戦国武将一覧

結城秀康

文字サイズ

「結城秀康」(ゆうきひでやす)は「徳川家康」の子でありながら、数奇な運命を背負った戦国武将です。元服前には「豊臣秀吉」の養子に出されただけでなく、豊臣秀吉が甥の「豊臣秀次」(とよとみひでつぐ)を後継者に定めると、下総国(しもうさのくに:現在の千葉県北部、茨城県南西部)の「結城晴朝」(ゆうきはるとも)の養子となり、豊臣家の中枢から遠ざけられました。天下人の家に生まれながら不遇な目に遭い、それでも道を切り開いた結城秀康にまつわる数々の逸話をご紹介すると共に、その生涯を辿っていきます。

徳川家康と結城秀康の微妙な親子関係

結城秀康

結城秀康

結城秀康は1574年(天正2年)、「浜松城」(現在の静岡県浜松市)の城主であった徳川家康の次男として誕生。しかし、結城秀康を取り巻く環境は、母親が正室「築山殿」(つきやまどの)の世話係だった「於万の方」(おまんのかた)であり、さらに当時は、「畜生腹」(ちくしょうばら)と呼ばれて忌み嫌われていた双子での誕生であったなど、非常に複雑だったのです。この双子のうちひとりは、生後すぐに亡くなったと伝えられています。

このようなことを理由に、徳川家康は結城秀康が3歳になるまで、1度も対面しませんでした。結城秀康は、徳川家康の重臣「本多重次」(ほんだしげつぐ)と交流のあった「中村家」の屋敷(現在の静岡県浜松市)に預けられ、養育されていたのです。

兄であり嫡男の「松平信康」(まつだいらのぶやす)は、これを不憫に思い、結城秀康を父に対面させようと試みます。徳川家康が「岡崎城」(現在の愛知県岡崎市)を訪れた際、結城秀康を、座敷の障子の陰に待機させたのです。しかし、障子から「父上」と声がすると、徳川家康は結城秀康の声だと察し、とっさに席を離れようとしました。ところが松平信康は、「弟に見参を許してほしい」と必死で懇願。そのあまりの形相に、徳川家康は仕方なく結城秀康と初対面し、我が子を膝の上で抱いたと伝えられています。

また、徳川家康と結城秀康が京都を訪れていたとき、近所で火災が発生。結城秀康は、とっさに数人を引き連れて消火にあたり、そのまま引き揚げました。しかし、これを聞いた徳川家康は、「親を出し抜く奴だ」とつぶやいたと言います。

  • 徳川家康のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 徳川家康のエピソードや、関連のある刀剣・日本刀をご紹介します。

徳川家と豊臣家を繋ぐ

豊臣秀吉

豊臣秀吉

1584年(天正12年)、豊臣秀吉と徳川家康が激突した「小牧・長久手の戦い」(こまき・ながくてのたたかい)が勃発。結果的には、徳川家康が勝利を収めたのですが、豊臣秀吉の調略により、徳川家康と同盟を結んでいた「織田信雄」(おだのぶかつ)が、勝手に和睦を締結。戦いを続ける理由を失った徳川家康も和睦に同意し、「豊臣家」の臣下となり、結城秀康を人質として、同家に差し出したのです。

このとき、嫡男の松平信康は亡くなっており、結城秀康が長男の立場にありました。そのため徳川家康は当初、異父弟の「松平定勝」(まつだいらさだかつ)を送る予定でしたが、その生母「於大の方」(おだいのかた)の反対に遭い、結城秀康に白羽の矢が立ったのです。徳川家中における結城秀康の立場が、いかに弱かったのかが分かります。

結城秀康は、徳川家康から餞別として、名刀「童子切安綱」(どうじぎりやすつな)を授かり、豊臣秀吉の養子として迎え入れられ、1584年(天正12年)12月に元服しました。

1587年(天正15年)には「九州征伐」で初陣を飾り、豊前国(現在の福岡県東部)の「岩石城」(がんじゃくじょう:現在の福岡県田川郡)攻めで先鋒を務め、日向国(現在の宮崎県)の平定戦でも戦功を挙げました。さらに1590年(天正18年)、「後北条家」を討つため、「小田原征伐」へ参陣。着実に功績を積み重ねていきます。

しかし、小田原征伐の勝利により、豊臣秀吉の天下統一がほぼ実現した矢先、結城秀康は、再び養子に出されることに。行き先は、下総国の結城晴朝。実は1589年(天正17年)、豊臣秀吉に実子「鶴松」(つるまつ)が生まれ、後継者に指名されていたのです。結局、結城秀康は17歳で豊臣家を出て「結城家」を継ぎ、111,000石の地方大名になりました。

こうして豊臣家から離れた結城秀康でしたが、豊臣秀吉との間には強い絆があったと伝えられています。例えば結城秀康が16歳のとき、「伏見城」(現在の京都市伏見区)で馬に乗っていると、突然豊臣秀吉の寵臣が競争を仕掛けてきました。

すると結城秀康は、無礼千万であると切り捨ててしまうのです。これを知った豊臣秀吉は、「我が子(結城秀康)に対する無礼は万死に値する。結城秀康の心映えは天晴れである」と不問に付しました。

また、江戸幕府が開かれたあと、「徳川家」重臣の「本多正信」(ほんだまさのぶ)が、豊臣秀吉の遺児「豊臣秀頼」(とよとみひでより)を討つよう徳川家康に進言しているという噂が立ち、結城秀康は激怒。本多正信に直接詰め寄り、豊臣秀吉にとって自分は実子同然であったこと、そのため豊臣秀頼にとって自分は兄であるから、もし豊臣秀頼を攻めれば、誰であろうとただでは置かないと、啖呵を切ったのです。

  • 豊臣秀吉のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 豊臣秀頼のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 豊臣家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。

  • 結城家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。

  • 徳川家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。

  • 本多正信の生い立ちや人物像、実力者の実績などの詳細をご紹介します。

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

  • 武将達が戦った全国各地の古戦場をご紹介!

結城家の大名として徳川家を支える

結城家の出自と家紋

右三つ巴

右三つ巴

結城家の起源は古く、「平将門」(たいらのまさかど)を討った「藤原秀郷」(ふじわらのひでさと)の末裔まで、さかのぼります。

発祥地は、下総国結城郡(現在の茨城県結城市)。地頭を務めるようになった鎌倉時代から結城姓を名乗るようになり、戦国時代には、結城晴朝の父「結城政勝」(ゆうきまさかつ)の代に勢力を拡大します。

その後、結城晴朝から結城秀康へ家督が相続されると、1604年(慶長9年)に「松平」(まつだいら)に改姓。結城秀康が越前国(現在の福井県北東部)へ転封されたあとも、結城秀康の五男「結城直基」(ゆうきなおもと)が下総結城家を継ぎますが、やがて松平姓へと改め、大名としての結城姓は消滅するのです。

なお、家紋の意匠は「右三つ巴」(みぎみつどもえ)。弓を射る際に手首に付ける革製の道具「鞆」(とも)、あるいは水の渦巻く様子を図案化した紋章だと言われています。

関ヶ原の戦いで重責を担う

上杉景勝

上杉景勝

1600年(慶長5年)に「関ヶ原の戦い」が起こると、結城秀康は徳川家康と共に、会津(現在の福島県会津若松市)に本拠を構える「上杉景勝」(うえすぎかげかつ)の討伐へと出陣。

しかしその道中、大坂で「石田三成」が挙兵したことを知ると、徳川家康は、自身が反転して西へ向かうことを決断すると同時に、結城秀康には、「宇都宮城」(現在の栃木県宇都宮市)に留まることを命じ、上杉景勝への抑えを任されました。

このとき、血気盛んな結城秀康は強く反発しました。最後は、徳川家康が「石田三成の軍勢は寄せ集めだが、上杉軍は、かの上杉謙信(うえすぎけんしん)公以来の強兵。それを相手にできるのは、お前以外にいない」と説得したのです。結城秀康がこの時期にはすでに、武将としての器量を父に認められていたことが分かります。

徳川家康率いる東軍の主力が西へ向かい始めると、結城秀康は、約束通り宇都宮城を防衛。しかし、やがて上杉景勝が、江戸に攻め入るという噂が流れ始めます。

このとき、結城秀康は大胆にも、上杉景勝に直接「退屈なので我々と一戦交えましょう」と書状を送りました。すると上杉景勝からは、「亡き父・上杉謙信の教えにより、大将の留守中に攻め入ることはしない」と返答が来たのです。

その後、関ヶ原の戦いで東軍が勝利を収めると、上杉景勝は結城秀康に書状を出し、降伏の仲介を依頼。結城秀康はこれを受諾し、徳川家康に「上杉家」の赦免を願い出たと言います。

  • 上杉景勝のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 上杉謙信のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 石田三成のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

  • 上杉家の来歴をはじめ、ゆかりの武具などを紹介します。

  • 歴史上の人物が活躍した合戦をご紹介!

「制外の家」として特別扱いを受ける

徳川秀忠

徳川秀忠

関ヶ原の戦いの戦功を評価された結城秀康は、越前国680,000石が与えられました。これは徳川家を除けば、加賀国(現在の石川県南部)に本拠を構える「前田利長」(まえだとしなが)に次ぎ、全国で2番目に高い石高でした。

また、江戸幕府2代将軍となった「徳川秀忠」(とくがわひでただ)も、結城秀康に一目置いていました。5歳年上の兄として敬い、幕藩体制の中でも特別な扱いをしていたのです。

1602年(慶長7年)、結城秀康が江戸へ向かう道中、当時江戸へは鉄砲の持ち込みが禁じられていたのにもかかわらず、鉄砲持参のまま「碓氷関所」(うすいせきしょ:現在の群馬県安中市)を通ろうとしました。すると、役人達に制止され、結城秀康が激怒。家臣に「撃ち殺せ」と命じるなど脅しをかけて、そのまま通行したのです。

この一件を知った徳川秀忠は、「殺されなくて幸いだった」と言うのみで、咎めることはしませんでした。幕府の制度にとらわれない、「制外の家」の当主として扱われていたことが分かります。

生来梅毒の持病を患っていた結城秀康は、1606年(慶長11年)に徳川家から伏見城の居留守役を命じられたものの病が重篤化し、1607年(慶長12年)に越前国へ帰国。そのまま34歳の短い生涯を閉じました。

徳川秀忠のエピソードをはじめ、それに関係する人物や戦い(合戦)をご紹介します。

結城秀康の人となり

豊臣秀吉の死後、石田三成が、豊臣家の武断派の武将達に命を狙われる事件が起こります。政敵である徳川家康が間に入って事なきを得ましたが、石田三成は徳川家康より、居城の「佐和山城」(現在の滋賀県彦根市)での謹慎を命じられました。その際、大坂から佐和山城までの護衛を任されたのが、結城秀康だったのです。

佐和山城下に差し掛かると結城秀康は、「石田家」の家臣が出迎えに訪れたあともなお、「命令通り城内まで送る」と譲らず、最終的には、自分の家臣を石田三成の護衛に付けることで、その安全を最後まで見届けたと言います。

この行動に深く感心した石田三成は、感謝の意を込めて、豊臣秀吉から授かった名刀「石田正宗」(いしだまさむね)を贈り、「結城秀康は、若いのに状況判断が的確である」と家臣に話したと伝えられているのです。

また、時を同じくして、前田利長が徳川家康の暗殺計画を立てているという噂が流れたことがありました。徳川家康は、伏見城を守る結城秀康に、全軍を出して護衛をするよう命令します。しかし結城秀康は、あえて伏見城に兵力を残したまま、徳川家康のもとへ参じました。万が一暗殺が実行された場合に備え、伏見城の守備に配慮したのです。のちにこのことを知った徳川家康は、結城秀康の判断力を称えたと言います。

父から受け継いだ名刀「稲葉郷」

結城秀康は、名刀を数多く所有した武将としても知られています。なかでも有名な刀剣が、南北朝時代に活躍した越中国(現在の富山県)の名工「郷義弘」(ごうのよしひろ)による刀「稲葉郷」(いなばごう)。鍛えは細かく詰み、刃文は細かい(にえ)が深く付く、明るく冴えた1振です。

この刀剣は、上杉討伐の際に徳川家康が、結城秀康に上杉軍の抑えとして宇都宮城に残ることを説得するため、徳川家に伝わる秘蔵の采配(さいはい:白紙などを細長い短冊状に切り、柄の先に付けた武具の一種。戦場で兵士を指揮する際に用いられた)と共に与えたとされています。

この稲葉郷以外にも結城秀康は、前述した童子切安綱や石田正宗など、名立たる名刀を所有。なかでも稲葉郷は、結城秀康の死後も、代々越前松平家の家宝として受け継がれ、その後は「作州松平家」(さくしゅうまつだいらけ)へと伝わりました。

刀 金象嵌銘 天正十三十二月日江本阿弥磨上之花押(光徳)/所持稲葉勘右衛門尉[号:稲葉郷(稲葉江)]

刀 金象嵌銘 天正十三十二月日江本阿弥磨上之花押(光徳)/所持稲葉勘右衛門尉
[号:稲葉郷(稲葉江)]

時代 鑑定区分 所蔵・伝来
天正
十三十二月日
江本阿弥磨上之花押(光徳)
/所持稲葉勘右衛門尉
南北朝時代 国宝 稲葉重通→
徳川家康→
結城秀康→
作州松平家

結城秀康

結城秀康をSNSでシェアする

「戦国武将一覧」の記事を読む


山内一豊

山内一豊
「山内一豊」(やまうちかずとよ)と言えば、「司馬遼太郎」(しばりょうたろう)の名著「功名が辻」(こうみょうがつじ)の主人公としても知られる戦国武将です。妻の「千代」(ちよ)による内助の功などにより大出世を果たし、やがて土佐国(現在の高知県)202,600石の大名へと出世を遂げました。伝記によれば、山内一豊は口数の少ない穏和な性格で、華々しい武勲もそれほど多くなかった戦国武将でしたが、その反面、「織田信長」や「豊臣秀吉」、「徳川家康」という天下人達から厚い信頼を得ていたのです。 そんな山内一豊の生涯を追いながら、妻と共に果たした立身出世の道のりを辿っていきます。

山内一豊

蒲生氏郷

蒲生氏郷
「織田信長」や「豊臣秀吉」などの天下人に一目置かれながら、40歳の若さで生涯を閉じた「蒲生氏郷」(がもううじさと)。数々の戦場で武功を立てただけでなく、領地の経営や家臣団の統制にも長け、「世に優れたる利発人」と称された戦国武将でした。その一方で、キリシタン大名や「千利休」(せんのりきゅう)の高弟「利休七哲」(りきゅうしちてつ)のひとりとしての顔も持ち、当代きっての文化人としても知られた人物です。「六角氏」(ろっかくし)の重臣一族から「織田家」の家臣、そして、東北一の大大名へとのし上がった蒲生氏郷の生涯をたどり、その人物像に迫っていきます。

蒲生氏郷

最上義光

最上義光
「最上義光」(もがみよしあき)は、出羽国(現在の山形県・秋田県)の小さな勢力であった「最上家」を、東北有数の大大名へと押し上げた武将です。父や弟との骨肉の争いに始まり、調略を駆使して領土を拡大しましたが、一方で合戦の際には、勇猛果敢な戦いぶりを見せ、「虎将」とも称されました。そんな最上義光の戦いの軌跡や、逸話から見える人物像に注目。ほぼ一代で、東北の大大名へとのし上がった、その生涯に迫っていきます。

最上義光

山本勘助

山本勘助
「山本勘助」(やまもとかんすけ)は戦国時代の武将で、「武田信玄」の伝説的軍師として広く知られています。「架空の人物」説が長く定説とされており、実在が確認されてもなお、その実像はいまだ謎に包まれた存在です。

山本勘助

森蘭丸

森蘭丸
「森蘭丸」(もりらんまる)は、「織田信長」の側近として最期まで献身的に仕えた小姓(こしょう:武将などに仕えた世話役)です。ゲームや時代劇、映画には、「美少年」として描かれている有名な人物。織田信長のお気に入りとして多くの逸話が残されている森蘭丸の生涯を、逸話・名言・家紋と共にご紹介します。

森蘭丸

毛利輝元

毛利輝元
「毛利輝元」(もうりてるもと)は、偉大な祖父「毛利元就」(もうりもとなり)を持つ名門武将です。「織田信長」とは敵対したものの、「本能寺の変」後は「豊臣秀吉」と和解し、「豊臣五大老」のひとりとして大活躍しました。 しかし、豊臣秀吉が亡くなったことで、運命の歯車が狂い始めるのです。「関ヶ原の戦い」で西軍の総大将に担がれた、名門・毛利家に育った毛利輝元の一生についてご紹介します。

毛利輝元

毛利元就

毛利元就
「毛利元就」(もうりもとなり)は、安芸国(あきのくに:現在の広島県西部)の国人領主から、中国地方全域を統一した戦国時代の豪傑。幼少期に両親を失い、19歳で兄を失い、さらに甥までをも亡くしたことで、次男にして毛利家の家督を相続します。権謀術に長け、稀代の策略家としても有名な武将です。一代で中国地方統一を成し遂げた、毛利元就の生涯を見ていきましょう。

毛利元就

三好長慶

三好長慶
一時は畿内のほぼ全域を掌握し、「三好政権」と呼ばれる独裁政権を樹立した「三好長慶」(みよしながよし)は、下克上の代名詞とも言える戦国武将です。若くして頭角を現し、室町幕府の管領(かんりょう:将軍を補佐して政治を統括していた役職)を務めていた「細川晴元」(ほそかわはるもと)のもとで勢力を拡大。やがて主家をしのぐ力を付けて反旗を翻すと、近隣諸国を次々と支配していきます。しかし晩年は、家中の権力争いや敵対勢力の反発により優秀な弟達や嫡男を失い、徐々に衰退。三好長慶も失意の中、病没してしまうのです。そんな三好長慶の栄枯盛衰をたどりながら、その人物像を掘り下げていきます。

三好長慶

水野勝成

水野勝成
うつけ、婆娑羅(ばさら)、傾き者(かぶきもの)。戦国の世には、個性豊かな武将や大名が数多く登場します。「織田信長」しかり、「佐々木道誉」(ささきどうよ)しかり、「前田慶次」(まえだけいじ)しかり。魅力的な武将をたくさん挙げることはできますが、「水野勝成」(みずのかつなり)ほど「型破り」の言葉が似合う人物はなかなかいません。 藩主の息子に生まれながら、腕一本を頼りに諸国を放浪し戦いに明け暮れ、「徳川家康」の側近となっても、なお先頭で戦い続けた武将です。そのどこを切ってもエネルギーに満ちあふれた水野勝成の生涯を追い、数多く残る逸話から、戦国自由人・水野勝成の魅力を探っていきます。

水野勝成

注目ワード
注目ワード