衣装について

既製服を買ってコスプレする

文字サイズ

「コスプレを始めたい!」という人がまず取り組むのは、衣装を用意すること。自分で衣装を作ってみたい想いもあるでしょうが、ビギナーの場合、最初はまず既製品で様子を見てから、という人が多いでしょう。最近では、既製服を扱うお店も多くなり、衣装のバリエーションも豊富になってきました。また、ネット販売も活発で、お店に出向かなくても購入できるという利点もあり、気軽にコスプレを始められるのです。ただそれだけに、購入に際しては、色々と留意したい点があるのも事実。そこで、コスプレビギナーに向けて、既製服を購入するためのポイントを紹介していきます。

既製服には「公式衣装」と「非公式衣装」(海賊版)がある

コスプレの公式衣装と非公式衣装

コスプレの公式衣装と非公式衣装

まず、知っておいてもらいたいのが、アニメなどのキャラクターにかかわる既製服には「公式衣装」と「非公式衣装」があるということです。

公式衣装とは、アニメやゲームの著作権者から販売許可を正式にもらっている衣装のこと。

それに対して非公式衣装は、著作権者から許可を得ずに販売している衣装のことを言います。俗に言う海賊版です。

コスプレ衣装を目にしたとき、特定のマンガやイラストを思い起こすようなデザインの衣装は、「公式」か「非公式」のどちらかに該当します。

特徴としては、公式衣装は販売許可を得ているだけあって非公式より品質が高い物が多く、ライセンス料金を支払っているため、価格は高めです。

気になるのは非公式の衣装を購入した場合のリスク。「犯罪になってしまうの?」と心配になりますが、個人で楽しむためなら問題ありません。

ただし、ホームページやSNSで誰もが分かる状態で公開すると、著作者が持つ「公衆送信権」(こうしゅうそうしんけん:著作者は、著作物をテレビ・ラジオなどのメディアで、不特定多数の公衆に向けて送信する権利を独占できる)を侵害する可能性があるのです。

また、「個人で楽しむ」というのは、非営利・無報酬の場合のことで、非公式の衣装を着て報酬を得ていたら著作権の侵害にあたり、罰金刑が課せられることがあります。

さらに、それを撮影して報酬を得たカメラマンに対しても、同様の罰金刑が課せられるのです。

公式と非公式(海賊版)の見分け方は、メーカーのサイトや商品ページに「公式衣装」や「ライセンス取得」などの表記があるかどうかを確認することです。表記がある物は基本的に公式と言えます。

また、商品に「〇〇風」と書かれている物は非公式の物が多いです。

しかし、なかには公式衣装と偽って非公式な商品を販売しているところもあるため注意が必要。発送方法が国際スピード便(EMS)だったり低価格であったり、ライセンスについての詳細な表記がない物は非公式の可能性があります。

「既製服なんて」という意見は気にしない

コスプレ愛の強い人ほど「既製服の衣装なんて」という気持ちを持っているものです。しかし、その気持ちはあくまでも個人的なもの。既製服であってもコスプレを楽しむことができれば良いので、既製服を身に付けていることに、引け目を感じることはありません。

特に、最初のうちは既製服でコスプレの雰囲気に慣れることも必要です。

また、コスプレは衣装だけではありません。

個性的なコスプレのウィッグ

個性的なコスプレのウィッグ

お化粧が得意ならメイクに、ヘアセットにこだわりがあるならウィッグに、造形が得意なら小道具を工夫して、自分らしさの個性を輝かせてみましょう。要は、自分らしく楽しむことができれば、それが一番良いのです。

確かに既製服を着ていると、同じ衣装の人と出会って少し恥ずかしい気持ちになることもあります。

そんな思いをするのが嫌だという人におすすめなのが、既製服のパーツを自分でリメイクすること。少し手を加えるだけで衣装のイメージがガラッと変わることがあります。そんなときは、ちょっとした達成感が得られるものです。

既製服だからこそのメリットを活かそう

コスプレ衣装・既製服のメリット

コスプレ衣装・既製服のメリット

コスプレ衣装を用意する際に、既製服にするか、衣装を自作するかと迷うこともあるでしょう。

そんなとき、どうするかの判断基準になるよう、まず既製服を購入することのメリットを紹介します。

  1. 服が届いたらすぐ着ることができる

    自作の場合は生地や型紙を取り寄せて、それから制作にかかるため準備期間も含めてそれなりの日数が必要。

    コスプレイベントが近いなどの状況であれば、既製服のほうが安心です。

  2. 予算の変動がない

    自作すると制作料金分が安くなり、全体予算としても安価になりますが、最初のうちは道具が足りなかったり、やり直したりして思わぬ出費が出てしまうこともあります。

  3. 脱着などで工夫された衣装が多い

    経験豊富なプロが制作するため、面ファスナーなどで簡単に着たり、脱いだりできます。

  4. 仕上がりが具体的なイメージ

    ゼロから作る服と違って写真や実物を見ることができるので、買ってから「しまった!」と思うことが少ないでしょう。

コスプレ衣装を購入する

コスプレ専門店で購入する

コスプレイヤーの増加に伴って専門店も増えてきました。そのいくつかをご紹介します。

ACOS(アコス)
アニメ・漫画関連専門ショップ、アニメイトのコスプレ専用ショップで、全国にショップを展開しています。

ACOSの特徴は、全商品が版権元の許諾・監修を受けた公式ライセンス商品であること。版権元が許諾をしているため、不安なく購入・使用できます。

通販でも購入可能ですが、全国主要都市の店舗で商品を見ることができるのはうれしいところです。

中古ショップで購入する

中古コスプレ専門ショップで購入

中古コスプレ専門ショップで購入

中古ショップは、ネット以外にも店舗を設けているところもありますので、気になる店舗に出向けば、実際の物を確認しながら購入することができます。

らしんばん
同人誌、アニメ・漫画・ゲーム関連の販売・買取を行なっている古書店ですが、池袋本店にある衣装館には、衣装や武器など、コスプレ関連の商品が豊富に揃っています。

通信販売はもちろんのこと、全国主要都市に店舗を構えており、衣装館以外にも、コスプレグッズの取り扱いをしているお店です。

K-Books(ケイ・ブックス)
K-Books(ケイ・ブックス)は、新刊・古本の漫画やライトノベルの他、中古同人誌、映像・音楽媒体を含むアニメ・ゲーム、声優関連のグッズなどを販売。池袋を中心に名古屋大阪に店舗があります。

みつば堂
秋葉原に店舗を構える中古コスプレ専門ショップ。お店はさほど大きくありませんが、店内にはぎっしりと商品が置かれ、コスプレ衣装も充実。買取にも応じています。

通販サイトで購入する

市販のコスプレ衣装

市販のコスプレ衣装

ここまでご紹介した新品・中古のショップでは、通販も積極的に行なっていますが、Amazonや楽天市場など、一般の通販サイトでもコスプレ衣装を購入することが可能です。

また、コスプレ専用のSNS「コスプレイヤーズアーカイブ」のフリーマーケットでも購入できます。

通販で購入する際は、気に入った既製服の在庫と、自分のサイズに合っているかを確認するようにしましょう。

通常、在庫がある場合は注文から1~3営業日で届きますが、なかには「納期4週間」というように納品まで長くかかる商品もありますので、注意が必要です。

Costomo(コストモ)
版権元の許諾を受けていないお店ですが、クオリティが高いと評判です。

カスタマイズも引き受けており、ジャケットのボタンの数を変更できたり、長さを選べたりして、自分に合ったサイズ感に変更が可能です。

問題点としては、注文してから海外で制作・発送することが多いため、注文してから届くまでに時間がかかるということがあります。

COSONSEN(コソンセン)
こちらもコスプレ専門ネット通販サイトで、版権元の許諾は受けていません。

クオリティとしては評価を受けていますが、中国で制作・発送していますので注文してから納期まで時間がかかります。

その他、一般通販サイトで購入する方法もあります。コスプレ衣装専門店よりも格安で購入できることも多く、良品もありますが、公開されている写真とは違う衣装が届く可能性があるので要注意。場合によっては、分かっていながら違う写真を掲載していることもあります。

コメント内容や、対応、言葉の表現、常識があるかどうかという点に注意しておきたいです。

慣れないうちは、サイト購入の経験が豊富な人に相談しながら購入することをお勧めします。

「衣装制作サークル」で購入

個人のサークルとして衣装作りを請け負っているところもあります。

メールや電話で希望とサイズを伝え、制作してもらえるのです。既製品ではありませんが、型紙の有無や作る衣装に慣れているかによって品質や金額が大きく変わることもあるため、数社に見積りを取ることも検討しておきましょう。

予算の設定

コスプレ衣装の予算を設定

コスプレ衣装の予算を設定

既製服と言っても、生地や仕様で金額は様々。同じキャラクターの衣装でも購入するところで価格が大きく違う場合があるのです。

ただし、目安というものがありますので、参考までに紹介しておきます。

5,000円~6,000円
海外製で、販売も海外が行なっていることが多く、場合によっては粗悪品の可能性もあります。衣装は安価でも、海外から送付(国際郵便:EMSなど)されると郵送料が割高となる場合があるため、品質も含めて事前のチェックが大切です。
10,000円~30,000円
10,000円程度の場合、中国製などの外国製が多いですが、20,000円あたりになると簡素な作りの日本製も見付かります。市販の中で最も多い価格帯ですが、品質に応じた価格なのかをチェックしておきたいところです。
30,000円~50,000円
名の知れたショップや衣装サークルの商品に多い価格帯。品質が高く、アニメなどの衣装の再現も忠実で納得できるものが多いですが、それに伴わない場合もあるので注意が必要。
50,000円以上
衣装制作サークルに依頼すると50,000円以上となる場合が多いです。

コスプレでは、小道具や、メイク道具、ウィッグ、靴などを別途購入する必要がありますので、あらかじめ予算の内訳を踏まえたうえで、衣装の予算を設定しておきましょう。

既製服のサイズについて

お店で試着できれば問題ありませんが、通販などの場合はどのサイズにしようかと迷います。

商品の製造会社ごとに、「S」、「M」、「L」などが表示されていますが、各社でサイズの幅が異なる場合があるからです。

一番良いのは、素直にお店に聞いてみること。また、SNSなどを通じて、同タイプの衣装を購入した人を探して尋ねてみるのも良いです。積極的に聞いてみましょう。

既製服を楽しむために

コスプレを楽しむ

コスプレを楽しむ

コスプレイヤーのなかには一定期間、既製服をお試しして、それから衣装作りを手掛けるといった流れを考えている人が多いです。

しかし、衣装制作がやっぱり苦手ということもありますので、あえて自作にこだわる必要もありません。造形が得意なら小道具などにこだわってみても良いでしょう。

また、衣装は既製服でも、お化粧が好きならメイクを、ヘアセットが好きならウィッグをという感じで、色々と楽しめば良いのです。

コスプレイヤーの人達は、他人のことにそれほど関心がないもの。まずは、自分自身が満足でき、楽しむことが大切です。気楽に挑戦してみましょう。

既製服を買ってコスプレする

既製服を買ってコスプレするをSNSでシェアする

「衣装について」の記事を読む


既製品をアレンジしたコスプレ

既製品をアレンジしたコスプレ
裁縫が苦手な人、初心者にも始めやすいのが、既製品の改造(アレンジ)です。中学生で習う家庭科程度の知識があれば、裁縫が必要なアイテムにも挑戦できます。コスプレ衣装の制作は、普通の裁縫とは違い、工作的要素が強いことから、ミシンが使えなければ手縫いでも良いですし、それも難しければ、強力両面テープなどで貼り合わせたって構いません。コスプレには衣装が必須なので、失敗覚悟でとにかく一歩踏み出すことが大事。失敗を繰り返すうちに、衣装作りの勘どころが分かり、腕が上がっていくのです。

既製品をアレンジしたコスプレ

コスプレ衣装の作り方 準備編

コスプレ衣装の作り方 準備編
自分の好きなアニメやマンガの登場人物を「推しキャラ」と呼び、その推しキャラになりきりたいという願望を叶えられるのが、いわゆる「コスプレ」です。コスプレに必要な衣装には、市販されている物もありますが、推しキャラの姿に一歩でも近付きたいと、細部にまでこだわって自作している「コスプレイヤー」も多くいます。 裁縫初心者の方などにとっては、衣装を自作するのはハードルが高いと思われるかもしれませんが、準備をしっかりと行なえば、意外と難しくありません。 ここでは、コスプレ衣装の自作に必要な準備について、分かりやすくご説明します。

コスプレ衣装の作り方 準備編

コスプレ衣装を作るポイント

コスプレ衣装を作るポイント
実際にコスプレ衣装を制作するときにポイントとなる工程はいくつもあります。ミシンを使うのもそのひとつ。 ここでは、コスプレ衣装作りでのミシン糸の選び方やミシンの使い方、上手に縫うコツまで、詳しいノウハウをご紹介します。また、生地の違いによる注意点、アイロンのかけ方、そして衣装を傷めずに収納する方法なども取り上げました。 衣装制作のノウハウをマスターして、新しいコスプレにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コスプレ衣装を作るポイント

注目ワード
注目ワード