合戦の準備

合戦の兵器 ~鉄砲・大砲・行天橋~

文字サイズ

戦国時代の合戦は、従来の合戦とは様相が一変していました。大規模化・集団化などとあいまって、戦いは複雑化。さらには兵器の殺傷能力が向上したことに伴い、その攻撃から生命・身体を守るための防具も発達しました。
ここでは、戦国時代において大きく発達した攻撃・防御用の兵器をご紹介します。

火縄銃・大筒写真火縄銃・大筒写真
生産地や流派によって様々な個性を持つ火縄銃・大筒をご覧頂けます。

鉄砲

戦国時代において、合戦の様相を一変させた兵器が「鉄砲」(火縄銃)です。

1543年(天文12年)、種子島に来たポルトガル人から鉄砲がもたらされると、その存在は瞬く間に全国の戦国大名に広まりました。伝来地の名前から「種子島」とも呼ばれていた鉄砲については、すぐに国産化へ着手されます。

翌1544年(天文13年)に種子島において国産第1号の鉄砲が制作されると、その技術は本土にも伝播。弘治・永禄年間には西国を中心に鉄砲が量産されるようになりました。短期間のうちに鉄砲の量産化が可能となった背景には、刀鍛冶の存在があったと言われています。

刀剣制作における鉄を鍛える技術が鉄砲制作にも活かされていたのです。

日本における合戦で最初に鉄砲が用いられたと言われているのが、1549年(天文18年)の「黒川崎の戦い」。これを皮切りに、合戦における鉄砲の存在感は大きくなっていきます。

合戦における鉄砲の活躍で語り草となっているのが、1575年(天正3年)の「長篠の戦い」です。この合戦において、「織田信長」は、約1,000丁とも言われる鉄砲隊を結成し、組織的に攻撃することで、戦国最強とも謳われた武田軍の騎馬隊を撃破しました。

その間、伝来からわずか30年余り。こうして鉄砲は、一躍合戦における兵器の主役へと躍り出たのです。

大砲

火器は、鉄砲だけではありませんでした。

当時の日本において、鉄砲と共に用いられていた火器が「大砲」です。大砲は城攻めを行なう際などに活用されました。戦国期の大砲には、いくつかの種類がありましたが、主に石火矢と大筒の2種類が確認できます。

日本の合戦において、初めて大砲を取り入れたと言われているのが「大友宗麟」(おおともそうりん)です。

キリシタン大名として知られる大友宗麟は、宣教師から大砲を譲り受けると、居城としていた「臼杵城」(うすきじょう)に配備しました。のちの島津軍との戦いでは、攻め込んできた島津軍に対して砲撃。凄まじい轟音(ごうおん:大きな音)と迫力で、屈強な島津軍をたじろがせます。

大坂冬の陣」では、「徳川家康」率いる幕府軍による砲撃が「大坂城」天守に命中し、「豊臣秀頼」(とよとみひでより)の侍女8人が死亡。

この惨劇を目の当たりにした「淀殿」は、即座に和議を決めたと言われています。このように破壊力はありましたが、当時の大砲の精度は決して高くなく、期待されていた役割は、音や振動などで敵の戦意を削ぐことでした。

また、機動性が低かったことから、使用された場面は限られていたと言われています。

行天橋

行天橋

行天橋

戦国時代の戦いは、大きく2つに分類できます。

ひとつは両軍が平地に陣を張って戦う「野戦」(やせん)で、もうひとつは一方が城に籠って戦う「攻城戦」です。

籠城した敵を攻略する場合、籠城した兵の3倍の兵力が必要だったと言われています。

塀や壁をよじ登って敵城に侵入することは、敵の攻撃の的になる危険性が大きかったことから、敵城に架橋して侵入する方法として考案されたのが「行天橋」(ぎょうてんばし)。

これにより、危険性を低くして1度に多くの兵を送り込むことが可能になります。使い方は簡単で、城壁が近づいたところで橋の部分を前に倒すだけ。橋を渡った先陣部隊が敵城に乗り込み、後続部隊も敵城になだれ込んでいくという図式です。

ただ、兵器がかなり大型だったため、起伏や斜面のきつい山城では使い勝手が悪かったと言われ、また平城でも大きな堀が張り巡らせている場合には、向こう岸に届かない場合もありました。そのため、用途はかなり限られていたものと推測されます。

井楼

井楼

井楼

「井楼」(せいろう)は、敵情を偵察するために建築された物見用の高い建物。

簡易な造りをしていることも多く、戦場に布陣してから現地で仮設することもあったと言われています。

合戦中には、偵察だけではなく、弓や鉄砲によって眼下の敵を攻撃することもありました。

竹束

竹束

竹束

「竹束」(たけたば)は、丸竹を束にして並べた防御用の盾です。

敵の飛び道具に対する防具としては、移動式の「盾」がありましたが、鉄砲の登場によって、防御を堅固にする必要性に迫られます。

鉄板を用いた盾も制作されましたが、材料調達や持ち運び、組み立てなどの利便性から、次第に竹束が主流となっていったのです。

竹束は、一見すると簡素な防具ですが、竹を束ねていることで、鉄砲の弾が貫通することはほとんどなかったと言われているほどの能力を有していました。

竹束の堅固な防御力を示す逸話として、大坂冬の陣において徳川家康が発した命令があります。「真田丸の戦い」で、攻め込んだ前田隊が、「真田信繁[幸村]」率いる真田隊の前に、壊滅的な打撃を被ったとの報告を受けた徳川家康は、各部隊に対して、以後の戦いにおいて鉄盾または竹束の携行を厳命。

戦国乱世を勝ち抜いた天下人の竹束に対する信頼の高さが表れていたと言えます。

合戦の兵器 ~鉄砲・大砲・行天橋~

合戦の兵器 ~鉄砲・大砲・行天橋~をSNSでシェアする

「合戦の準備」の記事を読む


合戦の結末

合戦の結末
戦国時代における価値観は「強さ=偉大さ」。すなわち、合戦における勝者がすべてを手にする一方で、敗者はそれまで築き上げてきたものを失うといった構図でした。そのため、合戦に参加する武士達を突き動かしていたのは、武功を挙げること。合戦における武功は立身出世するための近道だったと言えます。武士達は、戦場において自らの存在価値を証明するために、命をかけていたのです。このような風潮だったため、戦国大名達にとって、合戦後の論功行賞など後始末は、ある意味で合戦以上の重要な意味を有していました。

合戦の結末

合戦の兵器 ~旗印・馬標・采配・軍配~

合戦の兵器 ~旗印・馬標・采配・軍配~
戦国時代には武具、防具、兵器以外にも、様々な道具が合戦場に導入されていました。敵・味方の区別をするための「旗」や、指揮官が自軍を動かすために用いる「采配」や「軍配」など。武将達の生命・身体を守った「当世具足」と同様に、合戦場では、意匠を凝らした道具によって、彼らの思想・世界観を映し出していたのです。ここでは、合戦場をにぎわせた主な道具についてご紹介します。

合戦の兵器 ~旗印・馬標・采配・軍配~

合戦の武具 ~槍・刀剣・弓~

合戦の武具 ~槍・刀剣・弓~
合戦が大規模化するなど、戦そのものが大きく変化した戦国時代には、それまでに用いられていた武具の使用方法も変化していきました。ここでは、戦国時代を通じて合戦で使用された「槍」、「刀剣」、「弓」の3つの武器について、使用された場面や使用方法などを中心にご紹介します。

合戦の武具 ~槍・刀剣・弓~

軍勢の組織化と種類

軍勢の組織化と種類
合戦が大規模化した戦国時代においては、非常に多くの兵力を必要としました。しかしながら、戦国武将といえども、大規模な軍勢を動員することは不可能。家臣団など、一部の専従兵士に加えて、残りは普段、農業に従事している農民を招集することが不可欠でした。そんな状況の中、「織田信長」によって常設軍が編成されるようになると、やがて他国でも「足軽」と呼ばれる下級兵士から、本体の指揮を執る「総大将」に至る軍隊が組織化されていくのです。ここでは、戦国時代における軍勢の動員と種類を中心にご紹介します。

軍勢の組織化と種類

合戦の流れ

合戦の流れ
戦国時代と言えば、下剋上に代表されるように、生き残りをかけた「何でもあり」の無秩序な時代というイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれません。時代の経過と共に、なし崩し的になっていきましたが、合戦においても、ある程度のルールが存在していました。すなわち、何でもありだったわけではなく、敵の虚を突く「奇襲攻撃」は、例外的な作戦だったのです。ここでは、戦国時代における基本的な合戦の流れをご紹介します。

合戦の流れ

合戦の装備 ~具足~

合戦の装備 ~具足~
戦国時代は、合戦が常態化していた時代。戦場において自分の身を守る「当世具足」は、戦国武将達にとっては「晴れ着」のような存在でもありました。当世具足は、「当世」(今現在)の「具足」(甲冑)を意味する言葉であり、現在の甲冑のことで、その仕様について決まったルールはありません。そこで、戦国武将達は自らの思想・世界観を反映させ、意匠を凝らした当世具足を身にまとって戦場に赴いたのです。ここでは、戦国時代の「戦闘服」たる当世具足について掘り下げます。

合戦の装備 ~具足~

合戦の諜報活動 ~乱波・透波~

合戦の諜報活動 ~乱波・透波~
戦国時代には、戦場での実働部隊だけでなく諜報活動を行なう部隊も存在しました。兵器の発達や戦闘の集団化・大規模化によって、勝利を掴むためには、戦略面がより重要となったためです。戦の作戦を決定する上でのキーマンが、「乱波・透波」(らんぱ・すっぱ)と呼ばれた人々。彼らは戦国武将の下で諜報活動に従事。敵情視察はもちろん、夜襲や焼き討ちなどの裏工作なども担当しました。ここでは、「乱波・透波」の概要と、彼らの働きによって織田信長に勝利をもたらしたと言われている「桶狭間の戦い」の舞台裏をご紹介します。

合戦の諜報活動 ~乱波・透波~

合戦に臨む~出陣の手順~

合戦に臨む~出陣の手順~
武将達が臨戦態勢で日常を過ごしていた戦国時代においては、開戦前にその戦が「戦うべきなのか」、「どのように戦うのか」について戦国大名と重臣の間で合議し、出陣が決定したあとも、陣触、着到、出陣式といった行程を経て戦に臨むのが一般的でした。ここでは、戦国時代に行なわれていたと言われている「出陣」における一連の手順をご紹介します。

合戦に臨む~出陣の手順~

注目ワード
注目ワード