徳川十五代将軍

第10代将軍/徳川家治

文字サイズ

徳川幕府10代将軍「徳川家治」(とくがわいえはる)は政治に興味がなく、賄賂政治家と評される「田沼意次」(たぬまおきつぐ)を重用した無能な君主だったと見る向きもあります。実際の徳川家治は、幼少期から才気にあふれ、誰もが将来を期待していました。また、人間的に優れていたことが分かる逸話も数多く伝えられているのです。徳川家治が暗君か名君かを判断する材料ともなり得る幼少期の逸話や、田沼意次を重用した理由などをご紹介します。

徳川十五代将軍徳川十五代将軍
江戸時代を語る上で欠かせない徳川十五代将軍の姿を紐解きます。

聡明とされた幼少時代

祖父「徳川吉宗」からの寵愛

徳川家治

徳川家治

徳川家治」(とくがわいえはる)は、1737年(元文2年)、9代将軍「徳川家重」(とくがわいえしげ)の嫡男として江戸城西の丸(えどじょうにしのまる)で生まれました。幼名は「竹千代」(たけちよ)。

父の徳川家重が、生まれ付き言語不明瞭であったため、祖父である「徳川吉宗」(とくがわよしむね)は、徳川家重に十分な教育を施すことができなかったと言います。

そこで、徳川吉宗は孫の徳川家治に期待し、多くのことを授けようと考えました。

徳川家治は幼少期より聡明で、徳川吉宗の教えることを次々と理解して修得。

徳川吉宗は自分が死ぬまで徳川家治を寵愛し、帝王学をはじめとして、自分が教えられることをすべて教えたと伝えられています。

そんな徳川吉宗に、父親の代から仕えていた「田沼意次」(たぬまおきつぐ)は、徳川家重の小姓として抜擢され、側用人(そばようにん:将軍と老中の取り次ぎをする役職)にまで出世した人物です。

小姓が有能であれば将軍の助けになることを、徳川吉宗は良く分かっていました。将来、徳川家治が将軍になったときに支えられる能力を、小姓達に身に付けさせようと考え、徳川吉宗自ら色々なことを教えたとのことです。

徳川家治も徳川吉宗のことを尊敬し、徳川吉宗のような名君になることを望んでいました。そのため食事のときに、自分が食べたことのない料理が出されると、徳川吉宗も食べたことがあるのかを確認してから食べたと言われています。

江戸幕府を治めた徳川家15人の将軍についてご紹介します。

文武両道の才人

徳川家治は聡明なだけでなく、武芸にも秀でていました。剣術は、剣術家の旗本「柳生久寿」(やぎゅうひさとし)から学び、槍・馬術なども熱心に練習し、特に鉄砲の腕前は達人と呼べるほどの名手だったとのこと。

さらに、芸術においては能や絵画書画なども上手で、囲碁や将棋も強く、あらゆることで才能を発揮。徳川家治は文武両道の才人であったので、周りの人に徳川家治は将来、祖父・徳川吉宗にも劣らない名君になると期待されていました。

  • 古武道と現代武道
    古武道の歴史や由来、主な各流派についてご紹介します。
  • 武具(馬具、弓矢、火縄銃、など)に関する基礎知識をご紹介します。

10代将軍就任・田沼意次の重用

父・徳川家重の遺言で田沼意次を取り立てる

田沼意次

田沼意次

1760年(宝暦10年)、父である徳川家重の隠居により、徳川家治は10代将軍に就任。

翌1761年(宝暦11年)に徳川家重が没すると遺言にしたがい、田沼意次を重用します。

遺言にしたがったことになっていますが、田沼意次を重用した理由はそれだけではありません。

田沼意次は、尊敬する祖父の徳川吉宗が取り立て、低い身分から徳川家重の側用人へ、そして大名にまで地位を上げた人物です。ただ者ではないことを、聡明な徳川家治は見抜いていたのだと考えられます。

徳川家治は、田沼意次に重要な役職を任せるようになり、1767年(明和4年)には側用人に任命。1772年(安永元年)には側用人として初めて老中を務めさせ、側用人もそのまま兼任させました。田沼意次の石高も役職が上がるにつれて加増され、最終的には5万7,000石の大名になります。

徳川家治は聡明さゆえに田沼意次の非凡な才能に一目を置き、自分が政治を取り仕切るよりも、田沼意次に高い地位を与え、自由に政策を行なえる方が良いと考えたのです。

  • 江戸幕府を治めた徳川家15人の将軍についてご紹介します。

  • 徳川家重

    戦国武将を主に、様々な珍説をまとめました。

田沼意次と重商主義政策

この頃、徳川吉宗が行なった倹約・増税政策には限界がきていました。重い年貢に耐え切れず、各地で一揆が多発。新たな経済政策の実行は急務でした。

徳川吉宗の「享保の改革」(きょうほうのかいかく)は、「重農主義政策」(じゅうのうしゅぎせいさく:農業を基礎として国を豊かにする経済政策)でしたが、田沼意次はいわゆる「重商主義政策」(じゅうしょうしゅぎせいさく:貿易などを通じて金銀や貨幣を蓄えることにより、富を増やそうとする経済政策)を取ります。

田沼意次が行なった重商主義政策で代表的なのは、「株仲間」(かぶなかま)の積極的な公認です。株仲間とは、同業の商工業者が結成した組合のこと。幕府が株仲間を公認する代わりに、公認料として「冥加金」(みょうがきん)を徴収し、販売権の独占を認めました。さらに株仲間を結成後は、「運上」(うんじょう:租税の一種)を徴収することで、幕府に継続的に収入が入ってくるようにしています。

また、株仲間を積極的に公認することは、収入が増えるだけではなく、商工業者の実態の把握に役立ち、それを商工業政策に活かすこともできました。

専売制の拡充にも力を入れることとなり、すでに藩では特産品を藩の専売にしていましたが、幕府でも「銅座」(どうざ)、「人参座」(にんじんざ)、「朱座」(しゅざ)、「真鍮座」(しんちゅうざ)を設置して専売制を行なったのです。銅は輸出の中心でありましたが、それまでは銀を扱う「銀座」(ぎんざ)が一緒に手掛けていました。銅を専門に扱う銅座を設置することで、銅の流通が効率良く機能するようになります。

貨幣制度の統一も行ないました。この当時、一般的には東日本では金、西日本では銀が流通。金は枚数で価値が決まっていましたが、銀は重さで価値を決めていました。東日本と西日本にまたがって商売をするときは、必ず金と銀を交換しなければなりません。それでは毎回手間が掛かり、経済活動が滞ってしまいます。

南鐐二朱銀

南鐐二朱銀

そこで、「南鐐二朱銀」(なんりょうにしゅぎん)と呼ばれる銀貨を作り、8枚で1両の金と交換するように決めたのです。

これなら、いちいち重さを量る必要がなく、経済活動が円滑に運びます。

また、鎖国政策を緩和して、長崎での貿易を奨励。これまで、商品を購入したときは金や銀で支払っていましたが、国内の金・銀の産出量が減少して需要に追い付かない状態に陥ってしまいました。こうした状況では、長崎貿易はできるだけ制限せざるを得ません。

しかし田沼意次は、商品を購入したら金・銀で支払わずに俵物(たわらもの:海産物の乾物のこと)や銅で支払うようにしました。金・銀を国外から輸入して、それを俵物や銅で支払い、国内で足りなくなった金・銀の使用に回そうとしたのです。

ところが、これらの重商主義政策は商人に恩恵をもたらした反面、農産物の買い叩きや、都市部への商品の過度な集中を招きます。さらに、「天明の大飢饉」(てんめいのだいききん)や浅間山(あさまやま)の噴火などの災害が相次ぎ、百姓一揆や打ちこわしが頻繁に起こるようになりました。その結果、田沼意次が災害に対する対策をしないから生活が苦しくなっていると、次第に批判が高まっていったのです。

田沼意次が行なった重商主義政策以外の政策

重商主義政策の他にも、田沼意次が行なった政策があります。

それは蝦夷地(えぞち:現在の北海道、樺太、千島列島)開発計画です。田沼意次は、仙台藩医の「工藤平助」(くどうへいすけ)が記した「赤蝦夷風説考」(あかえぞふうせつこう)を読み、勘定奉行に蝦夷地調査をさせました。このときの調査にかかる費用は、アイヌ民族との貿易で賄い、採算が取れるように計らったとのこと。

調査の結果、蝦夷地で米などの農作物が十分に育てられることが分かりました。これは、蝦夷地交易を独占していた「松前藩」(まつまえはん)も知っていたことですが、アイヌ民族が農作物を育てるようになると、今まで農作物との交換で賄っていた貴重な毛皮などの入手が困難になるので、松前藩は農耕を禁止していたのです。

ここで田沼意次は、蝦夷地を開発してアイヌ民族に農耕をさせ、アイヌ民族で足りない人手は、被差別部落民で補おうと考えました。そうすれば年貢を徴収でき、この当時、問題になっていたロシア人の南下問題にも対応できます。しかし、この計画は田沼意次が失脚したことにより実現しませんでした。

明治政府によって蝦夷地は開拓されますが、田沼意次はそれよりも100年前に蝦夷地開拓を考えていたことになります。

また、田沼意次は「印旛沼」(いんばぬま)と「手賀沼」(てがぬま)の干拓事業も手掛けました。農地拡大と治水工事を同時にできる工事でしたが、利根川の氾濫が予想以上にひどく、さらに田沼意次が失脚したため、これも完成はしませんでした。

江戸時代の代表的な100藩を治世などのエピソードをまじえて解説します。

賄賂政治は後世の作り話?

田沼意次は、お金に汚い汚職政治家というイメージで語られることがありますが、はたして本当にそうだったのでしょうか。

田沼意次は足軽の子供から、老中にまで上り詰めた人物です。当時の身分社会では、名門出身の武士にとって田沼意次のように、低い身分から自分の才覚で出世した人物は疎ましく思われがちなので、当時に書かれた資料の内容をすべて鵜呑みにすることはできません。

また、江戸時代は賄賂が横行していて問題になっていました。田沼意次が賄賂を貰っていたかどうかは定かではありませんが、賄賂は日常的にあふれていたことなのです。

田沼意次の行なった政策は、重農主義政策では限界にきていた幕府経済を立て直すための先駆的な政策であったことは確かと言えます。

徳川家治は暗君か名君か?

徳川家治が暗君か名君かを判断する材料となり得る、徳川家治の人柄が表れた逸話をいくつかご紹介します。

田沼意次の重用に関して

田沼意次には、賄賂政治家というイメージが付いているので、田沼意次を重用した徳川家治は、暗君であると評価されてしまいがちです。しかし、田沼意次を重用したことだけで暗君だと言えるのでしょうか。

田沼意次の行なった政策は、それまでの日本にはなかった先駆的な政策です。政策は度重なる大災害などの不運も重なって、大きな成果は出ませんでした。確かに失敗した政策もありますが、成功した政策もあります。田沼意次のイメージの悪さから、田沼意次の行なった政策はすべて失敗だったとの誤解を与えてしまうことがあるのです。

田沼意次の後任で老中になった「松平定信」(まつだいらさだのぶ)の「寛政の改革」(かんせいのかいかく)では、田沼意次の政策を否定する重農主義政策に戻りましたが、成果は出ませんでした。

蝦夷地開拓、国防意識、鎖国政策の緩和など、田沼意次が取り組んだ政策は、すべてのちの日本では取り入れられ、実際に施行されてきています。田沼意次は間違いなくまれに見る優れた人物で、その優れた人物を重用したのが徳川家治だったと言うことです。

質素倹約の生活

徳川家治が尊敬している祖父・徳川吉宗は、質素倹約に努め、大奥の費用を大幅に削減したことで知られています。徳川家治も祖父を見習い、徳川吉宗のときよりさらに3割も大奥の費用を削減しました。しかし、いわゆるケチとは違い、使わなければならないときには使う人物だと示す逸話も残っています。

ある大雨が降る日、徳川家治は近習(きんじゅ:主君の側近くに仕える者)がため息をついているのを見て、別の近習に理由を尋ねました。すると「実家が貧しいために家の雨漏りを直せず、親が寒い思いをしているかもしれないと心配しているそうです」との答え。それを聞いた徳川家治は、ため息をついていた近習に「孝を尽くせ」と金100両を渡したと伝えられています。

将軍としては珍しいほどの愛妻家

徳川家治は愛妻家としても知られていました。徳川家治と正室「倫子」(ともこ)の間には男子が生まれず、女子は2人生まれましたが、幼くして亡くなっています。将軍に子がいないことは将軍家の一大問題であり、側室を迎えて子を成すのが当たり前でした。

しかし、徳川家治は家臣達に側室を勧められても嫌がり、なかなか首を縦に振りませんでした。田沼意次が側室を持つように勧めると、田沼意次も側室を持つのであれば、という条件付きで承諾したと言います。

迎えた側室との間に無事に男子が生まれましたが、男子が生まれたのちは側室のもとにまったく通わなくなってしまいました。さらに、生まれた子供の養育は正室の倫子に任せています。

愛妻家の徳川家治だからこそ、大奥の費用は必要のない出費に感じられ、削減するのはそれほど難しいことではなかったとするのが通説です。

政治よりも趣味に没頭

鷹狩り

鷹狩り

徳川家治は、政治のことは田沼意次に任せて、趣味の将棋を指していたと言われています。

その腕前は七段が与えられたほどで、特に詰将棋を作成するのが上手でした。

しかし、対局中のマナーは悪かったとのことで、1回指してから待ったをして、駒を戻させるようなこともしていたのです。

将棋の他には、囲碁や鷹狩り、書画を好んで良く嗜んでいました。

将軍であっても謙虚で他人に気遣いができる人柄

徳川家治が将軍に就任した直後、老中「松平武元」(まつだいらたけもと)に、「自分はまだ将軍に就いたばかりで未熟である。何か気付いたことがあったら教えて欲しい。過ちがあったときは遠慮なく注意して欲しい」と頼んだとの逸話があります。

また、朝早く目が覚めてしまったとき、周囲の人を起こさないように忍び足で歩いたり、周りの人が起きるのを静かに待っていたり、厠(かわや)に行くときも他の人が起きないようにそっと行ったりしました。

徳川家治は将軍という立場上、それほど人に気を使う必要はないはずですが、身分に関係なく、謙虚で気遣いができる人物だったことが窺える逸話です。

政治よりも教養に優れた将軍

10代将軍・徳川家治の幼少期から人間性、田沼意次を重用したことなどをご紹介しました。徳川家治は多方面で才能を発揮しており、無能な暗君と言うよりも、政治に興味がないだけという可能性が高かったと言えます。

もし、田沼意次のような優れた人物が周りにいなかったとしたら、教養のある徳川家治自身が政治を取り仕切り、良い政策を行なっていたのではないかと考えられています。

第10代将軍・徳川家治 YouTube動画

「第10代将軍・徳川家治」徳川十五代将軍|YouTube動画

第10代将軍/徳川家治

第10代将軍/徳川家治をSNSでシェアする

「徳川十五代将軍」の記事を読む


第15代将軍/徳川慶喜

第15代将軍/徳川慶喜
「徳川慶喜」(とくがわよしのぶ)は、徳川家歴代最後の征夷大将軍です。最後の将軍となったのは、水戸で育ち勤皇精神溢れる「一橋家」(ひとつばしけ)の養子「一橋慶喜」(ひとつばしよしのぶ)でした。15代将軍・徳川慶喜となったとき、怒濤の時代に何を思い、どのように向き合っていったでしょうか。約300年続いた江戸幕府の崩壊を、その中心で体験した最後の将軍・徳川慶喜の軌跡を辿ります。

第15代将軍/徳川慶喜

初代将軍/徳川家康

初代将軍/徳川家康
戦国乱世に終止符を打ち、江戸幕府を開いた「徳川家康」。天下人として名高い家康ですが、幼い頃は「織田家」と「今川家」の人質として扱われ、家臣共々不遇な生活を送っていました。しかし、そののちは三河平定、そして天下分け目の「関ヶ原の戦い」を経て征夷大将軍となったのです。その生涯と共に、「徳川紋」と言われる徳川家の家紋、そして徳川家康が残した名言をご紹介します。

初代将軍/徳川家康

第2代将軍/徳川秀忠

第2代将軍/徳川秀忠
江戸幕府2代将軍「徳川秀忠」(とくがわひでただ)と言えば、「関ヶ原の戦い」に遅参したことで有名な人物。初代将軍「徳川家康」、3代将軍「徳川家光」に比べると地味なイメージがあるでしょうが、徳川秀忠は決して凡庸な人物ではありませんでした。今回は、知られざる徳川秀忠の生涯や、後世に繫がる幕府の支配体制を確立させた徳川秀忠の大きな功績についてご紹介していきます。

第2代将軍/徳川秀忠

第3代将軍/徳川家光

第3代将軍/徳川家光
「我は生まれながらの将軍である」と言ったのは、江戸幕府3代将軍「徳川家光」(とくがわいえみつ)。様々な政策を行ない、幕藩体制や幕府機構の確立に尽力しました。徳川家光が幕府の基礎を築かなければ、江戸幕府が約260年続くことはなかったと言われています。 徳川家光が行なった政策とは何か。徳川家光の幼少期や両親・弟・乳母「福」との関係、功績や人物像についてご紹介します。

第3代将軍/徳川家光

第4代将軍/徳川家綱

第4代将軍/徳川家綱
徳川幕府の新時代を築いた幼齢の4代将軍「徳川家綱」(とくがわいえつな)は、「徳川家康」(とくがわいえやす)、2代将軍「徳川秀忠」(とくがわひでただ)、3代将軍「徳川家光」(とくがわいえみつ)といった偉大な先祖の威光から脱却するべく、政治手腕を振るいましたが、どのような素顔を持っていたのでしょうか。 悠久の歴史を誇る日本の伝統は、確固たる継承者がその手腕を発揮したことで成り立っていると言え、徳川時代の安定をもたらした中核的な政権は、日本の史実に大きな足跡を残しました。 生まれながらにして、偉大な父親の背中を追うことになりながらも、4代将軍として任務を全うした徳川家綱の政治的指導力。また、「武断政治」(ぶだんせいじ:武力を背景にした専制政治)から「文治政治」(ぶんちせいじ:武力によらず、礼儀や法令による政治)への革新は、どのような判断で行なわれたのかに迫ります。

第4代将軍/徳川家綱

第5代将軍/徳川綱吉

第5代将軍/徳川綱吉
江戸幕府5代将軍「徳川綱吉」(とくがわつなよし)は、徳川15代将軍のなかでも「生類憐れみの令」(しょうるいあわれみのれい)を発していることから、特に知名度が高い将軍です。しかし、徳川綱吉の名前に「家」の1文字がありません。それは徳川綱吉が、将軍候補から外れていたことを意味します。 徳川綱吉が、悪法と名高い生類憐れみの令を発した背景には何があったのか。また、将軍候補ではなかった徳川綱吉が、なぜ5代将軍に就任したのか、その理由を掘り下げます。

第5代将軍/徳川綱吉

第6代将軍/徳川家宣

第6代将軍/徳川家宣
江戸幕府6代将軍を務めた「徳川家宣」(とくがわいえのぶ)は、5代将軍「徳川綱吉」(とくがわつなよし)が行なった「天和の治」(てんなのち)を踏襲しながらも、後期は、「生類憐れみの令」(しょうるいあわれみのれい)といった政策を次々と廃止するなど、政治の刷新を図りました。 しかし徳川家宣は、将軍に就任してわずか3年で亡くなってしまいます。そのため、徳川家宣の生涯や政策についてはあまり知られておらず、歴代の徳川将軍に比べると語られることが少ない人物です。徳川家宣の生涯や政策について掘り下げ、その実像を解き明かしていきます。

第6代将軍/徳川家宣

第7代将軍/徳川家継

第7代将軍/徳川家継
歴代最年少で江戸幕府7代将軍となった「徳川家継」(とくがわいえつぐ)は、就任時わずか5歳でした。そのあとの徳川家継は、3年の将軍職を経て夭逝(ようせい:若くして死ぬこと)。徳川家継の死により、江戸幕府2代将軍「徳川秀忠」(とくがわひでただ)の血統は失われてしまいました。一体なぜこのような幼すぎる将軍が擁立されることになったのか、将軍となるまでの経緯や、徳川家継の行なった政治についてご紹介します。

第7代将軍/徳川家継

第8代将軍/徳川吉宗

第8代将軍/徳川吉宗
江戸幕府を治めていた徳川家15代将軍のなかで人気があるのは、「暴れん坊将軍」で有名な8代将軍「徳川吉宗」(とくがわよしむね)。時代劇などの主役と言うだけでなく、大胆な財政改革「享保の改革」(きょうほうのかいかく)を行なった将軍として、現代でも抜群の知名度を誇りますが、徳川吉宗はどのような人物だったのか。また、手腕を発揮した享保の改革とは、どのような内容と成果があったのかを、徳川吉宗の生涯と共にご紹介します。

第8代将軍/徳川吉宗

注目ワード
注目ワード