戦国武将一覧

島津豊久

文字サイズ

戦国時代後期、怒濤の勢いで九州を席巻した島津氏。その勢力拡大を牽引したのが、無類の戦上手として知られた「島津家久」(しまづいえひさ)と、その嫡男「島津豊久」(しまづとよひさ)の親子です。
島津豊久は父の死後、若くして「佐土原城」(さどわらじょう:現在の宮崎県宮崎市)の城主となり、「文禄・慶長の役」(ぶんろく・けいちょうのえき)などで奮戦。そして「関ヶ原の戦い」では、伯父である「島津義弘」(しまづよしひろ)と共に「石田三成」を中心とした「西軍」へ加勢。戦局が東軍にとって優位になると、西軍に属していた武将達が「徳川家康」率いる「東軍」に次々と寝返ります。
しかし島津豊久は、戦後の困難を乗り切るためには、島津義弘の存在が不可欠であるとして戦場からの脱出を促し、自身は敵陣突破を図ることを目的に、のちに「島津の退き口」(しまづののきぐち)と称される捨て身の作戦を敢行。これにより島津豊久は、壮絶な戦死を遂げることになりましたが、その勇名は全国にとどろき、島津氏の面目を施したのです。
ここでは、そんな島津豊久の人となりが分かる逸話や、武功を立てた歴戦の数々を辿りながら、その生涯をご紹介します。

島津豊久の出自と家族環境

島津豊久のイラスト

島津豊久

「島津豊久」(しまづとよひさ)は、1570年(元亀元年)、薩摩国(さつまのくに:現在の鹿児島県西部)で生まれました。

父は、同国を領していた島津氏15代当主「島津貴久」(しまづたかひさ)の4男・島津家久です。

島津氏は、鎌倉幕府から「島津荘」(現在の鹿児島県、及び宮崎県の一部)の地頭に任命されたあと、薩摩国と大隅国(おおすみのくに:現在の鹿児島県東部)、日向国(ひゅうがのくに:現在の宮崎県)の守護を務めた名家。

家紋には「丸に十字」(まるにじゅうじ)の文字紋が用いられており、その意匠には、災いを退けて福をもたらすという意味が込められています。

南北朝時代に入ると島津氏は、本家からいくつかの分家が出たことで勢力が分散しますが、戦国時代には「伊作島津氏」(いざくしまづし)出身の島津貴久が、本家の養子となってその当主の座に就き、再び勢力が結集し始めました。

そして、島津貴久の嫡男「島津義久」(しまづよしひさ)が16代当主に就任すると、1570年(元亀元年)に薩摩国を統一。ここから島津氏は、有力な戦国大名として飛躍していったのです。

島津氏の攻勢を支えたのは、島津義久の弟達でした。次男の「島津義弘」、3男の「島津歳久」(しまづとしひさ)、そして4男の島津家久。なかでも島津家久は、末弟ながら、島津氏中興の祖であり、自身の祖父でもある「島津忠良」(しまづただよし)に、「軍法戦術に妙を得たり」と評されるほど、兵略に通じた人物でした。島津豊久は、そんな戦上手の父の背中を見て成長していったのです。

若くして数々の武功を挙げた島津豊久

元服前から武人として育てられる

島津豊久は、元服する前から一人前の武将として扱われていました。

1583年(天正11年)、島津豊久が14歳の頃、居城であった佐土原城に、島津氏の重臣「上井覚兼」(うわいかくけん/さとかね)が訪ねてきたことがありました。このとき、父・島津家久が留守だったため、元服前の島津豊久が対応したと伝えられています。

また、島津豊久が初陣を飾ったのも元服前。1584年(天正12年)、肥前国(現在の佐賀県、及び長崎県)に本拠を構えていた「龍造寺隆信」(りゅうぞうじたかのぶ)と、島津家久率いる島津・有馬連合軍が激突した「沖田畷の戦い」(おきたなわてのたたかい)に出陣し、敵の首級を挙げています。

島津氏と龍造寺氏が九州の覇権をかけて争った同合戦では、島津家久はわずか約6,000人の兵力で、25,000人余りの龍造寺軍を撃破。敵の大将・龍造寺隆信も討ち取り、その武勇の強さを九州中に示したのです。

この沖田畷の戦いにおいて、島津家久・島津豊久親子の関係性が分かる逸話があります。

合戦が行なわれる前夜、島津家久は、息子である島津豊久のことが気がかりになり、帰国を促しました。

しかし島津豊久は、「故郷にいても父上の難儀を知れば馳せ参じるというのに、歳が若いからと言って陣中にいながら戦の前夜に逃げ帰ったら、末代までの恥辱です」と強く拒否。決戦当日、島津家久は息子の甲冑姿を見て、「あっぱれな武者ぶり」と讃えたうえで、甲冑の胴を締める緒である上帯(うわおび)をきつく結び直してやり、「今日勝って生還することができたら、この上帯を父が解いてやろう」と島津豊久に告げ、戦へ出陣させたのです。

そして、大勝利を収めた島津家久は帰陣後、約束通り、島津豊久の上帯を解いてあげたと伝えられています。

九州攻めを開始した豊臣軍との戦い

豊臣秀吉

豊臣秀吉

島津豊久は元服したあとも、父と共に強大な敵との合戦に挑みました。

それは、1587年(天正15年)、「豊臣秀吉」が豊後国(ぶんごのくに:現在の大分県)の武将「大友義鎮/大友宗麟」(おおともよししげ/おおともそうりん)の要請に応えて仕掛けてきた、いわゆる「九州平定」(別称:九州征伐)です。

このとき島津家久・島津豊久親子は、10,000余りの兵士を従えて、豊後国の戸次川(へつぎがわ)そばにある「鶴賀城」(現在の大分県大分市)を包囲。そこへ豊臣軍の先遣隊として、四国から「長宗我部元親」(ちょうそかべもとちか)と「長宗我部信親」(ちょうそかべのぶちか)親子、「仙石秀久」(せんごくひでひさ)、「十河存保」(そごうまさやす/ながやす)らの軍勢が押し寄せます。

豊臣軍は、総勢20,000人余り(実働は約6,000人)もの大軍。そのため島津軍は、いったん城の包囲を解き、後退しながら一隊を林の中に隠し、臨戦態勢を取りました。

島津軍の退却を知った豊臣軍は、戸次川を渡り始めますが、この機を狙った島津軍が急襲します。不意を突かれた豊臣軍は大混乱に陥り、敗走する兵が続出。死闘の中、豊臣軍の死傷者は1,000人余りに上り、長宗我部信親と十河存保は戦死。九州平定の緒戦(しょせん/ちょせん:開始したばかりの頃の戦争)となったこの「戸次川の戦い」では、島津軍が勝利を収めたのです。

なお、島津家久と島津豊久は、沖田畷の戦いでは龍造寺隆信、戸次川の戦いでは長宗我部信親と十河存保、計3人の大名を討ち取っています。野戦でこれだけ多くの大名を討ち取った武将は、戦国時代を通じて他にいません。

父・島津家久の急死

戸次川の戦いで勝利を収めたものの、総勢19万人を超える豊臣軍の本隊が九州に上陸すると、島津軍は為す術もなく敗れ、島津氏本家の当主であった島津義久が降伏します。島津家久と島津豊久も、豊臣秀吉に恭順(きょうじゅん:命令に慎みの態度でしたがうこと)の意を示し、島津氏には薩摩一国が安堵されました。

しかし1587年(天正15年)、居城の佐土原城にて父・島津家久が急死してしまいます。これにより島津豊久は、18歳の若さで家督を相続。佐土原城主となったあと、豊臣秀吉より京都攻めを命じられ、1590年(天正18年)には、関東の「後北条氏」を降した(くだした)「小田原征伐」にも参陣しました。

早くに父を亡くした島津豊久でしたが、もっとも頼りにして慕っていたのは、伯父の島津義弘。一説では島津義弘も、島津豊久に対して我が子のように接し、武将の心得などを教えたと言われています。

島津義弘と共に朝鮮へ出陣

文禄の役での活躍ぶり

島津義弘

島津義弘

1590年(天正18年)に天下統一を果たした豊臣秀吉は、1592年(文禄元年)、朝鮮への出兵を諸大名に命じました。これが、いわゆる「文禄の役」(ぶんろくのえき)です。

朝鮮を足掛かりにして、明(現在の中国)を支配することを最終目標に掲げた、豊臣秀吉の壮大な計画でした。島津氏にも出兵の命令が届きますが、島津氏の家中は軍勢を出すか否かで紛糾。結局、主君・島津義久の代わりに島津義弘が出陣することで決着しますが、肝心の軍勢がなかなか集まりません。

しかし島津豊久は、いち早く約500人の兵を引き連れ、島津義弘と共に海を渡って合戦に参陣。そして朝鮮の地で、数々の戦功を立てることになるのです。

まず島津豊久は、1592年(文禄元年)に朝鮮東部の「春川城」(チュンチョンじょう)に入ると、60,000人余りの軍勢に攻められますが、わずか500人の兵力で籠城した上、隙を突いて反撃。敵を撃退することに成功します。

さらに島津豊久は、晋州(チンジュ)攻めに参加し、攻略に貢献。

1593年(文禄2年)の「晋州城攻防戦」(チンジュじょうこうぼうせん)では、島津豊久軍の馬標(大将が自分のいる場所を知らせるため馬の側に立てる旗印)が一番乗りを果たし、島津豊久の名が、諸将に知れ渡ったのです。

文禄の役の序盤は、日本軍が怒濤の勢いで朝鮮半島を制圧し、明の国境近くまで進軍したものの、明の軍勢が本格的に朝鮮軍に加勢し始めると、日本軍は劣勢を強いられます。やがて日本軍は、明との講和を模索し始め、文禄の役は、一旦収束に向かうのでした。

勇名をとどろかせた慶長の役

1597年(慶長2年)、豊臣秀吉と明の使者の交渉が決裂すると、豊臣秀吉は、再び朝鮮への侵攻を開始。「慶長の役」(けいちょうのえき)と呼ばれるこの合戦では、島津豊久がさらに著しい活躍を見せました。

それが分かる戦いのひとつが、日本軍が朝鮮半島へ渡るにあたり、朝鮮水軍と激突した「漆川梁海戦」(しっせんりょうかいせん)。島津豊久は、「牛丸」や「小牛丸」と名付けた小船に、鉄砲や熊手を載せて自ら敵船に突入すると、敵の大船を奪うなどの軍功を挙げます。その働きぶりは「豊久跳んで敵船に移り、敵を斬ること麻の如し」と称賛されるほどでした。

島津豊久は、朝鮮水軍より奪った船を豊臣氏に献上。これにより島津豊久は、のちに豊臣秀吉から感状(戦功を讃えて、軍の司令官から与えられる賞状)を賜っています。

そして島津豊久は、朝鮮半島上陸後も、「南原城の戦い」(ナムウォンじょうのたたかい)において、自ら13人もの敵の首級を挙げたり、「彦陽城」(オニャンじょう)攻略の際には、単騎駆けで敵の首級2つを獲ったりするなど、その猛将ぶりを発揮。

しかし、大局的に見ると、日本軍は攻勢を仕掛けてきた明・朝鮮連合軍の前に、苦戦を強いられています。毛慶長の役で日本軍が勝利したのは、合戦が終盤に差し掛かった頃に、島津義弘が「泗川城」(サチョンじょう)で約40,000人の敵を破ったぐらいでした。

その後、1598年(慶長3年)に豊臣秀吉が没すると、日本軍は撤退を開始。約6年間にも及ぶ朝鮮での戦いが、終結を迎えることになったのです。

島津豊久は帰国後、朝鮮での軍功により、父・島津家久と同じ官位である「中務大輔」(なかつかさのたいふ)を豊臣氏より拝受します。

島津豊久は、豊臣政権からも勇猛ぶりが認められたのです。

関ヶ原の戦いと島津の退き口

わずか1,500人の兵力での参陣

関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦い

豊臣秀吉亡きあとの天下を巡り、徳川家康石田三成が政争を繰り広げ、1600年(慶長5年)の「関ヶ原の戦い」にて、遂に両者が激突します。

その頃の島津氏では、「島津忠恒」(しまづただつね)が、家中で最大勢力を誇った「伊集院忠棟」(いじゅういんただむね)を誅殺したことが原因となり、その嫡男「伊集院忠真」(いじゅういんただざね)による「庄内の乱」(しょうないのらん)が勃発。島津氏は、これを辛うじて鎮圧に至ったばかりで、大軍を出せる状況にありませんでした。

そんな中、大坂にいた島津義弘が出陣を決意。島津豊久も島津義弘の要望に応え、佐土原城から馳せ参じます。一旦は、徳川家康側に付こうとした島津豊久でしたが、徳川氏の家臣「鳥居元忠」(とりいもとただ)による「伏見城」(ふしみじょう:現在の京都府京都市)への入城拒否や、石田三成から何度も要請を受けたことなどにより、石田三成側の西軍として、天下分け目の戦となる関ヶ原の戦いに臨むことになったのです。

ところが島津義弘と島津豊久は、石田三成と意見が合わず、関ヶ原の「北国街道」(ほっこくかいどう)沿いに約1,500人の兵で陣を構えましたが、合戦が始まっても、まったく動く気配がありませんでした。その理由は、合戦前夜、島津豊久が、徳川家康率いる東軍の陣に向けた夜襲作戦を石田三成に進言しましたが、これを却下されたことなどが理由とも言われています。

激戦の最中、石田三成自ら島津軍の前進を促しに来ますが、島津豊久は「本日の戦いは、各々が勝手に戦うものと心得ており申す」と言い放ち、追い返してしまったのです。

やがて、もともとは豊臣秀吉の養子であった「小早川秀秋」(こばやかわひであき)らの裏切りによって勝敗が決し、西軍は総崩れ。関ヶ原には、島津軍とそれを囲む4,000~5,000人の東軍、そして、徳川家康の本陣のみが取り残された状況になります。

ここで島津軍は、ようやく前進を開始。敵前を突破して退却するという前代未聞の作戦に出ました。これが世に言う「島津の退き口」(しまづののきぐち)です。

この作戦を島津義弘に提案したのが島津豊久で、退路が断たれて切腹を考える島津義弘を、「島津家の存亡は義弘公の一身にかかっている。必ずや落ち延びて下され」と何度も諫めて、薩摩へ戻るように説得したのです。

合戦の街 関ヶ原(関ヶ原の戦い)
「関ヶ原の戦い」の経緯や結末、関ヶ原の現在についてご紹介します。

捨て奸を駆使した退却戦

島津軍は、島津豊久を先鋒として東軍の囲みを突破すると、一気に徳川家康本陣へ。そして、本陣の目前で斜めに方向を転じて駆け抜けると、そのまま伊勢街道を南進し、脱出を図ります。

しかし背後からは、徳川四天王のひとりに数えられる名将「井伊直政」(いいなおまさ)や「本多忠勝」(ほんだただかつ)らが猛追。島津軍を逃がすまいと迫り来るのでした。

島津の退き口(捨て奸)

島津の退き口(捨て奸)

ここで島津豊久は、大将の島津義弘を戦場から逃がすことのみを優先する「捨て奸」(すてがまり)と称される作戦を発動。

島津軍のうち少人数が殿軍(しんがりぐん:部隊の最後部で敵の追い打ちを防ぐ軍勢)としてとどまり、全員が玉砕するまでその場で戦い続けることで、大将を逃がすという必死の戦法です。

島津豊久は、南宮山(なんぐうさん)と松尾山に挟まれ、隘路(あいろ:狭くて通行が困難になる道)となっている烏頭坂(うとうざか)に到着すると、鉄砲隊と共に殿軍を務めました。一説では、わずか13人で迫り来る敵の前に立ちはだかったと伝えられています。

そして島津豊久は、猩々緋(しょうじょうひ:わずかに黒みを帯びた、鮮やかな朱色)の陣羽織がボロボロになるまで槍で刺され、それでも息絶えるまで抵抗。こうして31年の短い生涯を閉じたのです。

島津義弘は、島津豊久らの捨て奸作戦のおかげで何とか脱出に成功し、無事薩摩国へ帰国を果たしています。

関ヶ原の戦いのあと、西軍に加担した大名達は徳川家康により、軒並み所領を没収や減封、転封されましたが、島津氏については、処罰されることはありませんでした。これは、島津豊久らの捨て身の奮戦を目の当たりにした徳川家康が、島津氏に手出しすることを危惧したためとも言われているのです。

島津豊久にまつわる逸話

美少年として知られる

江戸時代後期に、薩摩に伝わる故事や軍記などがまとめられた「倭文麻環」(しずのおだまき)第三巻には、島津豊久について、「世に並ぶ者のない美少年であるばかりか、智勇共に抜きん出て、優れた少年であった」という記述があります。また、「薩藩旧伝集」には、「無双の美童」や「美少人」という記述も。

これらは、いずれも後年に著された書物であるため、多少は美化されている可能性がありますが、島津豊久の名は現代に至るまで、美少年として知られ、鹿児島で語り継がれているのです。

日頃の武勇が戦果を生んだ

また島津豊久には、どれほど武勇に長けていたかが窺える逸話もあります。それは、島津氏と伊集院氏による内乱である庄内の乱でのこと。島津豊久が「山田城」(現在の宮崎県都城市)を攻めていると、不覚にも敵に旗を奪われてしまいました。敵軍はもちろん喜び、島津豊久から奪った旗を城内に掲げます。

すると、それを見た島津軍の兵士達は、すでに島津豊久が城に一番乗りを果たしたのだと勘違い。競って山田城へ突入し、実際に城を落としてしまったのです。

その真偽のほどは定かではありませんが、島津豊久が日頃から先陣を切り、数々の武功を挙げてきたからこそ生まれた逸話だと言えます。

島津豊久

島津豊久をSNSでシェアする

「戦国武将一覧」の記事を読む


那須与一

那須与一
鎌倉幕府の「御家人」(ごけにん)として、同幕府初代将軍「源頼朝」に仕えていた「那須与一」(なすのよいち)。いわゆる「源平合戦」における一連の戦いのひとつである「屋島の戦い」(やしまのたたかい)にて、「扇の的」に矢を見事命中させたほどの「弓の名手」として知られています。しかし、その逸話と那須与一の名前は、軍記物の「平家物語」などに登場するのみであるため、それらの真偽のほどは謎に包まれた部分が多いのです。平家物語や「源平盛衰記」(げんぺいせいすいき/げんぺいじょうすいき)などに伝わるところから、那須与一の生涯について紐解きつつ、人物像にも迫っていきます。

那須与一

土岐頼芸

土岐頼芸
「土岐頼芸」(ときよりのり)は、美濃国(現在の岐阜県)に栄えた土岐家の次男として生まれ、実兄「土岐頼武」(ときよりたけ)との熾烈な家督争いに打ち勝ち、美濃国守護(しゅご:鎌倉・室町幕府が置いた地方官)に上り詰めた戦国武将です。しかし、時は下剋上の時代。自身が守護代に任命した「斎藤道山」(さいとうどうさん)に裏切られ、美濃国を追われることとなります。土岐頼芸は、天下人「織田信長」の父で、「尾張の虎」と称された「織田信秀」(おだのぶひで)を頼り、斎藤道三と和睦しますが、最終的には11代続いた美濃国守護の地位を手放し、流浪の人生へと転落。81歳にして美濃国へ戻りますが、直後にその生涯を終えた人物です。激動の戦国時代を生きた土岐頼芸についてご紹介します。

土岐頼芸

山内一豊

山内一豊
「山内一豊」(やまうちかずとよ)と言えば、「司馬遼太郎」(しばりょうたろう)の名著「功名が辻」(こうみょうがつじ)の主人公としても知られる戦国武将です。妻の「千代」(ちよ)による内助の功などにより大出世を果たし、やがて土佐国(現在の高知県)202,600石の大名へと出世を遂げました。伝記によれば、山内一豊は口数の少ない穏和な性格で、華々しい武勲もそれほど多くなかった戦国武将でしたが、その反面、「織田信長」や「豊臣秀吉」、「徳川家康」という天下人達から厚い信頼を得ていたのです。 そんな山内一豊の生涯を追いながら、妻と共に果たした立身出世の道のりを辿っていきます。

山内一豊

蒲生氏郷

蒲生氏郷
「織田信長」や「豊臣秀吉」などの天下人に一目置かれながら、40歳の若さで生涯を閉じた「蒲生氏郷」(がもううじさと)。数々の戦場で武功を立てただけでなく、領地の経営や家臣団の統制にも長け、「世に優れたる利発人」と称された戦国武将でした。その一方で、キリシタン大名や「千利休」(せんのりきゅう)の高弟「利休七哲」(りきゅうしちてつ)のひとりとしての顔も持ち、当代きっての文化人としても知られた人物です。「六角氏」(ろっかくし)の重臣一族から「織田家」の家臣、そして、東北一の大大名へとのし上がった蒲生氏郷の生涯をたどり、その人物像に迫っていきます。

蒲生氏郷

最上義光

最上義光
「最上義光」(もがみよしあき)は、出羽国(現在の山形県・秋田県)の小さな勢力であった「最上家」を、東北有数の大大名へと押し上げた武将です。父や弟との骨肉の争いに始まり、調略を駆使して領土を拡大しましたが、一方で合戦の際には、勇猛果敢な戦いぶりを見せ、「虎将」とも称されました。そんな最上義光の戦いの軌跡や、逸話から見える人物像に注目。ほぼ一代で、東北の大大名へとのし上がった、その生涯に迫っていきます。

最上義光

結城秀康

結城秀康
「結城秀康」(ゆうきひでやす)は「徳川家康」の子でありながら、数奇な運命を背負った戦国武将です。元服前には「豊臣秀吉」の養子に出されただけでなく、豊臣秀吉が甥の「豊臣秀次」(とよとみひでつぐ)を後継者に定めると、下総国(しもうさのくに:現在の千葉県北部、茨城県南西部)の「結城晴朝」(ゆうきはるとも)の養子となり、豊臣家の中枢から遠ざけられました。天下人の家に生まれながら不遇な目に遭い、それでも道を切り開いた結城秀康にまつわる数々の逸話をご紹介すると共に、その生涯を辿っていきます。

結城秀康

山本勘助

山本勘助
「山本勘助」(やまもとかんすけ)は戦国時代の武将で、「武田信玄」の伝説的軍師として広く知られています。「架空の人物」説が長く定説とされており、実在が確認されてもなお、その実像はいまだ謎に包まれた存在です。

山本勘助

森蘭丸

森蘭丸
「森蘭丸」(もりらんまる)は、「織田信長」の側近として最期まで献身的に仕えた小姓(こしょう:武将などに仕えた世話役)です。ゲームや時代劇、映画には、「美少年」として描かれている有名な人物。織田信長のお気に入りとして多くの逸話が残されている森蘭丸の生涯を、逸話・名言・家紋と共にご紹介します。

森蘭丸

毛利輝元

毛利輝元
「毛利輝元」(もうりてるもと)は、偉大な祖父「毛利元就」(もうりもとなり)を持つ名門武将です。「織田信長」とは敵対したものの、「本能寺の変」後は「豊臣秀吉」と和解し、「豊臣五大老」のひとりとして大活躍しました。 しかし、豊臣秀吉が亡くなったことで、運命の歯車が狂い始めるのです。「関ヶ原の戦い」で西軍の総大将に担がれた、名門・毛利家に育った毛利輝元の一生についてご紹介します。

毛利輝元

注目ワード
注目ワード