臣家→
前田利家→
徳川家

三好長慶

三好長慶をSNSでシェアする

「戦国武将一覧」の記事を読む


山内一豊

山内一豊
「山内一豊」(やまうちかずとよ)と言えば、「司馬遼太郎」(しばりょうたろう)の名著「功名が辻」(こうみょうがつじ)の主人公としても知られる戦国武将です。妻の「千代」(ちよ)による内助の功などにより大出世を果たし、やがて土佐国(現在の高知県)202,600石の大名へと出世を遂げました。伝記によれば、山内一豊は口数の少ない穏和な性格で、華々しい武勲もそれほど多くなかった戦国武将でしたが、その反面、「織田信長」や「豊臣秀吉」、「徳川家康」という天下人達から厚い信頼を得ていたのです。 そんな山内一豊の生涯を追いながら、妻と共に果たした立身出世の道のりを辿っていきます。

山内一豊

蒲生氏郷

蒲生氏郷
「織田信長」や「豊臣秀吉」などの天下人に一目置かれながら、40歳の若さで生涯を閉じた「蒲生氏郷」(がもううじさと)。数々の戦場で武功を立てただけでなく、領地の経営や家臣団の統制にも長け、「世に優れたる利発人」と称された戦国武将でした。その一方で、キリシタン大名や「千利休」(せんのりきゅう)の高弟「利休七哲」(りきゅうしちてつ)のひとりとしての顔も持ち、当代きっての文化人としても知られた人物です。「六角氏」(ろっかくし)の重臣一族から「織田家」の家臣、そして、東北一の大大名へとのし上がった蒲生氏郷の生涯をたどり、その人物像に迫っていきます。

蒲生氏郷

最上義光

最上義光
「最上義光」(もがみよしあき)は、出羽国(現在の山形県・秋田県)の小さな勢力であった「最上家」を、東北有数の大大名へと押し上げた武将です。父や弟との骨肉の争いに始まり、調略を駆使して領土を拡大しましたが、一方で合戦の際には、勇猛果敢な戦いぶりを見せ、「虎将」とも称されました。そんな最上義光の戦いの軌跡や、逸話から見える人物像に注目。ほぼ一代で、東北の大大名へとのし上がった、その生涯に迫っていきます。

最上義光

結城秀康

結城秀康
「結城秀康」(ゆうきひでやす)は「徳川家康」の子でありながら、数奇な運命を背負った戦国武将です。元服前には「豊臣秀吉」の養子に出されただけでなく、豊臣秀吉が甥の「豊臣秀次」(とよとみひでつぐ)を後継者に定めると、下総国(しもうさのくに:現在の千葉県北部、茨城県南西部)の「結城晴朝」(ゆうきはるとも)の養子となり、豊臣家の中枢から遠ざけられました。天下人の家に生まれながら不遇な目に遭い、それでも道を切り開いた結城秀康にまつわる数々の逸話をご紹介すると共に、その生涯を辿っていきます。

結城秀康

山本勘助

山本勘助
「山本勘助」(やまもとかんすけ)は戦国時代の武将で、「武田信玄」の伝説的軍師として広く知られています。「架空の人物」説が長く定説とされており、実在が確認されてもなお、その実像はいまだ謎に包まれた存在です。

山本勘助

森蘭丸

森蘭丸
「森蘭丸」(もりらんまる)は、「織田信長」の側近として最期まで献身的に仕えた小姓(こしょう:武将などに仕えた世話役)です。ゲームや時代劇、映画には、「美少年」として描かれている有名な人物。織田信長のお気に入りとして多くの逸話が残されている森蘭丸の生涯を、逸話・名言・家紋と共にご紹介します。

森蘭丸

毛利輝元

毛利輝元
「毛利輝元」(もうりてるもと)は、偉大な祖父「毛利元就」(もうりもとなり)を持つ名門武将です。「織田信長」とは敵対したものの、「本能寺の変」後は「豊臣秀吉」と和解し、「豊臣五大老」のひとりとして大活躍しました。 しかし、豊臣秀吉が亡くなったことで、運命の歯車が狂い始めるのです。「関ヶ原の戦い」で西軍の総大将に担がれた、名門・毛利家に育った毛利輝元の一生についてご紹介します。

毛利輝元

毛利元就

毛利元就
「毛利元就」(もうりもとなり)は、安芸国(あきのくに:現在の広島県西部)の国人領主から、中国地方全域を統一した戦国時代の豪傑。幼少期に両親を失い、19歳で兄を失い、さらに甥までをも亡くしたことで、次男にして毛利家の家督を相続します。権謀術に長け、稀代の策略家としても有名な武将です。一代で中国地方統一を成し遂げた、毛利元就の生涯を見ていきましょう。

毛利元就

水野勝成

水野勝成
うつけ、婆娑羅(ばさら)、傾き者(かぶきもの)。戦国の世には、個性豊かな武将や大名が数多く登場します。「織田信長」しかり、「佐々木道誉」(ささきどうよ)しかり、「前田慶次」(まえだけいじ)しかり。魅力的な武将をたくさん挙げることはできますが、「水野勝成」(みずのかつなり)ほど「型破り」の言葉が似合う人物はなかなかいません。 藩主の息子に生まれながら、腕一本を頼りに諸国を放浪し戦いに明け暮れ、「徳川家康」の側近となっても、なお先頭で戦い続けた武将です。そのどこを切ってもエネルギーに満ちあふれた水野勝成の生涯を追い、数多く残る逸話から、戦国自由人・水野勝成の魅力を探っていきます。

水野勝成

注目ワード
注目ワード